-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-11-26 20:20 | カテゴリ:VAMPS
まさかのVAMPS CHANCE。
OFFICIAL REPORTERに続き、めでたく当選を頂いたので、第1部のほうへ行って参りました。
もっとまさかなのは、ダンナもこのPRIVATE LIVEに当選してて、しかも同じ第1部ってこと。
ホントに、こういうことってあるんですね。

そんな、奇跡のPRIVATE LIVEの覚書を残しておきたいと思います。
今回、なんとセトリに自信あります!
っていうか、ただ単にひぐっさんの持ってたセトリを書き写してきただけなんだけどね(♥´罒`♥)グフフ

あ、でも、MCとかはメモってないので、いつも通りニュアンスで受け取ってくださいませ。
MCも多かったので、前後してたり、言い回しが違ったりすると思いますが、ニュアンスでまるっとさくっとお願いしますね♪

VAMPS CHANCE【PRIVATE LIVE 1部】
2013 11 24 sun*V2 Tokyo
16:00~17:20




【今日のステージ構成】
*ステージが360度柵で囲まれてる。(後ろ正面が出入り口)
*ステージ上のメンバーの位置から柵までがかなり近い(手をちょっと伸ばしただけでマイクや楽器に触れられるくらい)

【今日の注意事項】
*メンバーに触らないでね♥
*ジャンプしないでね♥
*その他いろいろ

【今日のHYDE】
*黒のキャップ(黒)
*髪の毛くるくる(黒)
*黒のNUDEって書いてあるタンク(黒)とその上にパーカー(黒)
*よく穿いてる半端丈のパンツ(黒)
*ネックレス(ステルス)
*ガンダのブレス(ORATIO)
*指輪(アップルといつもの)
*靴(Dr.Martens)

【今日のゆんさんの場所】
じんさんの後ろ中央寄り。ひぐっさんと5㎝の距離(笑)
ちょうど、はいどちゃんのお水とか置いてあるテーブルのへん。(お水と一緒にすでに白ワインがセット済)
つまりは、後ろからVAMPSさんを見る位置にいます。

【SET LIST】
M1*LOVE ADDICT
*アーリー、客のカウントに合わせて登場。ドラムソロ32小節。
*JIN登場。リフに合わせたキーボードソロ16小節。
*Ju-ken登場。ベースソロ16小節。
*KAZ登場。リフ回し。
*HYDE登場。

時間になると、照明が落とされてLOVE ADDICTのお馴染みの♪ちゃっちゃちゃら~っていうリズムが流れて、お客さんがクラップしだすとアーリーが登場する演出。
そのあと、アーリーが32小節のドラムソロでじんさん登場。
じんさんの16小節のキーボードソロがあってJu-ken登場。
Ju-kenのベースソロ16小節があってかずくん登場。
かずくんのリフ回しがあって、はいどちゃん登場という流れになってました。

今日のはいどちゃんは上記の通りなもんで、まぁ、とりあえずそのキャップ爆発しろ!とは思ったよね。
だけどね~、すっぴんでしょ。くっそ可愛いんだよね。
はいどちゃん、くっそ可愛いぃぃぃぃぃぃぃ
とてもとても40代のおっさんとは思えない可愛さで、たまんないよね。

M2*HELLO(山中湖ver.)
ドラム始まりの山中湖バージョンです。
この曲では、はいどちゃんが後ろを向いて歌ってました。

MC
(*∂∀6)PRIVATE LIVEへようこそ♥
(*∂∀6)あついね~。

(*・∀・)脱いで~。
(*∂∀6)近いから恥ずかしいやろ。
(*・∀・)下も脱いで~。
(*∂∀6)そういうのひとりでやっても
(*∂∀6)お互いやらんと

(*・∀・)いいよ~
(*∂∀6)近いから誰が何言ったか分かってるで!
(*∂∀6)今日、遠いのに出席率いいんでしょ?
(*∂∀6)どこから来たの?
(*∂∀6)いちばん遠いのってどこ?九州の人!

(*・∀・)はーい!
(*∂∀6)北海道の人!
(*・∀・)はーい!
(*∂∀6)へぇ。俺だったらこないかな。
(・ω・)え―――――――――――!!!!!!!
(*∂∀6)あの、和歌山からは来ないかな。
(*∂∀6)和歌山に住んでたんだけどね。
(*∂∀6)俺だったら来ない。俺だったったらね。
(*∂∀6)じゃあ、東京の人は?

(*・∀・)はーい!
(*∂∀6)じゃあ、東京以外の人!
(*・∀・)はーい!
(*∂∀6)僕はこのへん、歩いて来たりするんですよ。
(*∂∀6)六本木はTUTAYAとか行くんですけど
(*∂∀6)バイクの本とかスノボの本とか買いに

(*・∀・)なに借りるの―――――?

(*∂д6)え?借りる?
(*∂∀6)TUTAYAとかカードとか作ると身元がバレるじゃないですか
(*∂д6)それが怖くて、カード作れないんですよ。
(*∂∀6)だから、僕は買うだけですね。

(*∂∀6)芋洗坂通ってくるんですけど、
(*∂∀6)途中でかわいいおねえさんがティッシュ配ってたりして
(*∂∀6)ホントは欲しいけど
(*∂∀6)バレたらあかんし、いーなーって
(*∂∀6)我慢して通りすぎて
(*∂∀6)帰りにいたらもらちゃおうかなって思ってると
(*∂з6)もう、いなくて。残念。


かわいいお姉さんがティッシュ配ってる話、嬉しそうにしてたけど、芋洗坂のへんてティッシュ配ってる?
そういうイメージないんだけど…。通る時間の問題?

(*∂∀6)みんなは何かで当たってきたんでしょ?
(*∂∀6)すごいね。
(*∂∀6)2回当たった人とかいるの?

(*・∀・)はぁい!
(*∂∀6)それ、なんかの間違いやから返して!
(*∂∀6)そんな強運なのアンタくらいやで。
(*∂∀6)でも、そういう人って引き当てるんでしょうね。
(*∂∀6)今日は360度どの方向からも見れて
(*∂∀6)すごく近いんですけど
(*∂∀6)もうこういうのやらないでしょうね。

(・ω・)え――――――――――!!!!!!!!!!

(*∂∀6)今日は近いから
(*∂∀6)ホントに喰っちゃってもいいかなぁぁぁ


このMCの間に林っさん働く、働く。
ウオッカが半分くらい入ったグラスをメンバーそれぞれのところへお運び。
なんつーか、感心するのは歴代監督さんが偉そうじゃなくて、どんな仕事もするってのがホント凄い!(某監督さんは本番中、文字通り監督だったw)

M3*HUNTING
最初、ひぐっさんの持ってたセトリにブレイクのたびに一杯飲むって書いてあって?????って感じだったんだけど、曲が始まってみて納得。
ブレイクごとに、アーリー、じんさん、Ju-ken、かずくん、はいどちゃんの順に、はいどちゃんの乾杯の音頭に合わせてウオッカを一杯煽るっていうことだったんですね。

(*∂∀6)PRIVATE LIVEの夜と人生に乾杯!
ところが、フライングしちゃったのがじんさん。
曲がブレイクしたとたんに飲んじゃって
(*∂∀6)じんさん、じんさん。
(*∂∀6)まだですよ。
(*∂∀6)まだ何にも言ってないですよ。
(*∂∀6)もう1杯ある?


っていうと、林っさんがお届けしてくれるシステム。

しかし、じんさんて、いつもあんなかわいい感じに振り向いたはいどちゃんに話しかけられてるんスね!
あまりにもその振り向きざまが可愛すぎて危うく倒れそうになりました。これは、正面から見てたら絶対に分からない!
じんさん、よく正気でいられるな…と思いました。
ホント、尋常じゃない可愛さ。キャップかぶってんのに←

で、やり直しになったじんさん。
じんさんだけ、2杯飲んでます。ご苦労様です。
お次はJu-ken。
やっぱり、この日もJu-kenいじりとばかりに、はいどちゃんがなかなか乾杯って言ってくれません。
Ju-kenはじーっとはいどちゃんを見つめたまま。まるで、お預け食らってる大型犬です。さすが、獣犬。

(*∂∀6)……。
(;獣∀犬)……。
(*∂∀6)……PRIVATE LIVEの夜と
(;獣∀犬)PRIVATE LIVEの夜と…

ちなみにホントははいどちゃんが言ったら、復唱しないといけなかったみたいなんですが、じんさんは言ってませんでした…。

(*∂∀6)……あ 人生に
(;獣∀犬)人生に!
(*∂∀6)乾杯!ほとんど乾杯って言ってないVer.
(獣∀犬)乾杯!

Ju-kenが終わった途端にかずくんのほうへ向きなおって

(*∂∀6)かずくん♥

コラ――――――(╬☉д⊙)
Ju-kenのときと声のトーンがぜんぜん違うぅぅ!!!!!!

その声、まるで恋する乙女のような声色だったわよ。(*∂∀6)かずくん♥
一応、女子に生まれた私だってそんな声で誰かを呼んだことないわw

(*∂∀6)PRIVATE LIVEの夜と人生に乾杯!

って最早、お馴染みの乾杯の音頭だけど、5回とも違うバージョンでやってくれました。

ちなみに、ひぐっさんの持ってたセトリには“最後に客も1杯飲む”って書いてあったんだけど、それはありませんでした。

M4*ANGEL TRIP
さすがにタオル回してるのは数人…。
こんな光景も初めて見た。

この日の

(*∂∀6)パーティーを抜け出さへん?
(*∂∀6)ふたりっきりで


がいつになくナチュラルな感じでよかったです。
いつもは、はいどちゃんにこんなこと言われても白目剥いちゃうんだけど、この時ばかりはうっかりしちゃいそうでした。

このあと、いつもならすぐアーリーが入るのに、なぜか入って来なくて、はいどちゃんがアーリーのほう向いて合図を送ってたw
どうした、アーリー。

そういえば、かずくん。ギターの弦切れちゃって、それとなくお立ち台に乗ってスタッフにアピールするけど、イマイチ気付いてもらえずにしばらくそのまま弾いてた。

MC

(*∂∀6)そこ、もうちょっとさがったほうがみえるんちゃう?
(*∂∀6)頭のてっぺんしか見えてへん人とか大丈夫?
(*∂∀6)裏とか空いてるで。

(*∂∀6)みなさんはこういうとこ来るんですか?

(*・∀・)はじめて~
(*・∀・)くる~
(*∂∀6)あのね、前にここで打ち上げして歌ったことがあって
(*・∀・)へぇ~(意外と知らない人多かった)
(*∂∀6)すごく気持ちよかったんで
(*∂∀6)みんなと一緒にできたらなぁと思って
(*∂∀6)ここにしました。


(*∂∀6)あの、時々耳をこうする(塞ぐような感じ)のは
(*∂∀6)きみらの声がイヤなんじゃなくて
(*∂∀6)音程をとるためなんですよ。
(*∂∀6)今日はイヤモニもコロガシもないから
(*∂∀6)自分の声がスピーカーから聞こえて歌いにくいんです
(*∂∀6)そこのスピーカーからね、
(*∂∀6)みなさんと同じ音を聞いてるんですよ


M5*MEMORIES

M6*SWEET DREAM
イントロのところ、いつもはいどちゃん、お水飲んでるじゃないですか。
この日もいつも通り、いつもの場所でお水じゃなくて、白ワインを飲んでるんだけど、そのグラス越しの眼差しがやべぇΣ(‼❍ฺω❍ฺ‼)

ちょうど対角にいるもんだから、ついうっかり視線が合ったりして、俺、恋するかと思った。アブねぇ…。
そんで、ニコとか笑うんだぜ。営業用だと分かっててもやべぇよ。
でもね、そのニコってする目がね、怖いの。もう、明らかに知らない人を品定めする目。多分、本人は無意識だろうね。

そして、盛大に言い放ったI'm sorry
こんなにも近くで、こんなにもはっきりと聴いたことを後悔しながらも、その言葉を飲みこんだよね。
どんな思いでその一言をこの歌の最後に言ったのか、それも飲みこんだ。

MC
(*∂∀6)今日、ライヴ初めてって人いますか?
(*・∀・)はぁい!
(*∂∀6)あぁ、いるんやね。
(*∂∀6)こういうチャンスでもないと来れない人もいるもんね。
(*∂∀6)ツアーきた人は?

(*・∀・)はぁい!
(*・∀・)ハロウィンも行った!
(*∂∀6)来月はNYとLA行くんですけど
(*∂∀6)行く人います?

(*・∀・)NY!
(*∂∀6)ワァ~オ♥
エッチな外国のお姉さんのワァ~オ♥おっさんが言ってるとは思えないほど完璧。
(*∂∀6)LAは?
(*・∀・)はーい!
(*∂∀6)ワァ~オ♥
(*∂д6)ジャカルタは?
(・ω・)……
(*∂д6)さすがにいない?
(*・∀・)代々木行くよ~!
(*∂д6)…代々木?
(*・∀・)22日~!


(*∂∀6)もう、年末なんでね、
(*∂∀6)代々木でこんなことも言ってられないから
(*∂∀6)今年の抱負と来年の感想を

ガチで言い間違えるはいどちゃん。
(有∀松)今年の抱負?
(有∀松)あと2か月もないけど(笑)

(*∂д6)今年の感想と来年の抱負!
(有∀松)今年も走馬灯のように過ぎ去っていきましたが、
(有∀松)楽しく過ごせたかなと思う次第でございます!

(*∂∀6)抱負は?
(有∀松)来年も楽しくできたらいいなぁと
(有∀松)思う次第でございます!
ホントはもっと中身のあること言ってたと思う

(*∂∀6)じゃあ、じんさん。
(じ∀ん)あのー、話すのが苦手で
(じ∀ん)今年こそは克服しようと思ってたんですが
(じ∀ん)できずじまいだったので、
(じ∀ん)来年こそは克服できたらいいなと思います


(*∂∀6)Ju-ken
(獣∀犬)はい。なにも考えてないと思われそうだけど…
(獣∀犬)今年は久しぶりに世界も回って
(獣∀犬)色々なところでライヴできて
(獣∀犬)楽しかったので
(獣∀犬)また来年もできたらいいなと思います!

Ju-kenが喋ってる間、なぜか髭(一応剃ってあるけど…)触って、視線をどっかあっちのほうに持ってって多分、自分がなに喋ろうか考えてるっぽい。

実はこのあとのかずくん、なに喋ったのか全く覚えてません((_ _(-д- 。)スイマセン
あ、ちょっとだけ思い出した。

(ΦωW)今年はレコーディングから始まって
(ΦωW)それが終わらないうちに
(ΦωW)ツアーが始まっちゃって

つい本音がでるかずくん。
(*∂∀6)かずくん、向こうむいて喋ったら?
かずくんは、はいどちゃんのほう向いてばっかり喋るから、はいどちゃんが気を利かせたんだけど、かずくん恥ずかしいのか、またすぐにくる~っとマイクごと回って、はいどちゃんのほう見て喋ってた。
(ΦωW)すごく忙しかったです。
(ΦωW)来年は、そろそろアルバムを作らないと
(ΦωW)みんなにぶっ飛ばされそうなので
(ΦωW)頑張ります。


(*∂∀6)今年はホントに忙しくて、
(*∂∀6)いつもツアーの合間とか休みの日は
(*∂∀6)遊んだりできたんだけど
(*∂∀6)今年はチェックしなきゃいけないものとかあって
(*∂∀6)ぜんぜん遊べなかった
(*∂∀6)楽しまないとVAMPSじゃないんで
(*∂∀6)ゆっくりいきたいんですけど
(*∂∀6)来年も色々とスケジュールが詰まっててw


M7*AHEAD
M8*TROUBLE
(*∂∀6)ジャンプしちゃダメって言われたけど
(*∂∀6)ちょっとくらいいいよね♥

この辺でやたらとじんさんのほうを通って裏のほうに回り込もうとするんだけど、狭いから足元の小さい照明とか
コードをガムテで止めたちょっとした出っ張りにやたら躓くはいどちゃんww
足元がおじいちゃんすぎるよ…(´・ω・`)

M9*DEVIL SIDE(Dr.始まり)
ホントにもう、小さいスペースでもいつものごとく、自分のテリトリーを回ってて、Ju-kenが大型犬なら、はいどちゃんはさながら小型犬で可愛かった(ノω・、)

M10*SEX BLOOD ROCK'N'ROLL
じんさんのパーカッションが一斗缶に!
一斗缶ていうアイデアもすごいけど、ドコから調達したんだろう?
じんさんに叩かれた一斗缶は、最後ベッコベコになってました。

はいどちゃん、360度どの方向にも気を使ってできる限り近づいたりしてくれてました。
前も後ろも横もあんまり関係ない感じだったかなって思います。
後ろのほうへは主に間奏部分でギター弾きながら来てくれることが多くて、ひとりひとりの顔をじーっと見ていくの。おそらく当選者のリストも目にしてるだろうし、どんな人が来てるのかなっていう気持ちもあっただろうし、せっかく遠くから来てくれてるってことも考えて、最大限努力してくれてたと思う。

ただね、ゆんさん、はいどちゃんのこと、直視不可じゃないですか。
そうやって、ひとりひとり見てくれるのは嬉しいんですが…ホント、怖くて。思わず蛇に睨まれた蛙状態で固まって視線を反らしてしまいました…(´。・ω・。`) ゔゔ・・。
ホントにごめんなさい。(土下座)
それもね、普段なら見ることが叶わない、ストンプ クラシック チューナーってヤツが目の前にあって、はいどちゃんがギター弾くとくるくる回るんですよ。それがおもしろくて下見てたら、視線を感じるもんだからハッと顔あげたらはいどちゃんがすぐそこにいて(#∂з6)なにみてんの?って顔してて、その瞬間に固まりました。もう、蛇に睨まれた蛙ってよりメデューサに石にされた気分ですよ!
それまで、ニヤニヤしながら眺めてたんだけど、その顔が固まったもんだからヒドイもんですわ…。
多分、そういう表情する人も少ない(いない)でしょうしね……。
むしろ、そこでキャ――――――――♥って言える人に憧れます。

あ、ちなみにこれが
ストンプ クラシック チューナーです。

まぁるいところが、ギター弾くとくるくるまわるの。

あと、ひぐっさんが手動で操作してたミュートボックス


それからアンプシステム


あと、エフェクターセット


はいどちゃんのアンプシステムと普段足元に置いてあるものが目の前に置いてあって、そりゃテンションあがりますよね!(はいどちゃんでテンションあげて下さい!)
だって普段は絶対にこんな自分の目の前、数㎝で見ることなんて敵わないじゃないですか!!(はいどちゃんもな!)
このアンプシステムのチャンネル名が“HYDE B”ってなってて、ふおぉぉぉぉ!!!!!!!!!みたいな。

ここにHYDE Bって表示されます。

でも、ひぐっさんが暑いつって、サーキュレーター2台使いしてて寒かったっす、俺。

あ、あとはいどちゃん、ホントにお肌がキレイでした(x_x;)
悔しいっていうの通り越して、なんの文句もありません。
もう、はいどちゃんが正義。そのお肌の白さともちもち感が正義です!
どうやったらそんな肌に…って一瞬思ったけど、ハロパの時の言葉が蘇ってきました。
(*∂∀6)あなたたちとは創りが違うから!
そうです(´・ω・`)そうでした(´;ω;`)
デスヨネ――――――――――――――!!!!!!!!!!!!

