-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-12 11:13 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
うわぁぁぁぁぁぁぁん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

朝からすびばせん……。

昨日、お風呂も入って準備万端だったのに、寝落ちしまして今朝やっとこさ国営放送のらるくさん特番を見ました。



結果。


うわぁぁぁぁぁぁぁん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
号泣です……。



なんで?


なんで?と言われてもよく分かりません…。
なんか、昔のあの子(*∂∀6)を見てたら泣いた……。


そして、てっちゃんかっけ―――――。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
リーダー万歳!!



てか、さすが国営ですよね。
もうナレーションが教育テレビ。
歴史の授業でもやってるのかと思いましたよ。(ちょっと正解)



特番は味スタ外周の映像から始まって、ハマーの車内へ。
(*゚ー゚*)に『普段着っぽいよ』って言われちゃうけんちゃんww
(*`w´)『おめかししたのに』ってww おめかし……
これはDVDに入ってなかった映像。

(*∂∀6)『泣いちゃいそうな気がスル。………やだぁ、泣きたくないぃ…。』
泣いちゃいそうまではDVDで見たけど、やだぁが可愛いよおぅ。
いきなり泣きたくなかったんだね。

味スタに降り立つシーン。
あぁ、やっぱりあの子(∂∀6)何回見ても高貴な感じで味スタに降り立ってるよ。
知ってるけど知らない子みたい(*∂∀6)
初めて国民に顔見せる王室の子(*∂∀6)…。前も言ったなぁ。




*らるくさんの第一歩
(*゚ー゚*)最初から手応えがあった。成功できると思った。

(@ ̄Д ̄@)こんなにも長続きするとも、こんなにも売れるとも思って
     なかったですけどねぇ。
     最高で武道館クラス止まりだと思ってた。
     だって絶対に怪しいバンドでしたからね、当時。



*はいたんの第一印象
(*゚ー゚*)髪の毛、長ぁ!女の子みたい!

(@ ̄Д ̄@)わぁ!リーダーと共感したの初めてかも!!
     ちょっと嬉しい。(もっと違うことで共感しろよ!) 

      

*らるくさんの生い立ちの話
(*゚ー゚*)カッコイイメンバー集めてカッコイイバンド作りたかった。
(*∂∀6)電話が来ると“調子いいよ!”って言ってた。

(@ ̄Д ̄@)てっちゃん、はいたんのストーカーしてくれてありがとう。



*最終的にtetsuyaと組んだ理由
(*∂∀6)てっちゃんがやりたいことが洗礼されてた。
(*`w´*)本能的に入りたい!と思った。

(@ ̄Д ̄@)けんちゃんポジティ部過ぎ……。
     しかも“本能的”って、どういうこと?本能で就活する男*ken 



*初期の映像
かかかっかかっかかかか可愛い!!!!!!!!!!!!(うるさい)
この子(*∂∀6)ですよ!この子!(*∂∀6)
ありがとね、国営さん!!!
ゆんの大好きな子(*∂∀6)いっぱい出してくれてぇぇぇぇぇ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



*インディーズ時代
(*゚ー゚*)ワンルームマンションに電話もう1回線引いて、スタッフのフリして
    電話でたり、ブッキングしたり。
    インディーズで結果だした。


(@ ̄Д ̄@)インディーズでも自分たちのマネージメントで結果出すのって
     難しいと思う。そこがやっぱりリーダーの凄いとこ。尊敬する。
     あとリーダーの先を見通す眼力があったからこそかな。



*メジャーでの違和感
(*゚ー゚*)蓋を開けてみるとソールドアウトしてなかったり、プロモーションが
   上手く行ってなかった。

(*∂∀6)主導権を握って活動する。そこから今までは変わってない。

(@ ̄Д ̄@)実はメジャーになって違和感を感じてる人は多いと思う。
     けど、それを言い出せるか言い出せないかでバンドの運命って
     左右されるもんなんだとらるくさんで知った。
     あんなに勢いに乗ってたのに、自分を見失わなかったのもきっと
     らるくさんだからなんだろうなとも同時に思った。
     自身を知ってるからこそ、また最初に立ち返れる強さ。
     まさに、ラルク20年の歴史はてっちゃんの歴史だなぁ。



*リーダーのオープニング映像チェック。
(*゚ー゚*)全然おもしろくないですよ!
    初めて見る写真が多ければ多いほうが嬉しいと思うんで。


(@ ̄Д ̄@)らるくさんの凄いところは視点を変えられるところ。
     視点がたくさんあるところと引き出しの多いところ。  



*映像と演出のチェック。
(#∂з6)暗転でfix?(確定、固定の意)
   (考える…)
    ロゴで止まったほうがよくない?
    始まりとか、慌てないでゆっくり行きましょうよって。
    雨の可能性があるからそれぞれその対策とか大丈夫だよね。


