-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-26 17:57 | カテゴリ:日常
知ってましたか?
薬、一箱飲みました。

超個人的私信を紙に手書きしたあと。
あなたの眠るとなりで。


これで消えて失くなるなんて思ってないですよ。
こんなんじゃ死ねないの知ってるから。
ただ、検診で心臓と肝臓に異常があるの知ってたから、うまくしたらどうなのかなって思ったのは事実です。

それでも朝は普通にやって来るんですね。
残念です。


あなたのとなりでこんなことしてることすら知らないでしょう?
私があなたの心が見えないように、となりにいたって見えないことはあるんです。どんなに近くにいたって、あなたは私の最後に気付けるとは限らない。
あの時、一瞬目を覚ましながら、まっさらな紙に何かを書き続けることになぜ、疑問を持たなかったの?
私にはどんなに近くにいたって、本当のことが見えない証明のように感じられました。


いつか、あなたが死んだらどうするかという問いに、私は“趣味に生きる”と答えました。あなたはその言葉の真意に気付いてなかったけど、それは“現実逃避して生きる”ということだったんですよ。まだ、支えなければいけない子どもがいるから、現実逃避してでも生きていなければいけないから…。


それでも、やっぱり知られたくないこと、見られたくないことはあるんです。
すべてを曝け出せばいいわけじゃない。
確かに悪いことをしたけど、心の中を盗み見られてたのかと思うと複雑です。
その内容ではなく、その行為に。同罪ですよ。


現実から逃げ回って、悶え苦しんでるその首を押さえ込まれたら、目の前にあるのは何か知ってますか?
こんなことまで歴史は繰り返すなんて知らなかった…。


殴られる痛みと同じだけで済むなら、いつだって私は飛べる。
だって、物理的な痛みは感じないって知ったから。



ホントにもう限界なんです。
この世界にいられないのなら、現実世界から消えるだけです。
スポンサーサイト
2012-02-24 10:06 | カテゴリ:日常
こんなところで物申すのはズルイですか?

でも、残念ながら今の自分が住む世界はここなんです。


この一年間、ホントに理不尽なことばかりで現実世界に本音を話せる人はいませんでした。どんなに悩んでても自分の親にさえ本音は言えないですよ。
弱いところを見せたくない、カッコ悪いところを見せたくない。強い自分でいたい。あんな父親がいるから余計です。
バカだと思われてもいいから、のほほんと何も考えていないように装ってきました。家でも職場でも。それが自分の役目のような気がしたから。
そんなことしてると必ずどこかに歪みが来るんです。分かってたけど、自分で制御できなかった。
現実じゃない何かに夢中になってないといられなかったんです。それが、サッカーだったり、バレエだったり、らるくさんだったり、その時の対象物は変化したけど、現実から逃げる場所があったから頑張ってこれたんだと思います。本当は消えて失くなりたい。
生きてる意味が分からないんです。どうして生かされてるのかすら分からない。ただ、子どものために前に進まなきゃと思うから生きてるだけ。あなたのことを好きだから、愛してるからだけじゃ生きられない。そんなに強くないですよ。

本当に理不尽なことばかりの一年間だった。私だって正当に評価されたいです。
ちゃんとやってるのに、臨時だから出過ぎた真似するなだとか言われたくない。私が努力して作り上げたものを我が物顔で取り上げられたくないですよ。人よりも少しだけ器用だってだけで、なぜシフトで意地悪されたり、必要なときに職員を回して貰えなかったりするの?トイレも行けないんですよ?手伝いに入るなって言われてるから行けなくてごめんね…なんてなんの慰めにもならない。
どうして私が正規の尻拭いばっかりしなきゃいけないの?
つまらないことです。くだらないことです。でも、小さなことが降り積もって、もう限界なんです。

チャンスがあれば、いつでも消えて失くなりたい。
できれば楽しいことのあとに消えていきたい。
だから実行してみては気付くんです。家族の顔を思い出して、自分は帰らないといけないんじゃないかって。
バカですよ。迷惑かけることも分かってます。
それでもチャンスがあったら消えて失くなりたいんです。
理解しては貰えないと思います。去年から、ある意味、奇行だったんじゃないかと思ってます。特に後半からは現実逃避しかなかった。

どうして何も言わないのか。
自分に自信がないからです。根拠がないからです。
その時の自分の気持ちすら整理がつかないからです。
嘘は自分を正当化して慰めたいからだと思います。向き合わずに逃げてるんです。そして、本当のことを言ったらどう思われるのか、あなたの気持ちも見えないからです。
私が『何を考えているのか分からない』って言われるのと同様に、あなたも何を考えているのか分からない。確かに、愛してくれて、優しくいようとしてくれるのは分かっても、その優しさが怖いんです。
どこで線を引かれているのか見えない。そんな線なんかないのかも知れないけど…。
それでも、素直にはなれない。本当の自分を知られるのが怖いんです。
ホントにどうかしてると思います。ごめんなさい。


私のことをずっと見守ってくれて、母親にしてくれたこと感謝してます。
ここまで一緒にいてくれてありがとう。


私はやっぱり、現実の世界だけじゃ生きられない。

明日があるなら、それでも逃げたいです。

本当にごめんなさい。
2012-02-23 21:56 | カテゴリ:未分類

はいたん、お会いしてくれたみなさん、ありがとう!

温泉の国に帰ります。



はいたん
いいコにして待ってるからね(素直)
2012-02-23 19:10 | カテゴリ:未分類
始まります!

可愛いコ、来い!!
2012-02-23 18:08 | カテゴリ:未分類

入ります!
2012-02-23 15:39 | カテゴリ:未分類

着きました!
2012-02-23 09:56 | カテゴリ:未分類

おはようございます。

あいにくの雨模様…。
でも、屋根があるから大丈夫!

ましゅまろたん、やっぱり人気みたいですね!


あ、つめつめ。
ちょっと女子っぽくしてみました。(≧▼≦)えへ

これから出発しますね!
2012-02-22 07:21 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
(小声)るしえるのばか―――――――――(ノ´▽`)ノ ⌒(呪)
詳細見てきた。(念のため)
分かっちゃいたけど、やっぱムリ―――!!!

なにが?
はわい あん しえる。

ハワイだよ?
ゆんちの場合、行くとなればご家族参戦になるでしょ?
あの金額×4とか、まぢムリだから!
破産。破産。破産。

そうじゃなくても散財してるのに……。




ささ、就活してこよ。
2012-02-20 14:10 | カテゴリ:VAMPS
japan tourのほうの感想を書いときますね。


【VAMPS JAPAN*DOCUMENT】

小川航空(*゚ー゚*)
ヘリ持ってんのか…。さすがだな。(違います!)

*新潟
(*∂∀6)なんかライヴハウスって感じだね!
いかにも!!

チュッパチャップスって買おうと思って探すと売ってなくないですか?
別に買いたくもない時はその辺で売ってる気がするのに、買おうと思うと売ってない……。ゆんだけ?

早速お仕事はいたん、ゴチでございます。じゅる。

ん――――。
はいたんさ、カメラ回ってるときはやっぱりスタイリストさんが必要だと思うよ(´・ω・`)
せっかく高い服着てるんだからさ…。

髪の毛立てるの20年ぶりくらいなんだけどって言う割にはそんな立ってなかったよね?

じんさんがぱんだちゃんなの笑うはいたんが可愛い。
ワールドツアーははしゃぎながらも、どこか緊張してた感じだけどこっちは終始緩いよね。
きゃずくんも“中華街に売ってるようなぱんだ”ってww


*高知
ギターの練習エライね!(*∂∀6)
はいたんが練習してる後ろでギター飛ばしてるきゃずくんが可愛いよ。

はい!おっさn仁王立ち(*∂∀6)

はいど先生登場( ´艸`)
いいよいいよ、何でも言うこと聞いちゃる。
(*∂∀6)はいどうぞ!のところが可愛い。
はいど先生は丁寧だね。ゆんはもっと厳しい感じだな…相手が保育園児だってのに…。
でも、なんだかんだはいたん、レクチャーするの好きだよね。
らるくさんでも結構昔から何かしらレクチャーしてた気がするもん。
そんでもって、なんだかんだ言うこと聞いてあげて優秀な生徒ぶりを発揮する私達。

なんか丈の長いタンク着るとワンピースっていうか、スカートみたいでこれまた可愛いポイントアップだわね。

juにぃのハピバきた―――――。
しかも顔面いった!!
juにぃ泣きそうだし。いいねぇ、お誕生日。
今度は、はいたんも堂々とお祝いできるね。

ぱちょこん片手におやすみはいたん。
おっさnでも愛でたいわ。


*広島
だから髭…。

もっさなお髪からサラサラヘアー。
メイクすると変わるよね、とたんにタレ目がなくなる。


*東京
ホームな感じだね。

それにしてもキレイな子(*∂∀6)だ。

……さわやか?
(*∂∀6)夏になって夏の服買うなんて遅いっすよ。
どや顔でいいましたけど、スタイリストさぁ―――――ん。



*仙台
VAMPSトラック嬉しそう。

なんかさ、VAMPSのライヴのオープニングってなんかのアトラクションみたいだよね。
ワクワク感ていうか、そういうのを煽るのがうまい。

あのラジオの“チャック空いてるよ”の子、うまいよね。
“うそだよ。ごめんなさい。”のあとのはいたんの行動も可愛くっていい。
ラジオだから、ラジオ聞いてる人には伝わんないのにね。

はいたんの夢(*∂∀6)ダイヴして、そのまま客席を神輿のように回してもらう。
そんな夢ならいくらでも叶えてあげるさ。

新*四文字熟語⇒腹筋禁止

エステ*はいたん気持ちよさそう。
羽根ちゃんの疲れも癒されそう。

ペットボトルじゃんけん。
花ちゃんがエライねって言ってたけど「誰がゴミ箱いれるかのじゃんけん?」ってまた爆弾投下。違いますね。


*東京
おっさnはいたん…。髭……。
バンダナはいたんもどうかなぁ。

な、なんか男の子の中にダイヴしてはいたんのちっささが際立つ。
アタマ触ってる子の手がデカいのか、はいたんのアタマがちっさいのか。
その答えはコレ↓
DSC00515a_convert_20120203181255.jpg
ゆんの手はオクターブがなんとか届く感じなので、女子の中でも小さいほうだと思います。(指が短いとか言わない!)なので、答えは“はいたんのアタマがちっさい”が正解かも。

あ。
ダンナちゃんが男の子増えたよねって言ってた。
まぁ、そうですよね。
女子の中におっさんヒトリみたいのをずっと経験してましたからね、ダンナちゃん…。


*札幌
下手髭兄弟( ´艸`)
文字にすると漫才コンビみたい。

なんかさ、いつかはいたんの腰をぐっと持ってみたいんだよね。どんくらい細いか。
いや、変態な意味じゃなくて、純粋に。天使くんより細いのかどうか…。

このオープニングってさ、何パターンくらいあったんだろう。
お姉さんがブラ投げると、はいたんの頭に乗っかってるっていう演出、健気で好きよ。
ブラ、頭に乗っけて幕が落ちるの待ってるかと思うとお母さん、涙出る(´・ω・`)
でもさ、いつも思うんだけどブラの柄がちょっと幼いのよね……。そこはどうなのかと思うわけ。

そういえば、前にも釣りしててお魚触れなかったけど、いい加減触れるようになったのかしらね?

