-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-06 21:14 | カテゴリ:ブログ

9月3日(土) 品川ステラボールにて、彼らBY-SEXUALは16年ぶりの復活を遂げました。





その感想をちょこっとだけ、書こうと思います。



彼らのファンなら誰しもが待っていた復活。

何度か、復活の噂を聞いたこともあったけど、その時は叶うことはなかったね。

今回、SHOやんが『地震がなかったら復活はなかったと思う』と言った通り、ホントに復活なんて彼らは考えてこなかったのかも知れない。

でも、NAOさんのお仲間が被災したりして、支援活動を続ける中で持ち上がった復活の話。

不謹慎だろうけど、理由なんかどうでもよくて、彼ら4人が揃うことが嬉しかった。

ホントにBY-SEXUALってバンドは、4人が一緒にいないとダメなんだなって思う。

復活することを決断してくれた彼らに、感謝します。

そして、再びステージに立つことを決断してくれたSHOやん、ありがとう。





2011.9.3 sat 品川ステラボール

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆SET LIST*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



† ciel et soleil †





*SE*

メンバー登場。

ここでびっくりしたのは、メンバーが当時の髪の色を再現してること。

しかも、地毛で!!!立ってるΣ(=°ω°=;ノ)ノ

知ってる人は説明しなくてもわかると思うけど、多分(記憶曖昧なので違ったらごめんちゃい。)GET START…の頃の色。

NAOさん→、 DENちゃん→、 RYOくん→、 SHOやん→金パ

あの、もいっかい言っときますけど、髪の毛の色です。

彼らは当時、すっごい鮮やかな髪の毛してたんです。

その鮮やかな髪をね、立ててたんですよ。

DENちゃんは、あれ完全な再現状態だった。

よく分かんないよ…( ̄ー ̄;って方や、参戦できなかった方のためにコチラを。

NAOさんがうpした当日のお写真

DENちゃんのブログ 

をどうぞ見て下さい。

見ました?見ました?

すっごいでしょ!ねぇ、ねぇ。

しかも、どっかのダレかさん(*∂∇6)もかなりのアンチエイジングだと思ってたけど、ここにも恐ろしくアンチエイジングな人種がいた(((( ;°Д°))))

なに、これ!

SHOやん以外の3人はちょこちょこと見かける機会もあったので、だいたいの様子は分かってたけど、SHOやんまでもが……。

なんだよ、それ!

どんなアンチエイジングの方法があるのか教えてくれ!!頼む(TωT)


そして、なんでみんなムキムキくんになろうとするのかよくわからにゃい…。

SHOやんよ、その腕の筋肉くんはなんだね…。

昔は不健康なほど筋肉くんとは無縁だっただろうにo(TωT )

もう、ゆんちゃん唖然……((゚m゚;)


それと同時に、今日の復活に賭けた彼らの本気度がハンパないって知った。

ここまで気合入れてやるなんて、誰も想像してなかったよ。


M1*HISTERIC

解散後、楽器隊の3人はそれぞれ色んなバンドを経験してたし、その音を聞く機会も少ないながらもあったけど、問題は誰より16年ぶりに歌うヒト…。

デビュー当時、ホントにヘタクソだったんですよ。

ダウンタウンに“お前ら日本一ヘタクソなバンドだ”って言われちゃうくらい…。

もう何十年とはいどちゃんがメインの生活だったから、正直なところSHOやんの歌に耐えられるか(←失礼)心配だったんだけど、意外にも声は出てるし、ばいちゃん後半の頃の歌唱力を保ってくれていたんでヨカッタ…(w_-;

そして、声も変わらず当時のまま。

おっさn声になってなくてよかった。

あと、なぜか16年の時を経て、楽器隊がパワフルになってた(ノ´▽`)ノワッショーイ

パワフルばいちゃん……。

す、す、すっげ―――――ぞ、オイ!

M2*プリンセスSOS

その昔、“NAOさま―――――ドキドキ”って呼ばれてた、ドラムのNAOさん。

今じゃ、お絵かきのヒトに変身しちゃって、ムキムキでドコドコ叩きまくるから何の歌だか…。

かわいらしさが消えたよね…。

パワフル*ドラマーになった。

ドラムのヒトでこの人凄いなと思ったのは、今までゆっきーだけだったけど、NAOさん41にして追加。


MC1

覚えてないですね。

16年ぶりにどうのこうの言った気がするけど…。

ハラハラするんですよ、SHOやんのMC。


M3*COMMON BOY

あ、RYOくんのギター、はいどちゃんのと同じやつ―――???

