-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-18 18:49 | カテゴリ:日常

昨日、天使くんと花ちゃんの学校でクリスマスがありました。


毎年、一般の人も入場可能な感じで盛大に行われていて、今年も立見のお客さんが出るほどの人が。

高校の礼拝堂で行われるんだけど、1階席・2階席合わせて多分1200~1500席くらい。

プラス立見な感じです。

中学・高校の在校生はお客様優先なので必然的に立見へ…。


ゆんはいつも2階席の最前列を狙ってるんだけど、去年は行くのがちょっと遅くなってダメだったので、今年はどうしてもの最前狙い!

出発はギリギリだったけど、高速飛ばしてなんとか2階席の最前列を死守しました(´0ノ`*)←必死

天使くんとか花ちゃんに席を確保してもらえるといいんだけど、それは禁止事項なのでムリなんだよね。

あくまでも平等にっていうのが学校の方針。


内容としては2部構成で行われます。




第1部*キャンドルライトサービス
† ciel et soleil †

†前奏

†キャンドルライト入場 263『荒野の果てに』

†点燭

†頌栄 38『グロリア、グロリア』

†賛美歌 259『いそぎ来たれ 主にある民』

†ハンドベル 『Come,Thou Almighty King-イタリア キャロル-』 中学ベルクワイア


前奏からハンドベルまでの動画をうpしようと思ったんだけど、うまくいかなくて、一旦、断念…(´・ω・`)

またあとでチャレンジしてみる。


このパイプオルガンで、前奏や賛美歌の伴奏をします。

演奏するのは、学校の音楽の先生!凄い!!


それと、キャンドルライトサービスで来場者全員が持っているキャンドル(仏壇用の蝋燭ですけど…)が次々に点燭されていく様子も動画で見てもらいたかったのに…。



† ciel et soleil †-201112171612002.jpg
いつも感動するんです。

聖歌隊と点燭係の天使役の子が賛美歌を歌いながら入ってきて、厳かな空気の中 となりの人から人へと次々と点燭されていく様子はなんとも言えないです。

ひとつの小さな光が次々と点燭されて、その小さな光で礼拝堂がいっぱいになるのはホントに感動的。

今年もクリスマスを迎えられたことに感謝する一瞬です。


特に今年は思うところがたくさんあってこのキャンドルの小さな光を見つめているだけですでに泣きそうでした。


花ちゃんの中学の卒業式は、まさにこの礼拝堂で行われたんですけど、震災後、初登校で卒業式。

また、いつもの華々しさもなく、参列者が卒業生、職員と保護者だけの簡素なものでした。

それでも、卒業生全員がそろうことだけで幸せなことなんだと思わずにいられなかったあの日。

無事、参加できたものの計画停電なんかの影響もあって、謝恩会も出来ずに早々に学校をあとにしなければならなくて…、外部進学の子とはそのときがサヨナラの日でした。

そのあとの高校入学準備会では、内部進学の子の教科書が間に合わなかったり、来られない子もいたりのドタバタ…。

内部進学なのに不安なこともあったんだよね。


それでもこうして生かされてることに、それだけで幸せを感じたよ。

家族が揃ってる。


いろいろあったけど、やっぱり幸せだと思うとホント泣く…。


†消燭

†聖書 マタイによる福音書 2:1~3

†祈祷

†合唱 『クリスマスメドレー』 高校聖歌隊


聖歌隊の合唱も動画うpしたかった…。


実はこの礼拝堂、半端なく音響設備がいいんです。

音が凄くよく聞こえるから、音楽関係のイベントに最適なの。

そんな環境で聴く賛美歌はビックリするくらい心が洗われる…。


ぜひ、はいたんのroentgenをここで!

歌声が一番いい感じで聴こえること間違いなし!


†メッセージ 『一緒に希望を紡がせてください。』

†賛美歌 261『もろびとこぞりて』

†祝祷


お祈りの時間です。

頭を垂れて祈ります。






† ciel et soleil †

写真は、2階最後列からみた礼拝堂の様子。


プロテスタントの学校なので、礼拝堂も十字架もシンプルです。



第2部*ページェント(キリスト降誕劇)

†賛美歌 231『久しく待ちにし』



*告知 アヴェマリア

     賛美歌 175『わが心は』

*ベツレヘムの旅 『O Hory Night』

*牧場 パストラル

     賛美歌 267『あぁ ベツレヘムよ』

*馬小屋 賛美歌 256『まぶねのかたえに』

      賛美歌 『われらはきたりぬ』

      賛美歌 264『きよしこの夜』



降誕劇は学園の幼稚園から高校までの生徒が出演します。

出演者や舞台の裏方、他にも、会場内の誘導やビデオや写真の記録係などの仕事も全部生徒の仕事。

天使くんと花ちゃんもそれぞれの係でお仕事してました。

         

†合唱 『Hallelujah』


このハレルヤは、吹奏楽部の演奏に合わせて、来場者も含めた全員で合唱します。


この前歌ったハレルヤは、花ちゃんの中学卒業式。

本来なら晴れ晴れと在校生を含めて大勢で歌われるはずでした。

でも、当日歌われたハレルヤは震災のあとということもあって、日本と卒業生の前途が明るいものであるようにと希望を込めて卒業生と職員、保護者だけで歌われました。

そんなこともあって、こんなにも穏やかな気持ちで明るくクリスマスを迎えられたことがホントに嬉しくて思わず泣きそうになってしまいました。(堪えた!)

あの卒業式の日、計画停電やエネルギーの問題もあって、照明も乏しく、暖房もほとんどつけられなかったんですよね。

その時と同じ礼拝堂なのに、今日はこんなにも光に溢れていて、暖房も利いていて温かくて。

ホントにそれだけで泣きそうだった。


†退場 『Christmas Carol Fest.Ⅱ』 中学ベルクワイア


退場の際、礼拝堂では吹奏楽部が、玄関ホールではベルクワイアが、玄関テラスでは聖歌隊がそれぞれの演奏で来場者を送り出してくれます。

らるくさんで言うところのエンヤみたいなもんですね。


ちなみに小学生までのお子ちゃまにはサンタさんがお菓子のプレゼントをしてくれます。

今年はブーツに入ったお菓子だったようです。






11月の下旬に学校内がクリスマスに向けて準備を始めます。


ハレルヤの練習だったり、ライトアップの点灯式だったりと俄かに慌ただしい雰囲気です。







これは、中学棟のほうの学校のお庭の様子。
† ciel et soleil †

† ciel et soleil †
















校門から見た校舎。

礼拝堂入口が2階にあって、テラスになってます。


† ciel et soleil †


















2階の礼拝堂入口のテラスから見た校門の方向。

春には桜並木になって、それもキレイです。


今年はライトアップが少なめなのかも知れません。

それでも、ここが学校だと思えないくらいの空間になってます。






一足早いクリスマス。

今年も無事迎えられました。

ありがとう神様。

ありがとうはいたん。









関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/546-f0488cb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。