-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-30 00:06 | カテゴリ:日常
今日は、気持ちのいい話ではありませんので、これより下へは自己責任でお願いいたします。





























6月14日、13時10分 父が天に召されました。

戸籍上、生物学的上には父親ですが、長い間、事実上の母子家庭だったので、父親とのこれといった思い出は何もありません。
だから、母親から父親が危篤だと知らされた時にも特に何の感情もありませんでした。
実際、父親と会ったのも3~4年ぶりでしたし。
何かあるとしたら、万が一の時には葬儀には出て欲しいと言われていたので、めんどくさいことはイヤだなというのが本音。
随分、薄情なことを言うなと思うかも知れませんが、本当に夫としても父親としても甲斐性のない人だった…としか言いようがないのです。
ただ、父親の人生を考えると、そうなっても仕方のない要素が幼い頃からあったんですよね。
もしかしたら、父親は私や弟にどう、接していいのか分からなかったのかも知れません。
母親の愛も知らずに、父親も知らずに育ち、あまり家庭にも恵まれず育った父親…。
でも、当時の私達にはそんな父親の側面を知ることなんてできませんでした。

私は、人が生まれてくるには必ず意味があるとずっと信じてます。だって、生まれてくることがもうすでに奇跡なんでしょ。だとしたら、そこには意味がなかったら、なんのために生きているのか…。
最大限の皮肉を込めて書いたはずの喪主挨拶は、皮肉なんかじゃなく、父親が家庭を持ってからずっと追いかけ続けたテーマだったんじゃないかと、今は思います。
その一文を少し。

私は、人と人の出会いにはなにがしかの意味があり、人として何らかの役割を担ってこの世に生を受け、その役割を全うしてこの世を去るのだと信じています。父の役割はなんだったのだろうと、そのことに想いを馳せるとき、それは間違いなく私達に「家族とはどうあるべきか」ということを自らの人生を以って知らしめる役割を担っていたのだと確信しています。私達は父の存在により、家族のあるべき姿をそれぞれが考え、家族の大切さに気付き、絆を深めてきたのだと思っています。当たり前のことに気付かないことが多くなっているこの時代に、当たり前のことに立ち止まり、考える時間を与えてくれた父に最大限の感謝を捧げます。

最後のお別れの時間に、母親が父親の目頭が濡れていることに気付きました。
「まさか涙じゃないよね…」という母親だったけど、確かに、亡くなった直後よりも表情が和らいでいるような気がしたんだよね。それが、涙だとしてもおかしくないくらいに。

葬儀が終わって、父親の人生は幸せだったんだろうかと思うことも…。

そんなある日、今まで父親の夢なんてこれっぽっちも見たことなかったのに、夢を見たんだよね。
よく晴れた日、多分、遊び仲間だろう人と一緒に並んで実家近くで笑ってる父親の夢。そのあと、鳥居みたいなところをくぐって歩いていく父親の姿を自分が見てるんだけど、失ったはずの左足には義足でもついてるのか、杖をつきながらゆっくりと歩いて行った。
そのあと、そんな夢を見て自分でもびっくりしたのか、飛び起きたんだよね。

父親の人生は幸せだったんだろうか…。
私にはこの答えを知ることはできないけど、あの夢で笑ってる父親がいたことを思うと、なにかひとつくらいは幸せなことがあったんじゃないかな…と思いたい。

それから、やっぱり父親の役目は「家族の大切さ」を私達に身を以って教えたんだろうと思う。








ありがとう。

ばいばい。
スポンサーサイト
2014-06-08 17:01 | カテゴリ:VAMPS
はい。
どうも、こんにちは。

土砂降りの雨の中、お台場に行ってきました。
今回のPLE-LIVE、1部、2部ともに観られたんですけど、別々にレポを書くほどネタがないので(MCもほぼない…)ここはごそっとまとめて置いていくことにします。
セットリストの曲の下に【1部】【2部】とありますので、それぞれの下に書かれた内容がその回の感想などになります。
ややこしいかもしれませんが…。覚書なので。
今回もお得意のまるっとさくっとざっくりざくざなニュアンスでお送りしたいと思います。
なんとなく、こんな感じだったなー、こんなこと言ってたなーっていうように捉えて頂けるとありがたいです。

あー、あと1部2部にはタイトルがあります(笑)
なんでこんなタイトルになったかっていうのは、レポを読んでいただければ分かるんですけど、今回はライヴを楽しむっていうより、なんか色々変な方向にベクトルが向いてしまって、それどころではなかったような…。
土砂降りの雨に濡れたせいか、妙なテンションで乗り切った一日でございました。