今、振り返ってみてもホントに幸せな時間だったと思います。
はいどちゃんが後ろに来るときは必ず数㎝の距離にいて、そこでお水飲んだり、ワイン飲んだりしてて、ギターも弾いてたんですけど(笑)
どっちかっつーと、そういう一瞬一瞬の普段のライヴなら絶対に見られない領域が自分の目の前にさらされてたりして、不思議な気持ちにもなりつつ、相変わらず自分がはいどちゃんと視線合わせられない小心者だってことも再確認してみたり。
日常と非日常の境界線がまさにそこにあるような時間だったと思います。

この日はなぜか“HYDE”っていうオーラが少なくて、うっかり日常と日常が接してしまうような危うさもあるライヴだったんじゃないかと思う。
不思議な時間でした。
その不思議な時間の中で、私服で歌うはいどちゃんはいつも見るステージの姿とは一回り小さくて、その体のどこに世界で勝負しようというパワーがあるんだろうと、改めて思うのと彼の力強い生命力に感服もしました。

今年1年は色々なCHANCEに恵まれて、素敵な1年になったと思います。
いつも思うけど、いつも以上に

VAMPS ありがとう

かずくん ありがとう

はいどちゃん ありがとう


またCHANCEを引き寄せるから 首洗って待っててね♥
スポンサーサイト
2013-11-23 02:34 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013
ゆめちゃんからオーダー頂いていた、もう一つのドレス。
この間はでしたが、今回はその対極にあるのドレスになります。
これもまた、ゆめちゃんから届いたデザイン画に基づいて製作することに…。
生地等の選定はお任せいただいたものの、さぁどうやって形にしていこう…。
とりあえず、ゴスロリ*ハイ子ちゃんが大元の基準となるドレスなので、ハイ子ちゃんの要素を入れながら製作を進めていきます。

*身頃*

いきなり待ち針だらけのボディ。
生地はデラックスバックサテンです。
バレエの衣裳の身頃にもよく使う素材なのですが、バレエ衣装は光沢のないほうを表地として使うのに対して、今回は光沢のあるほうを表地にします。
コルセットにもなるので、裏には黒の帆布を入れてあります。

*身頃 ミシン*

実は衣装づくりの工程の中でミシンをかける作業って、ほんの一部なんですよね。
どっちかって言うと、ミシンを使ってる時間よりアイロンをかけたり、待ち針を打ったり…そういう手仕事の細かいことのほうが作業の大半を占めてる気がしてます。
とは言え、ミシンを出したりしまったりするのは面倒なので、まとめて一気に縫います。

*ベルベット リボン*

コルセットに縫い付けるベルベットリボン。
広幅のものを探してたんだけど、思うようなのがなくて、結局ベルベット地から切り出してリボンを作りました。

*リボン付け*

コルセットのデラックスバックサテンにリボンをのせていきます。
このリボンの乗せ具合もすごく迷って…。
どういう乗せ方がキレイに見えるんだろうかと迷った。
後乗せじゃなくて、生地を立つ段階でのせてもよかったんだけど、それだとなんとなく違うような気がして後乗せにしてあります。

*裏地付け*

もう、裏地の有り無しは見た目の問題だけ。
裏地はあったほうがキレイに決まってる!

*押さえミシン*

裏地をつけて表に返したら、押さえミシンをしていきます。
帆布を貼っているので、結構しっかりしていて返すのも一苦労…。

*ボタン*

飾り用のボタン。
ボタンもなかなかいいものを見つけるのは大変で、今回はボタンもアクセントになるようなものを選びました。

*飾りボタン*

このボタンはあくまでも飾りだけのためのボタン。
ホントはもうちょっと大ぶりのものがよかったんだけど、思うようなのが見つからずこれに。
ベルベット地の上に縦に6個ついてます。

*コルセット*

以前に作っておいたゴスロリ*ハイ子の袖がないバージョンのブラウスと合わせるとこんな感じに。
こうやって見ると、ハイ子が原型にあるのが分かる気がします。

*スカート 裾*

裾の始末もどうしようかと考えたんだけど、重くならないようにミツマキで。
裾の始末をした後は、深いタックをとっていきます。
タックをとったらウエスト側はさらにギャザーを寄せて、ウエストのベルトと接合。

*ファスナー*

ファスナーは普通のテフロンのものではなく、金属のものを使用。
なんとなく、このドレスとあってるかな…というイメージ先行で。

*前カンつけ*

これも苦手な作業のひとつ。
うまくつけられたときは嬉しいけど、思うようにいかないと(╬☉д⊙) ムキャ―――――って感じになるよね。

*黒ドレス*

ドレスといいつつ、ブラウス、コルセット、スカートがそれぞれ別仕立て。
それに加えて、別に作っておいたパニエを穿かせています。
パニエがちょっと見えてるのは、見せてるんです!ブラウスとのバランスがいいかな…と思って。

*黒ドレス+ボレロ*

ボレロと合わせるとこんな感じに。
この時点では、ゆめちゃんがどんなふうに着こなしてくれるのか想像もつかなかったよね。
だから、ゆめちゃんのイメージしたものと、どこまで擦り合わせられてるんだろうかと全く分からなかった。

*ゆめちゃん*

そしたら何、この子~♪
めっちゃ可愛い♥
こんな感じになるんだ(,,>﹏<,,)くぅ
この黒ドレスを着たゆめちゃんにはお会いできなかったんだけど、こんな可愛く着こなしてくれてたら絶対会いたかった!
こういう真っ赤なお髪が合うとかも、全く予想してなかったから、いい意味ですごくびっくりして、ますますゆめちゃんのことが大好きになったハロウィンでした(灬´ー`灬)。.:*

やっぱり可愛い子に衣装を着てもらうのって楽しいね。
自分で着るよりもホントにテンションあがる。

どこまで再現できたのか分からないけど、今回も可愛いゆめちゃんの衣装を作ることができて、ホントに幸せでした。
ありがとうございました(♥´罒`♥)
2013-11-23 01:35 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013
ゆめちゃんからオーダー頂いたのは、白と黒のドレス2点。
白と黒と言う対極の色合いでどんな具合に仕上がるのか、作ってる私でもワクワクする展開。
この黒のボレロは、黒いドレスに合わせるためのものになります。
黒いドレスもゆめちゃんから送られてきたデザイン画をもとに製作したわけですが、ホントに2次元のデザインを3次元に起こす再現率はいつも気になるところ。
少しでもデザイン画に近づけますように†

*後ろ身頃*

ボレロの丈が短いので、前なんだか後ろなんだか見失いそうですが、後ろ身頃は後ろ中心がに断ってあるので、大丈夫。(そういう問題じゃないんだけど…)

*前身頃*

まあるく繰ができてるところが袖ぐりになります。
こんなよく分かんない形がボレロになるんだから、不思議なもんです。

*接合*

脇、肩、ダーツを全て待ち針で止めたところ。後ろ身頃から見ている形です。
脇から後ろ中心にかけてぐっと丸みをつけて持ち上げたデザインになってます。
イメージとしてはL'7パリではいどちゃんが着てた白いボレロですかね。

*縫い代の始末*

実はこのボレロ、夏用のブラックフォーマルを使ってます。
たまたまいい感じにお安く手に入ったので、いくらか透け感のあるブラックフォーマルを使用したわけですが、この生地、すぐほつれる……。縫ってるうちにもどんどん縫い代がなくなっちゃうんじゃないかと思うほど、ほつれてしまうので、着用後のことにも心配があったので、バイヤスを使って縫い代の始末をすることに…。
本来なら見返しと言う形をとったほうがよかったのかも知れないけど、透け感はどうしても残したかったので、なるべく生地と生地が重なる幅は少なくしたいということもあってのバイヤスです。

*装飾*

バイヤスを付けた表には、ブレードで装飾してます。
重い感じにはしたくなかったんだけど、なにも装飾されてないのもどうなのかな…という気がして。

*カフス*

カフス付けなんですが、なぜか、袖を作ってる画像がない……。
袖はですね、ビショップスリーブと言う、これまたはいどちゃんがよく来ているブラウスのいわゆる萌え袖と言われてるアレですね。
ビショップスリーブ、はいどちゃんの萌え袖を引き立たせるには、やっぱり幅広のカフスが一番似合うのかなぁという印象ですよね。だって、はいどちゃんのあの感じは絶対領域だと思うもの。

*ボタンホール*

ボタンホールは苦手な作業。
とはいえ、ボタンをセットして定位置に合わせれば、だいたい勝手にミシンが縫ってくれるんですが、それでもなぜか苦手な作業…。
それも、こんな1.3mmだか、1.1mmくらいの小さなボタンのボタンホール。しかも5個均等に並べるとか…。
それでも、こういう作業を何度も繰り返すこの時期だからこそなのか、割とスムーズにできました。

*ボタンホール完成*

仕上がりはこんな感じ。
まぁまぁじゃないでしょうか。
ボタンホールもキレイに揃って仕上がると、当然のことながら気分がいいもんです。

*ボタン*

ボタンを付けたところ。
この場合、機能面より見た目を重視したカフス具合。
隙間なくボタンが並んだ感じに。

*ボレロ 正面*

ボタンがついて出来上がった全体の印象はこんな感じになります。
身頃のラインとか、袖のラインとかちょっと検討の余地ありかも。

*ボレロ 横*

ビショップスリーブの袖口の分量なんかがもうちょっとあってもよかったのかな、と思う反面、生地が重たいのでこれがいっぱいいっぱいなのかも…という気も。

*ボレロ 後ろ*

後ろから見た身頃のラインは、割とキレイだと思うんだが…。

*ボレロ 透け感*

遠目で見るとその透け感があまり分からないのが残念なんだけど、こんな感じに透け感のある素材になってます。
透けすぎず、透けなさすぎずと言ったところなんだけど、やはり生地が重たいので透け感もなんだか重く感じます。

*黒のドレスと合わせて*

このボレロは、この黒のドレスに合わせるために作ったものなんですが、実際に合わせてみるとこんな感じになります。
なんだか、ボレロが大人しすぎた感じがする…。

*ゆめちゃん*

こんな感じで素敵に着こなしてくれました。
こうやって見るとやっぱり、ブラックフォーマルだからなのか、ボレロが大人しいと言うかお利口な感じが…。
異素材を組み合わせて同色で表現するって、やっぱり難しいですね(´・ω・`)


続きを読むより11月17日分拍手コメントお礼です↓
2013-11-18 00:00 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013
ゆめちゃんの白いドレスに合わせて作ったヘッドドレスとチョーカー。
これも、ゆめちゃんにデザイン画と画像をもらって作った作品になります。

*材料*

だいたいこんな感じの材料を使用してます。
一番大きい薔薇は、ブライダルサテンを貼り合わせて製作したもの。スカートにつけたコサージュと同じものになります。
お花の他には、コルセットなどに使うポリボーンという芯材がこのヘッドドレスの土台になります。あとはグル―ガンで一発勝負です。

*薔薇*

このヘッドドレスにはポイントとなる大きなお花の部分があるので、まずはそれから作っていきます。
ブライダルサテンの薔薇に、他の素材をのせて中心となるお花を作ります。

*小さい薔薇*

3㎝くらいの薔薇。これが一番小さい花になります。
頭のまわりをぐるっと取り囲んでくれるのがこのお花。葉っぱも白いので方向を定めながらグル―ガンで付けていきます。大きなやり直しはできないけど、小さい修正は可能。でも、やりすぎは汚くなるので要注意です。
この葉っぱとポリボーンをうまく使って頭囲が調整できるような仕組みを作っていきます。

*バランス*

大きな薔薇と小さな薔薇とバランスをみながらうまくグル―ガンで止めていくのを繰り返し行うこと数回。

*白い薔薇の花冠 完成*

あとは、垂れ下がるようなモチーフを付けて、完成になります。
垂れ下がる部分は、サテン×ジョーゼットの生地をループにしたものを使用してます。

*白い薔薇の花冠*

向きを変えてみたところ。
方向が変わると印象も変わります。

*チョーカー*

チョーカーは小さな薔薇だけで作ってます。
調整はサテンのリボンで。

*ゆめちゃん*

モデルさんがいいと作品が引き立ちますね(♥´罒`♥)
実物をご覧になった方っているかなぁ、ホント可愛いんですよ♥

*ゆめちゃんとゆん*

最終日にしてようやく遭遇。
それも偶然に!
あの写真撮ってくれるところで前後に並んでたんですよ。
思わず手ぇ振っちゃいましたよ。
こんなことなら、薔薇のドレス着てくるんだったなぁ―――――。
なんだか、ゆんさん、すっごくとんちんかんなヒトになってる(´;ω;`)
2013-11-17 03:50 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013
大事な大事なゆめちゃんからある日、メールがきました。
HALLOWEENの衣装を作ってほし~の♥
これは、なんとしてでも作らないわけにはいきません。
奇跡的にちょうど、他の衣装から手が離れたところ。
もちろん、即答しました。
おっけ~♪

ほどなくして送られてきたデザイン画。
さてさて、どこまで再現できるのか心配はあったけど、どうにか形にしたい。
なんとかゆめちゃんに袖を通してもらえるように、頑張りました。



*ロックミシン*

身頃8枚仕立てにした、ひとつひとつの始末をしていきます。
これも舞台衣裳をつくる独特の作業だと思いますが、帆布に表地となるサテンをのせて、一緒にロックミシンをかけます。
パーツのひとつひとつを縫い合わせるときに、帆布とサテンを一緒に縫っていくのですが、それぞれ別に縫っていくとズレが生じるのでここで一緒にしておきます。
もともと、バレエの衣裳の作り方で、男性ダンサーがボディを支えたときに手が滑らないように一緒にしているようです。
便利なので、色々なところでこの方法を使ってます。

*ロックミシンの始末*

だいたいこんな感じで仕上がります。
前にも書いたかもしれないけど、このロックミシンは私が生まれる前の製造のものなので、かなりの年代物。
今でも現役なのが恐ろしいくらい。
最新のロックミシンを使ったらもっとキレイにできるんだろうな…と思いつつ、新しいものに変えるのをためらってます。

*8枚のパーツ*

8枚のパーツを縫い合わせたところ。
今回は横開きで作っているので、いつもの後ろ中心ではなく、左脇が開放されてます。

*肩からアンダーへのカーブ*

カーブがキレイに出てると、当然のことながら嬉しくなります。
今回は肩からアンダーバストを通るカーブ。
単純なカーブのようだけど、結構繰り具合が分からなくて不安なカーブ。

*肩*

ボディを繋ぎ合わせてから、肩を縫い合わせます。
この肩の部分は、トップの幅が一番大きくてそこからカーブに従って細くなっていくラインで作ってます。

*裏地付け*

表地を肩まで縫ったところで、同様に作っておいた裏地を付けていきます。
舞台衣裳に裏地は付けないのですが(帆布のままのほうが汗を吸うので)、これは舞台に立つわけではないので、見映えも考えて裏地を…。

*押さえミシン*

裏地を返したら、表から押さえミシンをかけます。
帆布が厚いので、微妙にかけづらい…。

*肩の始末完了*

反対側は内側に織り込んだところを上から押さえミシンをかけます。
上手に織り込まないと、合わない部分が出てくるというショックなことになりかねないので丁寧に。

*身頃完成*

はい。
帆布を使うとこんな感じでボディが立ち上がります。
バレエの「ジゼル」「コッペリア」なんかの衣装もこんな感じで作るので、だいたい同じ工程を踏んでます。

*ブラ トップ*

このままだとバストの部分が抜けてしまってる状態なので、バストの部分を別布でつくります。

*表地と裏地*

ボディのほうで使った生地を裏に持ってきて、ストライプ地のほうを表地として使います。
遠目では分からないけど、近くで見るとわずかな違いがあったほうが楽しいのかな、と。

*ブラ トップ2*

これには帆布を使ってないので、サテン地だけということもあって、ぺろんとした仕上がりです。
これだけだと、なんとも味気ない…。
これを作っておいたボディに組み合わせていきます。

*スカート サテン*

スカート部分は違う素材の生地を重ね合わせて使っていきます。
これはスカートの一番上になる、ボディと共布のサテン。
今回も安定のミツマキ。

*スカート サテン2*

ちなみに、スカート部分は左から右に向かって丈が長くなる変形スカートで、ほぼ円形になってます。

*スカート オーガンジー*

これもミツマキで(笑)
ここまでくると凄いミツマキが好きな人みたいw

*スカート オーガンジー2*

くしゅっと寄せるとこんな感じに。
ただ寄せただけなのに、この感じが可愛い♥
多分、分からないと思うんですが、オーガンジーだけアイボリーを使ってます。その他の生地はオフホワイト。

*スカートフリル サテン×ジョーゼット*

たまたま生地屋さんで見つけた変形生地。
可愛いし、アクセントになるかな、と思ったけど、近くで見ないと分からない…。

*スカートフリル サテン×ジョーゼット*

これも、くしゅっとすると可愛い。
スカートのフリル(飾り)として使いました。
ただ、サテンが入ってるのでどうしても重くなってしまったのが難点かも…。

*スカート*

スカートに使用した生地を全部まとめたもの。
なんだかクリームみたいでほわほわ。

*白いドレス*

ドレス自体が細くてトルソーに入らない…(´・ω・`)
全体像としてはこんな感じになりました。
もう少し、スカートにカーブがかかってもよかったのかなぁ?
この間作っておいた白ドレス パニエの上に、こちらを着ます。
パニエは1個あると便利ね、色々活用できるし。

*白いドレスとヘッドドレス*

ドレスに合わせて作ったヘッドドレスとだとこんな印象に。

*コサージュ*

ウエストにつけたフリルと一緒につけたコサージュ。
この薔薇も実は手作りで、ブライダルサテンを貼り合わせて作ったもの。
なかなかの力作だと自画自賛してます。



*ゆめちゃん*

俺の嫁・ゆめちゃんです。
もう、ホントに可愛いの。
見た瞬間、可愛すぎて言葉が出なかった。ホントに(/∀\*))キャハ♪"
はいどちゃんも可愛いけど、ゆめちゃんも可愛い。くっそ、可愛いっていいな。
たくさんお喋りしたいことあるのに、いつも可愛いからハナの下だけ伸ばしてうまく言葉が出てこないって言う最低ぶり更新中です(´。・ω・。`) ゔゔ・・。

それはそうと、ご希望に沿うことができたのか…。結構、不安です。
2013-11-16 13:10 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013
ゆめちゃんの白ドレスのパニエ。


素材を何にしようかすっごく悩んだの(>_<)
オーガンジーにしようか、シャーにしようか、チュールにしようか....。
でも、どうせならこのドレスだけじゃなくて使い勝手のいい、着回せるほうがいいんじゃないかと思って、チュールにしました。
真っ白ではなく、アイボリー。
しかも、ハイ子仕立て!
スカートの飾りを足せば、ハイ子にもなれる!