はい。変なところでハイヲタフィルター発動しました。

M4*HAVE NO BRANS

M5*CHILDREN EYES

M6*WET DREAM

凄いよね。

16年ぶりだってのに、そのブランクを全く感じさせない。

今まで普通に存在してたかのようにライヴしてるよ。

SHOやんの堂々としたステージングが信じられない。不思議、不思議。

このヒト、そんなキモの据わったヒトだったっけか?

MC2

やっぱりなに喋ってたかよく分かんない。(覚えてない。)

ファンに“SHOやんカッコイイ!”って言われたらしくて、“も?”“もなの?”って聞いてた。

で、ようやく“SHOやんカッコイイ”って言ってもらえたみたいwww

『それが聞きたかった』とか言ってた。よかったね。

いじられキャラ健在!

M7*COOL HEART

ようやく新しくなったDENちゃんのベース確認!

ふごっ(=◇=;)

M8*DEEP KISS

M9*MONEY & DIAMONDS

M10*HOME ALONE



MC3

ばいちゃんのMCって、全部SHOやんがするんですよ。

で、この辺で“誰かしゃべんない?”って楽器隊の3人に振ったら、みんな拒否って逃げたwww

NAOちゃんなんか、袖まではけてったよ( ´艸`)

『なんやねん』みたいな感じに言ってて、RYOくんだかに『寂しかった?』って聞かれてた。

で、一緒に見てたふじと『逃げたから逃げられるんだよね!』って思い出話(?)絡ませながら話してた。

ぷぷぷ。

あと、DIEちゃんの紹介。

『ステージでこの4人以外に演奏した人は今までいないんだけど』みたいな感じで言ってたかな。

DIEちゃん紹介のあと、「どうも!どうも!」みたいな感じで手挙げて登場。

わ。生DIEちゃん、初めて見た。

M11*ROMANTIC

タイトル通りのロマンティックな柔らかい曲です。

昔は危うげなロマンティックだったけど、今のはオトナになって何でも叶えてくれそうなロマンティックですな。

M12*THANK YOU FOR SMILE

ゆんがコスしたのは、この曲のPVに出てくるSMILE姫っていうお姫さま。

ピーチ姫みたいな感じだったかな?存在的に。

やっぱり、スマイル姫のドレスもお手製だったんだよね。

っていうか、やってること今と変わんないじゃんね…。

成長してないのか、なんなのか。

M13*GET START DON'T STOP GO GO!

上昇まっしぐらだった彼らのシングル曲。

ノリのいいライヴ向きの曲。

今までばいちゃんのライヴで、ダイブしたいと思ったことないんだけど。(まぁ、当たり前。)

そんなことしてもいいんだって教えてくれたのはNAOさんのfoodだったしね。

むっちゃ、飛びたい!!と思った。

っていうか、そんなのが似合うバンドになってたんだよ。

ダイバーが発生してもおかしくないくらい骨太なパワフルなバンドになってた。

16年を経てなんか不思議な貫禄…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

M14*DYNAMITE GIRL

この4曲はD.E.I(だと思ってたら、2006年に改名して今はDEIなんだって。)がゲストとして、ステージでキーボードを弾いてくれました。

DIEちゃんは、hideさんとこの“hide with Spread Beaber”のメンバーなんだよね。

K.A.Zくんと一緒。

DIEちゃんのブログはコチラ


MC4

さぁて。

なに言ってたかな?

『5月9日にメンバーで集まってミーティングして』っていう話はいつだったか?

そんで、SHOやんも滑舌悪くて、MC苦手(昨日、本人もついに認めた。自覚してたんだ。)で、いつも何を言うのかヒヤヒヤ見守ってる感じなんだけど、昨日も『頑張って――――。』とか言われた挙句、なんだか笑われてた。

あれ?

そういうの、どっかでも見たことある。

(*∂∇6)もよく『頑張って―――』って言われるよね。

笑われるし……。

そんな共通点いらんよ。


M15*ADAM TO EVE

M16*来夢音

M17*PERMANENT VACATION

*SE*

M18*BE FREE

M19*SO BAD BOY

SE後は2ndシングルとデビューシングルっていう神セトリ。

やっぱり、ばいちゃんというと、この2曲かな?

しつこいようだけど、16年もやってないのになぜか安定感があるんだよね。

え?ずっとやってましたけど?みたいな感じでしれっと重厚感と安定感。

なんだ、不思議すぎる…。

MC5

ここでだったかな?

『不謹慎だけど、地震がなかったら復活はなかったと思います。』って言ったの。

ホントに復活する気はなかったんだなってしみじみ思った。

でもね、この16年、4人が揃うことを望んだ時期もあったけど、不思議と絶対にないとは思わなかった。

根拠のない自信っていうのかな?

