-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-01 14:55 | カテゴリ:hyde*HYDE
さて、前回はお水の飲み過ぎでおしっこに行きたくなっちゃったはいたんがホントにおトイレに立ってしまうという、前代未聞の微笑ましい(?)ハプニングまでのお話でしたね。
急に(*∂∀6)『なんかしゃべっといて!』とムチャブリされて思わず、キョドるjuにぃさん。
さぁ、はいたんのためにjuにぃは場を持たせることができるのでしょうか?????


ROENTGEN NIGHT in 苗場*感想 その2をどうぞ。



ju あの―――。
  えっと、すいません。
  なんか、うちの大将がもよおしたみたいで…
  あの……こういうのホント、苦手で……<はいたんのお椅子に前後逆さに座る>
  え――――――。<キョロキョロ>

ヽ(^O^)/ 歌って―――。

ju え ∑(゚Д゚)
  
  歌って???
  ムリムリムリムリ!!!!!!!!!!!!
  みんなそういうこと言って、あとで怒られるの俺なんだからね!

  え――――、じゃぁ――――。
  メンバーの今後の活動とか色々言ってもらって……

ということで、ゆきちゃんから自分のバンドのライヴ告知なんかを含めてお喋り。(ほとんど宣伝ですが…)
ゆきちゃんのあとは淳士くん。ドラムのところにはマイクがあったらしいんだけど、音声が入ってなくて、でも聞こえるという狭い空間ならではの感じもありつつ、あーだこーだ喋ってる間に暗幕隙間から影が……。

淳士くんの告知の間におトイレが終わったらしく、帰ってきたはいたん。
でも、淳士くんの告知が終わるまで陰に隠れつつ待ってあげるはいたん。
告知が終わるとそろそろと出てきてjuにぃに『終わった?』みたいなことを言いつつ着席。

(*∂∀6)ちょっと打ち合わせしてきました
     ……僕、そういうのしないんで
     僕のはね、飾りなんで…飾りがついてるだけだから
     打ち合わせだったんですけど

     ……なんの話したんだっけ?


     あ! <また思い出した>
     僕、お友達のところにガクトくんのこと書くの忘れちゃったんですよ
     そんなにいつも会うわけじゃないんですけど、
     約束をしてて…
     あの――、
お互い死んだら曲を書こうねって言う約束をしてるんですよ
     僕が死んだらガクトくんが曲を書いてくれて、ガクトくんが死んだら
     僕が曲を書いて、その印税をお互いの家族にあげるっていう約束
     
     まぁ、死なないですけどね
     
     あ、でもこの本そういう内容のところもありましたよね
     今は全然 大丈夫ですけど

     多分70歳くらいで老衰で死ぬんじゃないですかね
     縁側とかでお茶を飲みながら、こう湯呑がぽとっと落ちてね
     その横でタマが『にゃぁ~』みたいな

     笑

     そろそろ次の曲にいきますか
     SECRET RETTERS


M7*SECRET RETTERS
ゆん、この曲大好きなんですけど、なんか……
おトイレのあとの曲だと思うと……なんともなぁ――――。

MC*7
(*∂∀6)……え―――――っと<右振り返り、左振り返り。まるで何か探し物>

     なんか、みんなおしゃれしてきてるね
     ROENTGEN NIGHTだから着飾ってるん?
    
     あ。スノボとかみんなするん?する人―――――


ヽ(^O^)/は――――――い(ちらちら手が上がる)

(*∂∀6)へぇ、結構いるんやね
    もう、滑った?まだ?


ヽ(^O^)/はいどさんはぁ――――?

(*∂∀6)……ん?

ヽ(^O^)/昨日滑った?

(*∂∀6)……滑ってない

ヽ(^O^)/明日滑るの―――???