はいたん、そのソファ、いいよね。
うちに欲しいです。

いたずらっこはいたん(*∂∀6)どうしてそういう、ゴムのヘビのおもちゃをもってるんだろうか?
はしゃぎすぎっていうかね…。

不思議な絵。
和室で歌うはいたん。
どうせならはいたんも浴衣着ればよかったのにね。
肌蹴ちゃうからダメなの?


*富士急
浴衣はいたん可愛ゆ。
どうせなら女物の浴衣も着せてみて欲しい。絶対、似合うから!

(*∂∀6)いかにそん時、男前に撮られるかね。

って言ったはいたんに、また変な再確認。
そうか!はいたんて男の子だったんだ!!
分かってるんですよ。
ゆん、別にものっそい妄想壁があるわけじゃないんですけど、普段はいたんのことを“男”だと思って見てないので、そう言われると改めて“そうだった”って思うんですよ。
なんかね、自分でも不思議なんだけど、再確認しちゃうんです。

ハミ乳が……。
はいどさん、はいどさん。なんか男前に映ろうとしてるんだかなんだか知りませんけど、ハミ乳してます(//・_・//)

でた。
またレクチャーするはいど先生。

花火するはいたん。
いいね、なんかほのぼのしてて。


最恐戦慄迷宮に行きたくなくって、“あれ?オレ、心臓悪くなかったっけ?”っていうきゃずくんが可愛い。
【ハイドッキリ】って……。
はしゃぎすぎっていうか、ハメ外しすぎっていうか、いいですけどね。楽しそうだし…。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!可愛い子(*∂∀6)
なんか、この時は別格に美人さんで可愛い子だったよね。
姫袖がまた天下無敵で可愛い。

浴衣の子も可愛い。
そういえば、雨降ってたのってラニバだけじゃなかったんだよね。
雨のライヴはすでにVAMPSで経験済みだったんだね――――。(忘却)



*名古屋
i-phoneにセトリ書いてるんだけど、

今日

でび
Red
Dolly

とかって略して書いてんのがなんだかおっさnなのにって思うとやっぱり愛でたい。


夢決行!
ダイヴして客席回されるやつ。
実際には前列の端っこから端っこまで移動しただけだけど…。
こんなんでよかったですかね?
こんな夢ならいつでもご協力しますよ。

このTシャツ好きなのかな?
見る頻度が高い気がするけど。

コンビニはいたん。

海に浮き輪で浮くコ(*∂∀6)はどう見てもおこちゃま。

名古屋の自転車通勤は名物になりましたな。

“次は東京でね!”って走り去ってった車の子かっこえぇなぁ。男前。

(*∂∀6)かんぱいなのら~。
はいはい。



*福岡
(*∂∀6)C70
きっとあなたの場合はB70だと疑わないわ。
それにしてもいい歳してブラかぶって遊ぶってどうなの?(別にいいんだけど)

それにしても健康的な海が似合わない人たちだわ( ´艸`)

うぎゃぁぁぁぁ―――――。
ヒョウ柄もんぺ。
まだ存在してたの?何着あるの??

ヒトの上を歩くのにはどうしたらいいのか真剣に考えるはいたん。
姫ねぇさま(*∂∀6)もアタマ使って努力してたのね。

らーめんはいたん。
よかったね、ラーメン食せて。


*大阪
あれ?
このヘリ乗ってるときに来てるお洋服、しまらー*はいどって言われた時のじゃない?

姫ねぇさま(*∂∀6)誕生の瞬間。
最初にしては上手く行ってるよね。

海。
結構行ってるけど、日焼けとか大丈夫なのかな?
あんまり日焼けしてる印象もなかったけど。
焼けない体質?

神戸コレクションの髪形のままだったのね!
そんで、この日も姫ねぇさま(*∂∀6)に挑戦。
すっごい楽しそう。やりたいことなんでもやっちゃうんだね。

京都にも寄り道。
川床で流しそうめんなんだねー。
ゆんなら鱧食べちゃうところだけど、そうめんなのね。

杉見ながらオヤジギャグ言ったけどスルーの方向で。

修学旅行?
和歌山でも修学旅行、京都なの?
小学校のかな?清水寺。

(*∂∀6)そうだ!京都行こう!!
うーん、CMは来ないかな…。

2階席にいったjuにぃの目がものっそい真剣。

投げちゅーをふぅってするコ(*∂∀6)が結局可愛い。



*神戸コレクション
話題だった神戸コレクション。
いいですな、ご夫婦で登場。



*東京
じんさん以外みんなできる動き。

うわぁぁぁ。
彫ってる、彫ってる。荊たん(((( ;°Д°)))
この時まだ出来上がってなかったんだね。

鏡覗き込んで荊たん見てんのかな?
可愛いおめめで荊たん見てんの?

完全秘密ライヴの詳細詰めるお仕事はいたん。

よく考えるとバイク通勤てスゴイよね。
事故らないように帰ってねと思うしかないよね。ていうかそう思ってたよね。

荊たん…。
痛いのかな?痛いよね?
でも痛いって言わないんだよね。
何と戦ってんのかと思うよ。ヒョウ柄モンペで…。

もう完全にブラの方向性を間違ってるおっさnひとり。


*完全秘密LIVE
なんだかんだで結構な人がたどり着いてたんだね。
確信がなくてもたどり着いちゃう人やネット情報でたどり着いちゃう人、愛だという人、KAZOOだから来た人。
でもやっぱりみんなの愛なんだなって思える。

ラップぐるぐるはいたん…。

じんさん紙袋だし。



*名古屋
斬新なセトリ。

juにぃのこと自分で2階にやったくせに
(*∂∀6)なにやってんの?なに?なにやってんのそこで。
って言っちゃういたずらっ子ちゃん。

あのー。
そのチェックのお洋服もきっと高いんでしょうけど、ねぇ。
そのお洋服でブラアタマに乗っけてる違和感が……。

また、ペットボトルをそういうことに使うし。
きゃずくんは器がデカいな。

でた!
仮面ライダー*はいたん。
この子、マジでおうちに欲しい子(*∂∀6)
お膝の上乗っけたら下してやらないんだから。移動はね、抱っこ。ご飯の時もお箸持たせないであーんして食べさせてあげる。お風呂はシャンプーハットつけてね。
もう、ホントに可愛いんだもん。
写真集に載ってたの写メってしばらく待受けにしてたわよ。

プリクラ、目のでっかくなるやつね!
って言われて(*∂∀6)それいいね!って言ってたけど、それ以上 目をでっかくしてどうするよ!
宇宙人みたいになっちゃうよ…。でもなぜか可愛く撮れちゃうから不思議なんだけどね。
花ちゃんが、楽屋に貼られた拡大したプリクラ見て“え?まさかの拡大コピー??どんだけ自分好きなん???”って言ってた。いや、自分が可愛いの知ってますからね。あの子。

はいたんてホント、いたずらっ子だよな。おこちゃま。
そういうのも可愛いところなんだけど。
juにぃ2人現るのところね。

きゃずくん真剣に間違える。
はいたんが目の前にいて“なに?”みたいな表情してるのがまたなんとも。



*大阪城ホール
この時だっけ?
はいたんお熱だったの。


*代々木
バイク通勤、ホント気をつけて下さいな。

客席からステージを見つめるはいたんも好きです。
何考えてるんだろうとも思うけど、きっと仕上がり具合を見てるハズ。
セットの組まれ方とか、照明、演出の見え方とか、音響の具合とかね。
お仕事目線なんだろうけど、きっとここまで来た達成感も見てるはずだなと勝手に思った。

(*∂∀6)VAMPSってなんかくしゃくしゃんなってて、なんて書いてあるんだろうなぁっと…思って。…たら、“ありがとう”だった。……ぐっときちゃった。

もうすでに泣いたあとな感じのお顔で言うはいたんがね、ホントにその言葉が心に届いたんだなって思える映像だった。欲を言うなら、その瞬間のはいたんの姿を映像で観たかったけど、あのおめめにいっぱい涙ためてる写真だけでも伝わるよね。

(*∂∀6)よくこんなバンドに2年半かな…ついてきてきれて…。よく、ありがとうって言われるんですけど、ホントにこっちのセリフなんで。

うん。
なんでかな。
ついてきちゃったよね、ふらふらとここまで。
でもついてきちゃったのには、やっぱりそれなりの理由があるんだと思う。
それこそいい曲書いて、いいパフォーマンスしたらついて行かざるを得ないよね。
HYDEも好きだけど、それ以上にHYDEの創りだす作品が大好きだから、これからもきっとついて行くんだと思う。



昨日、ワールド編にHYDEは表には絶対的になれないって書いたけど、本名自身の彼「寶井秀人」を構成してるのは大文字のほうのHYDEじゃないかと思ってる。だから、本名に近いほうはHYDEなんだと思う。
hydeもかつては表だったんだろうけど、色々知って経験していつしか本名の彼自身から離れて行ってしまったんじゃないのかな。L'Arc〜en〜Cielのhydeが一般的になるにつれて、そこからはもう逃げられない足枷になってしまったんだと思う。だから、どうしてもhydeはHYDEになる必要があったんじゃないかなって勝手に思ってる。
詳しい事情を知らない花ちゃんでさえ、VAMPSの時のほうが“伸び伸びしてる”とか“楽しそう”って言ってしまうくらい、その差はもう歴然なんだと思う。きっとらるくさんのほうでは、失敗できないんだよね。むしろ失敗は許されないプロジェクトなのかも知れない。最近、ラジオでワールドツアーを“不安”と口にしてしまったように心から楽しんでる余裕はないのかな?
だから、そこから解放された時、自然な笑顔でいられたり、いたずらっ子だったり、はしゃいでたり、ハメ外して見せたりするのかな?
記憶が間違いじゃなければ、VAMPSを始めるときだったか失敗してもいいみたいなことを言っていたと思うんだけど、まさにその言葉のとおり、失敗しても成功しても関係なくやりたいことをすべて詰め込んで駆け抜けたんだよね。
ヒトが下す結果じゃなくて、自分が満足するかどうかの過程を選んだってことなんだと思う。
結果的にVAMPSも成功させたことになるんだと思うけど、それはきっと好きなことをやってるってだけじゃなくて人知れず努力したことがたくさんあったからこそなんじゃないかな?
HYDEは芸術的に天才肌の人だと思う反面、ものすごく努力家だとも思うし。
ホントに全力疾走で駆け抜けた2年半があったからこそ“VAMPS ありがとう”って言葉を見て涙が溢れたんだと思う。
時にはVAMPSでのはしゃぎっぷりをみてイラッとすることもあったけど、なんだかこのDVD見終わったらどうでもよくなっちゃったな。
うっかりワールド編のエンドロールで涙でちゃうし。



