-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-15 17:42 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
そう言えば、去年のわっついんの2月号もらるくさんの表紙だったんだね―――。




今日、わっついんとCDDLなんちゃら、どっちを買おうか本屋さんで悩んで来ようと思って行ったの。

わっついんはなちゅらる*はいどで、CDDLなんちゃらはらにば風味*はいどでしょ?

これは悩むわ――――って思ってたんだけどね、悩まなかった。

CDDLなんちゃら、値段が高いわ(´・ω・`)

この間、88買ってしまったゆんとしては、雑誌にそんなにお金かけられないし、なにより紙モノを増やすわけにはいかんのだ!(ツアーファイナルの集金も間近だしぃ。)

ということで、あっさりわっついん。

けんちゃん我報もあるしね。

t02200391_0480085411736428217.jpg



ということで、感想 書いておこうっと。




*表紙*

なんか、密林さんの画像でみたときはそんなに可愛くないじゃんって思ったんだけど、いや――――。

普通に可愛いよね。(変わり身の早さww)

サイド、ねじねじしてピンでとめてるの。

前髪もポンパできてていいわね( ´艸`)ぐふふ

ありゃ?なんでリーダー豹柄着てんの?

てっちゃんが豹柄着てるの多分 見たことないな。

記憶にないから、多分 見たことないんだよ。うん、そうしておこう。




*hyde*

なんか、最近右手推しですよね?違います?気のせい?

このインタビュアーさん、ゆんが気になってること(羽化してドコに向かって飛んで行くのか?)聞いてくれたのに…。
はいたんたら(*∂∀6)『うーん。ワールドツアーじゃないですか。(笑)』ってorz

ちげ――――よ!そういうことじゃないんだよ!!はいたん!!!

分かっててそういう解答なのか、天然なのか……(´_`。)

いや、もしかしたら1月29日発売のはいたん本でその辺のことも語っているのかも知れませんね。(淡い期待)

でも、もしかしたら、羽化して蝶になったのがらるくさんなら、羽化して蝶になりたいのはhydeなのかも知れないね。

確かに、ふり幅の広いアルバム。でも、なんでだか、私たちはそれを自然に受け入れられるんだからおもしろい。それも20年間で見てきたらるくさんの許容範囲を知ってるからなのかな?むしろ、許容範囲がないのを知ってるって言ったほうがいいのかも。




*ken*

うわ。

サングラスしてないけんちゃん、こうやってみるの久しぶりな気がする。

なんか、すっかり大人のヒトになっちゃたよね――――。中身あんななのに、見た目がクールすぎて…。

知らない人はけんちゃんのこと、クールだと思ってんのかなぁ?

けんちゃん、自分の曲 難解だと自覚してたんだね。よかったよ。

けんちゃんの『hydeの歌詞が乗ったとき、そこにはなにかがある』って言葉、いいなぁ。

20年経っても(正確には違うけど)そう思えることって凄いなって思うよ。

確かにけんちゃん曲に、はいたんの歌詞が乗ってる曲は神憑り的に引き込まれちゃうようなのが多いけど、それはけんちゃんの曲があってこそなんだって思う。

はぁぁ。けんちゃん、パンクのドラム大変だったのね。(想像以上に)

はいたんが天然さんなのか、けんちゃんならできると思ってやってるのか知らないけど…。

ご苦労様でしたね。

でも、パートチェンジでここまでできるバンドってきっとらるくさん以外にいないと思うから。どやって感じですね。




*tetsuya*

どうしてもTSUTAYAに見えてしまう。未だに。未だにです。

しかし、このヒトどんどん韓流になってくなぁ―――。アイドル。

でも、インタ読むとホントに優等生。

自分の言葉ができるだけ読者に正確に伝わるように言葉を選んでるんだろうなって思う。

アルバムの評判について。ゆんもシングル曲ばっかりでどんなもんなのさって最初は思ったけど、まわりの評判がいいっていうのは正解だと思うよ。

聞いたことある曲が半分以上なのに、もっと言えばすでにライヴで定番曲に近い位置にいるとさえ思う曲なのに新しい曲が入るとこんなにも新鮮なものになるんだなってUSTの中継で知ったからね。

