-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-04 07:12 | カテゴリ:hyde*HYDE
寒すぎて家中のものが凍りつくという恐ろしい現象が起こる温泉の国からおはよございます。
家の中が氷点下です……。


ROENTGEN NIGHTもついにSelf Portraitまでやってきました。
はいたんの作品を短い時間の中でじっくりと見るのはホントに大変で、いつか個展をやってくれたらと思わずにはいられません。
やっぱり実物を見るのと紙面で見るのでは違うから。
作品集もいつか欲しいなと思うけど、紙面だけではやっぱり質感やら表現方法やらが伝わり切らなかったりするのは残念ですよね。
それを思うと記憶にしか残らないけど、作品集より個展かな…と思うSelf Portraitでした。


はいたん本に載ってるのにはタイトルが書いてなかったんだけど、展示されていた作品にはタイトルがついてました。
もともとNews Makerでやってた頃もタイトルがあったんだろうけど、忘れてたし…。
今その雑誌を探そうにも多分、物置の奥の奥。ヘタするともうないかも…。
そう思うとやっぱりファイリングして保存しておくべきなのかな?
でも、Cielの会報みたいに捨てちゃったら意味ないし…。
悩みどころですな。



それでは、どうぞ。


DSC00446a_convert_20120204070701.jpg
【光あれ】


DSC00447a_convert_20120204070843.jpg
【紙一重】


DSC00448a_convert_20120204071019.jpg
【たくさんみてきたよ】



DSC00449a_convert_20120204071206.jpg
【コピーした物をシンナーで溶かしました。】


DSC00450a_convert_20120204133824.jpg
【鳥と私】


DSC00452a_convert_20120204134007.jpg
【磔】


DSC00453a_convert_20120204134138.jpg
【なめる愛】


DSC00454a_convert_20120204134305.jpg
【閉所恐怖症。】


DSC00455a_convert_20120204134436.jpg
【like flower】


DSC00456a_convert_20120204134723.jpg
【a wasteful thought 無駄な思案】


DSC00457a_convert_20120204134846.jpg
【天使の輪】


DSC00458a_convert_20120204135038.jpg
【なめんなよ】


DSC00459a_convert_20120204135200.jpg
【やめる気ないな】


DSC00460・\convert_20120204135329
【バイク】


DSC00461a_convert_20120204135458.jpg
【静寂を取り戻しました。】


DSC00462a_convert_20120204135637.jpg
【僕の部屋はパセリどころか、サボテンも干からびてた。】


DSC00464a_convert_20120204135800.jpg
【もう一人の自分を踏み台に】


DSC00465a_convert_20120204135932.jpg
【13日の金曜日午前零時に合わせ鏡をすると悪魔が通り過ぎるって知ってる?】


DSC00466a_convert_20120204140115.jpg
【ヴァンパイアって事。】


DSC00467a_convert_20120204140242.jpg
【もう一人の自分を射殺せよ】


DSC00468a_convert_20120204140410.jpg
【Good-bye earth】


DSC00469a_convert_20120204140710.jpg
【ニューヨークの地下】


DSC00470a_convert_20120204140836.jpg
【自分の作品にはよく砂漠が出てくる。そのイメージの一つ。】


DSC00471a_convert_20120204141009.jpg
【青春の岩場】


DSC00472a_convert_20120204141152.jpg
【溶解中】


DSC00473a_convert_20120204141310.jpg
【丸い地球】


DSC00474a_convert_20120204141445.jpg
【60's】


DSC00475a_convert_20120204141628.jpg
【未来世界。】


DSC00477a_convert_20120204141756.jpg
【最終的に50人くらいくっつけようとしてました。】