M20*LOVE EMOTION

M21*KID

M22*ALICE

アリス!

あったよね―――(ノ゚ο゚)ノ

すっかり忘れてたけry…

M23*PYCHIC DANCE

なんだか、ここまであっという間だった。

まぁ、ほとんどの曲のタイムが短いのもあるだろうけど…。

初期の曲なんて2分半あるかな?って感じだから23曲やったとしても、時間はかからない。

確か、まだ19時台だった気がスル。

EC1

M24*CAT'S MOOD

M25*B-CUP

び、び、B-CUPですよ(///∇//)

あ、すいません。ハイヲタの条件反射です(/ω\)イヤン

これ、『沖田総史はB-CUP』とかいう牧瀬里穂主演の映画の主題歌だったように記憶してます。

ですよね???

M26*NON



EC2

せっかくの復活。

アンコールをかけないわけがない。

やってくれるなら、何度だって呼び戻したい。

少しでも長く、1秒でも長く彼らを見ていたい。

16年も待ったのだから……そんな思いは会場の誰もが思ってたことだと思う。


2度目のアンコール。

最初に出てきたのはNAOさんだった。

『あの、その前にちょっとマジメな話を…』ってステージの真ん中に出てきた。

『座らして。座っていい?歳でさ、立ってらんないんだよね。ごめんね。』みたいなことを言いながら、よいしょって腰かけて、マイク持って話し始めたNAOさん。

ニュアンスでどうぞ。

『SHOやんも言ってたけど、5月の9日にメンバーで集まってそこで、初めてミーティングして、コレをやろうって決めました。』と、この日までの経緯や震災支援への経緯を話してくれました。

このライヴをやるにあたって、誰の手も借りず自分たちでやらなければ意味がないと思ったこと、賛同してくれた人達(スタッフ)がいて今日が実現できたことなど…。

そして、今日と言う日を実現させるために集ってくれたスタッフさんの紹介。

音響さん、照明さん、カメラさん等…。

それからグッズ製作に携わったRISK。

ゲストとして来ていたGLAYのメンバーも紹介されてました。(TERUとHISASHIだったかしら?)

そして、『今まで一度もメンバー紹介と言うものをしたことがないので』と言って、『つーか、お前らのほうがよく知ってんだろ。』なんて言いながらメンバー紹介を始めるNAOさん。

『ベースのDENくん!』と言われて、トコトコやってくるDENちゃん。

『こんなに集まると思わなかった。きてくれてありがとう。』っていうニュアンスで喋るとすかさずNAOさんが『最初にDENに相談したら、断られた。集まらないよって。そんなに集まらないからムリだよって言ってたよな。集まって500くらいだとかって言うんだよ。でも、今回はチケットもソールドアウトして、来たくても来れなかった人がいっぱいいる。』って。

で、一回断った理由を『当時のイメージを壊したくなかった。』って言ってた。

『やるなら限りなく当時を再現したい』とか。

つーか、DENちゃん、自分たちのことをずいぶん軽く見積もったよね。

そんなもんじゃないよ。

まだまだ甘いな、DENちゃんよ。

『それから、ギターのRYOくん!』

どうもどうもみたいな感じでやってきたRYOくん。

なんか投げてた気もするけど…。

あ!ふじが『よだれかけ、投げないのぉ?』とか言ってたあとだったから、お首に巻いてたバンダナだったかな?(すっげー、テキトーでごめん。)

そんで、『今日のためにジャケットを作ってきたんだけど、腕がこう前にいかなくて…、うー!!』って両手を前にぐーってしてた。

この日着てたジャケット、あとからNAOさんがうpしてくれた画像から判明したんだけど、右側の腕から身頃にかけて『A』って書いてあった。当日は、ただの模様だと思ってたから気づかなかった。

そんで、ひとしきり喋ったらNAOさんに『なんだ、しゃべんじゃん。』とか言われて、『あっちにもっと饒舌な男がいる!』とかってDENちゃんのこと指差してた。

ここで言ったのか、NAOさんに紹介された後に言ったのか忘れちゃったけど、『昔のイメージ壊れてない?大丈夫?』とか『おっさんになった俺らはどうなん?』みたいなことも言ってたと思う。

で、DENちゃんがこんなに集まると思わなかったって話からRYOくんが『俺らのライヴも、メンバーの2分の1がいるんだから、いつもこの半分が来てもおかしくない!』って言ってた。

、『SHOやんの前にDIEちゃんを紹介します!今回の話を持って行った時も快く引き受けてくれたDIEちゃんです!』ってDEIちゃんが出てきて、ちょこっと喋ってくれました。