早く手元に欲しいと思うもの。

『ジャンルがどうこうとかではなくて、自分たちがカッコイイと思えることならなんでもやる』って言うてっちゃんの言葉。本来のバンドってそうなんじゃないのかなって思うけど、実際それを実行できてるバンドってどれくらいいるだろうと考えると、実はそんなにいないんじゃないかなって思う。

それこそ曲調がバラバラなのに、ぜんぶらるくさんの音にしてしまえることって奇跡に近いんじゃないかな?

らるくさんの他にもモンスターバンド級の人たちっていると思うけど、こんなにふり幅広くないものね。

それを考えると、らるくさんの存在が奇跡に近いんだと思う。存在がって言うより、これで活動してるってことがすでに奇跡。

そして、てっちゃんのパンクに対する思い入れを強く知る。

いつもすっ飛ばしてごめんなさい…m(_ _ )m




*yukihiro*

ゆっきー、いつもかっこいいなぁ(///∇//)

ゴシックハート欲しいなぁ。

ゆっきーほど安定してる人っていないよなぁ。って、思ったけど、昔は『不安定=YUKIHIRO』だったよね?(誰に確認?)

ホントに色んな意味で不安定要素満載な感じだったけど、らるくさんに入ってここ10年は完全に安定のヒトになった気がする。

ゆっきーを見ると安心する。実は、ゆんのココロの安定を図ってくれる安心材料。

あぁ―――。『shade of season』がDUNEみたいって感じたのは“憂い”かぁ。DUNEは憂い満載だもんね。そうか、そうか。(妙に納得)

歌詞をhydeくんが『書いて』って言ったからって、素直に書いちゃうゆっきーが健気で可愛いです。

ゆっきーっていつまでたっても歌詞を書くイメージないのに(対自分比)、いい歌詞書くから凄いなぁって思ってる。その反面、何を想いながら書いてるんだろうとも思うし。

技術面では色々と努力してたんですよね。忘れちゃいけませんね。

そうだよね、初心を忘れちゃいかんよね。(なんの納得だ?)

いやぁ、ゆっきーに褒められると恥ずかしいね。

『hydeくんがXXXのデモを持ってきたときはビックリしましたけどね。すごい曲を作ってきたなって。』だってぇ――――。メンバーに素直に誉めてもらえると嬉しいね。自分のことじゃないのに…。

そして、惑星ケプラー22´bの話。

220px-Kepler22b-artwork.jpg
ケプラー22'b想像図(NASA)


ケプラー22b (Kepler-22b) とは、

(NASA) のケプラー探査機によって発見され、太陽によく似た恒星(ケプラー22)を周回する太陽系外惑星で、地球からの距離は620光年。

主星からの距離は約0.85AU、公転周期は289.9 日だが、軌道形は分かっていない。

また、研究者の見積もりでは表面温度が大気が乏しい場合で約-11℃、地球のような大気による温室効果が存在していた場合の平均温度は22℃と換算されている。

ケプラー22´b発見の発表は2011年12月5日に行われたが、この惑星が最初に発見されたのは2009年のケプラー探査機による観測が開始された直後であり、スピッツァー宇宙望遠鏡と地上からの観測でも確認されている。

この惑星は地球の約2,4倍、海王星の半分の半径を持つが、内部構造などはまだ詳しく分かっていない。

おおよそであるが最大で地球の35倍ほどの天王星型惑星である可能性が高いと推測されている。

地球よりも大きな惑星であることに変わりないが、海洋惑星である可能性も存在し、生命の可能性も捨てきれない。


という、惑星らしいですよ。
詳しくはコチラなどでどうぞ。





なんか、思いのほかケプラーの話に時間を割いてしまって…。

興味がなかったらごめんなさい。

ゆん的に喰いつくところだったので、がっつり喰いついてしまいました…(〃∇〃)

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/593-0ce2f38a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。