*パニエ 土台*

キュプラと言われてる裏地用素材です。

*パニエ 1段目*

全く分からないと思うけど、1段目。
1段目っていうのは、いちばん下の段になります。
下から上へ重ねていくように作っているので、最初に下からつけないとめんどくさいことになるんです。
通常のハイ子より少し、ボリューミーにしました。

*パニエ 2段目*

全部で3段なので、真ん中の段になります。
全く分からないけど、2段目です。


*パニエ 3段目*

相変わらずよく分からないけど、3段目。
パニエは段数が上がると、スカート丈は長く、接ぎ枚数は少なくなります。バレエのチュチュも同じです。

*パニエ ウエスト*

ベルト部分とパニエを接いでいきます。
パニエはウエストゴムのほうが便利かな?と思いつつ、ハイ子のスカートとか考えてたら普通にファスナーにしちゃった....。

*パニエ ウエスト接合*

ベルト部分を接いだところ。

*パニエ 出来上がり*

前カンをつけて、トルソーに着せるとこんな感じです。
ふんわり。
ちなみにチュールは#30を使ってます。ほどよい張りで、一般的なチュールだと思います。
ふんわりふわふわな感じを出すには#15(ウェディングベールによく使われる)とかがいいと思うけど、扱いにくいのとすぐヘタレちゃうから、やっぱり#30かな?

余談ですが、バレエのチュチュは#30と#50を組み合わせて作りますが、これも作り手さんによって加減が色々だと思います。
ロマンティックチュチュと呼ばれる丈の長いチュチュはほとんどが#30で、役柄によって、例えば「ジゼル」など可憐な儚い役どころだったりすると上に#15をのせたりします。全部#15で作ると、柔らかいゆえに足に巻きついてしまって危ないので、上にのせて可憐さを出してるんですね。


余談がはいりましたが、これで完成です。
頑張れば1日くらいでできるモノなんですが、ゴールが見えてくると気が緩んでダメだね~。途中で、あともうちょっとで終わるし、DVD見るか!とか思ってしまう…。やる気、台無し…。

ちなみに、ギャザーが気持ちよくぴったりに寄せられるとスッキリします。やる気も左右します。(笑)

パニエ、ホントは土台にもチュールを使いたいんだけど、一般的に作っているハイ子のスカートの分量だと透けてしまうので(予算的に)、敢えて裏地を土台にして作ってます。

このあと、ゆめちゃんのドレスのほうも順次うpしていきます(♥´罒`♥)
2013-11-12 11:22 | カテゴリ:HALLOWEENへの道*2013

プロフィール画像にも使ってるこの写真のドレス。
テーマは朽ちた薔薇
アンドロジーヌ博士の庭の片隅で育った薔薇は、一匹の蜘蛛に浸食され朽ちていく。っていう創作のもとに表現したかったわけですが、力及ばず…中途半端な形でHALLOWEENを迎えてしまいました。(色々設定があったんですが空中分解)
それでも、ここまでの製作過程を残しておきたいと思います。

*ドレスの生地*

実際の色と画像の色にだいぶ差があります。
画像だと濃ピンクや赤紫のように見えますが、実際はボルドーやワインレッドと表現したほうが色が近い気がします。
生地はサテンを使用してます。お値段は言えないくらい安っすいサテンなんですが、意外とそうは見えないのがポイントです。
舞台衣裳もそうなんですが、濃色は淡色よりなぜか、高級そうに見えます。それから、演者が多少ヘタクソでもなんとなくそれなりに見えてしまうのも濃色の不思議です。

*見頃 表地*

身頃は左右4枚ずつの8枚仕立てにしてあります。
サテンの下に帆布を噛ませることで、張りが出て型崩れを防いでくれる役目とコルセットとしての役目を果たしてくれます。特に胸の型崩れが防げるので、キレイなバストの演出が可能です。

*見頃 裏地*

裏地には普通の洋服にも使われるような裏地を在庫から引っ張り出して使ったのですが、ボーンを入れるときに突き破りそうだったので、普通にサテンでもよかったのかな、と。
自分のものは大抵、あんまり考えずに作業を進めてしまうので、やってみて失敗なことも…。

*見頃 装飾1*

ボディの装飾をどうしようか、ホントに最後まで悩んだんですが、なんだかレースがたくさんあるようなので、しかも黒がたくさんあるようなので使っちゃいましょう(♥´꒳`*)

*見頃 装飾2*

上だけだとおかしいので、もう一段、上下を反転させてのせていきます。

*見頃 装飾用レースリボン*

水銀燈コスに使おうと思っていたレースリボン。
とある理由で、水銀燈コスを作る意欲をなくしたので、使い道がなくなってしまったんだよね。
可愛いので、上下につけたレースの真ん中にのせていきたいと思います。

*見頃 装飾3*

レースとレースの間に這わせていくと、あら、なんだかちょっと豪華なレースみたい。

*見頃 装飾4*

合計2回のミシンでレース上下とレースリボンを縫いとめていきます。
要するにめんどくさいから、ミシンの回数は少なくね!って感じです。

*見頃 装飾5*

レースはついたけど、なんだかやっぱりまだ寂しい感じがするので、これまた在庫BOXからモチーフレースをひっぱり出してきて、なんとなくこんな感じかなっていう位置において行きます。
コレ、ミシンで付けてもいいんだけど、なんとなく手縫いで一針、一針縫いつけていくことに。

*見頃 装飾6*

この薔薇を浸食していく蜘蛛を最後にのせます。
どんな向きがいいんだろう?そんなことで結構、長い時間悩んだりもします。

*パニエ1*

ボディができたところでスカートの製作に入ります。
今回使用するパニエ。
ボーンが8段入っている舞台衣裳用のパニエです。(とにかくデカい)
舞台衣裳用のパニエなので、パニエ屋さんに発注したものになります。

*パニエ2*

パニエの内側。
中の空間にはこれだけの余裕があるんですねぇ。
「くるみ割り人形」のギゴーニュおばさんのスカートみたい。

*土台スカート1*

このパニエに合わせて土台スカートを作ります。
だいたいこんな感じ。

*土台スカート2*

土台スカートができたら、フリルを縫い付けていくしつけをしていくわけですが、チャコだと消えてしまいそうなので、1段1段ミシンであら縫いすることにしました。これなら消えることもないし、裏表からも見えるし、便利なので。

*染色1*

サテンのフリルの下に、チュールを挟んでいきます。
色々な質感の花びらを表現したかったので、チュールを入れようと思ったんですが、何やらこれまた山ほど余ってるオフホワイトのチュールが……。悩んだ末、これを染めてしまえ!と。
うまく染まるか心配だったんだけど、キレイな色になりそうす。
ちなみに、これは超デカいアルミ鍋に染め粉を投入して染めています…。

*染色2*

こんな感じに染まりました。
全部いっぺんに染めてしまおうというめんどくささと、チュールなので水分を吸い上げるような染め方ができないこともあって、グラデーションが微妙に…。
でも、まぁ、隠れるし…って思ってしまうダメ子です。

*染色3*

花びら方にカットした方向を互い違いにして染めたので、花びらが染まっているものもあれば、根元のほうが染まってるものが交互になってます。
これは花びら側が染まったもの。

*スカート フリル1*

フリルは全部で8段2層になります。
一番下の段はチュールなので、ギャザー寄せから。

*スカート フリル2*

ギャザーは2.5倍でとってあります。チュールだとちょっと少なめな印象。

*スカート フリル3*

一番下の段で多分、12mくらいは使っていると思います。
段数が上に行くにつれて、使用量は当然のことながら減っていくんですが、それでも一番上で4mくらい。

*スカート フリル4*

フリルは、一番下の段、裾のほうから付けていきます。
これは、ちょうどチュールがついたところ。

*スカート フリル5*

チュールの上にはサテンのギャザーをのせていくので、裾の始末をミツマキでします。本当は、巻きロック仕上げにしたかったんだけど、今あるロックミシンがかなり昔のもので、その機能がついていないのと、買い換えたいけど、中途半端なものは買いたくないという理由で、結局のところ安定のミツマキ…。

*スカート フリル6*

下3段だけは、花びらの形ではなく、ただのギャザー。
アレですわ、計算違いでサテン発注したのが原因で、間に合わなくなってしまったので妥協しました。まぁ、下の段だから、分からんだろうと…。

*スカート フリル7*

サテンのフリルがついたところ。
下3段はチュールのフリルはほぼ、見えません(´・ω・`)
この後、チュール→サテン→チュール→サテンの繰り返しで縫い付けていきます。

*スカート フリル8*

下から3段くらい付けただけで、すでにもうこんなにもっさり。
使ってるのが何しろ、家庭用のミシンなので、そりゃもう大変です。

*スカート フリル9*

これは根元のほうが染色されてます。

*スカート フリル10*

で、またサテン。

*スカート フリル11*

で、またチュール。
これは、花びらのほうが染色されているパターンですね。

*スカート フリル12*

チュールの上にはまた、サテンを重ねていきます。
ここからのサテンギャザーは、花びらの形になってます。花びらの形も実は4種類あって、段ごとに違う形になってたんですね。(自己満足)

*スカート フリル13*

いよいよ、終わりが見えてきたような気がしますが、もうひと踏ん張り。

*スカート フリル14

花びらの形のサテンの段から数えると5段2層をチュール→サテン(花びら)の作業を繰り返えして、ようやくゴール!

*スカート*

全てのフリルを付け終わって、床に広げてみたところ。

*朽ちた薔薇のドレス*

全体像はこんな感じ。
毎度、バックが普通の民家で申し訳ない。普通の和室で作ってます。
ボディの飾りが弱いと感じたので、去年着た蝙蝠ドレスのコルセット(黒)を合わせてみました。

*朽ちた薔薇のドレス トップ左*

装飾されてるほうですね。
バランスとかどうなんでしょ。あまりモノ大集合な装飾なので…。

*朽ちた薔薇のドレス トップ右*

右側はシンプルです。
なんか、自分の傾向として、左側に装飾を寄せてしまう癖があるので、うまく分散してバランス取れたらいいなというのが、直近の課題ですかね。

*袖1*

今回使わなかったけど、実は二の腕からの付け袖を作ってました。
素材はオーガンジーです。扱いがめんどくさいけど、やっぱりジョーゼットのほうがシルエットがキレイだなって思ったんだけど、オーガンジーのこの照りが欲しかったんです。

*袖2 カフス*

カフスにはポイントにボディでも使った黒のレースを。

*袖3*

袖とカフスを繋いだところ。
本当はもうちょっと違う作り方をするんですが、工程省略のためにこの作り方。

*袖4*

上腕部には3㎝幅のサテンの上にレースリボンをのせています。

*後ろ リボン*

これは、オーガンジーが余ったので作ってみたんですが、結局ヅラで隠れてしまうので使いませんでした。

*朽ちた薔薇のドレス 着用例*

モデルが可愛い子だったら言うことなしなんですけどね。
着用全体像はこんな感じになります。
本当は黒のロンググローブをしてるはずだったのに、初日に失くしてしまって予備で持ってたショートの蜘蛛柄のグローブをしてます。
やっぱり、黒のコルセットを使用したことで全体的に締まって見えたかなぁ?
前中心がなんとなく、編上げのようにも見えなくもないし。


後ろ姿。
ヅラが長いので、ボディの後ろは何にもみえませんが…。
やっぱり、スカートのラインが可愛いですね。
コレ、私の身長が148㎝くらいで、8㎝の厚底ブーツを履いた状態なんですが、長身の方がやると凄い迫力なんだろうなって思います。

このドレスの最大のポイントはやっぱり、座ってこそだと思うんですよ。
立ってるとただのドレスでしかないんだけど、座ると一気にお花が咲いたようになるのがいいんじゃないかと。
実際、開場で30人くらいの方に「写真撮ってもいいですか?」って声をかけて頂いたんですけど、99%くらいの方が「そのままで!」って仰ってたので、売りの部分を分かって頂けたのかなと思います。

機会があるならまた着たいと思いますが、ホントにトイレとか大変だし、重みで腰が千切れそうだし…そこを改良していきたいと思います。


ちなみに
*サテンの総使用量:35m
*チュール総使用量35m
*オーガンジー1m
*レース(黒)1.5m
*レースリボン(黒)1.5m
でした。

どうやら70mの布を引きずって歩いてたんですね……(´。・ω・。`)
2013-11-11 23:35 | カテゴリ:hyde*HYDE
(*∂∀6)わっちは花魁ゴーストでありんす


そう聞いたあの日から、あなたがいつどこでゴーストなんかになったのか、どうしても知りたくなった。

どこにいけば、あなたに会えますか?




あなたの名前は「破威怒」
桜吹雪の舞い散る中、真っ赤な打掛に黒地に金の掛下、伊達兵庫もどきに結われたお髪、美しい項からデコルテのライン、言うまでもなく圧倒的な存在感と威圧感。絶対的なオーラを漂わせて歩くあなたの足元は厚底ブーツ…。
まさにこの世のものとは思えない美しさ。
あなたになら憑りつかれても構わない。



桜散る
 
花魁辿り

黄泉の途









ずーっと気になってたことがあったんです。
花魁の仮装をしてる人って結構いるけど、花魁のこと理解してるのってどれだけいるんだろうかって。
見た限り、参考にしてる花魁がどうも吉原後期に花魁と呼ばれてた人たちなんじゃないだろうかって思わざるを得ないような感じで。予算の問題とかもあるんだろうけど、どうも、私が知ってる花魁とは隔たりがある気がしてならなかったんです。
なので、本来、花魁と呼ばれた人たちはどんな人たちだったのか、と言うところから始まり、はいど花魁の馴染みになるにはいくらかかるのかをテーマに、少しお勉強したいと思います。



*花魁とその名称*
花魁とは?
知っているようで、まったく知らない人が大半だと思われる。いや、80%くらいの人がその花魁の知識を間違ってる気がしてならない。
伊達兵庫に結って、簪いっぱいさして、刺繍が豪華な打掛を着て帯を前で結んだら……それだけでは、花魁とは呼べない存在だし、性を生業としているイメージもまた、本来の花魁とは異なります。
「花魁」と呼ばれた女性たちはどのような人たちだったのか、まずお勉強したいと思います。

もともとは、能楽や歌舞伎に秀でた女性のことを「太夫」と呼んだことから始まります。
江戸初期には女歌舞伎が発達しており、人気のある芸能でした。ところが、女歌舞伎に客を取る一団が現れます。これが、風俗を乱すものとして江戸幕府が1629年に女歌舞伎に対し禁止令を発布しました。その後、公娼制度を経て、吉原遊郭が設置されることとなります。そこでの最高位の女性を「太夫」と呼びました。
また、京都・嶋原にも「太夫」は存在します。こちらも同様の歴史を経ているようです。
太夫は、舞踊・茶道・書道・香道・華道・和楽器(筝、三味線、太鼓)・唄・詩歌・古典的遊び(貝合わせ、囲碁、盤双六、投扇興など)・話術などに特に秀で、知性と教養、品格に溢れた者でなければいけませんでした。
特に嶋原の太夫は皇族や公家が相手であったため、教養は太夫にとって必要不可欠な要素だったのでしょう。

さて、「花魁」とはその「太夫」であり、最上位の女性を指す名称として定着したのは吉原のほうで、その言語の起源には諸説あるが見世の妹分から「おいらのところの姐ぇさん」、「おいらのところの~さん」という説が広く知られているようです。
その「おいらのところの姐ぇさん=太夫」は、万治元年(1658年)に3人、元禄14年(1701年)に5人と1700人余りに上った遊女の中でも、ほんの一握りの存在であることが伺えます。
つまり、「花魁」とは、容姿だけでなく、知性と教養、品格に秀でた者という意味も含まれていたと認識しても間違いはないのかも知れません。
ところが、この花魁という名称の意味が後に変化します。
吉原では、宝暦年間に「太夫」が消滅してしまい、代わって「散茶」と呼ばれる中級遊女が勢力を増し、「花魁」と呼ばれるようになりました。おそらく、現代で想像される「花魁」はこちらの印象が強いのかも知れません。
ちなみに、吉原最後の花魁は玉屋・花紫太夫。引退は宝暦10年(1760年)のことでした。
本来の「花魁」=「太夫」が姿を消した陰には、花魁を育て上げるためには時間と莫大な資金が必要だったと言われていますが、花魁を目指す遊女自身の努力もまた、並大抵なものでは追いつかなかったのかも知れません。




*花魁の階級社会* 
前述したように「花魁」=「太夫」は1700名余りの遊女の中でも、片手いるかいないかの、ほんの一握りの存在です。誰もが簡単に成れるような存在ではありませんでした。

花魁の存在した世界は、完全なる階級社会です。
それも、小さな子どもの頃から頂点を目指して登り詰める階級社会でした。その中には脱落していく者も少なくなかったと思われます。
遊女の階級社会はその時代によっても大きく異なりますが、1701年刊行の「傾城色三味線」を例にとって新吉原初期の階級を見ていきましょう。
①太夫    5名
②太夫格子  99名
③散茶   493名
④埋茶   280名
⑤五寸局  426名
⑥三寸局   44名
⑦並局   ≒400名
⑧切見世女郎
合計 ≒1,750名
となっている。

太夫、格子太夫までが上級遊女、つまり花魁と呼ばれる資格のある者。
散茶、埋茶までが中級遊女、五寸局、三寸局が下級遊女、並局、切見世女郎は最下級遊女という階級社会だったようです。ちなみに、見世にもランクがあり、大見世、中見世、小見世というランク付けがされていたと言います。この見世のランクで、遊女のランクにも差が生まれ、また揚げ代にも影響したそうです。




*花魁言葉とその変遷* 
花魁と言えば、その容姿、衣裳が目を引くのと同時に話し言葉が実に印象的です。
現実とは別世界を印象付ける独特なその言葉は、主に廓詞、花魁詞、ありんす詞などと呼ばれている、まさに夢の国の詞なのかも知れません。

廓詞の起源は、各地から集められた遊女たちが土地土地の訛りを隠すために用いられたのが始まりだとされています。また、同郷のお客と出会い、意気投合して里心がついたり、足抜けするのを防ぐためだったとも言われています。

廓詞は、当然ながら長い歴史の中で変遷をしています。
吉原遊郭が徳川幕府によって設置されたのは、1617(元和3)年、その後約300年、1958年(昭和33年)「売春禁止法」の発令まで続きます。(火災による移転、新吉原時代含む)300年も時代が変われば、廓詞にも影響しないわけがありません。

明和(1764年~1772年)時代には、「お目にかかりんして、おうれしうおざんす」(お目にかかれて嬉しいです)という言葉を使っている。この時すでに“~りんして”という廓詞でもよく耳にするような表現を用いているのが印象的だ。
寛政(1789年~1801年)には、「心づかひをなさりんすな」、「涙をこぼしておききなんした」という詞使いが見て取れる。
廓詞、花魁詞は時代を駆け上るにつれて洗練され、確立されていったように思います。
 
基本的には、言葉の語尾を「~んす」という表現に変化させたものが多く、
・です→ざんす
・します→しんす

となります。また、これが過去形・否定になると
・ありません→ありんせん
・ありました→ありんした

となります。未来形では
・~でしょう→ありんしょう
という表現になります。他にも、
・ございます→おござんす
・ございましょう→おざんしょう
・来ました→きなんした
・座ってください→すわりんす
・なさいます→なんす
・~なさる→~しゃんす
・いらっしゃい→おいでなんし
・くださいませ→くんなんし

というのが、代表的な廓詞になります。「~んす」のように「ん」を用いることが吉原の廓詞の特徴だったようです。

ちなみに「いっらっしゃいませ」という言葉の変遷を見ると
・明和年間<宝暦14年(1764年)~明和9年(1772年)頃>ゆきなんせ、きなんせ
・安永年間<明和9年(1772年)~安永10年(1781年)頃>きなんし
・天明年間<安永10年(1781年)~天明9年(1789年)頃>おいでなんし
・寛政年間<天明9年(1789年)~寛政13年(1801年)頃>おいでなんしぇ、きなんしぇ
というように変じている。(年代は時代の動向を見るもので、正確な廓詞の使用年間ではありません。)

