-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-31 17:03 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel

続きです。

Disc2、EN部分 書きにきました。



参考資料⇒20th L'Anniversary LIVE 20110528*レポ



EN待ちのウェーブがすっごいきれいにできた日だったと記憶してます。

映像ではそんなでもないかなと思うんだけど、アリーナから見るスタンドのウェーブとか、アリーナの前から進んでスタンド上段までキレイに繋がってちょっと感動したんだよね。


*EN1 あなた

ふおっ。

そぅだった、そうだった。

ピアノ始まりのイントロ長めのあなたに号泣・°・(ノД`)・°・

サイリュームの光がなんだか空撮されてる街の光っていうか、空から見た地球の光っていうかを連想させて、こんな時期のライヴだったからそんなことも思い出して、小さな光の連鎖が暖かい気持ちにさせるね。

そんで、胸に手を当ててみんなが歌ってるのをゆらゆらしながら聴いてるはいたん。麗しいね。

両手を広げるとそれだけでそこに宇宙ができるの。

前も言ったかも知れないけど、そういう時ってホントに大きな存在でみんな包み込んでくれるみたいな感じ。


あぁ、紅白…。

あなた 歌って欲しかった。


*MC3 tetsuya

(*゚ー゚*)いやぁ――――。この曲のあとのMCきついで。

(*゚ー゚*)きついな、これ、せっかくいい感じでしっとり“あなた”聴いて、お前、なにまた下ネタ言うとんねんみたいな。

(*゚ー゚*)これねぇ。

(*゚ー゚*)ホンマに、もぅ、ちょっとねぇ。

(*゚ー゚*)大丈夫?みんな今日、せっかくなんかおしゃれしてさぁ、おめかしして、メイクもばっちり決めてきたのに、もぅエライことなってんで?

(*゚ー゚*)ごめんなさいっ。

(*゚ー゚*)いや、そんなことない。みんな、むっちゃ、キレイよ?

(*゚ー゚*)うふぅ―――――!

(*゚ー゚*)ところで、みんな今までやった曲 知ってんの?

(*゚ー゚*)全曲知ってんの?

(*゚ー゚*)ごぞんじぃぃぃ―――――。

(*゚ー゚*)ごぞんじぃぃぃ―――――。

(*゚ー゚*)ほんまエライなぁ――――。

(*゚ー゚*)ちゃんと予習してきたん?

(*゚ー゚*)いや、俺らも大変やで?

(*゚ー゚*)ほっんまに!

(*゚ー゚*)だって、2日間のライヴで1曲もダブりがないって、らるくあんしえる20年やってますけど初めてじゃない?

(*゚ー゚*)ね?ふつうこの“あなた”でおわりやん?

(*゚ー゚*)まだ、やるからね。

(*゚ー゚*)まだ元気あんのか――――――ぃ!!!!!

(*゚ー゚*)い――くで―――――!!!!!

(*゚ー゚*)い――くでぇ――――ぃ!!!!!

(*゚ー゚*)ミルキーウェイ―――!!!


リーダーのMCもいい感じでカットされてましたね。(当たり前か)

せっかくのけんちゃんとの絡みが…。


*EN2 milkey way

はいたん、花道のところすっごい際で歌ってたんだね。


*EN3 Voice

なんだろう。

言葉ではうまく言えないんだけど、表現の部分がレベルアップしたからなのか声が幻想的に響くっていうのかな。ほんとに、うまく言えないんだけど。コレを歌ってた当時も十分、雰囲気のある仕上がった曲だったと思うんだけど、時を経てその色が鮮やかになったっていうのかな、厚みを増したっていうのか…。