でも、残念ながらVAMPSの未来への展望は見えない。




それでもやっぱり

VAMPS ありがとう





ここまでお付き合い下さったみなさん、どうもありがとうございます。


2012-02-19 14:17 | カテゴリ:VAMPS
なんか、久しぶりのVAMPSカテゴリな気がスル。
もしかしてVAMPSネタをhydeカテゴリで書いてないか気になるけど、チェックするのはめんどくさい…。

ってことで、細かいことは気にしないことにして、感想書きます。
しかも、LIVE DVDのほうではなくてドキュメント映像のほうね。
LIVEのほうは、ついでに…。


それにしても、このLIVEからもう1年以上経っちゃったんだよね。
なんだか遠い日のことのような気がしてる。
あのあと、らるくさんがあって、VAMPSははろいんだけだったけど、ROENTGENもあったし、なんだか遠くまで来たなぁって感じ。
振り返ってみると、あの日のVAMPSがもう見えない。



どこまでいくんだろう。



【VAMPS WORLD*DOCUMENT】
moblog_54ae7187_convert_20120219143454.jpg
moblog_b85a6fba_convert_20120219143546.jpg


*TAIWAN
最初気づかなかったけど、記者の中に混ざってjuにぃがカメラ構えてる( ´艸`)

花ちゃん、しばらく金髪はいたんを眺めて『このヒト、らるくと同じヒト?』って聞いてきたから『いかにも(*∂∀6)』って答えたら、『なんか変。あのエクステとかつけてるほうがいいよね!』となぜか同意を求められてちょっと困った…。
どうやら花ちゃんは、らにば*はいどがお好みらしい。
はいたんの金髪が変かどうかは、もうハイヲタ*フィルターが邪魔してよく分かんない。
別に変じゃないと思うし、まぁ、過去の髪形からしたらいいほうだし…。
はて。
それから打ち上げの席の乾杯してるの見て『ただのおっさんじゃん!』
……………う、うん。まぁ、……。
返す言葉がありませんが……。
いちお、はいたんも人ですし。

ボーリングはいたん。
きゃずくんが可愛い!両手でころころって(〃∇〃)
そして、はいたんの中途半端なダンス具合……減点。


*LOS ANGELS
あの。
乾いた風がもうダメで、湿ってたほうがいいというROENTGENの時のお話を思い出しました。
HONEY今作ったら『湿った風をからませ~』になるらしい。

はいたんて、時々謎な柄のお洋服お召しになるよね…。

虹――――――――――!!!
を撮ってるのはきゃずくんだったっていうww

ギター持ってお写真撮ってるのがめたんこ可愛い子(*∂∀6)

なんか、海外の会場の楽屋っていいっすね。
日本のってどこもかしこも似たような無機質な感じの楽屋だから、どこ行っても一緒だけど、こうやって会場ごとに違った感じがするとなんかそれだけで楽しそうでいいね!

あとね、やたら乳が気になる……(`・ω・´)真顔


*SANFRANCISCO
やっぱり坂道なんだね――。

なんか、会場がスゴイ。個性的な感じ。
あのバルコニーみたいな2階席いいなぁ。
日本だとどこでも一緒みたいだもんね、つまんないよね。

お口にマヨネーズかなんかつけてるのがめたんこ可愛い。
なにあの子(*∂∀6)ってわはわはしてたら、花ちゃんが『食べ方おっさんだよねー。』っていう爆弾投下……。
いぃんだよ、可愛いんだから!ほっといて!!

HYDEなSt.
なんかの写真集みたいのにもあったっけ?(記憶弱……)


(*∂з6)なんでオレには押さねぇんだって。
    なんでオレには言わねぇんだよ。


それはオトナだからじゃないですか?(冷静なオトナな意見)

(*∂з6)おっさん…ってなんで…バレタ…。

自分で“おっさんてバレタ”の件が、またまためたんこ可愛くてちょっと焦った…(°Д°;≡°Д°;)
21っていうハンコ押してもらって嬉しそうなはいたん。そんなので喜んでくれたらゆんも嬉しいよ。

あ、はいたんの乳が気になるってもう言った?
ライヴの場面になると、もう気になって気になって……Bカップ…(;´▽`A``
お母さん、そろそろブラは頭に乗っけるんじゃなくてお胸にしたほうがいいと思うのよ。(真剣)

(*∂∀6)サンフランシスコの夜と人生ににゃんぱいぃぃぃ!!!

リムジンでにゃんぱい、オトナな空気ですなぁ。
juにぃもぽっそり“すごいねぇ、リムジンで移動かぁ”呟いた。

あのお絵かきのお姉さん、スゴイ!
その場でちゃっちゃか書いてくれるんだね。


*LAS VEGAS
なぜか車から飛び出すはいたん……コドモか?

たたずむ様子が…おっさn…。

あぁ、ランダムドットちゃんの姫袖可愛いな。
なんかうっかりするとダルメシ柄になりそうな感じだけど、これ結構好きかも。


*NEW YORK
やっぱり夜景がスゴイね―――――。
それにも見劣りしないはいたんのがもっとすげ――――と思うけど。
さらっとフツーにきゃずくんもカッコイイ!!

虹その2。
なんだろ、別に意図はないと思うんだけど、間に挟み込んでくる虹さん。

そうだったね。
間にmix作業してたんだったね。すっかりだわ…。

ハロウィンのセットの図、なんだか端キレのような紙に書いてたけど…。
そんな感じなのね。
と思ったらちゃんと書き直したのかしらね、もうちょっとマシな感じの紙になった。
でもやっぱりメモ用紙なんだ…。ぺろっと渡したもの。
そこからあんなセットが組みあがるんだから凄いわ。(スタッフが…)
でもやっぱり好きよ。お仕事はいたん。

(*∂∀6)ルネッサーンス!はスルーでいいですよね。

マッキーで健気にドラキュラに噛まれた跡を書く子(*∂∀6)があぁ可愛ゆ。

空港で変なブレイクダンスの練習する子(*∂Д6)はどうかと思うわね。


*SPAIN
きゃずくんと同じタイミングでコーヒー飲んだり置いたりするんだけど、はいたんのカプチーノなのかなんなのか初っ端からお口にアワワついちゃって。もう、いちいち可愛ゆ。

完全な観光客化するVAMPSご一行。

なんかリップ音で漫才するはいたんとアーリー。オモシロス。

サグラダ・ファミリア、ゆんも行きたい…。
受難のファザードも映ってましたね。(勘違いでなければ)

ちなみにサグラダ・ファミリアはバルセロナにあるTemple Expiatori de la Sagrada Famíliaという正式名称を持つカトリックのバシリカで、日本では聖家族教会、聖家族贖罪教会と呼ばれており、2005年にユネスコの世界遺産に指定された。
2010年11月7日には、司教を含む6500人と聖歌隊800人が参列して教皇ベネディクト16世がサグラダ・ファミリアを正式に教会として認定する聖別のミサを執り行った。
これによってサグラダ・ファミリアは着工から128年の歳月を経て、法王庁の認定する上位の教会“バシリカ”となったのである。
(余談)

カトリックなので装飾が凄いんですけど、そんな場が普通に似合うあの子(*∂∀6)はもっとスゴイと思う。
普通にね、天使がいるのかと思うよね。(盲目)

楽屋の外階段のところでギター弾いてるの気持ちよさそう。
日本じゃこういうことも出来ないだろうしね。

juにぃのメイクがスゴイ。(自分で書くのがスゴイ)
スペインはそういう気分なのか…。ふんふん。

そっか。
きゃずくんスペインでお誕生日迎えたんだったね。(すっかり…)
スペインのケーキのお味ってどうなんだろ。未知の世界…。

(*∂∀6)スペインの夜とかずくんの誕生日の次の次の日に乾杯!(可愛い)

夜のお散歩いいですね。
似合いますな。

あぁ、撮影もしてたのね!
キャンドルの似合う子(*∂∀6)

なんか不思議な話だけど、パスポートさらっと出したところで『あぁ、日本人だったんだ』って妙な納得。
別にすっごく今更なんですけど、そういうところで変な再確認する。


*FRANCE
毎回、(*∂∀6)乾杯ってなんていうの?って聞くけど、予習したらいいんじゃない?

お荷物は放置状態でキャンドルつけまくる子(*∂∀6)
いつもそんな感じなの?
ピアノ(じゃないけど)装飾音(♪たらん…ていうヤツ)がキレイに入っててエライわ。

そうだったこのPVおフランスだったよね。(完全に忘却)
ピアノがすっごく似合うのに演奏がイマイチなのが可愛いんだか残念なんだか…。
♪ネコふんじゃったって…。残念すぎるだろ…。(ゆんは♪ネコふんじゃった弾けないけどね。ちなみに、いらない情報としてゆんの得意曲は♪さんぽと♪アンパンマンマーチ)
でもピアノが弾けるようになったらある意味、HYDEは無敵だと思うわ。

ドラちゃんで(*∂∀6)シュガーレスチョコレート

そういえばL'7PARISのDVDでもこの川沿いでなんか食べてたよね。

(*∂∀6)ぼんじゅーる ぱひ!しるぶぷれ!
はしゃぎすぎ!
腹筋もしなくていいし!

だからもういろいろはしゃぎすぎ(`・ω・´)


*上海
上海の夜景もきれいですな。

カタカナだらけのカンペに発音の練習中のはいたん。イイコだイイコだ。

上海ステージから客席が遠いなぁー。

あ、なんか確認した。
トラブル中断あったんだったね。(忘却)
アーリーのドラムソロやったりしたけど、じんちゃんの機材は別電源だったから稼働できたのにっていうやつだったっけ?