この廓詞は吉原全体で、統一されたものがあるわけではなく、見世によっても多少の違いがあったと言われています。

MCではいどちゃんが「~ざます」という言葉を間違って使ったようだった、というのをとある方のレポで拝見したのですが、天保の時代・天保8年(1837年)版『春告鳥』には花魁が“なんでもようざます、早く片づけてお休みなまし、こどもはどうしいした。”ということを言ってることや、見世によっても多少の違いがあったということを考えると、強ち使い間違いではないのかも知れませんね。(ご本人様はホントに間違ったんだろうけど…)
廓詞の変遷をみると花魁ゴーストは天明年間にいたのかも知れませんねぇ。




*花魁道中*
花魁を揚げるためには、茶屋に取り次いでもらわなければならない(取り次いでもらうまでにも手順がある)というしきたりが存在していたようで、その引き揚げ茶屋までの道中を見世の者を引き連れて花魁が練り歩くことを花魁道中と呼んだと言われています

その順番を先頭から
①金棒引き・露払い
主に警備担当の男衆。


②提灯持ち
太夫の名前の入った箱提灯を掲げ持つ男衆。


③手古舞・女木遣り
本来は祭典などで山車の警備をした鳶職のことだが、後に芸妓や氏子の娘が務めるようになった。


④禿
太夫候補の10歳前後の少女。
主に太夫の身の回りの世話をしながら、諸芸を学ぶ。太夫は禿の一切の衣食住を負担していた。
花魁道中では先頭をつとめ、煙管入れや煙草盆を持っている。


⑤肩貸しの男衆
花魁が外八文字を描いて歩く際に(嶋原では内八文字)、花魁に肩を貸す男衆。


⑥太夫(花魁)
三枚歯下駄を履き、豪奢な衣装を纏う。右手は肩貸しの男衆の肩へ手を置き(体を支えるためだけでなく、歩行の合図の役目も果たした)、左手は張り肘(手を懐に入れて肘をぐっと横に張ったさま)で練り歩く。


⑦傘持ちの男衆
花魁の後ろから傘を掲げる男衆。


⑧振袖新造
10代半ばの遊女見習い。禿からの昇進。花魁の世話を受け振袖新造となり、名代を務める。(床入りはしない)将来は高級遊女となることがほぼ約束されていた。
また、17歳になると突き出しといって、正式な遊女となった。(引退は27歳)
花魁(太夫)も経た道程である。


⑨留袖新造
振袖新造と同年代で、花魁から世話を受けていることに変わりはないが、禿時代を経ず10代で吉原に来た。
また、振袖新造が客を取らないのに対し、留袖新造は客を取る。
禿から脱落した妓もここに含まれる。中級以下の扱いとなる。


⑩太鼓新造
遊女としての技量より、芸事に腕の立つ妓。主に宴席での芸事一般を担当した。


⑪羽衣新造(番頭新造)
年季が明けた遊女や器量の悪い遊女で、主に30歳以上が付いた職。
花魁の連絡調整役(マネージャー)。

という順になっている。(もしかしたら、時代や見世、花魁の格式や権威などによって違いがあるかもしれません。)




*花魁の値段と吉原のしきたり*
はいど花魁と遊ぶにはいったいいくらあれば遊べるのか、考察してみたいと思います。
下級遊女と遊ぶのとは違い、花魁を揚げるにはしきたりがありました。

そのしきたりは、花魁の格式や権威などによっても異なったと言われていますが、一般的に太夫(花魁)に会うためにはまず、引手茶屋を通して取り次いでもらう必要があります。
そのためには、茶屋で豪勢な遊びをし、財力を示す必要がありました。その後にようやくその茶屋を通して「吉原細見」と呼ばれる花魁のガイドブック的なものからお気に入りの花魁を探し出します。吉原細見には花魁の浮世絵とともに、どの見世にどんな遊女がいるのかということが書き記されていたそうです。
ようやく茶屋に取り次いでもらったからと言って、いきなり花魁と遊べるわけでも、ましてや会話ができるわけでもありませんでした。
一番最初に初めての客に会うのを「初会」と呼び、花魁(上座)は客(下座)とは離れたところに座り、花魁がその客と見合うかどうか見定める機会だったとも言われています。つまりは、顔合わせといったところでしょうか。ここで、花魁には見合わない客であると判断された場合には、客はその花魁とは再び会うことは叶わなかったそうです。また、取り次いでもらったところで、初会に花魁側が応じるかどうかも分かりませんでした。

初会をどうにか潜り抜けた者だけにやってくる裏(2回目)。
花魁側からは「裏の客」と呼び、わずかに寛いでは見せるものの、基本的には初会と変わらなかったようです。

3回目になってようやく、「馴染み」となるわけですが、この際の客は馴染み金を支払う必要があったと言われています。
また、花魁には床花を、見世や花魁付きの遊女にもご祝儀を贈る習慣があったそうです。
花魁側からは、客の紋や表徳などを示した箸や膳が用意され、花魁の部屋の茶箪笥に保管されたようです。
馴染みとなると、花魁の部屋に通され、床入れも可能になります。
客が馴染みとなった以降は、花魁以外の遊女に通うのは浮気とみなされ、詫び金を入れなければなりませんでした。

さて、はいど花魁と初会からこの馴染みになるまでにいくらかかったのか、お値段はというと…
やはり、これも見世の大きさや花魁の格式などによって随分と差があったようですが、一般的な花魁(大見世・太夫)を例に考察します。
初会では、花魁の揚げ代が1両1分~2分(10~15万円)、花魁付きの遊女、お供ご一行等のご祝儀10両~20両(100万~200万円)、さらに引手茶屋での遊興費(宴会、芸者代など)、ご祝儀5両~10両(50万~100万円)が必要だったようです。

2回目となる裏でも、初会同様の費用が必要でした。

馴染みとなった3回目には、客は馴染み金を支払わなければなりませんでしたが、その馴染み金が2両2分(30万円)とされています。さらには、床入れのご祝儀となる床花が5両~100両(50万~100万円)。初会、裏同様の揚げ代、ご祝儀と遊興費も必要です。しかしながら、馴染みとなった宴席は祝いの席のようなもので、見世は客にさらに散財させたようです。

初会から馴染みまでの3日間だけで、1千万以上は覚悟しておいた方がよさそうです。(ちなみに引手茶屋で吉原債権を見せてもらうまでの宴会費などは別計上です。)
その後も花魁の衣装をはじめ、衣食住に関わるものすべてに資金が必要でした。

安いのか、高いのか…。
はいど花魁なら、安いのかも知れません。そもそも初会に応じてくれなさそうですし…。





余談ですが、花魁が世話している振袖新造が突出し(遊女デビュー)を果たす時、その費用を花魁が負担するようですが、実際には花魁の客の中でも上得意の客が面倒を見るようになっていたそうです。
その費用は、200両~500両(200万~500万円)とも言われ、莫大な資金が必要でした。
初めての馴染み客となる客は、花魁に3枚重ねの敷布団、夜着1枚を贈るしきたりになっていたそうですが、それだけでも50両(50万円)だそうです。ちなみに、この寝具一式は、当時の呉服屋越後屋(現在の三越)で誂えるのが一種のステータスだったとも言われています。





と、言うことで、はいど花魁の使用した廓言葉や花魁道中などから考察の結果
“はいど花魁は天明年間に存在し、ゴーストとなった初会から馴染みの3日間で1千万円以上は必要な超・高級な花魁であった。”で、締めくくらせて頂きたいと思います。





なんとなく、分かる気がします。
はいど花魁はあんなにも近かったのに、あんなにも遠いという理由が。

あんなにも眩いばかりのオーラを放っていたのに、時折垣間見せる儚さは本当に逸品でした。

しかし、なぜゴーストなんかになったんでしょうね。
「花魁」と呼ばれたからには、最高位であったはず。それでも、ゴーストにならざるを得なかったのは、やはり花魁故なんでしょうか。




しかし、あんなもっさりヘアだったのは地毛結いで伊達兵庫もどきにするためだったとは、なんとも意地らしいおっさんです。
ホント、見た目だけじゃなくて、中身がなんつっても可愛いんだから(♥´罒`♥)




花魁勉強会、ここまでお付き合いくださいましてありがとうございました。


花魁、太夫については私なりに勉強したつもりですが、多々不備などあるかと思います。
また、300年と言う吉原遊郭の歴史ですので、その長い歴史の中で時代による相違、または見世や花魁の格式による違いなど、これはこうだと断定できるものではありませんので、おおよそのところで書かせて頂いています。
どうか、参考程度にお願い致します。



(*∂∀6)ありがとうござりんした♥
2013-11-10 01:28 | カテゴリ:遠征日記
∥・ω・`)コソ…

もぅ、色々がびっくりするほどのスピードで進んでいってて、まったく追いつかない...ハァ━(-д-;)━ァ...
けど、旅の思い出をちょっとだけ。
ただの遠征駄日記です。



そもそも、なんで札幌に遠征することになったのか、って言ったらVAMPS CHANCEですよ!
締切2時間前にポチったら、なぜか引き当てたofficial reporter
相当、ビビりましたね。
こういう類の当てたことないもん。
だけど、もっとビビったのは、即決しなきゃいけないらしい。のに、既に選択の余地ほぼナシ!
残された選択は福岡or札幌
もぅ、光の速さの如く調べましたよ。
え?
どっちが遠征費かからず行けるのか...。
だって、全く予定してなかったから、予算なんてあるはずない(ヾノ・∀・`)ナイナイ
と、いうことで札幌に決定!どうせなら、ツアー最終日がいい。
ツアー初日と最終日に立ち会える喜びを噛みしめよう━━(>∀<人)━━♪♪
今まで、できそうでできなかったからねー。



さてさて、当日の朝は3時起床、4時出発で7時のANAに搭乗予定です。
でも、なんでこの時間?今となっては、どうしてか分からないけど、早く北の大地を踏みしめたかったのかなぁ?

*5:27の三芳SA*


羽田空港までの道は、お台場への道と同じなので通い慣れた道ではあったんだけど、お台場で下りずに、その先へ進む不思議さ。
ちょうど、Zepp Tokyoのところの観覧車を左手に見ながら、早くも感慨深い感じ。
すでに気分は、Tour Finalでございます。

*ANA51便より雲海*

実は国内便に乗ったことがない...。飛行機、乗ったことあるのは、海外便のみ。
もぅ、めっちゃ不安。日本語通じるのに、不安o(;-_-;)oドキドキ
もちろん、羽田空港自体も多分初めて。それでも、なんとか空の上の人になれました。

荷物の積み間違い(?)があったとかで、15分ほどの遅れがあって出発。1時間とかホントにあっという間で、少しウトウトしたら着いちゃったw

しかし...。
新千歳の到着ロビーって、寂しすぎじゃないかしら?こんなもん?

とりあえず、朝ごはんもまだだったので北の大地上陸後、いきなり朝モスキメてみました。
すこーしまったりした後で、札幌市内へは高速バスで移動することに。
バス、すぐ来るのね。びっくりした。
そんでもって、バスの運ちゃんが「どこまで行くの~」って聞いてくれて、ホテルの名前言ったら「この時間ならすすきので降りれば大丈夫だよ。」って。まぁ、札幌のバス、めっちゃ親切♥
ホントにすすきののど真ん中で降ろされたw
右なのか左なのかもよく分かんないけど、多分、ホテルはあっちと言う根拠のない自信に支えられて、突き進むのみ!
ほら、あった!
Zepp札幌!!
あれ?
まだ、入待ち体勢?
ホテルがZepp札幌のお隣なので、Zeppの前を通って、入り待ち組を横目に見つつ通りすがります。
ホテルにお荷物預けて出てきても、まだ入り待ち態勢。まさか入りに間に合うとは思ってなかったよ…札幌って近い?
そこへぽやぽやしてると、ん?あれ?もしかして?ちょうど入りの時刻となったようです。軽く彷徨ったままの遭遇。道の向こう側から「どーも、こんにちわ。」近所のおじさんかっつーの。

そういえば、札幌って夜の街なの?昼間は活動してないの?なんの事前調査もなかったせいか、なかなか思うようなご飯屋さんが見つからなくて(´。・ω・。`)
お昼は結局、ホテルに戻って食べました。
そのまま顔面塗装したりして、チェックイン早くてヨカッタ――――――!!!!!!!!

14:30になったところで、さて、でかけるかなぁって感じでZeppへ。
なのに、受付は定時。公式……そんなところはしっかりしてんのな。
で、改めて14:30ぴったしに受付を済ませて、頂きました。
OFFICIAL REPORTERのパス。

*OFFICIAL REPORTERのパス*

カラーコピーです!
2番をもらったんですが、誰が何番を持っていったかって言うのをちゃんとメモってましたよ。意外としっかりしてるんスね。
リハーサルの様子やら、なんやらはコチラを参照してくださいね。⇒【20130923 VAMPS LIVE 2013 Zepp札幌*OFFICIAL REPORTER 感想】
ライヴの様子やら、何やらはコチラを参照してくださいね。⇒【20130923 VAMPS LIVE 2013 Zepp札幌】

レポーター業務終了後は、おやつを購入して一度ホテルに帰ろうと思って、すぐ近くにあったケーキ屋さんによると、見慣れた後ろ姿が…。考えることは(ダωナ)も同じだったようで、おやつを購入してるところでした(๑´ㅂ`๑)

*おやつ♥*

ホテルに戻って美味しいケーキ達をいただきました。ごちそうさま(๑'ڤ'๑)
ロールケーキには、ナッツいっぱい。クリームがバタークリームなのに、さほどしつこくなくて美味しかった。
ミルフィーユは当たり前だけど、さくさく~♥
全部は食べられないから、はんぶんこして食べました。

*ばら苑 ギモーヴ*

あと、空港で買ったこれね。
ギモーヴ♥めっちゃ、美味しかった~。
はいどちゃんと撮ったのは、特に他意はありませんよ。
白がパッションフルーツ×マンゴー、淡ピンクがストロベリー、濃ピンクが木苺。
おやつサイコー=≡Σ[▓▓]ε¦)ヒャッハー

*ツアートラック(裏)*

お台場では撮れなかった裏側を激写してきました。これで、裏表が揃った!

*ツアートラック(表)*

Zepp Tokyoにて。


その後は、ちょっとだけお昼寝して、18時ホテル出発!コドモ体質だからお昼寝、大事ね~。
集合が18:10だし、(ダωナ)はBチケだからゆっくり。

行ってみたら会場周辺はもう人が溢れた状態に。
この時、スタッフがすっげー必死になって、近隣のスペースに入らないように注意してたのが印象的だった。
ホントに、必死そのものだったんだよ。
まぁ、結果、苦情対策だったみたいだけど、そんな努力も空しく苦情は出てしまったみたいね。

ちょうど、Vチケが500まで入ったところで、OFFICIAL REPORTERのみなさんも入場。(聞いた話だと200くらいだったのに…)
コレ、OFFICIAL REPORTERのチケットね↓
*OFFICIAL REPORTERのチケット*

整理番号もなんも書いてないただのぴあのチケット。なんか、むなしい…。
唯一、ご招待という文字だけが心に潤いを与えてくれる…(´・ω・`)
すでに、リハーサル見学で会場内には入ってるんだけど、改めて入ってみると札幌せまっ!
いつもいるような場所はこんなに後ろだけど、距離は変わらない。2階から見るのとはまた違うね。
ということで、今日はかずくん側。
そういえば、Bチケは川のほうに並んでたらしく、合流した(ダωナ)は半分凍えてた。(確かに寒かった…)
LIVEの感想や覚書はコチラを参照してください↓
*VAMPS LIVE 2013 Zepp札幌 2013.09.13 覚書*

さてさて。
ヨーロッパツアーを控えていたとはいえ、俺達の夏は札幌の地で終わった…。
ホントにVAMPSがツアー始めると、夏休みが始まったみたいな感覚でワクワクするんだけど、ツアーが終わるとやっぱり夏休みが終わったみたいに寂しいよね。
それでも今年は、ツアー初日から4連チャンで参戦日程詰め込んで、あっという間に俺達の夏休み終了かと思ったけど、まさかのVAMPS CHANCE当選と追加公演決定で夏休み復活!!
追加行けたの1日だけだったけど、もっと行きたかったなぁー。

とはいえ、JAPAN TOUR無事終了!
VAMPSさん達の過重労働、どうなるかと思ったけど、無事完走できてなによりです。
ということで、オツカレサマでした――――――。゚+.٩(๑>▽<๑)۶.+.゚
今日は、(ダωナ)セレクトのお店。
煉瓦造りで、奥が全室個室になっていて、吸血鬼の棲家みたい~♥
まさにVAMPSの打ち上げにぴったり。
ところがねー、おやつとか食べてるし、胸いっぱいだったせいもあって、意外とお腹空いてない…。
せっかくのご飯あんまり食べられなかったなぁ。
でも、美味しかった――――――!!!!!!!!
ごちそうさま(๑'ڤ'๑)

*前菜*

コレ、なんだったかなぁ?
ホントに一口ずつだったんだけど、鮪の角煮と鮭のハラスとなんかだった気がする。

*牡蠣*

牡蠣大好きで、小さい頃から親が通ってたお寿司屋さんでよく食べてたんだけど、そこの大将が亡くなってからは食べる機会がめっきり減ったんだよね。
食べるには食べるけど、なかなか“美味しい!”って言えるのに出会えなくて、なんとなく遠ざかってたけど、せっかくの北海道なので食べてみました。これは美味しかった!

*牡丹海老*

これも牡蠣同様。
葡萄海老もあったんだけど、とりあえず牡丹海老食べたくて食べてるうちにすっかり忘れてたと言う…。
海老大好き――――――♥

*牛タンの炙り*

これもね、焼き肉で食べる牛タンとは違って美味しかった。
このソース、そのまま舐めたらちょっと塩気が強めだったけど、野菜とか牛タンとかには合ってたな。

*焼きタラバ蟹*

蟹は好きなんだけど、気分じゃなかったので一口な感じで。
焼きもウマいけど、生もいいよね~。蟹しゃぶは好きじゃないな。

*貝の酒蒸し*

和風な感じの酒蒸しでした。磯の香満載な感じで。

こうして見るとこれだけ?って思うんだけど、この日はホントにお腹いっぱいだったんだよね。
主食になるようなものは全く食べてないのに。
やっぱり胸がいっぱいだったのかなぁ?