確実なものになってなっていう印象。

難しい歌だから、余計にそう思う。

初期曲って難解なイメージなんだけど、一枚の絵画にストーリーがついた感じなんだよね。

しかも、画廊とか展示品としてあるんじゃなくて、昔からの家にぽつっと飾ってあるとか、白い布に包まれて置かれてるみたいな…。

ごめん。ゆんの解釈のが難解だわ。


*EN4 White Feathers

個人的に超神曲。

これも初期曲特有の一枚の絵画。

しかも、これに限っては長いこと部屋の隅に白い布に包まれたまま放置されてた感じ。

それを解き放った時にこの曲が流れてくるイメージ。

多分、その絵はこの曲の中の人が描いた絵なんだね。

その絵が解き放たれたときに、その絵を描いた人の想いも解き放たれたんだろうと。

全て勝手な妄想話です。

白羽根=らるくさん。(超個人的認識)

はいたんが両腕広げるだけで泣いちゃうもんね…。

(*∂∀6)音譜すぐそばにぃぃ―――いぃ―――

のところの左手の動きがなんだかもがいてるみたいで好き。飛べないみたいで好き。

(*∂∀6)音譜もっと高ぁくぅう―――――

で上げる右手のキレイなこと。なんで、この人の手って、こんなにもキレイなんだろうね。

真上からの映像も羽根が降っていく様子が凄くキレイ。

これで、もっとちゃんと降ってたらもっとキレイだっただろうな。

最後も両手広げて歌ってる姿に『もう大丈夫だよ』って抱きしめてあげたくなっちゃう不思議な感覚。

なんだろねぇ―――。

大丈夫じゃないのはむしろ、こっちのほう。


*MC4 hyde

(*∂∀6)えぇい!

(*∂∀6)あ――。羽根がねぇ……、羽根……。

(*∂∀6)はのぉ――――。羽根……。

(*∂∀6)風に流されちゃったねぇ……。

(*∂∀6)これも、考えてみれば結構、試行錯誤して、最初は色んなやり方で降らせてましてね。

(*∂∀6)なんか…、かご…籠に入れて振ったりとかしてたぁ。あはは。

(*∂∀6)カッコわるぅ…かったけど、

(*∂∀6)で、2日目に落ち……天井についてたやつが落ちてきたりしてね。ふふ。

(*∂∀6)曲の初めのほうでね。

(*∂∀6)なんか……ありましたね。

(*∂∀6)最近は上手になったんスけど、降らせるの。

(*∂∀6)…雨、だいぶいい感じ?コレ?

(*∂∀6)うん。まぁ、ここまでは予定どうりや。

(*∂∀6)あ――、今日は。えっと。

(*∂∀6)泣かずにすみそうやなと…。

(*∂∀6)えーと……。

(*∂∀6)涙もろくてね、最近は。

(*∂∀6)実は、あの今日、車で出てきたときに、うわっ、みんないる。と思ったらちょっとうるっときて……しまいました。はい。

(*∂∀6)え――。うわっ、みんな カッパきて待ってるわ。ちょっと可愛かったです。

(*∂∀6)あのー。さっきのサイリュームも凄いキレイで…えーと、ずっと見てたいなと思いました。はい。

(*∂∀6)今日は、えー。楽しんでるかい?

(*∂∀6)えーっと。く、くらぁーい内容の歌詞ばっかりなんですけど、それでも大丈夫ですかね?

(*∂∀6)そう、あの。ふる、古いね、えっと 初期の曲をやってるとあれ?なんでこんな後ろ向きの曲ばっかなんやろ――?って、びっくりしますわ。ほんまに。

(*∂∀6)ふっはは。

(*∂∀6)夏の憂鬱とか怖いもんな。

(*∂∀6)なにやったん?