きゃずくん一人で朝ごはん?
てか、ちゃんと朝起きるんだね。(失礼)


*CHILE
でた、豹柄コート。

うわ。
ハートの風船もらった子(*∂∀6)めたんこ可愛い
子の風船プレゼントした子よく分かってらっしゃるわ。

バイキングしてる子(*∂∀6)髭ちゃんが……(((( ;°Д°))))
やっぱりそれだけはダメよね。分かっちゃいるんだけど…。

チリアツいな。

なんか哺乳瓶からお水飲んでる子(*∂∀6)がいる(((( ;°Д°))))
えぇ、勘違いですけど。そう見えるんですもの。

ライヴの場面も本編(チリの)よりもなんか熱いのが分かる気がスル。
音が荒いっていうのもあるのかも知れないけど、こんなところでやったらもう死んでもいいって思っちゃうんだろうな。
なんだか最後のはいたんの満足そうな顔がそう言ってるよ。







飛行機からの夜景は感慨深かったろうね。
ホントのラストは日本だったけど、3年、2年半だったっけ?駆け抜けたっていう感じがものすごく伝わってくる。
ワールドツアーに関しては特に何の思い入れもないんだけど、不思議と一緒に過ごしてた感じになってる自分がいたりして。

表と裏があるとしたららるくさんのhydeは表で、VAMPSのHYDEは裏だと思うんだよね。
絶対的に。
HYDEはどうやっても表にはなれない。
でも、裏だったはずのHYDEをここまで表に近づけたのは見えない努力があったからなのかな。
表が足枷になっていた時を吹き飛ばすような勢いでVAMPSは駆け抜けたもんね。
達成感も充実感も、もしかしたら本当の意味でVAMPSになってから知ったんじゃないのかななんて思って見たりもした。

途中、はいたんのはしゃぐ姿にちょっとイラッとしたりもしたけど、彼にとっては思い出の全てなんだろうな。
まるで修学旅行の思い出。







長々と個人的な感想にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

追記より2月18日分拍手お礼です。
2012-02-18 13:36 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
久しぶりにらるくさんのグッズ真剣に見た。

昨日、見られなくて、でもいつも通り期待してないから“まぁ、いいや”と思ってたんだけど、いつもお邪魔するブログさんで“ましゅまろ”言ってて。
「え?何?ましゅまろたん、グッズなの???」ってトコロから、るしえるにすっ飛んで行ってみた。


なにそれ( ´艸`)


ぷぷぷのぷ。


土居八製菓

わきゃ――――――о(ж>▽<)y ☆
むははは(///∇//)

売れるよ。
きっと売れる。
売り切れる。

(*∂∀6)のましゅまろでしょ。
そりゃ、売れるよ。


しかも2個ずつ入ってんのねww
(*∂∀6)4人分ww

湧くわ――――――――。


確かにね、作れって言ったような気もするけど…。
どうせなら、ワールドツアーで売ってきてよ。
世界に広げてきたげて(*∂∀6)のましゅまろたん。


ゆっきーなんて、ドアラと可愛くコラボしてんのにね。ドアラルク
「虫歯になると痛いよね」とか可愛いし。
リーダーは華麗にスルーして、けんちゃんは……なんでサラミ?



そういえば、たまちゃんで(*∂∀6)売っちゃう?
って言ってた黒地に白のL'Arc~en~Cielのタオル、ホントに売っちゃうんだね。
ちゃせの絵もスゴイ。
お家にあったらカッコイイけどムリ。(即答)

今回、なんも買わないつもりだったのになぁ。
しかも買うの大変そうだしなぁ。
どうしよっかなぁ……。

ましゅまろたんはすでに当日、とわさんとかアマリリスさんとネタにしたい!
あぁ、こんな時に鶴乃子あったらよかったのにっ!!
まだ通販間に合うかなぁっ!!!



あ、FC限定ライヴのグッズ詳細はるしえるでご確認くださいましね。
2012-02-17 07:26 | カテゴリ:紙細工
年長児への卒園プレゼントとして作ってるアンパンマン号。

牛乳パックを利用してアンパンマン号の形を作って、それを折り紙でくるっとぺたっとしました。
鼻の部分もティッシュを丸めたものを赤い折り紙で包んで、それっぽく。




鼻の部分は木工用ボンドでくっつけました。
ホントはグル―ガンでもよかったんだけど、温めるのを待ってられなかったので…。




ほっぺのオレンジは100円屋さんで売ってるシールです。
煙突の部分は、芯に梱包材として使われてる繭玉型クッション2個をニューカラーでくるっとしました。
これもグルーガン待てずに木工用ボンド使用。




アンパンマン号の目の部分も100円屋さんのシールにマジックでぐるぐるっと書きました。
眉毛とお口は直にマジック書きです。




ちなみにこの作品、一応子どもが作ることになってるので、“選抜チーム”で作りました。
ぱんだちゃんには器用な(とても3歳児とは思えない)お姉さまが揃ってるので、ぱぱぱっとできあがっちゃいました。
選抜チームは“糊チーム”と“お絵かきチーム”と“お運びチーム”があります。
糊チームは、糊付けして貼り付け担当。
お絵かきチームは、眉毛、目、口書きを担当。
お運びチームは、パーツごとに出来上がった作品を所定の位置まで運んで並べる担当。
それぞれの得意な分野で選抜を作って活躍してもらいました。

これからラッピングして出来上がります。



あ、なんで牛乳パックなんかで作ったようなものを卒園プレゼントにしてるのかと言いますと、普段から全く行事にお金を掛けない園なんです。母の日、父の日はもちろん卒園式も。
なので、常に廃材と戦って何かを作り上げるんです。
エコと言えばエコだけど、技量のない保育士が担当すると保護者から“ゴミ”扱いされます。
まぁ、当たり前ですけどね。
ゆんもゴミ扱いされないように頑張ります!
2012-02-15 13:25 | カテゴリ:日常



ということで、パウンドケーキ作りました!

(*゚ー゚*)の嫁みたいにはうまく作れないけど、久しぶりに作った割には味もまぁまぁ、見た目もまぁまぁだったかな?
DVD観ながら頂きました。

ごちそうさまぁ♪


追記より1月13日分拍手お礼
2012-02-14 19:27 | カテゴリ:VAMPS

きたお(*ymy*)

ご飯食べたら観るね!
2012-02-13 20:11 | カテゴリ:未分類

久しぶりのマック♪

なんたらかんたらソルト&レモン。
うまし。
2012-02-12 11:13 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
うわぁぁぁぁぁぁぁん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

朝からすびばせん……。

昨日、お風呂も入って準備万端だったのに、寝落ちしまして今朝やっとこさ国営放送のらるくさん特番を見ました。



結果。


うわぁぁぁぁぁぁぁん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
号泣です……。



なんで?


なんで?と言われてもよく分かりません…。
なんか、昔のあの子(*∂∀6)を見てたら泣いた……。


そして、てっちゃんかっけ―――――。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
リーダー万歳!!



てか、さすが国営ですよね。
もうナレーションが教育テレビ。
歴史の授業でもやってるのかと思いましたよ。(ちょっと正解)



特番は味スタ外周の映像から始まって、ハマーの車内へ。
(*゚ー゚*)に『普段着っぽいよ』って言われちゃうけんちゃんww
(*`w´)『おめかししたのに』ってww おめかし……
これはDVDに入ってなかった映像。

(*∂∀6)『泣いちゃいそうな気がスル。………やだぁ、泣きたくないぃ…。』
泣いちゃいそうまではDVDで見たけど、やだぁが可愛いよおぅ。
いきなり泣きたくなかったんだね。

味スタに降り立つシーン。
あぁ、やっぱりあの子(∂∀6)何回見ても高貴な感じで味スタに降り立ってるよ。
知ってるけど知らない子みたい(*∂∀6)
初めて国民に顔見せる王室の子(*∂∀6)…。前も言ったなぁ。




*らるくさんの第一歩
(*゚ー゚*)最初から手応えがあった。成功できると思った。

(@ ̄Д ̄@)こんなにも長続きするとも、こんなにも売れるとも思って
     なかったですけどねぇ。
     最高で武道館クラス止まりだと思ってた。
     だって絶対に怪しいバンドでしたからね、当時。



*はいたんの第一印象
(*゚ー゚*)髪の毛、長ぁ!女の子みたい!

(@ ̄Д ̄@)わぁ!リーダーと共感したの初めてかも!!
     ちょっと嬉しい。(もっと違うことで共感しろよ!) 

      

*らるくさんの生い立ちの話
(*゚ー゚*)カッコイイメンバー集めてカッコイイバンド作りたかった。
(*∂∀6)電話が来ると“調子いいよ!”って言ってた。

(@ ̄Д ̄@)てっちゃん、はいたんのストーカーしてくれてありがとう。



*最終的にtetsuyaと組んだ理由
(*∂∀6)てっちゃんがやりたいことが洗礼されてた。
(*`w´*)本能的に入りたい!と思った。

(@ ̄Д ̄@)けんちゃんポジティ部過ぎ……。
     しかも“本能的”って、どういうこと?本能で就活する男*ken 



*初期の映像
かかかっかかっかかかか可愛い!!!!!!!!!!!!(うるさい)
この子(*∂∀6)ですよ!この子!(*∂∀6)
ありがとね、国営さん!!!
ゆんの大好きな子(*∂∀6)いっぱい出してくれてぇぇぇぇぇ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



*インディーズ時代
(*゚ー゚*)ワンルームマンションに電話もう1回線引いて、スタッフのフリして
    電話でたり、ブッキングしたり。
    インディーズで結果だした。


(@ ̄Д ̄@)インディーズでも自分たちのマネージメントで結果出すのって
     難しいと思う。そこがやっぱりリーダーの凄いとこ。尊敬する。
     あとリーダーの先を見通す眼力があったからこそかな。



*メジャーでの違和感
(*゚ー゚*)蓋を開けてみるとソールドアウトしてなかったり、プロモーションが
   上手く行ってなかった。

(*∂∀6)主導権を握って活動する。そこから今までは変わってない。

(@ ̄Д ̄@)実はメジャーになって違和感を感じてる人は多いと思う。
     けど、それを言い出せるか言い出せないかでバンドの運命って
     左右されるもんなんだとらるくさんで知った。
     あんなに勢いに乗ってたのに、自分を見失わなかったのもきっと
     らるくさんだからなんだろうなとも同時に思った。
     自身を知ってるからこそ、また最初に立ち返れる強さ。
     まさに、ラルク20年の歴史はてっちゃんの歴史だなぁ。



*リーダーのオープニング映像チェック。
(*゚ー゚*)全然おもしろくないですよ!
    初めて見る写真が多ければ多いほうが嬉しいと思うんで。


(@ ̄Д ̄@)らるくさんの凄いところは視点を変えられるところ。
     視点がたくさんあるところと引き出しの多いところ。  



*映像と演出のチェック。
(#∂з6)暗転でfix?(確定、固定の意)
   (考える…)
    ロゴで止まったほうがよくない?
    始まりとか、慌てないでゆっくり行きましょうよって。
    雨の可能性があるからそれぞれその対策とか大丈夫だよね。


(@ ̄Д ̄@)じゅるっ!ゆんの大好物、おしごとはいたん!!
     もう、こういうお仕事してる感満載のはいたんもっと下さい!!!
     身内に厳しい感じ、実は自分にも厳しいんだろうけど、それを出さない感じ。
     どうでもいい話、ゆん、打ち合わせって大好きなんですよ。リハも好き。
     嫌いな人もたくさんいると思うんだけど、なんか作り上げてる感があって
     好き。見るのもするのも好き。
     これから何かが出来上がるわくわく感がいいんだよね。



*セースルは意識してますか?
(*゚ー゚*)リーダーなんでシビアにチェックしてます。
(*∂∀6)今でも意識してる。結果出さないとやりたいことができない。
    創作したい欲望にお金が絡んでくる。


(@ ̄Д ̄@)はいたん、昔から言ってたね。
     やりたいことを実行するためにはセールスが伴うって。
     ライヴの演出とかPVとかしたいことがあったけど、予算ないでしょって
     言われてできなかったこともあったんだもんね。
     今は何でもできるけど、何でもやらなきゃいけないともどっかで言ってたね。