ご飯を食べててくてく歩いて帰ると、Zeppはお片付けの真っ最中。
ツアトラが入口に横付けされてて、その光景だけでもう寂しさ満点。寂しいのはイヤだから、見て見ぬふりをしながら、ホテルのお部屋へ帰りました。
そう言えば、お部屋にはマッサージチェアが常備されてて、すっごい嬉しかった。今まで泊まったところではフットマッサージは置いてたところあったけど、マッサージチェアのあるところは初めて。

お風呂に入ってまったりした後は、レポート書いてました。翌日の10時が確か、提出期限だったと思うんですけど、いつもの如く、黙々と超上から目線の文章で書きました。
レポートの制限が200字なんだけど、200字ってツイッターに毛が生えたくらいの文字数でなかなか難しいの。
もっと書きたいことはたくさんあるのに、あえての200字。
う―――――――ん…(๑´Д`๑)
何度も書いて、消して、書いて、消して、書いて、消して……。悩んだし、迷った。
それでも、なんとか1:00くらいには送信!!任務完了です。

VAMPSさんのfacebookにOFFICIAL REPORTERのコメントを載せて頂きました。
コチラ⇒VAMPS*facebook

これで、スッキリよく眠れそうです。
……スッキリ?じゃなかったZIPですね。
翌朝、ZIP待機確認しておやすみなさいZzz…(*´д`*)。o○

習慣て怖いね。ちゃんといつもの時間に目が覚めて、こんな早朝からZIP待機です。
ホントはZepp観に行こうかと思ってたんだけど、もうトラックいないのも分かってたし、寂しくなるのも分かってたから行かなかった。これで、今日もあるっていうなら、きっと行ってたと思うけど、寂しいのはイヤ。

朝ごはん食べながらZIP見て、昨日Zeppで見た人(*∂∀6)とのギャップに朝から頭の中に?????が。
ライブとテレビのギャップ、すごいなぁ。
もちろん、ライブとオフのギャップもすごいけど、同一人物なのかなって時々疑問に思う。
ZIPを見終わったところで、帰りの飛行機が14:30だってことに気づいたの。てっきり、夕方だと思ってたから…。
逆算すると空港でまったりできる時間も限られるし、急遽、支度を早めに済ませて、9時ごろにはチェックアウト。
帰りは噂のJR北海道に乗って空港へ。
何だか結構お仲間多くて、空港に着いたら着いたで、その辺ブラサカだらけ(笑)
空港なのにVAMPSっていう文字で溢れてて、妙なホーム感。

だけど、海鮮ご飯屋さんにいたVAMギャならぬVAM婆、怖かったなー。VAMPS背負ってんのに、やめて欲しいって思っちゃった。

あ、北海道の米ってマズイよね。(※あくまでも個人的な感想です)
私、米キライだからあんまり食べないんだけど、それでもマズイと思った。残念ながらホントにそこだけが不満。
上に乗った海鮮ものはおいしいのに、もったいないな。
知名度ない温泉の国の米のほうがまだマシな感じだった…。

*およびだし*

去年、四国だかの空港で、まさかの本名フルネーム呼び出しくらったVAMPSご一行のように、危うく呼び出されるところでした。
呑気に搭乗ゲート行ったら、ソッコー「****様ですね!」って確認されてしまいました...。ホントにごめんなさい。

*搭乗中*

帰りはANA66便にて羽田へ。

*さよなら札幌*

この帰りの飛行機、雲が結構多くて、色んな形や高さ、流れがあって、すごく幻想的だったな。
着陸体制になった頃、ちょうど雲が切れてを見たような気がしたんだけど、夢なのか、幻なのか、はたまた現実なのか...、今もよく分からない。
結構、うとうとしてたから、夢なのかなぁーと思ってみたり。

*隣の飛行機*

札幌遠征、呆気なかったなぁー。もっとゆっくりしたかった。
もともと行く予定ではなかったから、1泊2日の強行遠征だったし。どこも観光してないし(´。・ω・。`) ゔゔ・・。

あと、コレ、羽田で飛行機下りたときに隣に止まってた飛行機です。
なんで隣のを撮ってるかと言うと…いい位置で撮れなかったから、隣ので我慢しました。

*東京タワー*

帰りの首都高は、ハンパなく混んでて、いつも1時間で抜けるところ、3時間くらいかかったのかも...。
混んでると首都高って勘定してたりするから、迂回するルートがあるんだけど、それがはいどちゃんちのほうっていうね…。
東京タワーの近くを通ったので、めずらしく撮ってみたら、わりとキレイに撮れました。
東京タワー、私にとっては懐かしい思い出の建造物なんです。
通ってた学校の近くに東京タワーがあって、歩道橋の上からだとホントに間近に感じられたの。

羽田に16時に到着する便だったのに、家に着いたのは21時頃。
行きはお台場を通って羽田に行ったから、帰りもお台場の観覧車を見て帰りたかったのに、残念。

ホントにあっという間の札幌遠征。すごく充実してたし、貴重な体験をさせて頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。ホントにありがとうございます。



  





遠征日記はここでおしまいです。
ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
2013-11-09 11:39 | カテゴリ:VAMPS
ハロパの覚書の後ろにつけてた、ハロパの残骸こと、ハロパ関連の記事twitterなどを分離してみました。

はいどちゃんが絡んでないものは、基本的にはリンクしてません。(ゲストの仮装など)
全て既出のものだし、リンクし忘れてるものも多々あります。
思い出せないやつがいくつか……。

コレ、乗ってなかったよーっていうのありましたら教えてくださるとありがたいです。
よろしくお願いします(`・ω・´)ゞ




*荒木尚子*
*荒木尚子*「久々のーー!」
*荒木尚子*「祭りの後」


*DAIGO*









*Anis(MONORAL)*



*柩(NIGHTMARE)*


*TERU(GLAY)*



*明希(SID)*

*BARKS*神戸初日に「これ着るとハロウィンのスイッチが入るね」
*BARKS*神戸二日目に「みんな、元気に死んでますか!?」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BRAKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BARKS*最終日に「また来年、会えたらいいね」
*BARKS*幕張初日に「今日のわっちは花魁ゴーストでありんす」
*BARKS*幕張二日目に「みんな熱い? 火照ってるのね。わかるわかる」
*BARKS*幕張最終日に「悪い子になっちゃう? それではまいろう!」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月25日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月26日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月27日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール

*ナタリー*ハロウィンライブ開幕、サプライズに会場沸騰
*ナタリー*花魁HYDE!あまちゃんDAIGO!VAMPSハロウィンライブ
*ナタリー*ハロウィン千秋楽でHYDE×TERU「誘惑」デュエット

*エキサイトミュージック*HYDEの花魁ゴーストに溜息!豪華絢爛な東京初日

*ねごと*

*生駒里奈(乃木坂46)*
*白石麻衣(乃木坂46)*
*若月佑美(乃木坂46)*

*水銀党員*



2013-11-08 19:06 | カテゴリ:遠征日記
| 壁 |д・)コソコソ…=_―(๑•̀=_―(๑•̀д•́=_―(๑•̀д•́๑){コンニチハ!

みなさん、ハロパ症候群の症状のほうはいかがですか?
私はですね、ハロパ最終日が一番ひどかったようで、今年は意外とそんなでもないですね~。

そういえば、すっかり忘れかけてたけど、VAMPS CHANCEで当選してた、例のPRIVATE LIVEですが、ようやく詳細きました。゚+.٩(๑>▽<๑)۶.+.゚
確かに、都内某所…。
でも、某所がホントに某所すぎて2度見しました。
ねぇ、はいどちゃん、行動範囲っつーか、守備範囲狭すぎだよ…。

ちなみに(ダωナ)もPRIVATE LIVE当選してたんですが、同じ第1部でした。
別々に行って1部と2部の違いとか知りたかったんですけどねぇ…、ダメでした。残念。

さぁ、忘れないように楽しかったハロパの思い出を綴っておくことにします。
ただの駄日記ですが…。



*上空からの幕張メッセ*


*10月25日*
この日はなんでそうなったか、ホテルのチェックインが15:00…。
早く行って色々したいのに、着替えのこととか考えるとこの日に和装するのは断念。

準備は前日から始めてはいたけど、なかなか進まず…。
結局、お台場に行くような時間に出発(10:00頃)して、三芳SAでお昼ご飯、ホテル到着は14:30でした。
チェックインが15:00だったんだけど、そのままチェックインできてお部屋に通してもらえました。
ホテルは去年までのホテルから別のところへ。
去年までのホテルはロビー中が明らかにハロパ参戦者で溢れててチェックインも行列だったんだけど、今回のホテルはハロパ参戦者と思われる人が誰もいない…。しかも、凄く空いててチェックインは優雅にソファに座ったままでOK。
なんだ、この違い…。
確かに、お値段のほうも違うけど…。

そこからそそくさと準備して会場へ。
この日の仮装は、去年の蝙蝠ドレスとグレーのヅラ(今年2日目と同じ)
中に穿いたスカートはちょっと違ったんだけど、去年と90%同じだったので写真は撮ってないです。
参考までに去年のものを↓


駄菓子菓子、会場に着いたのはいいけど甘かった…。
ちゃんと会場の詳細をチェックしてなかったんスよ。
今までとホスピタリティエリアの配置が違ったんだよね~。

*ホスピタリティエリア*

今まではホスピタリティエリアとライヴエリアが同一建物内で隣同士だったんだけど、今回は別建物。
しかも、カラオケコーナーの左にある○○とか、客席Dの○○とかっていう連絡をもらってたんだけど、とんとわからぬ……。
一度その場に慣れてしまえば、なんつーことないんだけど、軽く迷子になりまして。
時間も時間だったこともあって、この日は誰ともお会いできませんでした(´;ω;`)ブワッ

この日はブロックCの神番。
LIVEの覚書(VAMPSのみ)はこちらを参照してください↓
*HALLOWEEN PARTY 2013 10月25日 覚書*

*goods*

グッズ。
今回は、タオルとつけま2種類、マスコットチャーム。
タオルはいらなかったんだけど、すぐ実用的に使いたかったので購入。
つけまは、3個買って、その場で1個付けました。これがね、すんげー可愛いんだけど、すんげーヅラに絡んでくんの。お城の尖ったところとか、木がぐるぐるしちゃったところが恐ろしく絡んでくんの。
手持ちの超強力な、つけま糊使って付けててよかったよ。
あと、このどうしょもないかぼちゃ
グッズ買うとくれるスクラッチで当たりました(¯∇¯٥)アチャー



*10月26日*
実は前日、あんまり体調良くなくて、24日にも通院してたんですが、案の定途中から体調は急下降。
それでも、花道最前なので開演中はなんとかなってて、もちろん花魁も全力で目に焼き付けた感じではあったんだけど、ホテルに戻ってからは最悪で、ベッドに横になったらもう動けなくなってました。
ホントに、どこか病院を探してもらおうか、それとも…って感じ。
遠征でこんなにも具合悪くなったことなかったから、ホント不安だったんだけど、はいど花魁を反芻しながら一晩過ごして、翌日の午前には奇跡的に回復してました。
それでも、万全じゃないから最後まで見られるのかは心配だった(´・ω・`)
そんな気力だけで乗りきった2日目です。

この日も午前中からお支度です。
ホントに大変なんです。メイクさんと衣装さんを同時進行するの。
まずは午前中の早い時間時に自分の化粧を済ませておかないと、ホントてんやわんや。
会場到着はお昼を目指します!

最初は意気揚々と作ってたドレスだったけど、途中から迷惑間違いなしの代物だな…と思い始めて、ちょっと躊躇ったんだけど、もう後にも引けない状態。
迷惑覚悟で着て行きました。(今度は脱着可能なものを考えます。)

この日は午前中から雨で、ホテルから会場までたいして離れてないのにタクシーに乗ることに。
タクシーの運ちゃんもハロパ参戦組をだいぶ運んだご様子、手慣れた感じで会場に連れてってくれました。ありがとうございます。

だいぶ、ホスピタリティエリアにも慣れてきて、配置も分かった!

とりあえず、着崩れないうちに、ヅラがわちゃわちゃしないうちにお写真コーナーへ。
たいして並んでなくて、すぐに順番が来たんですが、よく見れば…去年と同じ人が担当してるんですねw
どーもお久しぶりです。


この写真を撮るときにしきりにHYDEさんが隠れちゃいますからね~。あー、HYDEさんが…。HYDEさん隠れちゃうんで、もうちょっと横に…。って言われて。そんな、HYDEさん、HYDEさん言わんでもえぇやろ!みたいな気分になりました。はい。

*10月26日の仮装†朽ちた薔薇*

ホテルで撮った座り写真ですね。
ホントはロンググローブの予定だったんですが、失くしまして…。
腕が太いのは遺伝なので、許してください。デブなのは自己責任ですが、許してください。
ドレスがなにしろデカいので、座るのも結構大変です。
一応、火傷の特殊メイクを顔にしてるんですが、少々甘かったようですね。ホントは腕のほうにもするハズだったのに、すっかり忘れてこの状態。

ちなみに朽ちた薔薇っていうのには、ちょっとしたストーリーがあったんですが省きます。(笑)

*10月26日の仮装 その2*

これは夜に撮ったもの。
ちょっと、雰囲気よくないですか?あ、自己満足です。

10月26日の仮装 その3*

エレベーターホールで座り写真。
ホントにハロパ参戦組が少なかったので、この時間にウロウロしてる人がいないんですよ。
だからこその写真。
やっぱり、座り写真が一番きれいですね。(衣装の話)

*朽ちた薔薇 トップ*

ヅラやらなんやらで見えなかったと思うので、アップのものを。
左胸だけにレースモチーフを縫い付けてます。

*朽ちた薔薇と蜘蛛*

薔薇に蜘蛛。
細かいところって拘ってもなかなかお見せできなくて、完全に自己満足。

*髑髏の王冠*

髑髏の王冠。
お会いした方に、もっと大きいものを想像してたから、このサイズでびっくりしたって言われたんですが、このサイズです。
髑髏はもともとビーズパーツなので、このサイズ感が実現した感じですかね。


話変わりますけど、この後、スマホがないことに気づくんですよ…。
あれ――――?????
全くどうしたか記憶がない。
手持ちなのはタオルとバードゲージだけだし、スマホは胸の隙間に突っ込んでたんだけど、写真撮るときに撮りだした覚えもない…。
……落 と し た ?(@ ̄Д ̄@;)

あぁぁぁぁぁぁぁぁ((유∀유|||))
……ほんとに、アタマが真っ白でしたよ。
いや、ヅラのせいとかそんなんじゃなくて、本気で死ぬかと思った。
結局ですね、巨大ドレスの私は機動力が低いので、(ダωナ)が来た道を辿ってくれたところ、奇跡的にもタクシーを降りたちょっと先に落ちてたとのことで、拾ってきてくれました(;´༎ຶД༎ຶ`)✞
ありがたや、ありがたや、ありがたや。

実はですね、昨日もロンググローブ(黒)の片方を失くしてまして…。
これはすぐに気づいて探したけど、見つからなかったの。まぁ、ビックリするくらい安物だったので諦めははやかったんです。
で、しかもでしょ。
このあと、サファイヤの石の付いたビーズリングもなくなってたんですよ!
コレです。コレ↓

これは自作のものだから、また作ればいいやって感じなんだけど、さすがに失くしものが多くて、大丈夫かと…。

そんな失くしものが多いにも関わらず、たくさんの方とお会いすることができました。
所謂、ネット上ではよくお見かけするけど、まだ実物に会ったことがなくて、この機会にと思ってお会いして下さった方をはじめ、おなじみの顔にも。

なにしろドレスがデカいので、ホスピタリティエリアをでてすぐの廊下の柱の下に座ってたらですね、これまた晒し者みたいで、我ながら笑いました。
すごく多くの方にお声をかけて頂きまして、ドイツからいらしてた方をはじめ、女装男子とか白塗りで正体不明のかたとかVAMPSってかいてあるカメラを引っさげた仮面ライダーとか。
一瞬、「写真撮らせてもらっていいですか?」って言われて理解できなかったんだけど、公式じゃないですか―――――――――!!!!!!!
怪しいと思ったんです、でっかいビデオカメラと一眼レフで来たから、どこのヲタクなのかと。
そうじゃないよね。公式、公式。なんか喋っとけばよかったかなーって思っても後の祭り。

あ、そうそう。
ホントにたくさんの方に写真撮って頂いたり、一緒に撮らせて頂いたなかでも可愛かったのがこの子達。
思わず、写真うpの了解をその場で取り付けてしまいました。

*双子の惡魔と朽ちた薔薇*

ダークグレーのドレスが可愛いだけじゃなくて、ほんと双子ちゃんみたいでお二人とも可愛らしかったです。
その節はありがとうございました。
万が一にも、このブログがお目に触れることがあれば、ぜひご連絡ください。

この日はEブロックということもあって、開場時間ぎりぎりまでホスピタリティエリアで晒し者なってからライヴエリアへの移動でした。
持参したお菓子を減らそうと思ってたのに、減るどころかむしろ増えてしまってました。嬉しい誤算(♥´罒`♥)
お声をかけてくださった方、本当にありがとうございました。

LIVEの覚書(VAMPSのみ)はこちらを参照してください↓
*HALLOWEEN PARTY 2013 10月26日 覚書*

どうでもいい話をひとつ。
このドレス、最低なんですよ!
なにが、サイテーなのかと申しますと前代未聞トイレが1人でできない!
多分ね、こういうドレス、花嫁さんとかは着せてくれる人がいるんでそんなに苦労しないと思うんですよ、トイレ。
だけどね、これ、自分で着なきゃいけないんで、脱ぐわけにいかないんです。
となると、誰かにドレスを持っててもらわないとトイレに行けない…。尚且つ、下着の着脱が難しい…。
もう、恥を忍んで言いましたよ。
脱がしてくれ!と。
下の世話を頼む!と。
(ダωナ)に。未だかつてこんなお願いしたことありません。
多分、新婚さんじゃムリだったでしょうね。結婚して20年、年季が入ってきたからこそなのかも知れません。(違)
そんな思いをしてまで、平気な顔してあのドレスを着てたわけですが、機会があればまた、着てみたいと懲りずに思ってます。

そして、Eブロックにいたみなさま、その節はドレスが場所を取ってしまい、大変ご迷惑をお掛け致しました。この場をお借りしましてお詫び申し上げますm(。≧Д≦。)mスマーン!!