(*∂∀6)……あしたぁ……ん――???
    エヘヘ…
<完全ごまかしモード>

♪リアルお誕生日会♪
 Happy Birthday to you
Happy Birthday to you
Happy Birthday Dear HYDE
Happy Birthday to you

じんさんからHappy Birthdayのお歌が流れてくるとみんなで大合唱
一緒に祝える日が来るなんて夢にも思わなかったから
みんなに祝われてる目の前のはいたんが眩しくもあり、なんだか非現実的な光景だった

プリンスのスタッフがケーキを3つ運んでくると、それに続いて黄色い包み(だったかな?)の花束を持ったきゃずくんが登場。
実は、ゆんの位置からずっときゃずくんが見えてました。
赤と黒のボーダーニットに、カーゴパンツだったかな?
ホントにスノボしにきましたって感じで現れてくれて、きゃずくんの声援も凄かった。

K.A.Z HYDEおめでと――――。

人の誕生日ですらいい顔してるはいたん。
自分のお誕生日はもっと嬉しそうにするだろうなと思ってたら、やっぱりすごいニコニコできゃずくんから花束を受け取りました。

その後ろではケーキの準備をしつつ、客席からもケーキが見えないっていう声が上がったりしてきゃずくんが説明してくれました。

K.A.Z ケーキが3つあって。
    これは“HYDE”って書いてあって。(多分、上手側)
    ……これは、なに?HYDEの顔に髭が生えてるの?(真ん中)

ヽ(゜□゜)/えぇぇ――――――!!!!

(*∂∀6)違うよ、これ

K.A.Z あぁ、それか

(*∂∀6) <客席に向かって肩をすくめて“何言ってんの、かずくん”みたいなポーズ>

K.A.Z で、これは…なんだろう……素敵な…

(*∂∀6)これ(HYDE本の裏表紙きゃずくんに見せるはいたん)

きゃずくんがケーキの柄について悩んでる間にローソクの準備完了。
ここからはVAMPSでおなじみのお誕生日会in THE HYDEバージョンです!

(*∂∀6)いっちゃっていいかな?K.A.Z いってらっしゃい!<多分、juにぃも言ってるけどマイクなしなので…>


(*∂∀6)ゞいってきます!!! <メンバーや客席に向かって敬礼しつつ>
    <1個目のケーキ>ふぅぅぅぅ―――――

ていう感じで1個1個やってた気がする。
とっても嬉しそうでしたよ。
なんだかんだ、自分のお誕生日もみんながいるところでお祝いしたかったんだろうなって思った。
いつもとはまた違う、柔らかな笑顔を見せてくれて、ここにいられることをホントに幸せだと思いました。
HYDEである以上、一緒にお祝いはできないと思ってたから嬉しかったです。

全部のケーキのローソクを消し終わると、また嵐のようなおめでとうコールが!

はいたんだけじゃなくて、みんな嬉しいんだなっていうのが会場中に溢れてました。

そして、真ん中のケーキの端っこをぱくっと!
右側の口角にクリームがついてて可愛いのなんのって。愛でたい!

はいたんがぱくっとしそうなのを察して『フォーク持ってきましょうか?』みたいなジェスチャーしてたんだけど、そんなの待ってられないですよね。だって、はいたんだもの。
で、フォークを持ってきてくれたんだけど、その時にはもうお口についてたクリームもぺろんと舐めちゃって、お椅子に座ってたから時すでに遅し…でした。
しかも、次々片付けられてしまうケーキの存在に気付くと

(*∂∀6)え!みんなもってっちゃうの?
    せっかくだから1つ置いといてよ


というはいたんの切実な言葉に、はいたんのお顔のケーキ(多分)を置いて行ってくれました。


きゃずくんのお椅子やら譜面台なんかもセットされて、花束を抱えたままはいたんがお椅子に座ってます。

(*∂∀6)あとでみんなも食べられるからねぇ―――
    多分、ちょっとずつだと思うけど 


    あれ?
    かずくん、何しにきたの?
(わざとらしく)

K.A.Z チューニング???

(*∂∀6)チューニングしにきたの?苗場まで?
    
    板、全部持ってきたの?3つ


K.A.Z うん。もってきた。

(*∂∀6)どれがイチバン調子いいんですか?

K.A.Z 全部?

(*∂∀6)全部?
    まさか滑ってないですよね?


K.A.Z うん、今日はね。

(*∂∀6)オブリのミックス終わったんですよね?

K.A.Z うん。

(*∂∀6)最初、らるくと一緒くらいの時期にだそうねぇーって言って
    たんだよね
    もう、出るで。らるく。

    なんか久しぶりですよね?
    かずくん、曲いけんの?大丈夫?