*巨大化していくバンドについて
(*゚ー゚*)やっと世の中が気づいてくれた。
(`W´)戸惑いはない。今度はこれなんだという感覚。
(*∂∀6)無謀な挑戦はしてない。一つ一つ階段を登ってきた。
    当たり前のこと。


(@ ̄Д ̄@)何度も言うようですけど、スタジアムクラスのバンドになったって
     信じられないですよ…。
     あんな怪しかったのに、今じゃ健全なロックバンドですよ!ポップですよ!!
     確かにね、無謀な挑戦もしてないし、世の中が気づいたんでしょうけど…。
     私ら戸惑いばかりですよ……争奪戦で……。



*らるくへの加入について
(ン、)戸惑いもあったけど、実感もあった。

(@ ̄Д ̄@)ホントにね、ホントに“ありがとう”なんだよ。
     何回も何回もいうけど、それしかない。
     あの時、受け入れられない子もいたし、批判もあったし、ゆっきー自身も
     イヤな思いもしたかも知れないけど、らるくさんでドラム叩いてるゆっきー
     初めて見たときからホントに嬉しかった。
     ゆっきーに光が当たることが嬉しかったんだよ。
     ありがとね。



*NHK出演時の映像。(POP JAM、紅白)
セットが優秀。可もなく不可もなくってことで優秀。
落第点がなにもない。冒険もしないからマイナスにもならないし、プラスにもならない。
だからいつも同じようなセットで歌ってる感じ。10年前も今も変わらない。
けんちゃんがローラースケートでギター弾いてるww@光GENJI
紅白で赤いカラコン(*∂∀6)て衝撃だったんだろうなぁ。当時、ゆんも赤いカラコン欲しくて買いに行ったらありませんとか言われて、仕方なくグレーを買ったんだけど、それですら電車とか乗るとガン見されたもんね。それを考えると、赤いカラコンてきっとNHK的にも日本国民的にも衝撃だったハズ。



*紅白の思い出は?
(*゚ー゚*)97年の家族旅行で“来年は紅白出るから温泉来れへんで”
   って言ったのを覚えてる。


(@ ̄Д ̄@)リーダー、預言者。



*テレビ出演について
(*゚ー゚*)たくさんの人に音楽を聴いてもらうきっかけ。
(∂∀6)ロックバンドとかを普通の人が見る機会は実は少ないと思ってる。
    紅白はチャンス。こういう音楽があることを知らしめる機会。


(@ ̄Д ̄@)ちょっと前のテレビで、とあるバンドの人がテレビは音が悪くて
     どうのこうの自分のスタッフが音響するわけじゃないしなんたら
     かんたらとテレビに出ない理由を述べてたけど、違うんだよ。
     らるくさんはそんなことも飛び越えた次元でテレビにでてるんだよ
     って言ってあげたかった…。

     

*2000年からのMJ、紅白出演VTR
やっぱりはいたんの歌が苦しそう。
今の状態の歌い方を聴いちゃうと、というかそれに慣れちゃうと聴いてて苦しい感じがスル。
後半になっていくにつれてそれが薄れていく感じ。



*海外での活動について
(*゚ー゚*)なんで知ってんの?
(ン、)らるくの音楽を聴いてくれてる人がいるんだと実感できて嬉しかった
(∂∀6)日本語分からないようなルックスの人が歌ってる。
     感動するしかない。


(@ ̄Д ̄@)台湾行きたかったなぁ。韓国でもよかったなぁ。フランスいいなぁ。
     いつか海外ライヴも参戦したいです。
     普通にライヴ行っても海外の人に会うよね。
     20thラニバで雨宿りしてたとなりの子が多分、台湾とか中国の子だった。
     その隣にはイスラム圏の子もいたし。らるくさんで感じる国際化。
     お話してみたいけど、英語も怪しいしなぁ。声掛けらんないよ…。




*海外で言葉の壁を感じますか?
(*゚ー゚*)20年前は受け入れられなかった。
   時代が変わって日本語でもイケる気がしてます。


(@ ̄Д ̄@)そうっすね。だいぶ日本文化も輸出されてるし。
     特にらるくさんの曲は日本語が美しいので、そのままうまく伝わると
     いいなって思ってます。
     美しい日本語と美しい風景、情景が伝わるといいなぁ。 



*4人の曲をどうまとめていく?
(*∂∀6)纏めようとしてない。バラバラなのがらるく。
    割り切らないとやってられない。


(@ ̄Д ̄@)……割り切らないとやってられない発言が引っかかりますが、
     そういうことなんですよね。纏められない。
     バラバラでもこれはらるくさんて思えるから、そこがまたスゴイ。



*REC風景

*らるくさんについて
(*∂∀6)統括する人はいない。
(*∂∀6)このメンバーじゃないとできないことをやって来てる。
    それぞれをようやくリスペクトできるようになった。


(@ ̄Д ̄@)HYDE本に繋がりますね。
     統括する人もいない野放し状態でもらるくさん。
     らるくさん本体も、山あり谷あり谷底ありですな! 
     もともとメンバーそれぞれリスペクトしてきたんでしょうけど、
     それを素直に出さなかったり、出せなかったり…。
     ようやく今になってオトナになってきたんでしょうね。
     素直にそれぞれを認められるようになって、許せるようになったのかな?
     ……我慢できるようになったのか???



*これからのらるくさんについて
(ン、)ずっと続けていけたらいい
(`w´)変わらない感じ、ほどよい緊張感を持って
(*゚ー゚*)常に危機感を持ってやっていくほうがいい。
   いつまでもそこにあると思ってはいけない。

(*∂∀6)20年やって来てなぜか脂が乗ってる。バンドがいい状態。
    勇気をもって話し合う。


(@ ̄Д ̄@)きっといつかはいなくなっちゃうことをどこかで知ってるけど、
     今はまだそういうことは考えたくない。
     今まで通り山あり谷あり谷底ありでもいいからまだまだ観ていたい。
     まだまだお山に籠らないでっ!って感じかな?
     ……勇気を持って話し合う。……言えば分かってくれる人たちだから。
     この言葉にはいたんの心が見える。
     らるくさんがただの仲良しじゃなくて、職人の集団なんだなと再確認
     させられる一言。
     昔はお鍋みんなでやるようなただの仲良しが20年の経験を積んで、
     職人になっちゃったんだなぁ。
     これからは1年に1回くらいメンバーだけでお鍋パーティーしなよ。(提案)



*20th ラニバ『虹』


*らるくさん20年とは?
(`w´)宝物
(ン、)充実した音楽活動。色々な経験。場所と時間。誇りに思う。
(*゚ー゚*)マラソンみたいな感じ。
(*∂∀6)芸術家集団を継続させるのはそれぞれの努力。よくやったね。




インタの内容を抜粋してニュアンスで書いてみましたが、らるくさんの20年の歴史は、ホントにてっちゃんの20年間の努力の歴史だと思う。はいたんのストーカーに始まり、脱退阻止。
はいたんだけでも手を焼くのに、プロデュース面からプロモーションからセールスからあれやこれやと禿げそうなほど悩んだに違いないと思うだけで、てっちゃんに足向けて寝られない。
ここ最近、リーダーに感謝する機会多いな。
らるくさんのらにばって、じつはリーダーに感謝する年じゃないのかとすら思う。
いちごのラニバに20thラニバ……、5年に一度のてっちゃん感謝イヤー。
いや、むしろそれでいいと思う。


最近らるくさんの20年を振り返ることが多くて、それって実はファンの歴史も同時に振りかえってることになるんだと思うんだよね。
らるくさんの歴史と自分の歴史と重ねてみるとちょっと分かったことがあって、さらにHYDE本読むとはいどが苦しかった時期を明確に知ることができるとあぁ!と思いつつ、不思議だなとも思った。
ちょうど、hydeが苦しかった時期、自分も谷底にいたりしてらるくさんから距離取ってたりすることが多くて、何か感じてたのかなっていうか、何かを受信してたのかなって今思えばなんだけど。
当時はなにも知らなかったけど、色んな噂もあったのも事実だし、それでも知らず知らずのうちに何かを受信して自分も谷底だったんだとしたらおもしろいなとも思ったりww
なんだかんだと結局らるくさんというかはいたんに振り回されまくってる自分が可笑しくもあったりするし。
でも、それでも本望なんだからイタイな、自分。

という、らるくさんとファンの歴史を振り返る国営放送らるくさん20周年特番でした。
ここまで長々、お付き合いくださったみなさん、ありがとうございます。

2012-02-11 15:55 | カテゴリ:ちょこっと*ハンドメイド

青エプの会。


青色エプロンの会…。
職場の仲良くして頂いているみなさんとお揃いでエプロンを作ってるんです!

やっとこさポケットつけ…。
遅くてすみません
頑張ります!

タグもいいでしょ。
2012-02-11 10:48 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
昨日、やっとこさ抽選会場へ行ってきました。

そしたらあれって、リキッドルーム行きとUST行きを選ぶんですね!
ゆん、てっきり①リキッドルーム当選 ②UST当選 ③ALL落選のどれかだと思ってたんですよ。
だからリキッドルームはどうでも、UST当たればなぁとか漠然と…。
むしろUSTは全プレでしょ!くらいのお気楽な感じだったのに、USTでも落選するとアマリリスさんのコメントにあってびっくりした。

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ えっっ!!もしかして通常盤も買わなきゃダメなん???
いや。
今、そんな予算はありません。
忘れてたけど、VAMPSのDVDもそろそろでは…?(相変わらず発売日の分からない人)

とかなんとか思いつつ、とりあえず帰ったら抽選会場に行かなきゃと手にマジックで書いて忘れないようにしてやりましたよ。


(@ ̄Д ̄@;)え―――――っと、このQRから飛べばいいぴぽ?

(@ ̄Д ̄@;)……抽選会場どこぴぽ??(下のほう)


( ̄□ ̄;)!!えぇっ!!777(リキッドルーム)とUST選ばないとダメぴぽ???

ヾ(▼ヘ▼) 777にしろよ!(悪魔の囁きのつもり)

(o^-')bダメだよ!ここは確実狙いでUSTにしよう♪当たったら鑑賞会できるよ!(天使の囁きのつもり)

(*∂∀6)リキッドルームで待ってるよ!(妖精の囁き)

(@ ̄Д ̄@;)……ほえぇぇぇぇ。

ヾ(▼ヘ▼) 777!!!

(o^-')b UST♪

(*∂∀6)りきっどるぅむぅ!

………………ぽち

ぱんぱかぱぁ―――――――――ん!!!!!!!!!!!!!

(o^-')b congratulations!
     USTREAMで生らるく賞!!


(@ ̄Д ̄@;)……ほえ?これ、アタリぴぽ?


てな感じで、おかげさまでUST*アタリました!
やった――――――!!!!!