*10月27日*
この日は朝起きたときから、ハロパに行きたくない֖ ֖ ௳( ֖ ֖௳´>д<) イヤイヤ!!って感じだったんですよ。
なんでかって言ったら、今日行ったら最後じゃないですか。
そんなのホントにイヤイヤって、いい歳こいて駄々っ子のように心でごねてました。(ホントにごねると回りのことが何も進まないので…)

*10月27日の仮装 お菊人形*

この日の仮装はお菊人形です。
いや、ホントはね、大正浪漫な感じを出しながら恋の一つも実らずに死んだ少女の亡霊と日本軍の亡霊をしたかったんですよ。もっと、おどろおどろしくね。
だけど、前日の血糊+火傷の特殊メイクで被れてしまって、この日は特殊メイクを断念したんです。爆死したわりに、傷一つないってのはさすがにおかしい…。
で、自分がこの着物をフルで着てヅラ被ったら、いや、なんだか、こういうのいるかも…。こんな呪いの人形いそう…と思いまして。
お会いする方に仮装を伝えるのも分かりやすいかと、便宜上お菊人形になりました♥

*10月27日の仮装 お菊人形 後ろ*

この着物と帯は、昭和初期に作られた本物のアンティークです。
若干リメイクしてはいるのもも、ほぼそのまま使っています。
裾と袖口が綿吹きになっていて、当時の着物にしては着丈が長いので本当はお引きずりで着るのもなのかも。
ちなみに、帯揚げ、帯締め、しごき、重ね襟は思うようなものに出会えなかったので、自作です。

着付けも自分でしてます。
ただ、帯が丸帯という普段は使わない帯だったので締めにくくて…苦労しました。
今思うと文庫結びにしないで、もうちょっと他のものにしたら誤魔化しも利いて、見た目がよかったのかなと。


この日撮ってもらったお写真。
いい記念になるので、いつも撮ってもらうんだけど、この写真を印刷してるプリンターがうちのと一緒でww


LIVEの覚書(VAMPSのみ)はこちらを参照してください↓
*HALLOWEEN PARTY 2013 10月27日 覚書*

ハロパの最終日は、毎年そうなんだけど、ホントに終わるのが惜しくて惜しくて泣いちゃうんだよね。
いつものライヴなら、何とも思わないのに、はいどちゃんがステージからいなくなるのがホントに辛くて。
HALLOWEENの国があるならいっそのこと連れていって欲しいと思うもの。
去年は水銀燈ハイ子様にお仕えしたいと思ったけど、今年ははいど花魁にお仕えしたい(´・ω・`)


*Halloween’s gate*

夜の誰もいなくなったHalloween’S gate。
このgateをくぐったら、HALLOWEENの国にいけるのかな…。行けるといいのにな。

*おつかれした*

基本的にアルコールを体内で分解できない体質なので、アルコールは飲めないんですが、今年は特に分解能力が低下してるのでアルコール厳禁。なので、ケーキで乾杯です。
モンブランとピスタチオのケーキ。
このモンブラン、今まで食べた中でも1、2を争うくらい美味しかったです。
ピスタチオのほうはフツーだったかなぁ。

*☆+。trick or treat。+☆*

主に2日目に頂いたお菓子です。
すでにお腹の中にしまったお菓子もあります…。
この中に天使茶を入れて下さった方がいて、感動しました。もう、そんな子、絶対お前が天使だろ!
私ね、ホント、天使茶大好きなんですよ。あの香り、すっごく癒されません?
ホントに幸せ(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
ありがとうございます。
と、思ってたら、やっぱり、あの天使茶、天使がくれたようです。
そうか、そうか、そうだったのかぁ(/∀\*))キャハ♪"
天使茶の主は俺の嫁、ゆめちゃんでしたぁ。ね、ね、やっぱり天使でしょ―――――。
ホントにありがとうございます。大変、美味しゅうございました。


*☆+。trick or treat。+☆ from ゆん*

今回、お配りしたゆんからのお菓子。
厳選したハイ子様とハロパ王のチロルチョコです。
これ、便利ねー。お誕生日の時も作ったけど、便利で今回も作っちゃった♥
ただ、ハイ子様のお写真、なかなか思うようなのがなくて…。

*ホテルから見える風景*

ハロパがすでに撤収された朝。
いつもしみじみと眺めちゃうんだよね。

*上空からの幕張 千葉マリンメッセと海*

なにも支度することのない朝はゆっくり起きて、別のホテルのランチへ。
海がこんなに近かったんだねーなんて思ってみた風景。
ハロパが終わると時間の流れまで遅くなっちゃう感じはなんだろうなぁ。
いつもは見ることのない海。
あんな台風騒ぎが嘘のような青空。

今年ももう少し、ハロパの残骸を集めます。


ここまでお付き合い下さったみなさん、ありがとうございました。






続きを読むより11月1日分、拍手コメントお礼です。↓
2013-11-04 04:50 | カテゴリ:VAMPS
HALLOWEEN PARTYも最終日となりました。
楽しいことは過ぎるのが早い。わかっちゃいるけど、この日があと数時間で終わるとかホントに考えたくないくらいに、今思うとハロパ症候群を発症していたのかも知れません。

【ハロパ症候群】
ラニバ症候群に似た症状を発症する心の病。ラニバ症候群が5年に1度の流行なのに対して、ハロパ症候群は毎年10月末から流行を迎える。
主な症状として、脱力感、喪失感を感じ、活力が見いだせない。また、HALLOWEENが終了するとライヴがないことが多く、次の目標を見つけ出せない。
ハロパまでに全力投球している場合が多く、その分ダメージも大きい。
ラニバ症候群の違いとして、出演者も発症することにある。(例:DAIGO)
ハロパの残骸を集めようとメディア情報に躍起になる、HALLOWEENが終わると1年が終わったと勘違いするのも、この病の特徴。

【潜伏期間】
基本的には、ハロパ終了直後から数日。

【治療薬】
今のところ存在しないが、HYDEに次の約束をもらうのが有効。
ゆるやかな治療としては、HYDE生誕祭の企画をするなど。
富良野企画があると治癒能力が高まる。

ラニバ症候群も怖いと思ってたけど、よく考えれば毎年やってくるハロパ症候群のほうがよっぽど怖い。でも、どっちかっつーとラニバ症候群のほうが症状重くて長引くのかな?
どっちにしても、ハイヲタさんて1年をすごいサイクルで過ごしてるんだなと…、改めて思ってみたハロパ最終日でした。

この日はAブロックで、またしても結構早い番号だったので、開場と同時くらいに入場。
ただですね、あの呼出し番号のところのお兄ちゃんがちゃんとしてくれてなかったので、まさかの200番遅れで入場となりました(´・ω・`)
別にいいんですけど、いいけどさー。仕事ちゃんとしろよと思うじゃん、やっぱり。
これも、ゲストのファンじゃなくてよかったよね。主催者側でさ。

というわけで、すでにハロパ症候群にやられていたようで、いつも以上にまるっとさくっとざっくりざくざくですが、お心広くお付き合い頂けるとありがたいです。


HALLOWEEN PARTY 2013
VAMPS 2013.10.27
幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール




【出演者*仮装】(出演順)
*DAIGO(蝶)
あれ?
神の言うことは絶対の件って、中日のところに書いたと思うんだけど、最終日のほうだったっけ?

超デカい蝶を背負って出てきたのは間違いないと思う。
あまちゃんとかダイゴ・イェーガーの衣装が80着くらい買えるらしいです。
でも、まぁ、たしかにキレイな蝶だったよね。DAIGOのことだから、別の場所でも活躍の機会がありそう?

*乃木坂46(吸血鬼・初日と一緒)
初日の登場は馬車だったんだけど、この日はステージからの登場でした。
衣装は初日と一緒で、NAOTO氏のところの。
個人的にはセトリに「おいでシャンプー」があったのが嬉しかったかな。振りをちゃんと覚えてなかったから分かるとこだけなんとなく踊ってました。「会いたかったかもしれない」は振りOK(*‘∀≦)d
ヲタ芸してくれるファンがもっと来てくれるといいのかもね。見てて面白いから。

*ゴールデンボンバー
(鬼龍院→アトム、樽美酒→ヤキソバン、喜矢武→半沢直樹、歌広場→ふなっしー)
女装したメンバーが出てきたと思ったら、実はダミーだったというオチ。歌広場くんのお店の子って言ってた気がする。
実は楽しみにしてたから、最初から笑った。
こういうイベント的なステージって、ステージを使う制約も結構あるだろうから大変だろうけど、結構、本意気で来てくれたみたいで良かったです。
曲が始まるたびにPAさん、再生お願いします!
って言ってたけど、初めて聞いたわww
まぁ、確かにそうなんだけどね。
あと、キリショー、テレビで見てて歌うまいなって思ってたけど、意外とそんなでもなかったな…っていうのは個人の感想です。

*青木隆治カラオケコーナー登場
衣装は特になし。
「ラルク曲を色んな人が歌ったら」シリーズで、松山千春、徳永英明、EXILE、福山雅治、美空ひばり。
最後に「愛燦々」をはいどちゃんのマネで。
どうやら、昨日、今日とはいどちゃんにむちゃブリされたらしく、急遽決まったステージだったようです。
なんでも、車の中で仮眠をとってたらはいどちゃんから14時半頃、電話がかかってきて、(*∂∀6)You、歌っちゃいなよって言われたらしく、青木さんはい!歌わせて頂きます!!って飛び起きたらしいですw
(;青∀木)実は昨日も神の声が聞こえまして…
(;青∀木)急遽決まりました!
(;青∀木)むちゃブリ、ありがとうございます!

っていう、告白も。
はいどちゃんにしたら、HJOの出演はお願いしたけど、せっかく来てくれるのに…っていう思いやりだったのかも知れないけど、他の人にしてみたらホントにただのむちゃブリにしかなりませんからね…。天の声の威力!

あと、去年もやってたやすのマネ。
言ってみれば口パクなんだけど、青木さんだからできるんじゃねーの?っていう錯覚が会場を騙します。会場がおぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!ってなったところで、曲が止まって
(;青∀木)できません!
(;青∀木)去年も言ったじゃないですか!
(;青∀木)あの人の声はだせません!

それから、今日のゲストでもあるGLAYの「誘惑」
こんどこそは!と思ったら、イントロからのよく見る決めポーズで終了!
爆笑です。青木さん曰くやってみたけど、ムリだったそうです。

*VAMPS(HJO)
HJOの衣装。
かずくんは帽子を被ってなかった気がする。

はいどちゃん以外は馬車で登場。
ステージの幕が上がるとそこに階段のついた台が用意されていて、上手からマントで体をくるんだ偽はいどちゃん登場。階段を上がるはいどちゃんがスクリーンに映し出されると、それはちゃんと本物のはいどちゃん。
そして、偽はいどちゃんがその台から飛び降りると、馬車の天井にはいどちゃん登場!

【SET LIST】
M1*HALLOWEEN PARTYHARD CORE Ver.
これまでの2日間とは曲のアレンジが異なったHARD CORE Ver.
馬車の上の2代目ハロウィンの王様(初代ハロウィンの王様は2011年のかぼちゃの王冠かぶった子)が、これまでにないくらい力強く煽りまくってます。
馬車がホントにエレクトリカルパレードなんだけど、コースは安定の上手側からEブロックのまわりを回って、この日は2周してました。

馬車から降りたはいどちゃん、花道の階段と馬車の間に挟まれて待機してるww
かわゆ(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜

M2*REVOLUTION II
っていうのも、SBRRのジャケットフラッグを持ったハロパ王コスのお姉さんたちがREVOLUTIONに合わせて、花道の階段を次々と上がって順々に行進して行ってるの。
はいどちゃんはどうするんだろうと思ってると、そのお姉さんたちに交じって階段を上がって行進!
それがホントに見事な行進で、ハロパ王コスのお姉さんたちとはいどちゃんの身長が同じくらいで時々見失う…っていう珍事もありながら、奇跡のように、お姉さんとはいどちゃんの行進が揃ってる!
まぁー、なんつーの。フラッグを持って行進するはいどちゃんを見守るのは、さながら初めての運動会を見守る親の心境だったってことを付け加えておきます。
あの子、大丈夫かしら?列を乱さないかしら?歌いながら行進なんて、そんな高度なことできるの?って感じです。まぁ、親の心子知らずで、完璧な演出でございました。(何様…)

M3*AHEAD
ハロパ王コスのお姉さんたちが、そのままステージの左右に残ってフラッグを振っておられました。
銀テならぬかぼちゃ色のテープが飛んだのもこの曲だったかな。
そう言えば、3日ともかぼちゃ色のテープが飛んでたけど、B、Cブロックに飛んでたのね。Aブロックは飛んでこなかったから…。

(*∂∀6)ようこそ、HALLOWEEN PARTYへ。
(*∂∀6)最終日、いちばんクレイジーな夜にしようぜ!


M4*ANGEL TRIP
MC*HYDE
(*∂∀6)Happy Halloween――――――――!!!!!!!!!
(*∂∀6)元気に死んでますか―――――!!!!!!
(*∂∀6)今日はみんなもいつもより20%増しくらいで可愛いわよ。
(*∂∀6)ハロウィンマジックですよね。

(*∂∀6)たいして可愛くなくても可愛く見えるね♥
(*∂∀6)可愛くなくても食べちゃうぞ♥
(*∂∀6)今日は最終日だから正装してきました♥
(*∂∀6)あのね、あんまり変わってないように見えるかも知れないけど
(*∂∀6)帽子が軽量化してたりぃ、
帽子を両手で触るはいどちゃん
(*∂∀6)ズボンがかぼちゃのぱんつになってたりぃぱかって足を開いて見せるはいどちゃん。サルエルにかぼちゃの顔。
(*∂∀6)このメイクもね、慣れてきたのか30分くらいで
(*∂∀6)ちゃちゃっと終わっちゃったの。
(*∂∀6)昨日、一昨日とかもう何時間椅子に座ってればいいの~っていう。
(*∂∀6)今日は楽勝!


またさらっと、たいして可愛くなくても可愛く見えるとか暴言吐くしぃ(¯∇¯٥)
まぁ、その通りなんで否定はしませんけど、ハロウィンマジック…。

M5*RUMBLE(HALLOWEEN Ver.)
ホントにこのアレンジの仕方がスゴイと思う。
他の曲もそうだけど、アレンジひとつで別物になるんだなっていう例え。

M6*SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA】
ここではクソ可愛なはいどちゃんが!
いつもみたく指揮をしてるんだけど、その指揮をだんだん小さくして、屈んでいくと演奏してるみんなが屈みながら音を弱くしていくの。何がポイントかって、小さいはいどちゃんが、屈んで屈んで小さく丸くなるってところ。
もう、可愛すぎて可愛すぎて涙出る(/∀\*))♪"

【The rhythm game of the children of Africa】
今日のアニスは赤ずきんちゃん。
白いバラと籠を手に登場。
花道をまっすぐはいどちゃんの方向に歩いていくといきなり
(An∀is)やだ。
(An∀is)スネアが透けてて、はいどちゃんの股間まる見え♥

(*∂o6)!!両手を頬にあててお口あんぐり
(;山∀田)こらこらこら!
ここでアニスが自分の赤いロングコートをはいどちゃんの目の前で広げたんだか、はいどちゃんがアニスのコートを広げたんだかよく見えなかったんだけど、そんな件があって再び
(*∂o6)!!両手を頬にあててお口あんぐり
(;山∀田)一体なにを見たんでしょうか…
(An∀is)見たことあるくせに♥
(;山∀田)誤解を招くような発言は控えて下さいね!
(An∀is)私とみんなの秘密♥
(;山∀田)ダメですよ!
(;山∀田)すぐ拡散されちゃうんだから!!


とうとう最終日!
なのに、神戸・幕張公演を通してまだ1回も罰ゲームをしてないかずくん。
アニスはなんとしてもかずくんに罰ゲームをやらせたいようで、ゲームの順番を逆回転させたり、テンポアップさせたりするけど、やっぱり負け知らず。
そこで、狙うははいどちゃん。
(An∀is)はいどちゃんが間違えたら、連帯責任ね!
(An∀is)罰ゲームはVAMPSふたりでやるっていうのどぅお?

アニス、ナイスアイデア♥
神と呼ばれても、世界で活躍しようとも、はいどちゃんのリズム感のなさは変わらないものね。いい考えだわ。
っていってたら、ついに、ついに、かずくんが間違えたо(ж>▽<)y ☆
(An∀is)私、まだアウトって言ってないんだけど、
(An∀is)最後に何か言うことある?

(;ΦдW)潔白だ!
(An∀is)アウト―――――――!!!!!!!!!
(An∀is)VAMPS連帯責任だから、はいどちゃんも罰ゲームね。

結局、かずくんが間違えても罰ゲームをやることになったはいどちゃんは、かずくんと肩を寄せ合って花道中央までランウェイ。はいどちゃんは、マントで顔を隠すようにして歩いてた。
流れてきた曲は、もはやハロパではおなじみすぎるX
聴こえてきた声はかずくん!
以外にも堂々と歌っててしかも、ホント美声!
かずくん、歌うめ━(((;゚Д゚)))━ッ!!!
はいどちゃんはと言えば、かずくんの美声に合わせてハモってたり、かずくんが音域出なそうなところを歌ったりしてVAMPS(Vo.かずくん)でXジャンプという、これまた貴重な体験をしてきました。
そして、戻るときもかずくんと肩を寄せ合って、やっぱりマントで顔を隠すようにして戻ってくるはいどちゃん。
なんかね、ホントに仲良しの象徴みたいで微笑ましかったです。ハロパって、どうしてもはいどちゃんのほうの比重が重くなりがちだけど、VAMPS主催ですからね。主催者ですから。
とはいえ、かずくんの立場って大変なんだろうな…とも思って見た罰ゲームでした。
(山∀田)かずさん、美声でしたね!
(*∂∀6)1曲だけ聞いたことがあるんですよ!
(*∂∀6)♪もしもピアノが弾けたなら~って
(*∂∀6)でも、それは想像できるじゃないですか!
(*∂∀6)こんなかずくん、初めて見ました♥
(*∂∀6)これからのVAMPSはツインボーカルでいきます!


いつか、そんな曲が1曲くらいできたらいいなぁ、なんて思った。
1曲くらいあってもいいよね、そういう曲。

*ゲスト紹介のハイライト*
*乃木坂46
(大∀瑚)今日は乃木坂のみなさんが全員残ってくれました~。

(*∂д6)今日はええの?
(大∀瑚)今日はまだ早いんで。
(*∂д6)あ、そうなんや。
(大∀瑚)本番は向こうで観させて頂いたんスけど
(大∀瑚)「おいでシャンプー」のときに
(大∀瑚)HYDEさんがこうやってて可愛かったんスよ!ね!

振りつきでちょっとだけやって見せるDAIGOとはいどちゃん。
クッソかわ♥

*ゴールデンボンバー
(大∀瑚)ゴールデンボンバーのみなさんです!

(キリ∀ショ)来年も出させて頂けるなんて、嬉しいです!
(*∂д6)え?来年はまだこれからでしょ?
(キリ∀ショ)オレがブッキングとか色々やりますんで!
(;キリ∀ショ)お願いします!!
←最敬礼
(*∂д6)ww
(*∂д6)うん。ありがとね。


ブッキングとか、最早バンドじゃないじゃんて感じww

*明希(SID)
(大∀瑚)SIDから明希ちゃん!
(*∂∀6)もう、彼はね、酒飲まないといいヤツなんですけどね。
(*∂∀6)酒飲みたくて来てるんでしょ!

ちょっと頷く明希様。
(*∂∀6)酔っ払わなきゃいいんだけどね。
(*∂∀6)神戸でね、顔、ベロベロ舐められて
(*∂∀6)あれ、夢にまで出てきたからね。

(大∀瑚)HYDEさん
(大∀瑚)俺も次の日やられました…


*sinya(DIR EN GLEY)
(大∀瑚)DIR EN GLEYからshinyaさん。
(*∂∀6)スナックのママ、髪の毛が
(sin∀ya)ちょっと減らしました。
(大∀瑚)ハリーポッターの登場人物なんですよね?

shinyaさんがやってたのは、間違いなければハリーポッターにでてくるベラトリックスっていうキャラだと思います。魔女なんですね。

*TERU/TAKURO(GLAY)
(大∀瑚)今日はスペシャルゲストに来て頂いています。
(大∀瑚)GLAYからTERUさんとTAKUROさんです。

(*∂д6)今日はどうして来てくれる気になったんですか?
(て∀る)HYDEくんの一声で来ないわけにはいかないじゃないですか。
(*∂∀6)え!ホントに?
(*∂∀6)何かの手違いじゃないですか?

(て∀る)来年はぜひ、バンドのほうで。
(*∂∀6)え!そんなこと言って知りませんよ。
(*∂∀6)ダイゴ!ダイゴ!
(*∂∀6)気が変わんないうちに一筆書いといてもらわないとっ!

(大∀瑚)いいんスか!TAKUROさん!
(タク∀ロー)TERUの願いを叶えてやらないこともないですけどね。
(*∂∀6)ダイゴ!ダイゴ!
(大∀瑚)HYDEさん!HYDEさん!
(*∂∀6)ダダ、ハイゴ!
(*∂∀6)あとで一筆書いといてもらって!

ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ダダハイゴってなに?
なんで誰も突っ込まないのさ!
完全にハイドとダイゴ混ざっちゃってるじゃん!!!

【誘惑(GLAY)】
(*∂∀6)曲紹介お願いします。
(て∀る)JACK IN THE BOXでもやったことのある「誘惑」をやります

TERUさんは結構、はいどちゃんのこと見て歌ってるのに、はいどちゃん歌詞の出てるモニターガン見しててなかなか視線が合わないっていう…。かわいそうに…。
TAKUROさんは、花道のところで長いこと弾いてた気がします。shinjiとか明希様とかと。
GLAYのことよく分かんないんだけど、やっぱりTAKUROはTERUの保護者なの?

【HALLOWEENPARTY】
はいどちゃん、少しはあのダンスを覚えたのかところどころ踊ってた。
トミーちゃんはずっとアニスにくっついてて、なんだろ?と思ってたら、後日、ホントは当日参加できるか分からなかったんだけど、当日来れることになって参加したのはいいけど歌割がすでにされたあとで、自分の歌えるパートがなかった…みたいなことを言ってたと思う。

はいどちゃん、最後の最後までステージに残って手を振っててくれた。
出演者が全部ハケて、はいどちゃんだけになってもずっと。
会場中を見渡して、なんだか頷くような仕草をしたかと思うと自ら拍手してた。

毎年、思うんだよね。
はいどちゃん、待って!
Halloweenの国へ連れてって!!

いつものLIVEでは絶対、思わないこと。
だけど、ハロウィンだけは「待って!行かないで!」って往生際の悪い女になる。
だってね、ホントにね、ステージから見えなくなったらHalloweenの国へ行っちゃいそうなんだもん(;´Д`) うぅっ。。
私だけ現実の世界において行かないでよ!って思うんだよねー。病気だよね。ホント。

(*∂∀6)また来年も会えるといいね

最後にはいどちゃんが言った言葉。
来年も待ってるからね。幕張で待ってるよ。
ホテル、7月から予約して待ってるから!

ありがとう、はいどちゃん
ありがとう、かずくん
ありがとう、VAMPS



あぁ、俺の一年が終わった……シュ――_|\○_⇒_/\○_⇒____○_―――




VAMPS HALLOWEEN PARTY 2013に出演されたアーティストおよび記事のTwitter、ブログなどのリンクを貼っておきます。全部ではないので、随時更新していきたいと思ってます。
勝手ながら、はいどちゃんが絡んでないもの(ゲストのみの画像、記事)は省かせて頂いています。


ここまでお付き合いくださってありがとうございました。


*荒木尚子*「久々のーー!」
*荒木尚子*「祭りの後」

*DAIGO*









*Anis(MONORAL)*



*柩(NIGHTMARE)*


*TERU(GLAY)*



*明希(SID)*

*BARKS*神戸初日に「これ着るとハロウィンのスイッチが入るね」
*BARKS*神戸二日目に「みんな、元気に死んでますか!?」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BRAKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BARKS*最終日に「また来年、会えたらいいね」
*BARKS*幕張初日に「今日のわっちは花魁ゴーストでありんす」
*BARKS*幕張二日目に「みんな熱い? 火照ってるのね。わかるわかる」
*BARKS*幕張最終日に「悪い子になっちゃう? それではまいろう!」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月25日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月26日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月27日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール

*ナタリー*ハロウィンライブ開幕、サプライズに会場沸騰
*ナタリー*花魁HYDE!あまちゃんDAIGO!VAMPSハロウィンライブ
*ナタリー*ハロウィン千秋楽でHYDE×TERU「誘惑」デュエット

*エキサイトミュージック*HYDEの花魁ゴーストに溜息!豪華絢爛な東京初日


*ねごと*

*生駒里奈(乃木坂46)*
*白石麻衣(乃木坂46)*
*若月佑美(乃木坂46)*

*水銀党員*



2013-11-02 10:03 | カテゴリ:VAMPS
実は、はいど花魁で90%は満足してしまったハロウィン初日。
どうやってモチベーションを保とうかと思うくらいだったけど、巨大ドレスをなんとしても着て行きたかったので、頑張った2日目です。

cameranでフラグたってたから、今日はゴスカルハイ子であることは、ほぼ確定。
Eブロックだったこともあって、のんびりモードで会場へ。
そしたら、Eブロックと言えども侮れないのね。
メインステージからは遠いけど、花道からは結構近い。
でも、ゴスカルだからなー。っていうテンションでした。

それから、突然の叙情詩にやられて、またしても記憶が曖昧です。
いつも以上に、まるっとさくっとお伝えしますので、寛大なお心でご覧ください┏〇ペコッ


HALLOWEEN PARTY 2013
VAMPS 2013.10.26
幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール




【出演者*仮装】(出演順)
*DAIGO(進撃の巨人・ダイゴイェーガー)
ちゃんと全身タイツの巨人がいて駆逐してました。
ダイゴちゃんいわく(大∀瑚)旬もの担当なんで!って言うことらしいです。
あと、神のが今年、ダイゴちゃんの誕生日にプレゼントしてくれたというグローブに2礼2拍手で参拝しました。(毎年の恒例行事。初詣みたいなもんですかね?)
このグローブ、ちゃんと3日間ステージに掲げてありました。
あと、はいどちゃんとやすのサインが入ったiPhoneを見せびらかしてた。
どうやら酔った勢いでサインしてもらったらしく、機種変できないって言ってた。だから、無意味なiPhone2台持ちにするか…とかね。
ダイゴちゃんが楽しそうで何よりです。
それから、昨日、神と2人で氷結飲んでたら、神の前で寝落ちしちゃったらしく、その話も。
2人っきりって、滅多にないから緊張しちゃってと言いつつ、やっぱり嬉しそうだった。
当日リハで新曲のBUTTERFLY歌ってたら、神が
(*∂∀6)いい曲だね
って言ったらしく、
(大∀瑚)神がいいって言うんだから、日本の90%の人はいいって言うでしょ!
(大∀瑚)HYDEさんの言うことは?

\(^o^)/ぜったーーーーい!!!!
(大∀瑚)でしょ♥
っていうコール&レスポンスもやりました(笑)
ダイゴちゃん、ホントにはいどちゃんのこと好きなんだな、と思って和んだよ。
*Tommy heavenly6
トミーちゃんのお髪も盛り具合が可愛いかった。
*Acid Black Halloween(猫)
なんの仮装か全く分からず…。どうやら「猫」らしいけど、猫に見えず…。
この日は病み上がりってこともあってか、4曲だけだったの。
やすがいるとウザって思うけど、いないと寂しいってなんなんだろうね。1年に1度は会っておきたい感じ。
っていうか、やすのきたない女装が見たかったんだよね。残念。
*青木隆二(カラオケコーナー出演・20thラニバ初日コス)
カラオケコーナーの〆にやってきました。
ラニバコスの青木さん。
今回も安定のラルクメドレーでした。歌詞を間違えまくって、歌えなくなってたりww
最後の『あなた』では会場で大合唱。
その後ろのメインステージのカーテンの向こうで、はいどちゃんはどんな風にその合唱をきいてたのかな?なんてちょっと思ったりね。
ラルク曲になんだか複雑になってみたりしました。
よりによって、VAMPSの前にラルク曲かぁ~、ツライなぁって感じ。
*VAMPS(メキシカンスカル)
神戸とは少し違ったスカルメイク。
はいどちゃんは上唇から下のラインは白塗りしてなくて、目のところに赤がプラスされてた。

【SET LIST】
はいどちゃん以外は馬車で登場。
この馬車、意外と活躍してることに感動。去年だけで廃棄されちゃったかと思ってたから、まだあったのか!と思って。
はいどちゃんはと言うと、メインステージに扇子で顔を隠した状態でご降臨。
静々と花道を歩く姿は、ゴス姫そのもの。だけど、スカルメイクなんでしょ…と思うとちょっと切ない気持ち。
花道の先端まで来ると、神戸同様に小林幸子化するわけだけど、残念ながらスカートに顔突っ込むスタッフ見られなかった…。見たかったのに。
で、しばらくゴソゴソしたあとはいどちゃんが小林幸子化していきました。あれ、3mくらいあるよね?
もう、ホントにヒヤヒヤしながら見てましたよ。
なにより、扇子を外したときのスカルメイク……。驚きだったのは神戸より進化してる!ってこと。
目の周りに朱が入ってたり、ストーンが入ってたりしてて、上唇から下が白塗りしてない!!
やっぱり顎の模様が髭に見える!!!
ホントに神戸に言った方が言ってた衣装も仕草も完璧なのにメイクが残念(;一ω一||)ちぇっ

M1*01.RUMBLE(HALLOWEEN Ver.)
M2*02.REVOLUTION Ⅱ
M3*DEVIL SIDE
M4*HALLOWEENPARTY(JAZZ Ver.)
昨日のはいど花魁が持ってた煙管型のカズー。
今日もそのまま煙管型カズーを持ってました。

M5*GLAMOROUS SKY
神戸でグラスカを歌ったと聞いていたので、密かに期待してました。
だけど、なんだかはいどちゃん、派手に歌詞間違えてませんでした?いつもくらいなら見逃すんだけど(寛大)

MC*HYDE
(*∂∀6)ふぅ♥アツイ、アツイわぁ♥
(*∂∀6)みんなもアツいの?わかるわぁ♥
(*∂∀6)火照ってるのね♥
(*∂∀6)今日はね、メキシカンなスカルにしてみたの♥

(*・∀・)可愛い―――――――――――――!!!!!!!!!
(*∂∀6)うん。知ってる。
(*∂∀6)ごめんね、可愛くて。
(*∂∀6)みんなとはちょっと作りが違うから。
(*∂∀6)神戸の2日目も同じ格好してやったんだけど、
(*∂∀6)みんなちょっとづつバージョンアップしてますね。
(*∂∀6)ね、かずさん♥

(ΦωW)┏〇ペコリ
(*∂∀6)イケメン♥
(*∂∀6)じんさん最高です。
(*∂∀6)じんさん、いつも素敵なんですけど、
(*∂∀6)今日はね、反転してるんですよね。
(*∂∀6)スカルが。

(・∀・)ほぉぉぉぉぉぉ―――――――。
(*∂∀6)あれですよね、あれに似てますよね。
(*∂∀6)ヤマンバメイク!
(*∂∀6)色んな女性のメイクをね、時代ごとに見てますけど
(*∂∀6)…あの、2千年くらい前から!
(*∂∀6)どんなメイクでも大体、理解できるんですけどね。
(*∂∀6)ルーズソックスもね、最初はおかしいんちゃうかなって思ってたけど
(*∂∀6)受け入れられました!
(*∂∀6)だけど、ヤマンバメイクだけは理解できない!!
(*∂∀6)なんなんですかね、あれ。
(*∂∀6)嫌われたいの?
(*∂∀6)でもね、今日、じんさんのメイク見たら分かりました。
(*∂∀6)可愛い。
(*∂∀6)あれでしょ

(*∂∀6)ブサカワってやつでしょ?
(*∂∀6)パグ犬と一緒だよね。
(*∂∀6)実際はパグ犬、全然可愛くないけど、ブサカワイイよね。
(*∂∀6)ゲレンデでもありますよね?
かずくんを振り返るはいどちゃん
(*∂∀6)ゲレンデマジック!
(*∂∀6)普段会うとそんなに可愛いくないのに
(*∂∀6)ゲレンデで会うと可愛いっていうね。

(*∂∀6)あんた達もハロウィンマジックで可愛いわよ。
(*∂∀6)2割増しくらい。
(*∂∀6)たいしてそんなじゃなくても可愛く見えるわよ。
(*∂∀6)あ!
(*∂∀6)あんまり言うと怒られちゃいそう…。

━─━─━─[すみま線_○/ ̄|_]━─━─━─━
はいどちゃんが、さらっと暴言吐いててどうもごめんねm(o・ω・o)mゴメンヨ


ホントに、はいどちゃんがこういうこと平然と言ってて平気なのってハイヲタくらいしかいないと思うの。
最初はね、ハイヲタだって結構凹んだ。女子辞めようと何度も思ったわ。だって、はいどちゃんにはどうやったって敵わないんだもの。女子力ですら負けてるのよ。
でも、ハイヲタははいどちゃんが可愛ければ、自分の可愛さなんて結構どうでもよかったりするのね。(それなりの努力はしてますがね…)
これははいどちゃんだから許される言葉。
自他共に認める世界最強の可愛いは正義なの♥
でもね、はいどちゃん、こういうことアイドルに向かって言っちゃだめよ?

そして馬車に乗り込むはいどちゃん…と、思ったら馬車の天井に乗っかったはいどちゃん。
馬車の天井に乗り込めるようになってたり、電飾ついてたりして、スカルメイクだけでなく、馬車もレベルアップしてます。(もはや無敵)

M6*TROUBLE
(*∂∀6)幕張ってまっか―――――――!!!!!!!!
なんか、久しぶりに聞いた気がする。この言葉。
(*∂∀6)ジャンプするわよ?
(*∂∀6)3.2.1.Go!!!!!!


この日のゴスカルハイ子トリカルパレードはEブロックを上手側から1周のみでした。

M7*MIDNIGHT CELEBRATION

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA】
この日は特にゲストらしいゲストはいなかったんだよね。
あえて言うなら、ローリーくらい?

この日も明希様の仮装の話題になって、やすがそれはなんなのかって聞くと
(明∀希)これはジョジョの奇妙な大冒険のブチャラティです。
(明∀希)でも、コシノジュンコさんみたいだなって…

(*∂∀6)じょじょじょ?
川*`∀´)HYDEさん、HYDEさん。
川*`∀´)それ、違います。
川*`∀´)神戸でもやりましたよね。

(大∀瑚)やすさん。
(大∀瑚)それ、昨日もやりました。

もう、ホントに自分のブームの言葉を繰り返すのって、子どもかおっさんだよね、ホントに…。

【The rhythm game of the children of Africa】
なんとしてもかずくんに罰ゲームをさせたいアニス。だけど、どうにもかずくんは引っかからなくて。
いつになくゲームが続きすぎてて、テンポアップを図ろうとして失敗したのは、やっぱり我らがはいどちゃん。
花道中央に出てきたかと思うと、
(*∂∀6)ニューヨークで一番緊張したやつを…。
っていうから、ニューヨークなんて行ったっけ?何のことだろうと、残念な私の脳ミソは理解できなかった。
多分、まわりの人も???な感じだったんじゃないかと思うけど、目の前のはいどちゃんはそんなことお構いなしに、ラルクで歌うときみたいに胸に手を当ててすーっと息を吸い込んで歌いだしたのは
叙情詩 a cappella Ver.
ちゃんと理解するまで数秒かかったよね。
理解してからが大変だった。
これまで押し込めてきた感情とか、ラルクへの思いとか、とにかく色々なものが溢れだして、味スタでのあの豪雨の気象現象の演出とはいどちゃんの緊張とが走馬灯のように襲ってきて、自分のまわりのものが一瞬にして殺ぎ取られた感じ。
涙腺も決壊して、もうとにかく大変。
あの味スタともニューヨークとも違うのは、お祭り騒ぎの中の一瞬が本当に無音になったこと。
はいどちゃんがどんな気持ちで叙情詩を歌ったのか分からないけど、とにかく全部持ってかれた。

歌い終わったはいどちゃんは、スッキリしたような顔して
(*∂∀6)だって、やっておかんと次いつくるかわからんやん。
(*∂∀6)一発芸ならなんでもいいんでしょ。

ってちょっと可愛く言ってたけど、叙情詩は一発芸なのか?
多少、なんか引っかかるけど、やすやダイゴちゃんはじめ、会場中が感動してたからいいのか?
会場の空気を察したのか、やまちゃんは
(;山∀田)誰を泣かせたいの?
って言ってたよ……。

そして、またしても最後の最後にでてきたトミーちゃん。
川*`∀´)トミー、またおこなの?
(ト∀ミ)おこじゃないよ。
(ト∀ミ)HYDEくんが背伸びたの見たから
(ト∀ミ)テンションMaxになったぁ。
(ト∀ミ)あれ、どうなってんの?

(*∂∀6)あれはね~、伸ばしたの。
(*∂∀6)足を。


トミーちゃんも可愛いけど、はいどちゃんのこの言い方がクソかわ。

【Lucy in the sky with diamonds 】

【HALLOWEENPARTY】
最後、はいどちゃんが花道のところで少しだけ踊ってたのかな?





はいどちゃんの仮装によって左右されるテンション。
だけど、この日は叙情詩に掻っ攫われたので、どうしたものか。
ホントにしばらく泣いてました。こんなことで泣きたくないんだけど、ほんとにラルクはヤバい!


