-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-29 07:41 | カテゴリ:VAMPS

その1からの続きです。



†はいたん*はろいん音楽隊†


今日も楽団ごっこするのかなぁ。昨日、可愛かったもんなぁなんて思いつつ、前立てのセットが左右に開いていけば、そこには客席にちったくて可愛いお尻を向けた、はいたん3歳がタクトをもって立ってました。

はいたん、ドラキュラジャケットを脱いじゃって、ノースリーブな出で立ち。

そのトップスさぁ、丈長いでしょ…。

そんでもって、荊たんを肉眼目で確認、まさかのガン見!

あぁ、なんか見慣れた。最初の頃のような気持ちは今、ないね。不思議と。

できれば、ないほうがいいんだけど。

やっぱり、スクリーンとか写真を通してみると違和感のような、慣れない感じはあるから。


そんなことを思ってる間も、昨日と同じようにタクトをくるくるとまわしながら楽しそうに指揮と言うか、お立ち台の上でジタバタしながら楽団の音量を上げ下げしたり、速くしたり遅くしたり、フェイントしたり楽しんでる3歳児。

ひとしきり演奏させたところでストップすると、

(∂Д6)ゆうや、そこジャマ!

      富士山で見えなくて後ろの死神が困ってる!

ゆんの位置からはアーリーがあんまり見えなくて分かんなかったんだけど(小人)、その声に背伸びして見たらいそいそとちょっとだけ位置をずれるゆうやの姿がwww

どうやらゆうやの富士山のせいで、アーリーから はいたんがちったくてよく見えなかったようですね。

スモークの犠牲になったのは明希さま。

あと、最後 全員で演奏をきれいに止められなくて全員に向けて発射したスモークなんだけど、じんさんが一番被害に遭ってた気がスル。

この時、清春さんはいなくて、まおにゃんは楽団の前になんもせずに座ってたような。



†神と仲間としもべたちのトークタイム†

やす:いやぁー、はいどさん。いっぱいいますね!

(∂Д6)(ステージの上を見渡して)ね、いっぱいいるね。AKBみたい。

やす:これでCD出したら売れそうですね!

(∂Д6):でも、ここにいる全員と握手会しないとだよね。

やす:そうですね。なら、握ちん会でもいいんじゃないですか?

(∂Д6):あぁ、いいかもね。(わりと真顔)

やす:いやいや、はいどさん!そこは否定しないと!!

(∂Д6):にこっと笑って)いぃんじゃなぁい?気持ちよさそう。

やす:はいたんに躍らされた感満載ww)

    今日は4組のうち、シドが初登場ということなんですよね!

(∂Д6):いやぁ、まさかマオが綾波でくるとは思わなかったね。

やす:まおは汚れないと思ってたから、2枚目路線でくると思ってたのに、まさかのこっち側の人間だったっていうね。

(∂Д6):ちゃんと鬱入ってて、最初出てきたとき俯いてて全然前見てなかったしね。

まお:やっちゃいました!でも、ホントはあれ、全部別々なんですよ!この時は綾波脱いでてTシャツ姿)

(∂Д6):???ん?て感じ)

まお:頭と眼帯と制服ってホントは全部、別々なんですけど、全部やりたくてやっちゃいました!

(∂Д6):富士山も楽屋に挨拶きたとき、青い服着てたから何かと思ったら、こういうことだったのね。

まお:予算、全部あっちに取られちゃったんですよね。(しんぢくんのほうを指差したと思う)

(∂Д6):それ、ホントに作ったの?

しんぢ:はい!作りました!

(∂Д6):それはなんなの?(はいたんご存知ない?とか言いつつ、聖闘士星矢はゆんの弟世代のアニメ。)

やす:聖闘士星矢ですよ!ちょうど世代なんで僕たち。

   僕よりちょっと下くらいだっけ?

しんぢ:(マイク通ってなかったけど)はい。(って言ったような感じだった。)

(∂Д6):でも、一番驚いたのはあの人。楽屋で着替えてたら、ささきいさお?みたいな曲が聴こえてきて、SADSにこんな曲あったかなぁ~(そんなわけあるかいっ!)って思ってたら…。思わず3度見くらいしちゃった!