というわけで、ワタクシですね、
みんなでワイワイUST鑑賞会をしたいのです!
これって何時スタートなのかよく分からないんですけど、都内開催できればと思ってます。

まだ誰にも声を掛けてなくて、ちょっと不安満載。
しかも、お友達の中には都内開催だとムリな方もいらっしゃるからお誘いも難しくて…。
ゆん的にも都内開催が限界だし。

興味を持たれたお友達のみなさん、UST落選しちゃったけどばたふりゃー何個も買えないよって方、UST中継をみんなでワイワイ鑑賞会しませんか?
メールアドレスご存知の方はどちらのアドレスからでも、ご存知ない方は右のメールフォームからご一報くださいませ。追って返信させて頂きます。

2012-02-10 07:46 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
| 壁 |д・*)……キャ

おはじゅかしい。

昨日、中途半端なアリーナならスタンドでよかったのに!とか叫んでみたんですけど、『ゆんちゃん、そこスタンドだよ』ってコメント頂いて、考えることしばし……。

そ――――だったかもしれない…。


慌てて横アリの座席表調べたら……
うきゃぁあ―――――――――――。そうでしたよね―――――――――――。

横アリなんて今となっては滅多に行かないし、すっかり忘却の彼方。

通常、他会場で言うスタンド席でした。
しかもステージ近そう!座席表検索大事だわ。
でもてっちゃん側…。けんちゃん…。
なんか、らるくさんだとかなりの確率でてっちゃん側が多い。
けんちゃん側って、覚えてるだけでも98年のハー火の代々木と20thラニバの2日目しか記憶にない…。
あとは、てっちゃん側かセンター寄り。
ここまでくると、けんちゃんに嫌われてるとしか思えない(TωT)




あ。
そうでした。



横浜アリーナ座席表解説でした。

横浜アリーナ オフィシャルサイト

横アリのおふぃがビックリするくらい親切な感じなので、ここで大体のことが分かるかと思います。
お手元のチケットの番号で検索すると、だいたいこの辺という感じで座席が分かります。


横浜アリーナ 座席表解説(not offi) 

もうちょっと詳しく知りたいとか写真で会場の様子を確認したいという方にちょうどいい感じです。
アクセスの注意点やお買いものというかお食事処情報なんかも書いてあります。
まぁ、ライヴ後に打ちあがりたい方はすでに調べて予約済みかと思うんですけど…。

でも、写真で会場の様子が分かるのでありがたいです。
ステージの見え方とか参考になるかと。
あとアリーナ席(通常のスタンド席)の注意点が書いてあります。

アリーナ席は可動席になっており、使用する際は体育館のスタンド席のように壁から引き出して設置する。そのため席の間にわずかながら隙間ができており、ここに荷物を落とすと構造上取り出すことができない。カバンのように大きな物は落ちないが、パンフレットや財布などの薄い物は落ちてしまう可能性があるため荷物の管理には細心の注意を払いたい。

そうか!
言われないとうっかりしそうなことも親切に書いてあってありがたい!!



というわけで、FC LIVEももうすぐですね!
確か、今日から追加分の受付が始まるかと思います!!

ゆんは残念ながら今回は諸事情あって、23日しか参戦できません…。
しかもライヴ終了後、速攻帰らなければ行けないのでライヴ後は誰ともお会いすることができません。
いつもより遅い開演にちゃんとアンコール終了までいられるかもちょっと心配…。
まさかの新横⇒東京間も新幹線移動になりそうです。

それに確実じゃない22日は行きたくても、申し込めないです。
申し込んでダメなら諦めもつくけど、自分で行けないからと諦めるのは非常に悔しいです(ノω・、)
あと何回はいたんに会えるか分からないのに…。
めたんこ可愛いはいたんが出てくるかも知れないのに…。
神セトリだったら…。
と、ホントに往生際が悪いってこのことだと思い知る。


FC LIVE追加分、申し込まれる方のご検討 お祈りしてます!
とわさん頑張ってね!(ひとりごと)



追記より2月10日分 拍手お礼
2012-02-09 14:36 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel

昨日、ばたふりゃーと一緒に来てた。

今朝、開封してみたらアリーナ席だった。
けど、中途半端なアリーナならスタンドでよかったのに…。
とか文句言ったりして。

行けるだけでいいと思わなきゃ…だよね。
2012-02-09 08:05 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel

おはよーございます。

昨日やっとばたふりゃーご到着しました。

今日から『未来世界』職場のお昼寝の時間にフル活用です!
2012-02-08 14:44 | カテゴリ:hyde*HYDE
昨日、HYDE本の感想を“やっぱりそうだったのか”っていう思いしかない、“それ以上でもそれ以下でもなく、淡々と受け止めた”って書きました。
今世紀最大級に好きなハズなのにあまりにもあっさりしてて、自分でもちょっとびっくりしてます。
だけど、今世紀最大級に好きだからこそ素直に受け止められたのかなとも思って見たり……。
ヒトの感情なんて、いい加減ですからね。


だから、“やっぱりそうだったのか”って感じたことだけ書くことにします。
書いてもいいのか分からないけど、ゆんのひとりごとだと思って聞き流して下さい。
この本を読んだ感想は読んだ人の数だけあると思いますし、別に必要のない個人的な感想です。




それでもよろしければ どうぞ。
読後の気分の善し悪しなど、責任は一切負いません。











【D】
“ある種、死神がつくような感じ”
“自分の意思に関係なく、ベランダの向こうに見えないロープで引っ張られているような…”
“自殺っていうのは、必ずしも何かを思い詰めてするんじゃないんだな”

この感覚、シンクロしてる……。
実はゆんにもこの感覚がある。今も。
ゆんはベランダから死ねるような高いところに住んでないので、高速道路を走ってるときが圧倒的に多いんだけど、“もう死んでもいいかな”って思うときがある。“いいかな”っていうより“逝っちゃえば?”って言うそれこそ死神だか悪魔だかの囁き。
こんなこと言うとhydeが傷つきそうだけど、DVDの中の歌の世界観に引き込まれてるときが圧倒的に多い。
多分、その力を借りて“逝け”って言われてるんだと思う。
だから本当に親しい人には、高速でゆんが死んだら“ついにやったな”と思ってって言ってるくらい。

だからこの話を聞いて、妙に納得した。
今のhydeからはこういう“死”を連想させるような要素はあまり感じられないけど、一時期“この人、大丈夫かな?”って思う時期があったハズ。
幸せじゃないのかなとか愛されてないのかなっていうより、“満たされてないのかな”っていう感じ。
表面上は間違いなく成功してるし、誰もが羨むような存在の人に違いはないのだろうけど、“孤独なんだろうな”っていうのが感じられて、ともするとこの感覚に持って行かれちゃうんじゃないかなって思ってた記憶がある。それが、hydeの言う“FAITH”の頃だったかどうかは定かじゃないけど。
儚いというかhydeの向こう側が見えてしまうというか、脆い存在の時を覚えてる。

VAMPSでチリのライヴを終えた後にも“もう死んでもいい”みたいな発言をしてたことがあったでしょう?
あの時は“この人やっと達成感というか充足感を知ったのかな”と思った。だからあえて言葉にできたのかなって思う。
もし、これがずっと以前に同じ言葉を口にしていたら、笑えない話になってた気がスル。


子どもの頃に自分が死に直面したり、どこか病んでたり(過去形だけど)、こういう感覚を知っていたりするからhydeの持つ世界観にも少なからず影響してるんだろうなとも思う。
何がhydeを救ったのか…。
救った?取り入った?
……なにが言葉として適当なのか分からないけど、公式には救ったなんだと思うし、多少の想像はできるんだけど…。



なんだかもうhydeを覆う影がなくなってきてるように感じていて、最近はめっきり健康的な感じですしね…。


達観してるっていうか、超越したっていうか、悟り開いたの?その年で?と思うことしばしば。
“我が人生に一片の悔いなし”っていうにはまだまだ早い。
そんなところも“神”って言われちゃう所以なのかななんて思って見たりもして。



後追いはしない。
残念ながら、きっと悔しい思いで見送るんだと思う。
ゆんも死後は何もない世界だと思うけど、ホントにそう思ってたんじゃやっぱりつまらないから、“いつか会える”って信じてる。

“また いつか 会える”






そう言えば、苗場で『宇宙の話して―――――。』って言われて(*∂∀6)『え――――――。』って言ってた。
どうでもいい話。思い出した。



追記より2月6、7日の拍手コメントお礼。
2012-02-07 14:48 | カテゴリ:hyde*HYDE
| 壁 |д・)……。







ども、ゆんでございます。




HYDE本……どうでした?
まだブログ巡りしてみなさんの感想読んでないんですよね。(とわさんのとこだけ読んだけど…)
だから、みなさんがどういう感想を持っているのか分からないんですけど、自分の感想を書くのには好都合かなと思いつつ、これを書いたら読みに行こうと思ってます。






DSC00579a_convert_20120206134529.jpg
HYDE本。
賛否両論なのかな?
あの本を読んでそれぞれの思いを抱いたんだと思います。
ゆんも読むまでは、なんのリスクを冒して今 喋る必要があるのかとか、過去を清算するときってどんな時なんだろうと、想いはネガティブな方向へ動いていました。

でも実は、ゆん的にはなんのダメージもなかったんです。
というか、あるのは“やっぱりそうだったのか”っていう思いだけです。
すごく淡々と“そうなのか”と受け止めました。
だから、それ以上の感想も実はないんです。
読み終えて、あぁなんか 今世紀最大級に大好きとか言いながら淡々としたもんだなと思いました。
どう転んでもhydeはhyde。
それが大文字であろうと小文字であろうと、たとえ本名の彼自身であろうと『はいど』だなと思うだけ。
残念ながら、ゆんは寶井さんとは出会わなかったので、その部分の彼がどんな人物であるかは想像の域を出ないけど、“hyde”を構成してることには変わりないハズ。
ただ、ゆんの職業的に家族をまるごと捉えることが多いので、その人物を見るとその人の背景まで見えてしまうのは職業病なのかな?ただ、今回は確かめる術がないから、それが正解なのか不正解なのかは分からないけど、hydeを構成している本名の彼(なんか、未だに堂々と書けない…)は、両親に大切に育てられてここまできたんだろうなっていうのは分かる。
だからこそ人を思いやれる存在になったのだろうし(曲がりくねってた時期もあったけどね)、人を赦せる存在になったんだろうと思う。
別に、彼を美化しようなんて思ってないけど、少なくとも自分のイヤな部分を人前で見せない努力は素晴らしいと思ってる。人間、誰しも毒を持ってるのに、今のhydeはそれを見せない。



かつて、hydeは心に拭いきれない闇を抱えていた。
そこまでに至った理由はどこにあったのか。
それを取り去ったものの存在は。




過去の清算と未来への展望。
hydeが私たちに伝えようとしたその気持ちをどう受け取ればいいのかな。




ただ、あるのはhydeが残したかったその気持ち。
“ありがとう”とは受け取れないけど、今は素直に“そうだったのね”と受け止めたいと思う。
やっぱり、それ以上もそれ以下でもない。




ただ願うのはhydeがhydeでいること。







時間があったら続き書きます。
2012-02-07 14:07 | カテゴリ:未分類

アマリリスさんに頂いたお菓子。
『ARC-EN-CIEL』というバームクーヘン!

