-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-20 22:01 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel

あまりにもヒマすぎて、見ました。



なんだか、初期のほうって見れば見るほど不憫になってくる(´・ω・`)


らるくさんの扱いが雑。

司会者が超上から目線。


見ててドキドキしちゃったよ。


『ふ~ん。そうなの~。で?』みたいな感じで雑な対応で、話も聞いてるんだか聞いてないんだか、

半ばバカにしてんだろ?的な喋りかたしてる司会者の方いましたけど、

『らるくさん達、あと17年とか15年もするとすっげー大物んなってますけど?いいんですかね?』思いましたよ。

今頃やっちまったなと思ってるんでしょうね。


あの頃は、らるくさんがテレビに出てるだけで嬉しくてそんなこと気にも留めなかったけど、今見るとなんだか不憫。


色々イヤな思いもしたんだろうね。

当時はホントに気づかなかったけど…。


子どもがいじめられてるのを年数経ってから知った母親みたいに、やるせない気持ちになった。


その反面、画面に映る子(∂д6)は可愛くて。可愛くて。

線も細いのね。まだ少年ぽさが残るっていうか。

いや、当時でもいい歳でしたけどね。


そういえば、見てて思ったのは、ゆんの中のらるくさんてブツ切れだなぁ~って。

よく、シエスタ*はいどとかヘブンリ*はいどとか表現するけど、まさにその通りでつながりの部分がないの。

あるのかも知れないけど、記憶の中にはない。

だから実をいうとあの美少女時代の子(∂д6)がラニバの子(∂д6)と同一人物だっていう感覚がない。

どの子(∂д6)もはいたんには変わりないんだけど、全部別人格の子に見える。


やっぱり、自分の中で美少女たんとシエスタたん、ブルーリーたんあたりが思い入れが強いみたい。

もちろん、ヘブンリもラニバも好きなんだけど、自分の中でその好きの種類が変化してることにも気づいた。

何度も嫌いにもなったしね。


でもやっぱり、ぐるっとひとまとめに愛してるんだと思う。


今でこそ妖精だのなんだの言ってるけど、美少女たんに出会った頃はゆん、ちゃんとはいたんは人間だと思ってたよ。

人間の子に見えてたし。

いつからかな、妖精になっていったの。


それを考えてたら“妖精たん”とか言い出したのって最近な気がしてきた。


オトナになっていくにつれて、きっと 色んな力を身につけたんだね。

多分、彼なりの自分を守る術なんだなぁと思った。

生きる力っていうかね。


それを思うと昔はホントに丸腰だったんじゃないかな?


20年、きっといばらの道だったんだよね。




なんて、しんみりしてたら『下弦の月』のダイジェストみたいなの見てフイタwww


このヒト、なんで映画に出ようとか血迷ったんだろう…。


多分、人間の役はできないな。



よく考えたら、ゆん映画見てないや。

ちょうど、『はいたん キライ!』だったんだよね。

で、見る機会もないまま今日に至る…。


いや、見る勇気もないですけど。

DVDも恐ろしくて買う気にはなれません…。



歌ってくれてたらそれでいいんだもん。




そういえば、まだお髪の長いはいたんの(らるくさんの)ライヴしてる映像があるハズなんだけど…。

思い出せないんスよ。

なんのライヴだったのか、なんのテレビ?だったのか…。



イチバン見たかったのはそれなんだけど…。

どこいった……(´□`。)







関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/551-e41dcaa4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。