それでは、よろしかったら、どうぞ↓



2014 06 06
LONDON PRE-LIVE
ZEPP TOKYO
 



【1部】仕込みのお兄ちゃんのとなりの巻 
【2部】バイトって大変だな。ミッチー頑張れ!の巻
の巻の2本立てでお送りします。

【今日のはいどちゃん】(1部、2部共通です。)
*黒のハット(センタークリース)リボンのところがスパンコール
*黒のさらさらのレースのブラウス(ほとんど模様なくて透け感強め)
*黒のソフトレザーのベスト
*黒のサルエルかな?(ブーツイン)
*黒のブーツ。房のような飾りあり。(ちょっと大きめ)
*ハットの下にストール巻々
*アイメイクがっつり
*最近見てなかったネックレスじゃらじゃら
*左手はアップルとリリス、バブルブレス

【今日のステージ構成】
背景に今回のグッズのバンダナと同じ柄の幕。
ステージ上部から、荒麻の布が袖に向かって長くなるように垂れ下がる。
全体的にシンメトリーの構成でステージのほうからバンダナと同柄の旗3基。
Jack Danielの旗1基。
荒麻の布がサイド後方までランダムな長さで垂れ下がる。
サイドから客席天井部にかけても荒麻布のU字垂れあり。
2階席の下にネオン管。「VAMPS」「スカル」「SEX BLOOD ROCK’N’ROOL」「VAMPS」だったかな。

【ゆんさんの場所】
【1部】
センターカメラの後ろ。(3柵目だか4柵目だかの真ん中。多分4柵目かな?)
真ん中の仕切りを隔ててとなりに仕込みのお兄ちゃん5人くらい。
【2部】
クレーンカメラのところの柵。いつもだと3柵目になるのかな。(下手、Ju-ken側)
目の前には誰もいないので視界良好。ちょうどはいどちゃんを斜めに見る感じ。
1回目ではいどちゃんが下手にダイブすることを知ったので、どうしてもそれを横から見たかったのでこの位置。
あと、カメラには映りこみたくなかったので、撮影の都合上映らないだろう位置を推測したあげく、なるべくダイブの状況を間近で見られるこの位置に決定!



【SET LIST】
Lecture Time*THE JOLLY ROGER (新曲)
【1部】
【2部】
会場に入るとボーカロイドの声で
(・∀・)ブラッドサッカーズ ノ ミナサン
(・∀・)ホンジツ ハ ヨウコソ イラッシャイマシタ
(・∀・)コレカラ キョク ヲ ナガシマス ノデ
(・∀・)ホンバン ニ ソナエテ レンシュウ シマショウ

っていうのが流れます。
曲が流れ始めるとイントロ部分でまず
(・∀・)1 2 3 デ
(・∀・)Yeah! ト イッテ クダサイ

そのあとに
(・∀・)オマエ ラ トベ!
(・∀・)オマエ ラ トベ!


(・∀・)1 2 3 デ
(・∀・)Woah-Woah-woah-Woah ト イッテ クダサイ

が。

両方の回ともに比較的早い段階で入ってたので、このボーカロイド入りのレクチャータイム、4回くらいは聞いたような気が。

前説*アリ(MONAURAL)
【1部】
【2部】
ちょうど2階席の客入れの最中だったと思うんだけど、何の前触れもなくさらっとアリが登場して、
(ア∀リ)MONAURALのアリでーす!
ってな感じでさらっと自己紹介したかと思ったら(2部は自己紹介すらしてない)
(ア∀リ)ちょっとボーカロイドなしで練習してみましょうか!
っていきなり、ボーカロイドなしのレクチャータイム。
最初は結構戸惑った感じだったけど、すぐにタイミング掴んだ会場内w
さすがです。
あんまり覚えてないんだけど、これ1回だけだったっけ?2回やったのかな?

それから(ア∀リ)THE JOLLY ROGER
って曲のタイトル言うんだけど、発音がよすぎて皆が???になってるうえにアリが
(ア∀リ)なんで笑うの?なんか間違ってた?
って言ってて、間違ってないんだけど、発音が違うとこんなにもイメージが違うのかという、多分ハイヲタの笑いだと思われます。アリが言う(ア∀リ)ブラッドサッカーズもやたらカッコよく聞こえましたし。
あれ?はいどちゃん、あれ?