(この時点で清春さんはステージにいません)

やす:あれ?もう、戻ってっちゃったみたいですけど。

   メーテル、999に間に合わないから戻っちゃったんですかね999ひっくり返すと666っていうね!(思わずやすのナイス*アシストに沸くハイヲタ)

(清春さん、下手袖からまおにゃんと同じTシャツ姿で登場)

(∂Д6):清春さん、なんでメーテルだったんですか?瞬きバシバシ!)

やす:前回は花魁でしたよね。

清春:え?CMでメーテルがDAKARA飲んでるのがあって、2回目DAKARA!ハロウィンに呼んでもらうの僕、2回目DAKARA。

(∂Д6):えΣ(∂д6ノ)ノ!?それが理由?素で驚く4*歳のおっさnもとい3歳児。)

やす:さすが清春さん!発想の切り口が僕たちとは違いますね!

   で、シドが初登場ということで、\まおさま―――ドキドキ(咲く)

(∂Д6):\まおさま――――ドキドキ(言いながら手も一緒に咲く→今日イチバンの激萌→ハナヂでそう)

まお:違います。(苦笑いしながら)…あの、やすさん。…まお…にゃん、ですあせる

やす:あぁ!せやった!!“さま”は明希か!!!

(∂Д6):まお、無傷で帰れるとは思ってないよな!

まお:はい。

(∂Д6):なんか歌って。

まお:はい(お返事のあと、SANDY熱唱)

まおにゃんのあと、はいたんと清春さんも入ります。(やすはどうだったかな?)

途中、清春さんに肩抱かれて歌うまおにゃんが可愛かった!

はいたんも清春さんと寄り添って、肩抱かれて歌ってたけど、まぁ可愛いのなんの!まおにゃんの比じゃないっすよ!おっさnなのに!!お互いおっさnなのに!!

あと、目の前ではいたんが半裸の明希さまに抱き着いてふぎゃぁぁぁぁぁ(=◇=;)

SANDY歌いながら飴ちゃんを撒き始めたんだけど、やすの持ってるかぼちゃバッグからごそっと飴ちゃんを奪っていく真顔のはいたんとか、ちょこまか動く可愛ゆいはいたんに眼球がロックオン目しててあんまり、あめちゃん気にしてなかったの。

なのに、なぜかはいたんが飴ちゃん撒いたのに気付かなくて(大丈夫か、おぃ!)、気づいた時にはまわりが争奪戦になってて、まぢ怖かった(((( ;°Д°))))

一歩も動けなかったもんね。

そしたら、ダンナちゃんが冷静に飴ちゃんしっかりキャッチしてくれて、『ほれ!』ってくれました。

あ、あ、ありがとう…。

(∂Д6):びっくりしたぁ。突然歌いだすんだもん!いやいや、歌えって言ったのはいたんだし。)

まお:すいません。

やす:そういえばはいどさん、ハロウィンの曲作ったんですよね。

(∂Д6):そう。HALLOWEEN PARTYっていうの。まだ、デモテープの段階なんやけどね。

やす:デモの段階でこのクオリティって凄くないですか?お金かけてレコーディングしたらどうなっちゃうのか。

(∂Д6):来年にはどうにかしたいね。

やす:来年、楽しみですねぇー。

(∂Д6):ふふ。来年のこと言っちゃった!

やす:あ!オレ、先走っちゃいました?オレ、あっちの時も先走っちゃうんですよね!

(∂Д6):オレも!オレも 

やす:え?はいどさんも??いぇ――――い!なぜか二人で嬉しそうにハイタッチ)

まお:オレは酒飲んだとき……。ちょっと入れてなかった。)

(∂Д6):じゃあ、最後にHALLOWEEN PARTY!

音譜HAPPY BRITHDAY TO YOU~

  

はいたんが歌いだしたのはHALLOWEEN PARTYじゃなくて、HAPPY BRITH DAYの歌でした。

その歌とともに運ばれてきたのは、はいたんの大好きなケーキ。(誕生日の本人よりいい顔する)

ゆんのところからは実物もヨコとかしか見えなくて、スクリーンも見にくい感じだったからケーキ自体よく見えなかったんだけど、SHUSEさんのブログにまおにゃん バースディ*ケーキ画像が!!