DSC00478a_convert_20120204142028.jpg
【お面ほしい?】


DSC00479a_convert_20120204142150.jpg
【青春の海岸。】


DSC00481a_convert_20120204142631.jpg
【悪魔の羽根】


DSC00482a_convert_20120204142742.jpg
【シャイニング】


DSC00483a_convert_20120204142908.jpg
【指を噛んじゃダメ】


DSC00484a_convert_20120204143043.jpg
【死の接吻。悩み多き年頃。】


DSC00485a_convert_20120204143158.jpg
【柘榴は人の味】


DSC00486a_convert_20120204143318.jpg
【あ、空に出ちゃった。】


DSC00488a_convert_20120204143450.jpg
【チェーンソー飛行】


DSC00489a_convert_20120204143608.jpg
【好きな子は食べちゃいたいほど可愛いってこと】


DSC00490a_convert_20120204143738.jpg
【この地図は爆心地】



これで、self portrait全部だと思います。(鬼のマスクはHYDE ROOMのほうにあります。)
順番が通りではないです。
しかも青い光が入っちゃってホント、見づらいんですけど少しでも作品のリアルさが伝わればいいかなと思います。


こうして見てみると、やっぱりどれも見たことあるなぁって思って…。
というより、毎月楽しみにしてた頃もあったんですよね。(忘れてたけど)

それと同時に自分の好きなものってブレないなとも思いました。
自分を構成しているものというか、根本はなにも変わってないのかな?
はいたんも“基本的にアートの感覚は変わってない”って言ってたけど、そういうことなんだろうな。
その言葉に妙に納得した。
HYDE ROOMで作品を見ていてやっぱりこれが好きだと思い返したのは【死の接吻。悩み多き年頃。】とか【僕の部屋はパセリどころか、サボテンも干からびてた。】とかね。すごくツボだなと思った。当時も凄く好きな作品だったなとか思い出して懐かしくもなったし、何年経っても同じ作品をいいと思うことって、やっぱりその作品の本質がいいからだと思うんだよね。
やっぱりはいたんの創りだすものが好き。
作品の表現方法を見てるとはいたんの言うように、ホントにアナログ。
でも、デジタルには表現できないものだし、その人がでるよね。
ゆんも作るものはほとんどアナログ。
アナログでしか表現できないものもあるし、デジタルを越える瞬間てのもあるし、やっぱりデジタルでは出せないものだと思った。
英字新聞に絵の具重ねたり、筆の線だったり、紙の重なりだったりはアナログじゃないとできないもんね。

こうやって見ると芸術の世界の人なんだなって凄く思った。
音楽の世界の人ではないのかな。
それでも、芸術と音楽の共存してるのがやっぱりhydeだと思う。

“鬱な美大生”これが生身のhydeを最初に見た印象。

強ち間違ってなかったと確信した。
その比率が大きいか小さいかだけで、やっぱりどこか病んでたんだと思う。
でも、悲しいことに芸術家って病んで作品を残すんだよね。
今は心に闇はほとんどないって言ってるけど、それは悟りの境地から生まれる作品なのか、それともほんの少しの闇から生まれる作品なのか。
少なくともゆんは、光の中から作品は生まれないと思ってるところがどこかにあるんだろうと思う。
自分も病んでる一人だと思うから。

hydeの作品を見るといつも思うことがある。
もし、彼に色が正確に判断できたなら、生まれる作品に違いはあったのだろうか?
答えはおそらくYesだろうと思う。
少なくともそれまで自信を持っていたそれらを失うことがなかっただろうから。
音楽の世界にいなくても、きっと絵やデザインの世界で彼は成功していたに違いないと思ってる。これまで歩んできた道同様に、きっといばらの道であっただろうけど…。

神様は当時の彼にとって一番大事なものを生まれながらに与えなかったけど、それ以上に輝く術を彼は知っていたんだなと思わずにはいられない。

なんだか、思わず涙があふれる作品でした。
羽ばたこうとして羽根がなくて、必死にもがいてるようで……。















最後はゆんの独り言です。
感想はその人それぞれにあるでしょうから、お聞き流しくださいね。

作品タイトルが間違えてるなどありましたら、お教え頂けるとありがたいです。




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/618-21d5f10e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。