-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-08 14:44 | カテゴリ:hyde*HYDE
昨日、HYDE本の感想を“やっぱりそうだったのか”っていう思いしかない、“それ以上でもそれ以下でもなく、淡々と受け止めた”って書きました。
今世紀最大級に好きなハズなのにあまりにもあっさりしてて、自分でもちょっとびっくりしてます。
だけど、今世紀最大級に好きだからこそ素直に受け止められたのかなとも思って見たり……。
ヒトの感情なんて、いい加減ですからね。


だから、“やっぱりそうだったのか”って感じたことだけ書くことにします。
書いてもいいのか分からないけど、ゆんのひとりごとだと思って聞き流して下さい。
この本を読んだ感想は読んだ人の数だけあると思いますし、別に必要のない個人的な感想です。




それでもよろしければ どうぞ。
読後の気分の善し悪しなど、責任は一切負いません。











【D】
“ある種、死神がつくような感じ”
“自分の意思に関係なく、ベランダの向こうに見えないロープで引っ張られているような…”
“自殺っていうのは、必ずしも何かを思い詰めてするんじゃないんだな”

この感覚、シンクロしてる……。
実はゆんにもこの感覚がある。今も。
ゆんはベランダから死ねるような高いところに住んでないので、高速道路を走ってるときが圧倒的に多いんだけど、“もう死んでもいいかな”って思うときがある。“いいかな”っていうより“逝っちゃえば?”って言うそれこそ死神だか悪魔だかの囁き。
こんなこと言うとhydeが傷つきそうだけど、DVDの中の歌の世界観に引き込まれてるときが圧倒的に多い。
多分、その力を借りて“逝け”って言われてるんだと思う。
だから本当に親しい人には、高速でゆんが死んだら“ついにやったな”と思ってって言ってるくらい。

だからこの話を聞いて、妙に納得した。
今のhydeからはこういう“死”を連想させるような要素はあまり感じられないけど、一時期“この人、大丈夫かな?”って思う時期があったハズ。
幸せじゃないのかなとか愛されてないのかなっていうより、“満たされてないのかな”っていう感じ。
表面上は間違いなく成功してるし、誰もが羨むような存在の人に違いはないのだろうけど、“孤独なんだろうな”っていうのが感じられて、ともするとこの感覚に持って行かれちゃうんじゃないかなって思ってた記憶がある。それが、hydeの言う“FAITH”の頃だったかどうかは定かじゃないけど。
儚いというかhydeの向こう側が見えてしまうというか、脆い存在の時を覚えてる。

VAMPSでチリのライヴを終えた後にも“もう死んでもいい”みたいな発言をしてたことがあったでしょう?
あの時は“この人やっと達成感というか充足感を知ったのかな”と思った。だからあえて言葉にできたのかなって思う。
もし、これがずっと以前に同じ言葉を口にしていたら、笑えない話になってた気がスル。


子どもの頃に自分が死に直面したり、どこか病んでたり(過去形だけど)、こういう感覚を知っていたりするからhydeの持つ世界観にも少なからず影響してるんだろうなとも思う。
何がhydeを救ったのか…。
救った?取り入った?
……なにが言葉として適当なのか分からないけど、公式には救ったなんだと思うし、多少の想像はできるんだけど…。



なんだかもうhydeを覆う影がなくなってきてるように感じていて、最近はめっきり健康的な感じですしね…。


達観してるっていうか、超越したっていうか、悟り開いたの?その年で?と思うことしばしば。
“我が人生に一片の悔いなし”っていうにはまだまだ早い。
そんなところも“神”って言われちゃう所以なのかななんて思って見たりもして。



後追いはしない。
残念ながら、きっと悔しい思いで見送るんだと思う。
ゆんも死後は何もない世界だと思うけど、ホントにそう思ってたんじゃやっぱりつまらないから、“いつか会える”って信じてる。

“また いつか 会える”






そう言えば、苗場で『宇宙の話して―――――。』って言われて(*∂∀6)『え――――――。』って言ってた。
どうでもいい話。思い出した。



追記より2月6、7日の拍手コメントお礼。

entichersさん
コメントありがとうございます。
楽しんで頂けたようで何よりです。

胎教、らるくさんでしたか!
 
うちはお昼寝もらるくさんにお世話になったんですけど、今思うとなぜその曲を…という曲がお昼寝の曲でした。
ちなみに『ガラス玉』……。
永遠に眠っちゃいそうです……。怖!
これからの子はちゃんとした“子守唄”があって羨ましいです。
ゆんも職場のお昼寝の時間、これからは“未来世界”にします。

お子さんの名前、いいですね。
うちは、『天使』と『**花』
ブログタイトルそのまんまです。
ただ直訳で『空』と『太陽』なのですが、そのままだとつまらないので『空』のイメージに天使、『太陽』のイメージに向日葵を持ってきました。
実際には、向日葵はもう一ひねりして**花になりました。

アマリリスさん
クッキーお味の保証はなかったんですけど、マズイって言われなくてよかったです。
音人、まだ見てないです。(本屋が遠い。距離的にじゃなくて…)

ホントに苗場は楽しかったですね。
またぜひ、ご一緒したいです。
ところでFCライヴはどっちでしたっけ?
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/623-b849a003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。