-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-02 19:22 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel

ついに最後になりました。

Day2 EN部分です。



参考資料⇒L'Anniversary LIVE Day2*レポ



*DVD*20th L'Anniversary LIVE Day2*


*ENop

前日のオープニングと同じ鐘の音。

実は、当日、スタンド観戦だったため、スタッフの動きで何が起こるかを察してしまったんだよね。

でも、DVDではそんなことすっかり忘れてたから、ディスク入れたときの意外性にふおっってなった。

前日の登場シーンで、はいたんのこと『初めて国民に顔見せする王室の子』って表現したけど、この日の子は、すでに国民から愛されて慕われてる王子が、ついに即位するために戴冠式に向かう直前の姿』に見えたよ。

国を治めることに自信も活力も持ち合わせて、今まさに大きく羽ばたこうとしている子。

今までも十分、大きく羽ばたいていたのかも知れないけど、それ以上に強さを持ち合わせてる。

きっと、ワールドツアーが終わって日本に戻ってきたときは、『戴冠式を終えた新国王が宮殿のテラスに立つ姿』になってるんだと思うよ。

世界征服すら手中に収めた王様の顔になって。




そして、あのメッセージ




ありがとう

Thank you for my dear


我々は新たな未来へ向かいます

We'll go forward to our new future


次への一歩を踏み出します

and take a next step


みんな一緒に 行こう

Let's go together,everyone


そして

And


今日ココへ来れなかった人の想いも連れて行きます

We'll carry the hearts of the people who cannot be here today


共に乗り越えよう

Let's get over together


これからも一緒

Always with you


I love you




全ての人へ向けたメッセージ。胸熱です。

らるくさんはいつもそっとメッセージを送ってくれる。

いつでも、さりげなく。

気づくとそれが当たり前の日常のように、となりにふわっと寄り添っててくれる。

辛い時も悲しい時も楽しい時も嬉しい時も。

これからも、ずっと一緒に歩いて行ってもいいんだよねって。そうなんだよねって自分に言い聞かせるように見守ったメッセージ。

ホントにすべての人に届くといいな。


ゆんも憑いて行きます| 壁 |д・)...


*EN1 forbidden lover

絶対的で圧倒的な表現力をもって歌われるこの歌。

hydeさんが流す涙。

その視線の先に何を見ているのか、何を想って歌っているのか。

その想いは救われることがあるのだろうかって、いつも思います。

燃え盛る炎の中で凛として歌うその姿にいつも心を奪われて、沈みゆこうとしている今その時に、差し伸べられる手はあるのだろうか。

果たしてそれは届くものなのだろうか。

考えれば考えるほど深みに嵌っていきます。

やっぱり、大好きな曲です。



*EN2 MY HEART DRAWS A DREAM

このところforbiddenからのマイハーが定番ですね。

浮上できないといつも思ってる。

でも、合唱いいです。

浮上できないと言いつつ歌ってしまうんだけど。

やっぱり、はいたんのおっぱいが…。


*EN3 GOOD LUCK MY WAY

覚えたてのGLMW。

(*∂∀6)が虹をうまく越えられなかった甘酸っぱい思い出...


*MC4 hyde

(*∂∀6)えぃっ。

(*∂∀6)Hey Baby!

(*∂∀6)あぁっ。

(*∂∀6)…なんか、あのー。プールで…鼻の中に水が入る感じが…。ふはは。

(*∂∀6)え――。ツーンとくるよね。

(*∂∀6)はい。

(*∂∀6)えぁ――。えーと、5月30日ね、明日。もうすぐ、もぅ、数時間ね。にじゅう…20年…ね…です。

(*∂∀6)20年ねぇー。

(*∂∀6)はの――。

(*∂∀6)はの――、長かったようで、短かったような。…やっぱり、長かったと思うんだけど。

(*∂∀6)うん。でも、なんかこう。いまだにね、なんか、そう。新しい発見とかも…あるし、分かんないもんだね。

(*∂∀6)うん……。こんなタイミングで雨降らんでもええやんな。でも、ほんま、今日やっててなんか、関係ねぇなって、ちょっと…はは。勝手ながら…みんな大変や思うけど、オレは…あのー、関係ねぇなって、ちょっと……思ってやってました。はい。

(*∂∀6)はの――。すごい、あのー、20年経っても楽しいライヴってできるんやなと。

(*∂∀6)でも、ちょっとくらい止めばいいのにって思ってるんだけど…。ふははは。

(*∂∀6)あのー、ラルクアンシエルは、あのー、なんでしょ。

(*∂∀6)たくさんの人が関わって、すごく…大きな、巨大な船になったなぁーと…思ってるんですけど…。あのー、何度もね、暗礁に乗り上げては…メンバーやスタッフが、一生懸命…努力して…乗り越えて…来ました。