(@ ̄Д ̄@)じゅるっ!ゆんの大好物、おしごとはいたん!!
     もう、こういうお仕事してる感満載のはいたんもっと下さい!!!
     身内に厳しい感じ、実は自分にも厳しいんだろうけど、それを出さない感じ。
     どうでもいい話、ゆん、打ち合わせって大好きなんですよ。リハも好き。
     嫌いな人もたくさんいると思うんだけど、なんか作り上げてる感があって
     好き。見るのもするのも好き。
     これから何かが出来上がるわくわく感がいいんだよね。



*セースルは意識してますか?
(*゚ー゚*)リーダーなんでシビアにチェックしてます。
(*∂∀6)今でも意識してる。結果出さないとやりたいことができない。
    創作したい欲望にお金が絡んでくる。


(@ ̄Д ̄@)はいたん、昔から言ってたね。
     やりたいことを実行するためにはセールスが伴うって。
     ライヴの演出とかPVとかしたいことがあったけど、予算ないでしょって
     言われてできなかったこともあったんだもんね。
     今は何でもできるけど、何でもやらなきゃいけないともどっかで言ってたね。



*巨大化していくバンドについて
(*゚ー゚*)やっと世の中が気づいてくれた。
(`W´)戸惑いはない。今度はこれなんだという感覚。
(*∂∀6)無謀な挑戦はしてない。一つ一つ階段を登ってきた。
    当たり前のこと。


(@ ̄Д ̄@)何度も言うようですけど、スタジアムクラスのバンドになったって
     信じられないですよ…。
     あんな怪しかったのに、今じゃ健全なロックバンドですよ!ポップですよ!!
     確かにね、無謀な挑戦もしてないし、世の中が気づいたんでしょうけど…。
     私ら戸惑いばかりですよ……争奪戦で……。



*らるくへの加入について
(ン、)戸惑いもあったけど、実感もあった。

(@ ̄Д ̄@)ホントにね、ホントに“ありがとう”なんだよ。
     何回も何回もいうけど、それしかない。
     あの時、受け入れられない子もいたし、批判もあったし、ゆっきー自身も
     イヤな思いもしたかも知れないけど、らるくさんでドラム叩いてるゆっきー
     初めて見たときからホントに嬉しかった。
     ゆっきーに光が当たることが嬉しかったんだよ。
     ありがとね。



*NHK出演時の映像。(POP JAM、紅白)
セットが優秀。可もなく不可もなくってことで優秀。
落第点がなにもない。冒険もしないからマイナスにもならないし、プラスにもならない。
だからいつも同じようなセットで歌ってる感じ。10年前も今も変わらない。
けんちゃんがローラースケートでギター弾いてるww@光GENJI
紅白で赤いカラコン(*∂∀6)て衝撃だったんだろうなぁ。当時、ゆんも赤いカラコン欲しくて買いに行ったらありませんとか言われて、仕方なくグレーを買ったんだけど、それですら電車とか乗るとガン見されたもんね。それを考えると、赤いカラコンてきっとNHK的にも日本国民的にも衝撃だったハズ。



*紅白の思い出は?
(*゚ー゚*)97年の家族旅行で“来年は紅白出るから温泉来れへんで”
   って言ったのを覚えてる。


(@ ̄Д ̄@)リーダー、預言者。



*テレビ出演について
(*゚ー゚*)たくさんの人に音楽を聴いてもらうきっかけ。
(∂∀6)ロックバンドとかを普通の人が見る機会は実は少ないと思ってる。
    紅白はチャンス。こういう音楽があることを知らしめる機会。


(@ ̄Д ̄@)ちょっと前のテレビで、とあるバンドの人がテレビは音が悪くて
     どうのこうの自分のスタッフが音響するわけじゃないしなんたら
     かんたらとテレビに出ない理由を述べてたけど、違うんだよ。
     らるくさんはそんなことも飛び越えた次元でテレビにでてるんだよ
     って言ってあげたかった…。

     

*2000年からのMJ、紅白出演VTR
やっぱりはいたんの歌が苦しそう。
今の状態の歌い方を聴いちゃうと、というかそれに慣れちゃうと聴いてて苦しい感じがスル。
後半になっていくにつれてそれが薄れていく感じ。



*海外での活動について
(*゚ー゚*)なんで知ってんの?
(ン、)らるくの音楽を聴いてくれてる人がいるんだと実感できて嬉しかった
(∂∀6)日本語分からないようなルックスの人が歌ってる。
     感動するしかない。


(@ ̄Д ̄@)台湾行きたかったなぁ。韓国でもよかったなぁ。フランスいいなぁ。
     いつか海外ライヴも参戦したいです。
     普通にライヴ行っても海外の人に会うよね。
     20thラニバで雨宿りしてたとなりの子が多分、台湾とか中国の子だった。
     その隣にはイスラム圏の子もいたし。らるくさんで感じる国際化。
     お話してみたいけど、英語も怪しいしなぁ。声掛けらんないよ…。