『NAOくんと出会ったのはBY-SEXUALが終わった後で、そこから一緒にやるようになったりして。16年ぶりっていうことだったんだけど、実際リハ入ったらいい感じで、今回やらせてもらう曲以外にもいいのがいっぱいあるんだから1年に1回くらいやればいいのに』的なことをDIEちゃんが言うと『よけいなこと言うなよ!』とすかさず突っ込んでました。

それから『NAOくんに頼まれたんだけど、譜面もなにもくれなくて』ってDIEちゃん言ってたけど、そもそもNAOちゃんとか譜面なんてもってなさそうだよね。当時は、譜面なんか読めないって堂々と言ってた気がスル。特にDENちゃんとRYOくんが!

それから『16年ぶりにステージに戻って来てくれたSHOやん』(ニュアンスで!)とかって紹介されて出てきた。

『5月からの4カ月間、長かった。』みたいな話もしてたと思う。

あ、なんかファンの子が昔のグッズのタオルもってて、本編のMCで『オレのそんなにきれいな赤じゃないよ。色あせてる。今回もリハで使ったけど。』とか言ってて、そのタオルを持ってきたんだった!

『ほら!』とか言って。

そしたらホントにSHOやんのオレンジがかってて…( ´艸`)色あせてた。

DENちゃんが、ファンの子が持ってたタオルを『新品みたいやんな。』って。

あと、ばいちゃんのマグカップ。

あれってお湯とか入れるとなんか浮かび上がるヤツじゃなかったっけ?

それも持ってきて、『懐かしいでしょ――。こんな小道具も用意しつつ、ね。』とか言いながら、中に入れたらしいコーラを飲んでた。

てか、SHOやんがBY-SEXUALのグッズを大事に持ってるってことにも驚きなのに、使ってたとかってもっと驚きなんですけど( ̄□ ̄;)

SHOやんにとってBY-SEXUALな過去は、ともすれば触れたくないものになってるんじゃないかって思ったこともあったので、なんだかすごく嬉しかった。

もしかしたら、過去にそう思ってた時期があったとしても、今回ステージに立ってくれたってことはそれを乗り越えたってことだよね。

ま、そんなこと思ってもいなかったかも知れないけど……。
そして、『これがホントに最後の曲です。“悪友”』



M27*悪友

最後までブレないカッコよさだった。

楽しそうに歌ってたSHOやんが凄く印象的で、歌うことを辞めてしまったヒトとは思えなかった。

彼がBY-SEXUALを辞めるとき、『音楽=BY-SEXUAL、BY-SEXUAL=音楽だから、BY-SEXUALを辞めたら音楽も辞める』と言っていたことを、舞夢ちゃんの話で思い出して、この曲を聴きながら切なくなった。

ふじは、SHOやんがいなくなったあとBY-SEXとしてRYOくんが歌ってたイメージが強いって言ってて、そう言えば、寂しがり屋なRYOくんはどんな気持ちでこの歌を歌ってたんだろうと思うとやっぱり胸が痛かった。

それでも、メンバーそれぞれがそれぞれの道を歩んでいても、どんなに時間が過ぎて行っても、こうやって集まれること、離れていてもお互いを思っていただろうことにこの曲の存在を見た気がした。



全ての曲が終わった後、メンバー4人がステージの真ん中に出てきて、手を繋いで挨拶した。

今まで見たことのなかった光景。

16年の時を超えたからこその、4人の絆だったんじゃないかと思う。

おそらく、これが本当の最後になるであろう彼らの姿から目が離せなかった。

手を取り合って、彼らが挨拶をした瞬間 涙が零れた。

ここまで、彼ら4人を目の当たりにしても結構冷静でいたのにね。

ゆんにとっては、何よりも彼らの関係がどんな形であろうと続いて行くことが一番の望み。

遠くにいてもお互いを思いやれるそんな関係でいて欲しいと思ってる。

だから、この瞬間がイチバン 心に響いた。

もう、次はないのに、いつまでも続いて行きそうなこの空気が心地よかった。


今、思うのはただただ、ありがとうだけ。



復活を決断してくれたNAOさん、DENちゃん、RYOくん、SHOやんありがとう。

このライヴを支えてくれたスタッフの皆さん、ありがとうございます。



なにより、当日再会できた大切な仲間達、ほんとうにありがとう。









*特にメモして観ていたわけではないので、色々が前後したりするかも知れませんがご了承ください。




関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://cieletsoleil19690129.blog.fc2.com/tb.php/359-d953a740
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。