(*∂∀6)あのー。

(*∂∀6)………ふはっ。……すごく、あのー。扱いにくくてね、厄介なバンドだと思うんですけど、まぁ、どっかに……魅力があるんだと思います。

(*∂∀6)ねぇ、その長い期間にも、やめて行った人もいるし、いなくなった人もいるし、今日来れなかった人もいるし……、こうやって、雨の中来てくれるみんなも、いてくれたおかげで、ここまで…来れました。

(*∂∀6)今まで出会った人も、あのー…出会わなかった人もね……、遠くからの、想いは伝わってるんで、ホントにみんなありがとう。

(*∂∀6)あー。こんなに愛想の悪いバンドってないと思うんだけど…、来てくれて本当にありがとう。

(*∂∀6)あのー、みんな口下手なんで演奏で…気持ちを伝えたいと思います。じゃ、最後にBLESS聴いてください。




*EN4 BLESS

ひとつひとつ歩を進め 振り向けば長い足跡

歪んでてもまっすぐ


っていう歌詞が、なんだかすごくらるくさんのことみたいで、この歌を聴くとらるくさんの軌跡を思い浮かべます。

冬季オリンピックのテーマソングだったんですよね。

でも、やっぱりこの歌はらるくさんと重ね合わせて聴いてしまうな。

透き通るようなhydeさんの声がすっごくいい。

そう言えば、これVAMPSの最中、HYDEからさらっとラルクのhydeになって登場したんだったよね。

その切り替えにもびっくりした。

だって、あの18禁の人が爽やかな感じになって…。


最後のメタリックテープの紙吹雪。

やりすぎなんじゃ…と思うくらい豪勢に吹いちゃってる。

あの日もスクリーンが見えないほどだったんだよね。



*エンディング

ギターを置いて深々と一礼したらさくさく帰ってしまうけんちゃん。

それがけんちゃん。


はいたんのお立ち台(笑)で堂々と“L”ポーズを披露したゆきひろさん。

あれが意識してなかったとか、ホントに驚きなんですけど。

狙ってやってなかったらなんなんだ!と言いたいところ。

そんなゆっきーが可愛いです。

無意識でもらるくさんなんですね。


口パクでカメラに向かって『ありがとうございました』っていうはいたん。

もう、なんでも可愛いよ。


リーダーにやる?って言われてバナナ受取っちゃうゆっきー。


わざわざカメラに向けてバナナにちゅーするはいたん。


でんぐり返しのゆっきー。

あの日には見られなかったから、ちゃんと見られて嬉しい。


最後のバナナ。

はいたんちゅーして、リーダーにもさせて投げちゃう感じがなんだか可愛いよね。

愛くるしい子みたいだわ、ホント。


*エンドロール

設営の様子から1日目、会場周辺の様子、2日目。

撤収の様子。

打ち上げの様子。

あのハートのケーキ。

ケーキの蝋燭を4人でふーってする姿がホントに微笑ましくて、それだけで嬉しくなれる。

ケーキを前にしたはいたんがホントに可愛くて。(いつもだけど)

お誕生日を迎えて家族に祝ってもらってる子みたい。


こうやってみると、ライヴのDVDっていうよりドキュメント映画。

らるくさんの20周年の軌跡的な映画のようでした。

ホントにたくさんの人が関わってたくさんの人の力によって、一つのライヴが形成されている様がリアルに伝わってくるDVDでした。

バンド結成史上初の最悪のコンディションの中のライヴだったと思います。

でも、その最悪のコンディションさえも味方につけて、人工の演出ではできない素晴らしい自然の演出で20周年に花を添えてくれたんじゃないかなと思ってます。

あの土砂降りの雨の中、大きなトラブルもなく2日間のライヴを“成功”させてしまったらるくさん達。

彼らだからこそ、らるくチームだからこそ成功させることが出来たんじゃないかなとも思ってます。

知ってか知らずか、どんどんと上がっていくハードル。

それをどんなふうにして乗り越えていくのか、本当に楽しみで仕方ないです。

らるくさんが好きでよかった。

これからもどうか、その素晴らしい曲たちを大切に、一歩一歩を大切に歩んで行ってください。

いつもいつも陰ながら応援しています。




虹虹虹20周年、おめでとうございます虹虹虹





関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/579-cfe5585a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。