頂きまぁす。
2012-02-06 07:51 | カテゴリ:hyde*HYDE
あれから、1週間ですね。
楽しい時が過ぎるのは早くて、ホントにあの日は存在したのかと思ってます。

夢のようでしたと言う方もいらっしゃるけど、ゆんは夢と言うより“存在したのか否か”のような気がしています。
写真が残ってるから、存在したんだろうと思うけど、あの日の吹雪と一緒に消えてなくなってしまったかのような不思議な日でした。



1月29日
特別な1日の番外編を残しておきます。(長いですよ…。)




11:15
この日、地元の上毛高原駅までNORIさんをお迎えに行くことになっていたのにも関わらず、遅刻しそうなことが発覚!!
原因は普段、テレビを見ないのに勝手に『この番組は11時に終わるから、そしたら出かける準備をしよう』と思い込んだこと。そこからあわてて準備をしてお家を出発。
なんだかんだ20分ちかくもNORIさんをお待たせしてしまいました…。
実はNORIさんとは初対面だったんです。
ブログのほうにコメントを下さいまして、色々苗場に行くのが大変そうだったのでお声を掛けさせて頂きました。
去年、とわさんにラルカフェに誘って頂いたのを思い出して。
NORIさんとは失礼ながら年齢も離れてるんですけど、同じhydeファンてことでそういう壁みたいなモノは一切なかったです。

そうこう言いながら車で苗場へ向かったんですが、やっぱりね…。
雪でスリップしたらしく途中、事故車はいるし、もさもさ雪が降ってるし…。


13:30
DSC00581a_convert_20120206053123.jpg

なんやかんやで到着した苗場は吹雪でした…。
わりと早くに到着できて、上毛高原駅から45分くらいだったかな?
いくら雪が好きでもやりすぎだろ…とか思いながらホテル内へ。
ゆん、4号館入るの初めてなんです。
5.6.7号館はバイトしてた地なので珍しくも何でもないんだけど、初4号館にちょっとドキドキ。
でね、ここで7号館は存在しないらしいことが発覚。
バイトしてた頃、6号館の建物の曲がった先のところを7号館と言ってたんだけど、どうやら通称名だったみたい。
正確にはあっちのほうも6号館だったっていうww

で、その4号館のロビーでビックリ(((゜д゜;)))

すでにチェックインの行列がスゴイことに……。
しばらく並ぶかどうか迷ってたんだけど、やっぱり並ばないとってことで行列の後ろへ。
この行列、3号館を通り抜けて2号館のほうまで繋がってるんですよ!
この時点で16:00開演に疑念が……。
どう考えてもムリじゃなかろうかと…。全然進まなかったしね。
トータルで1時間半くらい並んだのかな?
何しろひとりじゃなかったので、お喋りしつつだったからそんなに時間は感じなかったけど長かった。
その行列の途中で、渋谷の(*∂∀6)降誕祭でお会いするはずだったアマリリスさんに発見して頂きました。
アマリリスさんとも初対面だったんですけど、『よくわかりましたね』なんてはじめましてもないうちに呑気なことを言ってしまう始末。
なんだかhydeファンの方達って、どなたも初めて会った感がないんですよね。
なんか昔から知ってると言うか、『久しぶり』な感覚で…。

そんなこんなで行列の途中で本人確認に行きつつ、無事チェックインを済ませてお部屋にたどり着いたのはギリギリ16時前…。

ほっと一息もないうちに同室さんとご対面。
名古屋の方で、多分同年代くらいじゃないかなぁと思ってます。
羽根ちゃんのクッキーをお近づきの印にお渡しして、ご挨拶もそこそこにライヴへ向かいます。

t02200391_0480085411775792364_convert_20120205132910.jpg
この日のチケット。
珍しい形です。


そうそう、プレボにネイルセットを突っ込まなきゃと思って持参。
ちゃんとポップアップカードも添えました。
少しだけですけど、こんな感じのものです。

t02200391_0480085411775792274_convert_20120205132450.jpg
表紙。
Baby hydeにしようかどうしようかさんざん悩んだけど、やっぱりここは羽根ちゃんで。

t02200391_0480085411775792281_convert_20120205132548.jpg
この羽根ちゃん、ちょっとだけ立体なんです。
まわりのシルバーの部分も最初はスタンプだけだったんですけど、なんとなく納得がいかなくてモチーフをカッターで抜きました。
なので、単独で見ると紙製のレースになってます。


t02200124_0800045011775792292_convert_20120205132624.jpg
薔薇たん。
写真の見キレてるほうにメッセージを書いてます。
大したことじゃないんだけど、一応なんか書かないとかな?と思って。

t02200124_0800045011775792314_convert_20120205132657.jpg
カードをきれいに広げるとこんな感じです。
障子紙+画用紙でできてます。

t02200124_0800045011775792336_convert_20120205132742.jpg
バースデーケーキの部分。
3段重ね!

t02200391_0480085411775792347_convert_20120205132835.jpg
薔薇のモチーフの部分はカッターで抜いてます。
薔薇の色も障子紙を絵の具で染めたものです。@アナログ

今思えば、Self portraitとか作るような人にポップアップカードもないだろうと思うけど、ちょうどハマってしまったので……。


16:21
ライヴがスタートしたのは予定より21分ほどあとのことでした。
後から聞いたお話だと、開演が16:30になったらしいですが、全員入ったのが確認されたのかこの時間でしたね。
ライヴのお話は下記を参照して下さるとありがたいです。
ROENTGEN NIGHT in 苗場 その1
ROENTGEN NIGHT in 苗場 その2


まさかこうしてROENTGEN NIGHTに参加するとも思ってなかったし、感動というよりはもっと漠然とした感情で観ていたように思います。
決して広くはない空間で、ともするとマイクを通さなくても声が聞こえる場所だったので、不思議な感覚でした。
でも、温かくて優しい時間。
やっぱりhydeの声が好きだなとか、hydeの創りだす曲やその世界観が好きなんだなって再確認もしたし、この場にいられることに妙に安心したりして…。
コメントくださった方が『hydeが優しくハグしてくれたライヴだったんですね』って仰ってたんですけど、まさにその通りだなって思いました。
ホントに会場中を包み込むような温かさ。
1曲1曲お話を挟んでくれて、ゆったり話すその姿がなんとも可愛くて。
本を出して達成感があるのか、充実感があるのかわからないけど、“歌が好きになった”というように伸びやかでした。
らるくのhydeでも、VAMPSのHYDEでもない違うヒト(*∂∀6)
だけど、やっぱりはいど。

なによりも“お誕生日おめでとう”と言えるそのことが嬉しくて。
それに、蝋燭を一つ一つ消す嬉しそうなHYDEを見てるのがなにより嬉しくて。
毎年、本人不在だった日に本人が存在する不思議さも感じながら、やっぱり思うことはhydeのお父様とお母様に感謝してますということ。
この温かな空気が象徴しているように、両親に大事に育てられたんだなって感じられて。
こんなにも愛されてるhydeがなぜだか誇らしかった。
“おめでとう”って言ってるのに、“ありがとう”も言いたい。
生まれてきてくれてありがとう。


18:57
そんなこんなでライヴの終了は18時半頃だったと記憶してます。
ライヴ前にアマリリスさんとご飯のお約束をしてたので、待ち合わせて行くことに。
その前にHYDE ROOMの整理券がどうたらこうたらっていう話もあったんだけど、まだ時間があったのでとりあえずご飯。
アマリリスさんとバスでご一緒だったNさん、NORIさんとその同室さんの5人でディナーです。


t02200124_0800045011775792367_convert_20120205132949.jpg
相変わらず主食のないメニュー。
蟹さんともち豚のしゃぶしゃぶとサラダと海老マヨと杏仁豆腐。
あとコンポタをキッズコーナーから頂いてきたり、紅茶を持ってきたりしてもぐもぐ。
普通においしかったです。
ここで軽く今後の予定とか計画を立てながら、軽くライヴの感想とかも言いつつ、ホントにみんな初対面なのか?って感じで和やかでした。


さてさて、お腹もいっぱいになったところでHYDE ROOMの整理券とやらをもらいに行くことに。
ところが5号館の入り口からまた行列が……(  ゚ ▽ ゚ ;)

20:17
しかもこの行列がHYDE ROOMの行列なのかグッズの行列なのかイマイチよく分からなくて、どっちにしても結局並ばなきゃなので並んどく。
途中でどうやらこの行列はなんの行列か分からないってことで、アマリリスさんと探検隊。
行列の先頭まで行ってみると、HYDE ROOMの整理券は並ばなくてももらえることが発覚し、このボードを前にアマリリスさんと緊急会議。
t02200124_0800045011775792377_convert_20120205133025.jpg

で、結局“7”の回(24:00~)のを頂くことに。
今思えば、“6”でもよかったんだけど、なんだか条件反射で“7”に…。

そんなこんなで結局、グッズの列に戻ってそのままお買いもの。
“スノボストラップはいらないでしょう!”とか“自分が好きだからって!”とか散々なことを言いながら列は進み、物販のお姉さんにも『ストラップ以外で!』とあっさり告げてみた。

DSC00564a_convert_20120205150351.jpg
ハンカチ?バンダナ?のセット

DSC00566a_convert_20120205150622.jpg
表表紙と裏表紙って言うんでしょうかね?
紙製のものに包まれて入ってます。

DSC00565a_convert_20120205150508.jpg
中を開くとこんな感じ。
はいたんのお顔のほうがなんだかハナの穴が広がったみたいに見えて笑うww

DSC00567a_convert_20120205150800.jpg
2枚組を広げたところ。
なかなかのhyクオリティ。

DSC00568a_convert_20120205150928.jpg
ちゃんとタグに“THE HYDE”って入ってる。

ゆん、これにお弁当包もうとか言ってたんだけど、結局もったいなくてまだ実行してない…。


あとは、
DSC00569a_convert_20120205151049.jpg
Tシャツ。
あんまり普段グッズものでTシャツって買わないんですけど、今回は買いでしょう。
久しぶりに着たいと思えるものに出会った感満載。

DSC00570a_convert_20120205151211.jpg
表身頃のアップ。
ね?いいでしょ?
hyクオリティでしょ。

DSC00574a_convert_20120205151723.jpg
後ろ身頃のアップ。
ね?