(*∂∀6)はい。

(*∂∀6)でも、あの最後に少し前向きな曲をやって…。

(*∂∀6)今回、ライヴのね、収益金はえっと全部あの、義援金として被災地に送られます。

(*∂∀6)えっと、珍しくうちのメンバーとよく話をして、え――意見を交換して出した結果ですけど、とてもラルクらしくて、あの――、いい決断だと思いました。

(*∂∀6)えー、潔いメンバーがかっけぇなぁと思いました。はい。

(*∂∀6)えー、そして、えーっと、今日という日を迎えられて本当に嬉しいっス。ありがとうございます。

(*∂∀6)えー、ムリにでも…前に進まないと、希望が、見えずらくなってるから、みんなで……前に…行けたらなと、思って…今日を迎えました。

(*∂∀6)えー、雨の中、ホントにきてくれてありがとう。

(*∂∀6)はい。この20年間もありがとうございます。

(*∂∀6)やまない雨はない。

(*∂∀6)最後に『虹』聴いて下さい。


泣かなくて済むかもといいつつ、MCの段階ですでにおめめはうるうるしちゃってるんだよね。

それにしても名言になりましたね。

『やまない雨はない』

どんな言葉よりも強い言葉だと思います。

色んな苦難を乗り越えてきたらるくさんだから、hydeさんだからこその言葉。

身を持って体現してきた彼らが言うんだからそれは重みを感じる。

震災のあとだったからこそ、乗り越えられないものはないと、また立ち上がれると言ってくれているようで強い言葉だと思いました。

色々な方が、色々な方法でメッセージを送ったり支援をしたりしているけれど、苦境をタダでは越えてこなかった、転んでもタダでは起きあがらなかったらるくさんに勝るものはないと勝手に思っています。

苦しい時を知っている彼らだからこその言葉の重み。

今回の義援金の話も決して大々的に行ったわけではないし、むしろ知らない人のほうが多く存在すると思います。この話をすると周りの人は大抵、知らない。

でも、らるくさんは知ってる人が知っていればいいと思っているのか、そんなことは全面的に出さずにさらっとやってのけてしまう。それこそ『潔い』んだと思います。

ホントにそんな彼らが大好きです。


*EN5 虹

無条件にあの日と重ねてしまう。


記憶の天秤にかけた

ひとつの傷が釣り合うには

百の愛を要する

けれど 心は海岸の石のように

波にもまれ たくさんの傷を負うことで

愛は形成されていく



傷と引き換えに手に入れるもの

傷と引き換えにしなければいけなかったもの


リンカネの日にいつまでも心はリンクします。

あの日の想いこそが『虹』なんだろうと。

これを一つの作品として世に送り出さなければならなかった彼らの想いは時を経ても変わらずにそこにあるんだろうなと思ってます。

いや、時を経たからこそ変わった、変化した想いや昇華した想いなんかもあって当然だし、あるんだろうけど根本が揺るがない限り、彼らの想いはそこにあると信じてます。


家族でこのDVDを見てたんだけど、らるくさんのことはさっぱりな花ちゃんが『この人たち、この曲好きね。いつも歌ってる。』って言ったときに、珍しくダンナちゃんが『好きだから歌ってるんじゃないよ。この人たちにとって大事な曲なんだよ。コレがなかったら、今のらるくは成立してないと思う。この曲があるから、今がある。』って言ってて、ホントにラルヲタ万歳!と思ったよ。

普段はね、こんな話しないんですよ。

でも、共通理解ね。してたのねと思うと感激。


*エンドロール

エンドロールつきのDVDっていつ以来かな?

記憶の中ではへぶんりしかないんだけど…。


まぁた。泣かせるよね。

ステージセットの設計図とかこうなってんだと思ってしばし眺めてみたし。

おっさn達のリハ風景とか打ち合わせ風景、ホントに大好きです。

このおっさnがらにば*はいどに化けるのかと思うとほんとにたまんない。hshs。

仕事してる感がホントに大好き。

こういう映像って、どんだけ需要があるのか知らないけど、とりあえずもっとくれ。

大好物です。


あと、固定カメラの映像ね。

ステージ設営から1日目が終了するまでの図。

こういうのも結構好きです。たまんない。

繰り返し繰り返しチェックしたのにね、当日雨って酷いよね。

ステージ屋さんから言わせればそういうことでしょ。


ハマーに乗り込んだはいたん『泣いちゃうかも。』とか、なにあの子。

めたんこ可愛い。ホントに可愛い。


あぁ。

ヤバい。

こうして今年も1年が終わろうとしてるのね。


でも、まだ。

紅白あるからね!



ということで、おしまい。

DVDの感想でもなんでもない気がするけど…。


Day2へ続きます。


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/574-5bc34422
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。