K.A.Z <頷く>

(*∂∀6)じゃあ、THE CAPE OF STORMS聴いてください

M8*THE CAPE OF STORMS
ゆきちゃんがメインギターを担当して、かずくんはサイドに入ります。
なんだか花束を持ってピンスポに照らし出されるはいたんが幻想的できれいでした。
ちなみにカンニング用の歌詞は全曲映し出されてます
画期的な歌詞カンニング…

(*∂∀6) ……あ、今日1月29日だ

ヽ(^O^)/おめでと―――――

(*∂∀6)だって書いてあったから
    言わせようとして!みたいな
    
    えーっと、次の曲はSHALLOW SLEEPっていう曲なんですけど
    夢の中で好きな人に会う…っていう
    僕、なんかその“夢の中で好きな人に会う”っていう設定が好きで
    なんかせつないなぁって…
    聴いてください
    SHALLOW SREEP


M9*SHALLOW SREEP

MC*8

(*∂∀6)次で最後の曲になりました

ヽ(゜□゜)/え――――!!ヤダ――――――!!!

(*∂∀6)ねぇ、写真撮れる?
    全体が入るように撮れるかな?
    客電全部付けてもらって大丈夫ですよ

    <照明さんとかとやり取りしつつ、カメラマンさんにも全体が入れば
    取り方は“任せる”って言ってたかな>

    <準備ができるのを待ちながら>
    セルフポートレイトの展示でね、目玉商品があるんですよ
    売らないけど
    
    鬼のマスクってあったでしょ
    あれを作るときに石膏で型を取ってて
    それにこの間 髪の毛を付けて今回展示してあるんです

    僕の顔が触れるんですよ
    2つあってロングとショートとあるんで
    それを触れるんですけど
    壊れやすい素材なんで優しく触ってね

    最初、ちゅーしてもいいかなって思ったんだけど
    誰かがした後はイヤでしょ
    だからちゅーはなしで
 
    でも、そのまんまなんで……
    よかったら触ってください

    時間制限あると思いますけど

    今日はホントに、すごい雪の中を来てくれてね
    こんな僕のためにこんなところまできてくれて
    ホントに可愛くって仕方ないですよ

    これからはもっと歌を歌いたいなぁと思ってて
    らるくでもVAMPSでもね、いっぱい歌いたいと思います
    
    最後にみんなで歌ってほしいなって思ってて
    みんなで歌うと一つになれる気がして
    
    これは出逢いの歌なので僕たちの出逢いにも感謝して 
    みんなが歌ってくれると僕は嬉しいので
    誕生日の歌に歌って下さい
    
    今日は本当にどうもありがとう


M10*UNEXPECTEDなんだか神聖な気持ちになりました。
こうして初めて一緒に祝える誕生日が過ぎていくことに寂しさも感じながら、はいたんの温かさが伝わってきた。

(*∂∀6)またHYDE ROOMで!
    あ!僕、行かないですけど…
    楽しんでってください

    今日は本当にありがとう


メンバーがはけた後も、上手のほうへ進んでタイの人のように両手を合わせて『ありがとね』って感じでしたり、お手振りしたりしてしばらく客席を見渡したり…。下手へ行っても同じようにしたりしてました。
最後にまたセンターに戻ってきて、『ありがとう』って言って帰っていきました。

なんでしょ。
とても穏やかな空間でした。
たぶんそれは、はいたんが発するオーラがとても温かなものだったから会場全体がそういう雰囲気だったんだと思います。
終始うるさかった後ろの席の2人組がいてすら、そう思えたんだからはいたんの創りだす世界は大きいなぁと思いました。
あのね、はいたんがますます大好きになりました。
ホントに今世紀最大級です。
らるくのhydeでも、VAMPSのHYDEでもないはいどさんでした。
すごく優しい感じで、温かかったです。
優しい夜(?)をありがとう。
お誕生日を一緒に過ごせたことがなによりうれしかったです。


MCで書いてない部分、実はまだあるんですよ。
どこで喋ってたのか、分からなくなっちゃって…。
小さい頃、親戚のおじさんと歩いてた時の話とか咳していいよとかお水飲めば?とか『かわうぃーねー』って言ったのとか…。
あるんですけど、記憶が分解しちゃってパズルが合わなくなっちゃたんです。
あ。
ゆん、レポ書くときほぼ記憶のみなんですけど、全部パズルなんですよ。
記憶はほとんど分解されてるので、1個1個はめ込んで完成させていくんですけど、今回はみ出ちゃった…。
はみ出たMCもあとでこそっとどこかに書いておきますね。

ということで、ROENTGEN NIGHTのライヴのお話はおしまいです。
次回はHYDE ROOMのことやら色々 お喋りしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/615-b1f8e75d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。