で、本編が始まるまでのSEが長くて、5分くらいあった気がする。

M1*REVOLUTION II
【1部】
となりにいたおにいちゃんのノリのレベルがゆんさんと同じくらいだったので、安心してたら、仕込みのお兄ちゃんだったww
この日、1部も2部もおそらく50番台の整理番号あたりで、今回のグッズのTシャツ着た仕込みのお兄ちゃん(5~4人組)が投入されてました。1部はセンターカメラ左横と4柵目中央。2部は2柵目センターと4柵目センターです。
1部から彼らの存在は怪しかったけど、2部で発見した時全く雨に濡れた様子が全くなかったから。
【2部】
始まるな否や来ました、相当な押し。
はいどちゃん的には、1回目より2回目のほうがよかった印象がある。
歌い方に微妙なメリハリが強かったのが2回目なような気がする。

M2*DEVIL SIDE
【1部】
English ver.のアレンジあり。
座りながらというか、モニターの上でしゃがんでる体勢が多くて見えないことが多かったな。目の前のカメラの画面をチラ見で確認作業ww
【2部】
1部にあったアレンジの部分が薄い?そのままさらっと歌ってしまった印象。
すでにこの時点でクレーンが設置してあるところの縦柵が崩壊しかけてて、スタッフが補強するもそれじゃ全くダメで、それまでそこにいたおじちゃんのスタッフは、さっさと持ち場を若いおにいちゃん(※以下、ミッチーと呼びます。名前がミッチーと同じだったので。)に任せて退散。
ところがミッチーが全力で押えても、何度も何度も崩壊しかける縦柵。目の前で超必死なミッチー。
これ、放っておいたら絶対崩壊して雪崩起きるっていう状況。でも、今日はシューティング入ってるし、ニコ生放送されてるし、絶対事故なんか起こせない。っていうなんだか妙なスイッチ入っちゃって、(ダωナ)は手で、ゆんさんは足でミッチーと共に終演まで縦柵を押え続けるというナゾのミッションをしてたわけなんですけど。
冷静に考えれば、もう一人スタッフを呼ぶべきだったな、と。
ミッチーに「もう一人呼びなよ。」って言っても「いや、大丈夫です。」って言ってたけど、視界の中にスタッフ見えてたんだから、自分から呼ぶことも可能だったなと思うんです。
今回はこんな荒いやり方で雪崩を免れたけど、本当に雪崩が起きても不思議じゃない状況だった。だったら、手を離せなかったミッチーの代わりにスタッフを呼んでよかったんじゃないかな。と、ちょっと反省してます。

M3*REPLAY
【1部】
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
この曲を歌ってるときのはいどちゃんは神がかってることが多くて、耳と目と全身とで感じたい曲。
あの、何度も言うようなんだけど、みんながヘドバンしてるあの箇所。あの箇所はホントに聞き逃しちゃダメなところ!見逃しちゃダメなところ!なの。できることなら、立ち止まってじっくり鑑賞したい。そんな曲。
【2部】
まさか1日で2回も聴けるなんて、なんという幸せ(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
ダンダダン!て3回ドラムのブレイク入るところで、はいどちゃんがしっかり合わせて腕振るのをクリアな視界で見られたことが、ホントに至福のひとときでございました。
もう一個のは見られなかったというか、はいどちゃんがキメきれなかったんだと思うんだけど…。
この曲で、はいどちゃんは下手側で歌ってることが多いなぁっていう印象があって、この位置に決めたっていうのも理由のひとつかな。もう、1回目を見ててこの曲に全てを賭けた感じ(笑)
とりあえずこの曲を信頼できる左耳で聞きたかったのと、この曲を歌うはいどちゃんを全身で感じたかったからあえてのこの位置。
この日のはいどちゃんも2回目だっていうのに、全身で歌っててやっぱり震えた。

MC*HYDE
【1部】
(*∂∀6)よく来たね!
(*∂∀6)今日は短いから最初から全部出してって!

【2部】
(*∂д6)今日は時間がないんで!
(*∂д6)飛ばしていきます!


1部も2部もMCらしいMCはしてないですね。どんなに思い出してもこれくらいしか出てこない…

M4*HUNTING
【1部】
(*∂д6)なんかハラ減ってきたかな。
【2部】
1部、2部ともに音源通り短めでした。
いつも長くて長くて飽きちゃうんだけど、これくらいならいいや。どうしてもやるなら、いつもこれくらいだと大変ありがたいです。

M5*WORLD’S END
【1部】
【2部】
特に何も覚えてないんですけど…なんかありましたっけ?
というか、最初から休んでる間すらなくて、そろそろツライ…。

M6*THE JOLLY ROGER (新曲)
【1部】
(*∂∀6)スクリーム!
言ってて国立思い出した。
(*∂∀6)えびばでぃせい!
(*∂∀6)えびばでぃすくりーむ!