*海外で言葉の壁を感じますか?
(*゚ー゚*)20年前は受け入れられなかった。
   時代が変わって日本語でもイケる気がしてます。


(@ ̄Д ̄@)そうっすね。だいぶ日本文化も輸出されてるし。
     特にらるくさんの曲は日本語が美しいので、そのままうまく伝わると
     いいなって思ってます。
     美しい日本語と美しい風景、情景が伝わるといいなぁ。 



*4人の曲をどうまとめていく?
(*∂∀6)纏めようとしてない。バラバラなのがらるく。
    割り切らないとやってられない。


(@ ̄Д ̄@)……割り切らないとやってられない発言が引っかかりますが、
     そういうことなんですよね。纏められない。
     バラバラでもこれはらるくさんて思えるから、そこがまたスゴイ。



*REC風景

*らるくさんについて
(*∂∀6)統括する人はいない。
(*∂∀6)このメンバーじゃないとできないことをやって来てる。
    それぞれをようやくリスペクトできるようになった。


(@ ̄Д ̄@)HYDE本に繋がりますね。
     統括する人もいない野放し状態でもらるくさん。
     らるくさん本体も、山あり谷あり谷底ありですな! 
     もともとメンバーそれぞれリスペクトしてきたんでしょうけど、
     それを素直に出さなかったり、出せなかったり…。
     ようやく今になってオトナになってきたんでしょうね。
     素直にそれぞれを認められるようになって、許せるようになったのかな?
     ……我慢できるようになったのか???



*これからのらるくさんについて
(ン、)ずっと続けていけたらいい
(`w´)変わらない感じ、ほどよい緊張感を持って
(*゚ー゚*)常に危機感を持ってやっていくほうがいい。
   いつまでもそこにあると思ってはいけない。

(*∂∀6)20年やって来てなぜか脂が乗ってる。バンドがいい状態。
    勇気をもって話し合う。


(@ ̄Д ̄@)きっといつかはいなくなっちゃうことをどこかで知ってるけど、
     今はまだそういうことは考えたくない。
     今まで通り山あり谷あり谷底ありでもいいからまだまだ観ていたい。
     まだまだお山に籠らないでっ!って感じかな?
     ……勇気を持って話し合う。……言えば分かってくれる人たちだから。
     この言葉にはいたんの心が見える。
     らるくさんがただの仲良しじゃなくて、職人の集団なんだなと再確認
     させられる一言。
     昔はお鍋みんなでやるようなただの仲良しが20年の経験を積んで、
     職人になっちゃったんだなぁ。
     これからは1年に1回くらいメンバーだけでお鍋パーティーしなよ。(提案)



*20th ラニバ『虹』


*らるくさん20年とは?
(`w´)宝物
(ン、)充実した音楽活動。色々な経験。場所と時間。誇りに思う。
(*゚ー゚*)マラソンみたいな感じ。
(*∂∀6)芸術家集団を継続させるのはそれぞれの努力。よくやったね。




インタの内容を抜粋してニュアンスで書いてみましたが、らるくさんの20年の歴史は、ホントにてっちゃんの20年間の努力の歴史だと思う。はいたんのストーカーに始まり、脱退阻止。
はいたんだけでも手を焼くのに、プロデュース面からプロモーションからセールスからあれやこれやと禿げそうなほど悩んだに違いないと思うだけで、てっちゃんに足向けて寝られない。
ここ最近、リーダーに感謝する機会多いな。
らるくさんのらにばって、じつはリーダーに感謝する年じゃないのかとすら思う。
いちごのラニバに20thラニバ……、5年に一度のてっちゃん感謝イヤー。
いや、むしろそれでいいと思う。


最近らるくさんの20年を振り返ることが多くて、それって実はファンの歴史も同時に振りかえってることになるんだと思うんだよね。
らるくさんの歴史と自分の歴史と重ねてみるとちょっと分かったことがあって、さらにHYDE本読むとはいどが苦しかった時期を明確に知ることができるとあぁ!と思いつつ、不思議だなとも思った。
ちょうど、hydeが苦しかった時期、自分も谷底にいたりしてらるくさんから距離取ってたりすることが多くて、何か感じてたのかなっていうか、何かを受信してたのかなって今思えばなんだけど。
当時はなにも知らなかったけど、色んな噂もあったのも事実だし、それでも知らず知らずのうちに何かを受信して自分も谷底だったんだとしたらおもしろいなとも思ったりww
なんだかんだと結局らるくさんというかはいたんに振り回されまくってる自分が可笑しくもあったりするし。
でも、それでも本望なんだからイタイな、自分。

という、らるくさんとファンの歴史を振り返る国営放送らるくさん20周年特番でした。
ここまで長々、お付き合いくださったみなさん、ありがとうございます。

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/629-63434be6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。