ありがとう、はいどちゃん。
ありがとう、かずくん。





VAMPS HALLOWEEN PARTY 2013に出演されたアーティストおよび記事のTwitter、ブログなどのリンクを貼っておきます。全部ではないので、随時更新していきたいと思ってます。

ここまでお付き合いくださってありがとうございました。


*荒木尚子*「久々のーー!」
*荒木尚子*「祭りの後」

*DAIGO*









*Anis(MONORAL)*



*柩(NIGHTMARE)*


*TERU(GLAY)*



*明希(SID)*

*BARKS*神戸初日に「これ着るとハロウィンのスイッチが入るね」
*BARKS*神戸二日目に「みんな、元気に死んでますか!?」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BRAKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BARKS*最終日に「また来年、会えたらいいね」
*BARKS*幕張初日に「今日のわっちは花魁ゴーストでありんす」
*BARKS*幕張二日目に「みんな熱い? 火照ってるのね。わかるわかる」
*BARKS*幕張最終日に「悪い子になっちゃう? それではまいろう!」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月25日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月26日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月27日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール

*ナタリー*ハロウィンライブ開幕、サプライズに会場沸騰
*ナタリー*花魁HYDE!あまちゃんDAIGO!VAMPSハロウィンライブ
*ナタリー*ハロウィン千秋楽でHYDE×TERU「誘惑」デュエット

*エキサイトミュージック*HYDEの花魁ゴーストに溜息!豪華絢爛な東京初日

*ねごと*

*生駒里奈(乃木坂46)*
*白石麻衣(乃木坂46)*
*若月佑美(乃木坂46)*

*水銀党員*



2013-11-01 16:35 | カテゴリ:VAMPS
今年もやってきました。
年に一度、ハイ子様のご尊顔を拝する日が。゚+.٩(๑>▽<๑)۶.+.゚
ハイ子様、幕張聖地巡礼の旅が!!!!!(違っ)

はいはい。HALLOWEEN PARTYね。
でも、ホントにハイ子様にお会いできるのは年に一度。お会いできない年もある…。
何としても、ハイ子様にお会いしたい!
できるなら、去年の水銀燈ハイ子様のように思わず平伏したくなるほどのハイ子様にお会いしたい!!!!!!
希望は高まるけれど、期待は禁物。
ハイ子様は隔年出現現象が定説になっているお方。
あの幕張にだけあるCっていう仮装カテゴリーはなんなのかとも思いつつ。期待は禁物。
そう、ステージの幕が開くまでは油断大敵。期待は禁物なのです!(ゴスカルハイ子の例)

この日は、Cブロックという、噂によると花道に囲まれたスペースだと言うじゃないですか!
実はなぜだかAブロックだと勘違いしてたので、行ってびっくり、見てびっくりでした。
しかも整理番号も結構早くて、あたふた。到着も遅くなってしまったので、余計にあたふた。
それでも待たずに入場できて、ちょうどメインステージ中央から伸びる花道と会場横にめぐらせた花道の直角のところにハマるようにして生息してました。

が、想像以上の花魁HYDEに全部持ってかれたので、記憶がありません。
他の出演アーティストの感想をバッサリ省きつつ、いつも以上にまるっとさくっとニュアンスでお伝えしたいと思います。

HALLOWEEN PARTY 2013
VAMPS 2013.10.25
幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール




【出演者*仮装】(出演順)
*ベッキー♪#(BAD GIRL)
ベッキーちゃん、テレビで見るのと一緒でお髪さらっさら。
*DAIGO(あまちゃん)
たわし仕込んでた網にiPhoneも仕込んでて、しかもはいどちゃんのサインが見えてワロタw
*乃木坂46(吸血鬼)
衣装見た瞬間にNAOTOだ!と思って…。
「会いたかったかもしれない」はAKBの振りと一緒なので、保育園時代に散々踊りまくった経験を活かして踊ってました。誰だか知らないけど、手ぇ振ってくれたメンバーちゃんありがとね。
はいどちゃんには手ぇ振らないけど、アイドルには手を振る私…。
教え子の成長した姿を見られて、先生、ちょっと複雑です…。
*ねごと(KISS)
ココア飲んでるんスね、ドラムの子。すげーわ。

*VAMPS 
HYDE⇒花魁ghost
 K.A.Z⇒忍者
 ju-ken⇒耳なし芳一
 有松⇒宮本武蔵
 JIN⇒獅子(歌舞伎)
 

【SET LIST】
SE*さくら(パイプオルガン) 
ステージの幕は閉まったまま、センターに障子が2枚セットされる。
登場するメンバーのシルエットと名前が映し出されたあと、障子が左右に開いてメンバーが登場する仕掛け。
登場はアーリーから。
障子にばば――――んと有松+シルエット!
この時点で何の仮装なんだか分からなくて、侍っぽいなと。
でも、アーリー、すっごく似合ってたし、めちゃめちゃカッコよかった。
次はじんさん。
やっぱり、障子にばば―――――んと+シルエット!
だけど、シルエットが?????
シルエットだけだと、さっぱりなんだかわからなくて、なんだろうと思ったら…大変!!!じんさんが歌舞伎の人に!!!!!
獅子ですよ。連獅子とかでよく見るあの出で立ち。スゴイ、圧巻。
獣犬+シルエット、ばば――――――ん!!!
じんさんに比べるとシルエットがしゅっとしすぎてて、これはこれで分からない。
登場するとなぜか、失笑する人に感嘆する人にいたかと思えば、耳なし芳一。
ちゃんとお経らしきものが体中に書かれてある!とは言っても、もともとお絵かきしてあるから微妙なんだけど、ちゃんと顔にかいてある。すげー。

しばりで来たのは分かったけど、ここまでこれといった共通点がないから、肝心のはいどちゃんの予想がつかない。もちろん、希望は花魁なのだけど…そう上手くいくとは限らないのがハロウィンだったりするし。例え、花魁きても顔がゴスカルだったら…とか。不安。

さてさて、華徒+シルエット。
障子があいた瞬間の歓声がハンパなかった。
花道の中央へ歩いてくるかずくんが、ほんとにすっげーカッコよくって。失礼ながら、かずくんてこんなにカッコよかったんだと改めて知りました。ごめんなさい。
あ。忍者だったんですよ。シルバーの髪がまぁ、すんげーカッコよくて、似合ってた。

そして、いよいよ登場は我らがはいどちゃん。
障子に映し出された破威怒と一緒に映し出されたシルエットは、おめでとうございます!ありがとうございます!!女装de和装確定!!
いや、まだ油断しちゃいけないんだけど、テンションMaxです。
障子があくと傘持ちの男衆が2人、はいどちゃんの顔を隠すように傘を捧げ持ってます。が、はいどちゃんは後ろ向き。それがくるりと前を向いて歩を進めるけど、顔は見えないまま。
真紅の打掛に、掛下(打掛の下に着る着物)は黒に白い模様が。(どうやら巨大なHが書いてあったそうな。)
不安はまだ拭えません。だって、傘をどけたらスカルメイクだったとかシャレになんないじゃん(´・ω・`)

左右から傘持ちの男衆に傘を掲げられたはいどちゃんが、パイプオルガンでアレンジされた「さくらさくら」にのせて花道をしずしずと進みます。手には煙管。はいどちゃんの後ろには、振袖新造に扮したと思われる狐の面を付けて、縦長の提灯を持った約20名くらいのお供が2列になって続いていきます。
花道の天井からは薄桃色の桜の花弁がひらひらと舞って、それだけでもうその世界観に囚われた感じ。

♪さくら さくら
やよいの空は
見わたす限り
かすみか雲か
匂いぞ出ずる
いざや いざや
見にゆかん
♪さくら さくら
野山も里も
見わたす限り
かすみか雲か
朝日ににおう
さくら さくら
花ざかり

私の位置からは、はいどちゃんの左側が常に見えて感じ。自分の前を通りすぎると、斜め後ろから見るような感じになるんですが……、この時点ですでにやべー。
項から首筋、デコルテのライン…ハナヂ..;`Σ(´〃`*)ブゥッ 
もう、死ぬかと思った。すんげー、キレイ。
これが、女装してても男のラインだったら別になんとも思わないんだけど、マジ女子。これが、40代とか嘘だと思いたい。性別が男だとか、ホントに嘘だ!そんなのおかしいじゃないか!
誰かが言った性別:HYDEが一番、正しいのかも知れない…。

M1*HALLOWEEN PARTY(JAZZ Ver.)
手にしていた煙管は、実はカズーだったことが判明。
ナイスアイデアです、HYDEさん。
この曲では終始、左右に揺れながら萌声で歌い続けるはいどちゃん。
しつこいようだけど、項から首筋、デコルテのラインを鼻血吹く勢いでガン見させて頂きました。えぇ、またとないチャンスですもの。

そう言えば、この曲は全員が花道で演奏したんだったかな?
横に巡らせた花道に忍者(上手)、耳なし芳一(下手)が展開してて、花魁の後ろに武蔵がいた気がする。

気づけば花道中央にスロープができてて、人力車が待機。(多分、この時アーリーのドラムセットが片付けられてた気が…)
花道中央で人力車に乗り込むはいどちゃんだけど、なんかいちいち仕草が女子みたいで萌えたわ。
おっかなびっくり踏み台に足かけて(*∂д6)よいしょ!って感じだったけど、あれ、お付きの人がついてあげたら良かったのにね。
現実、はいどちゃんはもう、いいおっさんなので一人でも乗れるだろうけど、手でも肩でも貸してあげればよかったのに!(萌的な意味で…)
で、乗って一回お尻ついた後、袖でも踏んでたのか座り直したところが可愛かった♥
あと、人力車に乗ったままスロープを降りて行くんだけど、その時の表情といったら…可愛えぇのぉ(,,>﹏<,,)くぅ

M2*TROUBLE
花道を降りて行ったはいどちゃんは、下手側からEブロックのまわりを2周。(意外と回るスピード早かったよね?)
振袖新造さん達もほぼ走りながら、踊りながらはいどちゃんの後ろを追っていくっていう、はいど花魁の花魁道中がシュールで…。
(*∂∀6)大きい声ださないと殺すわよ
って、はいど花魁が言ってましたけど、もう、なんつーか本望だよね。
いっそ殺してくれ!そっちに連れてって!!みたいなさ。
こんな美人のghostなら呪われてもいいわ。もうね、何しても絶世の美女。

M3*KYUKETSU
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
あ、この曲大好きなんですけどね、去年はあんまり縁がなかったけど、今期は聴く機会が多いなと思って嬉しかったです(♥´罒`♥)
とはいえ、なにがどうだったか記憶がないんですよ。花魁の記憶しか…(´・ω・`)

花魁道中が再び、花道中央のところまで戻ってくると、今度はそのスロープをはいどちゃんが歩いてあがってきます。その時に見えた。はいどちゃん、厚底ブーツだ!
【速報】はいど花魁、厚底ブーツ着用
あとね、花魁道中の間にだいぶ肌蹴たと見えて、結構胸元がっつり開いてたんだけど…スロープ上がってくるときに右のわがまま乳首がこんにちは♥してて、再びの鼻血.;`Σ(´〃`*)ブゥッ
はいど花魁、そんなに簡単にわがまま乳首晒していいんですかっっ!!!!!!!
しかも、しかもですよ!奥さんっっ!!!!!!
Bカップでしたぁぁぁぁぁぁぁぁ(*゚∀゚)=3ハァハァ
それから、スロープを上がりきったところで、打掛を止めてた黒いベルト状のものが取れちゃったんだよね。すかさず近くにいたスタッフがはいどちゃんに手渡してたけど、はいどちゃん(?∂д6)ん?て表情しながらステージへ戻ったの。すぐには直せないからなのか、ギター弾く都合があるからなのか、直後打掛を脱いじゃってちょっと残念。
ちなみに中に来てた黒の掛下、左はちゃんと振袖なんだけど、右は袖がない。
花魁にギターって思ったけど、不思議、違和感ない。

M4*AHEAD
ギター弾く花魁、もう弾けば弾くほど肌蹴て肌蹴て、最後には脱げちゃうんじゃないかと心配なくらい肌蹴てました。
もちろん、わがまま乳首も見放題。
どこまで肌蹴てたかって言うと、胸の下まで巻いたサラシが見え、腕は荊に巻いたサラシが見えしてました。
そうね、角度で言うと120℃くらいだったかしらね。

M5*ANGEL TRIP
ここのポイントは(*∂∀6)パーティーを抜け出しまへんか?2人っきりどすえ。って言ったときの表情。
いつもだったら、ガン無視なんだけど、この日ばかりは思わずどきっ♥とした。
ウィンクしたりしてね。
もう、反則ですわ。完全に。

MC*HYDE
(*∂∀6)ようこそ、おいでなんし。
(*∂∀6)よくいらっしゃいんしたなぁ。
(*∂∀6)お楽しみでありんすか?
(*∂∀6)よろしゅうございんした。
(*∂∀6)わっちは、花魁ghostでありんす。
(*∂∀6)どうでありんすか?

(*・∀・)かわいい――――――!!!!!!!
(*∂∀6)ありがとうございんす。
(*∂∀6)お前さんたちも可愛らしいでありんす。
(*∂∀6)わっちほどではおまへんけどな。

(*∂∀6)有松さん、それは?

(有∀松)双剣、宮本武蔵にございます。
(*∂∀6)まぁ、イケメンでありんすなぁ。
(有∀松)…あざっす(なぜか小声)
(有∀松)…ぶはっ(*〃有∇松〃)

(*∂∀6)仁さんは?
(じ∀ん)獅子でございます。
(*∂∀6)歌舞伎?
(じ∀ん)うなづく。
(*∂∀6)今日は一日楽しませて頂きんした。

(*∂∀6)かずくんは、なにをしてはりますの?
(ΦωW)忍者ポースで答えるかずくん。
(*∂∀6)かんちょー?
(ΦωW)ちょっとそれもあるね。
(ΦωW)一応、忍者なんだけど。。

(*∂∀6)よくお似合いでありんすぇ。

(*∂∀6)今日はこんな感じで…。

(;獣∀犬)(あにぃ!あにぃ!)
(*∂д6)あら?Ju-kenさんの声が聞こえる!
(*∂д6)Ju-kenさん、いらっしゃりますの?
(*∂д6)わっちはghostやらか、Ju-kenさんのお姿が見えへんの。
(*∂д6)どちらにいてはるん?


いつものJu-ken弄りだと思ったら、耳なし芳一だから見えんと…なるほど!
会場も(・∀・)あ―――――――!!!なるほど!!!!って感じでした。

(*∂д6)Ju-kenさんはどんな格好していらっしゃいんすか?
(獣∀犬)耳なし芳一でございます。
(*∂д6)耳なし芳一?
(*∂д6)体中に呪文書いてはるんでありんすか?
(*∂д6)怖い恰好したはるんでしょうなぁ

(*∂∀6)今日は穴が空いた分、頑張りますえ。
(*∂∀6)全部出していっておくんなはれ。
(*∂∀6)覚悟はよろしいでありんすか?
(*∂∀6)いきんすえ!


はいどちゃんのMC、大半は足元のカンペをがっつり見ながら喋ってました。
花魁詞って、やっぱり難しいのかな。可愛いからいいんだけど。


RUMBLE(HALLOWEEN Ver.)
HALLOWEEN限定のアレンジメニュー。
重厚なアレンジが何とも言えず、和の要素と相まって素敵。

(*∂∀6)あんたたちも可愛いわよ。
(*∂∀6)わっちの次やけどな。


ぽつっと、さらっと言ってました。

M7*SEX BLOOD ROCK N'ROLL
はいど花魁が無謀にもお立ち台からジャンプしようとするので、っつーか、したので生きた心地しないくらいドキドキしました。
足元は厚底ブーツなわけだけど、万が一にも失敗してコケたらと思うと…ほら、お年ですし。

ほとんどの時間、目の前のはいどちゃんに夢中だったんですが、気づくとかずくんが目の前にいて思わず(*・∀・)かずくん、かっこいぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!って人生で初めて言ってみました。ちょうど、かずくんがドヤ顔したので死ぬかと思いました(*´д`*)アハァ
あと、言わせてもらえば、私ある一定距離からの、はいどちゃん直視は不可なんですよ。
目がやられちゃうって言うか、見てらんないの。
だけど、この日、花魁だったせいもあって、その直視不可の距離から直視してきました(`・ω・´)ゞ
花道最前からの直視…もう、ただ一言お美しゅうございました(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜
目にも眩く、こんな至福のときは未だかつてございません。

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA】
この日は、明希様、花音ちゃん、DIR EN GREYのShinyaくん、ROLLY。あと、ねごとのメンバーと乃木坂の18歳以上組。
はいどちゃん、22:00すぎてるってのを分かってなかったのか、乃木坂見て(*∂∀6)あれ?そこは大人チームなの?って言って、DAIGOだかに「もう、遅いんで」って言われて、ついでに高校卒業してないと(正確には18歳以上じゃないと)22:00以降の仕事ができないっていう説明をされてた。
で、(*∂∀6)あぁ、もう遅いのね。って。

結構、明希さまが狙われてたのかな。(はいどちゃんに)
やすがお休みだったから、DAIGOがCO2係で明希様にかけるんだけど、スモークだらけになった明希様が必ずポーズ取ってて爆笑。
しかも明希様、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」の登場人物、ブローノ・ブチャラティのコスで

(*∂∀6)それはなんなの?
(明∀希)あの、ジョジョの…
って言いかけると、
(*∂∀6)じょじょじょ?
って言い出して
(大∀瑚)HYDEさん、それは“じぇじぇじぇ”です!
っていうコントに発展するっていう。
はいど花魁、“じょじょじょ”がお気に召されているご様子でした。
っていうか、ただのおっさんに見えましたけどね。
あの乃木坂とかねごととか、女の子と絡むはいどちゃんはホントにただのおっさん。こんな上司が職場にいたらめんどくせーなーと思って見てました。
あと、安定の花音ちゃん弄りね。
(大∀瑚)HYDEさん、オレ、今、結構本気で感じてます!
ってDAIGOちゃんが言ってました。

【The rhythm game of the children of Africa】
ローリー最弱…。
2回連続で負けて、3回目も失敗したんだけど、アニスの「その前にはいどちゃんが怪しかったわ」っていう一言で罰ゲームへ。
(*∂д6)…。
ちょっと、(*∂д6)へ?ってなって、そのあと泣きまね入りました――――――――――!!!!!!!!!!
あざとーい!あざとい!!あざとい!!!
はい。あざといボタン連打しました!
そして、花道中央までやってきたはいど花魁は
(*∂∀6)今日、いない人のモノまねを…
(*∂∀6)お前らいけんのかぁぁぁ!!!!!
(*∂∀6)いけんのかぁぁぁぁ!!!!!!!
(*∂∀6)雨に打たれ~君を探して~叫んでいたよあいしてぅあいしてぅ

実際は何言ってるか分かんないほど舌ったらずな歌い方してましたけどね。
Acid Black Cherryのイエスをやすのモノマネで歌いました。
歌い終わった後はもう、貫禄のこれでもかっていう、やりきった感満載のドヤ顔でステージに帰って行きました。

【Lucy in the sky with diamonds 】
(大∀瑚)HYDEさん、最後に歌いたい曲があるんスけど。
(大∀瑚)いいスか?

(*∂д6)えぇ?でも、時間がねぇ。
とかいうミニコントを挟んで歌われたのがこの曲。
よりによってなんでこんな歌いにくそうなのを選曲したのか…。

【HALLOWEENPARTY】
(*∂д6)いい子にしないとお菓子あげないわよ。
って飴ちゃんをはいど花魁が撒いてました。
誰のか分からないけど、飴ちゃん頂きましたよ。フツーの飴ちゃんだったけどw
前にゲットした時はちゃんとかぼちゃの髑髏がプリントされてたりしたんだけど、そういうのもあったのかな?



ホントにこの日は全部、花魁に持っていかれた一日でした。
終焉は23時過ぎてたと思うから、最後を待たずして帰路に着かれた方も多かったのかな?
とにかく、目の前のはいどちゃんが史上最強に美しくてずーっと目で追ってました。できる限り肉眼で記憶に残したかったので、スクリーンは見ないでおこうと思って。
ホントに、史上最強に素敵な一日でした。
ありがとう、はいどちゃん。
ありがとう、かずくん。





VAMPS HALLOWEEN PARTY 2013に出演されたアーティストおよび記事のTwitter、ブログなどのリンクを貼っておきます。全部ではないので、随時更新していきたいと思ってます。

ここまでお付き合いくださってありがとうございました。


*荒木尚子*
*荒木尚子*「久々のーー!」
*荒木尚子*「祭りの後」


*DAIGO*









*Anis(MONORAL)*



*柩(NIGHTMARE)*


*TERU(GLAY)*



*明希(SID)*

*BARKS*神戸初日に「これ着るとハロウィンのスイッチが入るね」
*BARKS*神戸二日目に「みんな、元気に死んでますか!?」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BRAKS*PHOTO GALLERY 2013年10月19日@神戸ワールド記念ホール
*BARKS*最終日に「また来年、会えたらいいね」
*BARKS*幕張初日に「今日のわっちは花魁ゴーストでありんす」
*BARKS*幕張二日目に「みんな熱い? 火照ってるのね。わかるわかる」
*BARKS*幕張最終日に「悪い子になっちゃう? それではまいろう!」
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月25日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月26日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール
*BARKS*PHOTO GALLERY 2013年10月27日@幕張メッセ国際展示場9-11ホール

*ナタリー*ハロウィンライブ開幕、サプライズに会場沸騰
*ナタリー*花魁HYDE!あまちゃんDAIGO!VAMPSハロウィンライブ
*ナタリー*ハロウィン千秋楽でHYDE×TERU「誘惑」デュエット

*エキサイトミュージック*HYDEの花魁ゴーストに溜息!豪華絢爛な東京初日

*ねごと*

*生駒里奈(乃木坂46)*
*白石麻衣(乃木坂46)*
*若月佑美(乃木坂46)*

*水銀党員*



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。