歌詞とあの日産のエクストレイルのCMの部分しか分からなかったからどんな曲なんだろうと思ってたけど、会場に入った瞬間からレクチャーされてすっかり耳慣れた曲に。AHEADのような疾走感のある曲ですね。
あと、CMの印象が強いせいか「海賊」っていう設定がこう、いまいちピンとこなくて…。
会場に入って全体の装飾が海賊船なんだけど、やっぱりしっくりこないのは絶対、CMの雪のせいだと思うんだよね。
【2部】
マイクスタンドにつけたVAMPSの海賊旗、JOLLY ROGERをはためかせて歌う姿は国立のベール様を彷彿とさせるんだけど、やっぱり別人なんだよね。不思議な魅力をもった人だなー。
なんだか、頭に巻いたストールが緩んでるのか、目にかかってる部分が多くなってる気がする…。見えてる?

あれ?旗、背負いながらマイク持ってる方の肘をかずくんの肩に乗せて歌ってたような気がするんだけど、気のせい?別の曲?
でも、なんかの曲で、かずくんの肩に凭れて歌ってた気がするんだけどなー。それともMVの撮影時のほうかな?

M7*SEX BLOOD ROCK N’ ROLL
【1部】
よくみてなかったけど、かずくんギター回してないよね?(確認)
【2部】
この曲がどれほど待ち遠しかったか!こんなにもこの曲を待ち遠しかったことはないです。(ナゾのミッション続行中)
曲終わりにはモニターから後ろに向かってジャンプ!
全体的にステージをくるくるしてる感じで可愛かった。

MV Shooting説明*アリ
【1部】
(ア∀リ)MV Shootingの説明をします。
(ア∀リ)撮影なんでね、最初にお話ししてしまいます!
(ア∀リ)最初にリズム隊が登場します。
(ア∀リ)演奏が始まるとK.A.Zさん、HYDEさんの順で登場して
(ア∀リ)HYDEさんは登場してきてそのまま客席にダイブします。
(ア∀リ)ちょうど、この辺(下手側)です。
(ア∀リ)HYDEさんがダイブしたら絶対に
(ア∀リ)引っ張ったり、掴んだりしないで下さい。
(ア∀リ)こう、下からふわっと支える感じでお願いしますねー。
(ア∀リ)あと、耳にイヤモニっていうのをしてるのでそれにも
(ア∀リ)絶対に触らないでくださいね。大事なので。
(ア∀リ)HYDEさんがダイブしたあと、こちらのクレーンで
(ア∀リ)上からの映像を撮影します。
(ア∀リ)撮影が終了すると、いったん演奏が止まりますので
(ア∀リ)そしたらHYDEさんを速やかにステージに
(ア∀リ)返却してください。
(ア∀リ)絶対に連れて帰ったりしないでくださいねー。
(ア∀リ)あと、HYDEさんがダイブするあたりに
(ア∀リ)セキュリティスタッフを6名を入れます。

って言って、一人ずつ最前の柵前から入れるんだけどアリの仕切りが素晴らしい。
イベンターかってくらいの仕切りっぷりに見惚れるのと同時に、なぜ実際のイベンタースタッフにこういう人がいないんだろうという疑問…。

【2部】
2部の説明はこれに加えて、
(ア∀リ)HYDEさんの上に覆いかかるようなことはやめてください。
(ア∀リ)画的にキレイじゃないのでね、

っていうのと
(ア∀リ)ちょっと客席の中を回すようにしてもらえると
(ア∀リ)いい画がとれるかなと思います。
(ア∀リ)みんなの表情も大事で、
(ア∀リ)嬉しくって笑顔になっちゃうと思うんだけど
(ア∀リ)笑顔だけじゃなくて、ちょっとロックな感じで
(ア∀リ)お願いします。

って言ってたかな。
それとは別に、これからMV撮影するから
(ア∀リ)どうしても帰らなきゃいけないって言う人も
(ア∀リ)絶対帰らないでね!