可愛ゆいケーキでしたね。

はいたんのおめめがドキドキになるのもわかる!!

蝋燭の火が完全についてない中、なんとなくの流れでまおにゃんがろ蝋燭をふーするとはいたんがすかさず

(∂Д6):ちゃんと(火)点けてあげてよ。

と仕切り直し。

やす:すんません、段取り悪くて…。

と完全な下僕状態で火をつけるものの、点けては消え、点けては消えの繰り返しのようで

やす:どっかからいい感じで風が吹いてくるんですよね…。

するとはいたんとゆうやが両手でケーキを囲うようにして壁になってあげてた。

はいたん優しい。いい子だ。その必死さも可愛いよ、もうホントに。

で、はいたんとゆうや、やすが壁になったままもう一回HAPPY BRITHDAYを歌って、こんどこその『おめでとー』

(∂Д6):おめでとうございます。

まお:ありがとうございます!ありがとうございます!(周囲に頭を下げるまおにゃん)

(∂Д6):じゃあ、こんどこそホントにHALLOWEEN PARTY!


下がらないケーキの台をはいたんが押して片付けようとすると、やすがすっ飛んでくるっていうまぢ下僕ww

ネズミーも真っ青のめたんこ可愛い、はいたん作詞・作曲の『HALLOWEEN PARTY』

曲ももちろん可愛いんだけど、歌詞も恐ろしく可愛いのね!

なんだか、この曲を作ってるはいたん想像するだけで生きていけそうな気がスル。(お病気)

だって、きっと3歳児の姿で作ってたんだよ。(妄想)

それに、全部ひとりで歌ったんでしょ?どんな顔して歌ってたのかと思うだけでゆんちゃん幸せ(///∇//)



そして、何より、今回思ったことはステージセットとか舞台装置なんかもそうだけど、照明がすごくよかったなって思った。

なんて言えばいいのかよく分からないけど、はっとさせられる時間があって、思わず照明に見とれてることもあったな…なんて思い出したの。

きっとはいたんが、いやHYDEさんが演出の隅々まで頑張ってくれたんだろうと思うと、その才能の凄さにまた息を飲む思い。

前にも言ったかも知れないけど、観せる・魅せるっていうことに関してはホントにビックリさせられる。持って生まれた才能なんだろうけど、もはや天才的。

らるくさんとVAMPS以外のライヴって滅多に観にいかないから他のアーティストさんがどうのっていうのはよく分からないけど、HYDEさんにはホントによく驚かせられる。

照明の使い方、演出の仕方、舞台装置の在り方、ホントに凄い。

こういうのをみせられちゃうと、ステージってホントに総合芸術だなって実感する。

ステージのセットもがっつり見させていただきました。

遠くから見ても、近くで見てもステキだった。

こういうの見ると、HYDEさんの創りだす世界がホントに大好きだと思うし、その世界に触れられることが幸せだと思う。


それから何より、どの場面で言ってたのか曖昧なんだけど、多分、やすとのトークで『今年はキャパが少し増えて』っていう件から

『後ろのほう、みずらいよな?ごめんな?』って言ってたの。

何気ない一言だと思うけど、さらっとそういう気遣いをしてくれる優しさも好き。

たったその一言が嬉しいんだよね。





ホントにこの2日間は生きててよかったと思える時間でした。

ホントに楽しかった・°・(ノД`)・°・

この楽しい時間のまま死んでもいいって感じです。


今日、明日と神戸ですが!

あぁ――、参戦したかったなぁ…。


また来年も!と期待しちゃいます!!



はいたん、ステキな時間をたくさん ありがとうございますドキドキ


今日のステージもステキな時間になりますように†


そして、ここまで読んで下さったはいたんと同じ広い心のみなさま ありがとうございました。

MCなどの部分は、こんな内容だったかなというニュアンスで受け取っていただけるとありがたいです。
















番外編へ……


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/478-4404bfde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。