って言ってた。

MV Shooting*THE JOLLY ROGER (新曲)
【1部】
ダイブ後全編収録の前
(*∂∀6)いつもの肩車とかあると目立っていいかも!
と肩車のリクエスト。
【2部】
登場前、袖で待機してるのかと思いきや、思いっきりステージの上(じんさんの横)でかずくんと待機しながら、映像監督さんと打ち合わせしながら待機してるはいどちゃん。
そこからちょこちょこっと小走りに駆けてきて、ぴょーん!とダイブ。
サーフされてる間、帽子を必死に押えながら歌うはいどちゃん。
帽子を必死に押えながら、頭だけ上げてるんだけど、よくあんな体勢で歌えるもんだと感心。
そして、歌ってるはいどちゃんはぐるーっとサーフされて、頭と足が180度向きを変えていく。
(*∂д6)ひっぱらんといてぇ~
って最初はいつものはいどちゃんだったのに、あまりにも酷かった様子でついに、普段は絶対聞かないような声で言い放った
(#∂з6)引っ張んな!コラ!!
って言いながら、右足で小さく蹴りカマしてて思わずハッとしたっていうか、我に返ったというか、なんというか…。
だって、声荒げるようなはいどちゃん目にしたことないし、ましてや蹴りカマすってないでしょ。いや、今までだって怒りたいことたくさんあったんだろうけど、それをぐっと我慢して優しく話してくれてたはずのはいどちゃんが…さすがに我慢できなかったんだろうなぁ。
だって、ダイブするの恐る恐る飛び込んでく感じだったもんね。(想いっきり飛ぶって言うより、身体をぐっと縮めたような感じで恐々飛んだ印象。)
多分、はいどちゃんにとってダイブすることトラウマになってないかなぁ、相当怖いんだと思うよ。
でも、演奏が止まったあと
(*∂∀6)戻して~
って言ってて、やっぱり可愛かった。
ズルズルされてステージに返品返却されていくはいどちゃん。

ステージに戻って
(*∂д6)さっきは声を荒げてすいませんでした…
(*∂д6)みんな大丈夫?
(*∂д6)死んでない?
(*∂д6)あ、いちばん大丈夫じゃないのは俺か…

自分が悪いわけじゃないのに謝るはいどちゃん…。本当に優しい子だね。

(*∂∀6)すぐにね
(*∂∀6)今日の映像編集して見られるようにするんで
(*∂∀6)曲もたくさんできたからこれから少しずつメディアにも出ると思うんで
(*∂∀6)みんなに聴いてもらえる機会があると思います
(*∂∀6)楽しみにしててください。
(*∂∀6)それまで首洗って待ってろよー!

最後だけデスボ。
ん?飲んだ?
喋りながら飲んだ?
それ、ビンのやつのんだ?
ステージを去っていくときは、JackDanielのビンを片手に、投げちゅーをして帰っていかれました。




今回は1部、2部の構成だったけど、どちらとも全力で向かってくるVAMPSさんたち。
手抜きがなさすぎて、スキがない。
MV撮るならエキストラ使って撮影するっていうのもひとつの方法だったかもしれないのに、おそらくより臨場感にあふれた画が欲しかったのか、大人の事情か知らないけど、ファンを使ったことに、リスクを冒してまで作品の完成度を挙げようとするその意気込みにまいったな…って思った。
行くまでは結構軽く考えてたんだけどね、わりと責任重大だったね。

それから、クレーン横の縦柵の件。
結局、デビサイから終演までミッチーと共に支え続けたんだけど、これは本当に反省。
その間、自分は左足で立ちながら、右足で柵を押えてたわけで、支えてた柵の向こう側が雪崩になっても大変なことになってたけど、片足で立ってる自分だっていつ崩れるか分からなかったことを思うと、ホントに早急にスタッフを呼ぶべきだった。
柵を支えてる間、(ダωナ)がミッチーに指示出し続けてたんだけど、それって結局しゃがんで支えてるミッチーからは見えなかったのと、支えるだけで必死だったから、ミッチーひとりではどうにもならなかったんだよね。それに、特に今回はシューティングが入る関係でいつも以上に前に詰め込まれてたと思う。
もうダメだなって思った時、自分たちでどうにかしようとしないで、スタッフを呼ぶことが一番いいと思う。
それと同時に、スタッフ側もちゃんとセキュリティ面にもっと神経質になって欲しかった。最初にいたスタッフは、おそらくミッチーよりも上の人。その人が投げ出さずにちゃんと対処してれば、もう少しいい方法があったんじゃないのかな。
ともあれ、何事もなくて無事終わってよかった。
ミッチー、お疲れ様でした。最後までよく頑張ったね。
そんなミッチーの努力はお給料に反映されもしなければ、バイト先の上司に知られることもないだろうけど、これからも頑張れよ!また機会があったらVAMPSをよろしくね!






続きを読むより6月1日分、拍手コメントお礼です→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。