DSC00571a_convert_20120205151327.jpg
表袖のアップ。
ここにも模様が入ってんの。細かい。

DSC00572a_convert_20120205151440.jpg
後ろ袖のアップ。


DSC00573a_convert_20120205151604.jpg
これにはタグがなくて、直接プリントしてあるの。
はいたんものってゴシックで嬉しい。
コレ、普段着てても大丈夫。ゆんのゴシックちゃんなお洋服とベストマッチすると思うわ。


それから、
DSC00575a_convert_20120205151852.jpg
トートバッグ。
これも同じ柄。表。

DSC00576a_convert_20120205152009.jpg
トートバッグの裏。

DSC00577a_convert_20120205173026.jpg
バッグの持ち手にはやっぱり“THE HYDE”の刻印。
さらっと使えてしまいそうなのがいい。
でも、結構大きめだし、口も広いからちょっと加工してから使おうと思ってます。



グッズ購入後はやっぱりここでしょう。

21:41
DSC00417a_convert_20120205152455.jpg
リアルお誕生日会に乾杯です。
どれにしようか迷ったけど、みんなで飲めるように3種類。

DSC00418a_convert_20120205152629.jpg
ノンアルコールカクテル【OASIS】
*オレンジジュース
*パイナップルジュース
*グレープフルーツジュース
*モナンブルーシロップ

これは、フツーにジュースです。柑橘系の味でグレープフルーツが強いかな?

DSC00419a_convert_20120205152742.jpg
【SECRET LETTER'S】
*カシス
*クレームドバナナ
*レモンジュース
*クラブソーダ

バナナ……。
これが一番おいしかったです。
ほとんどカシスなんですけどね。最後になると底のほうにカシスが溜まって濃い~の。
うわ、混ぜとけばよかったってくらい。

DSC00420a_convert_20120205152900.jpg
【WHITE SONG】
*日本酒
*カカオホワイト
*マリブ
*牛乳

ゆんはほとんど日本酒は感じなかったんですけど、牛乳は分かったww
ココナッツな感じもあったかなぁ?
グラスのまわりについてるのはお砂糖なんですよ、甘いっていう印象。


DSC00423a_convert_20120205153028.jpg
『苗場の夜とはいたんのお誕生日に乾杯!』の図。
やっとですよ…。
やっとお誕生日らしさが出てきた…。
よかった!

このスペースでははいたんのPVとかあの映画wwとかオフショットっぽい写真なんかが流れてましたね。
それを眺めながらまったりな人もいたし…。でも全体的に落ち着いた雰囲気でしたよ。

DSC00510a_convert_20120205153509.jpg
ケーキ。
はいたんのお誕生日ケーキのおすそ分けです。
はいたんがステージに出てたのをちょっとずつ食べられるみたいなこと言ってたけど、実はそうではなくてちゃんと別に人数分用意してあるよってことだったのかなぁって今頃。
この時はそんなこと思ってないから、あの模様がないじゃんとかはいどの顔はどこ行ったとか言ってましたけどww
ちゃんと用意されてたのね。
ありがとね、はいたん。(ま、予算のうちでしょうけど←可愛くない…)

22:00
このあと実は、HYDE ROOMひとり2回くらいは入れるってことが発覚して、“4”の回(22:30~)のチケットをもらってて、その時間が迫ってたので並ぶことに。(並んでばっかり…)
そこで、並んでる間に記念撮影しつつ。
HYDE ROOMのお話は下記参照でお願いします。

22:30
ROENTGEN NIGHT*HYDE ROOM in 苗場 その1
ROENTGEN NIGHT*HYDE ROOM in 苗場 その2


1回目のHYDE ROOMを堪能してちょっとブレイクタイムです。
HYDE ROOMの下の階はすぐゲレンデに出られるようになっていて、夜間でも施錠されてないんですね。
DSC00508a_convert_20120205153208.jpg
吹雪の写真を1枚。
雪だるまも作りたかったけど、この吹雪では絶対ムリ…。
『うひゃ―――!!!寒すぎだよ――――!!!』とか騒ぎながら2階へ戻ってきたら、なんだかHYDE ROOMの前がプチ人だかり。
なんぞ?と思って近づくと今日のスタッフタグを手にしたお兄さんww
DSC00509a_convert_20120205153351.jpg
みんなでコレを写メってました。
『もう、ホントに怒られるんで、これで最後で!』と言われつつ撮ってきました。
これ載せたら怒られるかな?

23:00
そんなこともありつつお誕生日会の第2回戦目。
DSC00512a_convert_20120205153632.jpg
今度はみんなでカシスです。
あ、違った【SECRET LETTER'S】というカクテル。
ゆん、ホントは飲めないんですよ。
呼吸困難になるんです…。(ご迷惑)
でも、自分の許容範囲も分かるので、大丈夫な程度に頂くことに。
DSC00513a_convert_20120205153811.jpg
本日、2回戦目!
『苗場の夜とはいたんのお誕生日に乾杯!!』
口当たりいいし、もともとカシス好きなのでついついいっちゃいますね!
最後は濃くて…、氷が食べたいとか言って氷ボリボリ…。
なんだかんだしてるうちにHYDE ROOMも2回戦目に突入のため、また並びます。(1日中並んでる…)

23:30
並んで待ってるとき、やっぱりというか眠気が突然襲ってきてですね、座ってちょっとお休みモード。
普段飲まないものを飲むと大変です…。
そのうち、スタッフのお兄さんが『立ってください』とか言いやがってですね、立てばふらつきドアにぶつかると『そこ寄りかからないで下さいね!開いちゃうんで!!』
………分かってますよ。別に寄りかかったわけじゃないですよ。
ただ単にふらついたんですよ!!!
誰かさん(*∂∀6)じゃないけど、小さいことにいちいちムカつきます…。
ていうか、ここ施錠しとけよ!
Self portraitの真裏のドアですよ、開いたの。ダメでしょう…。


24:00
さて、HYDE ROOM2回戦目の目的ははいたんの石膏のお顔でした。
詳しくはHYDE ROOMのレポを参照くださいましね。

アマリリスさんとNさんと並びながら、あんなことしたいとかこんなことしたいと言いつつ実行。
でも、思いとどまったこともあるんです……。
ちょっとゆんの中の良心が動きまして……、『はいたんにそんなことしちゃいけないわ』ってやめました。
でも、並びながら大爆笑。
後ろの方はきっとドン引き…。
すいませんでしたね、なんだかそんなにHYDEに対して美化したイメージは実際のところ持ってないので。
妖精だとも美人だとも言ってるし、思ってるけど……。
それとこれとはまた別で。
なので、ゆんはぷぅに留めておきましたよ。

HYDE ROOMの30分はあっという間ですね。
写真撮って、ちょっとはいたんの作品見てるだけで終わっちゃう……。
そんな繰り返しでした。

お部屋に帰る途中、HYDE ROOMの整理券配ってた場所を見るとまだ結構残ってたようですね。


24:30
その後は一応大人しくお部屋に帰ることになったんですが、NORIさんとその同室さんがご一緒してたこともあってまたお部屋に集合することに。
まさか、こんなふうにみんなで夜を過ごすことになるなんて思ってなかったから、お菓子とかの用意もなくて…。ちょっと後悔しましたね―――。
飲み物とかお菓子とか用意しとけばよかったなぁって。ホテル内のコンビニというお土産屋さんもすでに閉まってたからね、ホントになにも用意できなかった…。

でも、そんなことが気にならないほどhydeのことをお話しましたね。
妄想話もリアル話も。結構、色々お話したと思うんですよね。
こんなふうにhydeのことを色々お話したり、聞いたりする機会ってホントになかったから凄く新鮮だったし、おもしろかったです。今後、こんな機会滅多にないと思うし。

ご本人参加の誕生日会を部屋のテレビで中継しろ!とか言いながら、静かに盛り上がりました。

話題は尽きなくて、気づけば朝方だったのかな?
一晩中、ゲレンデの整備をしてるんですよ。ブルドーザーで慣らしてるの。
それをみながら『明日スノボするのかなぁ?』『いやいや、飲み過ぎで起きられないでしょう!』とか年寄扱いしつつ、もうこのまま朝ごはん行こうって感じでした。

結局、最後の2時間くらいはみんなちょっと仮眠とったりしてて、ゆんははいど本読んでたんですけど。
まったりしながら、朝ごはんの時間に。



7:30
朝ごはんです。
徹夜明けの朝ごはん、結構お腹空いてたんですよね。
ここでもやっぱり主食のないゆんの朝ごはん。
記憶が朧なんだけど、『なんで、はいどはあんなに納豆が好きなのか』とか言う話題も出たような気もしつつ、
画像はないんですけど、確かトマトジュースにコンポタ、サラダ、スクランブルエッグ、ウィンナー、ハッシュドポテトだと思ったらコロッケだったのと、フルーツポンチ、コーヒーを食したハズ。



8:30
それぞれのお部屋に帰りました。
結局、ここでお別れになってしまったアマリリスさんとNさん。(お世話になりました。ありがとうございました。)
お部屋に帰ると同室さんもいなくて、しばらくしてから帰って来られたんですけど、またお友達のところに行かれて、ほとんど顔を合わせることがなかったですね…。
同室さんもお友達のところにお泊りだったようで、ベッドがキレイなままww
きっとどこのお部屋もそうだったんだろうなって思いつつ、シャワーして早速ブログの下書きを始めました。




11:00
チェックアウトの時間なのでお部屋を後にすることに。
この後まったりしてから帰る予定だったんですけど、急遽用事ができまして……。
NORIさんを駅までお送りできないまま帰ることに…。


4号館にあったツアーデスク。
DSC00557a_convert_20120206133152.jpg


と、
DSC00558a_convert_20120206133401.jpg
リフトの割引券。


ゆんが帰る頃、ちょうど新宿行のバスも出るところで寂しさ倍増……。
こんな形でこの地を離れる寂しさはハンパなかったです。
思わずこんな写真を車の中から撮ってしまいました。


DSC00582a_convert_20120206053234.jpg
お米の国側。

DSC00583a_convert_20120206053353.jpg
温泉の国側。

違いが分かりますかね?
道路に雪があるかないかなんですけど、ただトンネルを越えたか越えないかの違いだけで道路状態がここまで違うんです。
お米の国の雪の多さはハンパないですね。津南とかのほうが降るみたいですけど…。




あ。
忘れてた。

本人確認した時にもらったお土産と言う名のプレゼント。

DSC00559a_convert_20120205152133.jpg
袋にもちゃんと印刷されてるHYDEの文字。

DSC00561a_convert_20120205152234.jpg
こんなケースに入ってました。
これもちゃんとはいたん仕様。

DSC00563a_convert_20120205152338.jpg
中身はやっぱりはいたん仕様のネックレスでした。
噂では、ゴールドとシルバーの2種類が存在するみたいなんだけど、ゆんはゴールドしか見てないです。
シルバーも見て見たい!


楽しかった1月29日。
本人不在のお誕生日会だった日が、本人参加のお誕生日会に変わった日。
なによりもHYDEの嬉しそうな笑顔が忘れられない1日でした。

お会いして頂いたみなさん、一緒に過ごしたみなさん、本当にありがとうございました。
また、遊んでやってくださいね!
2012-02-05 10:53 | カテゴリ:L'Arc〜en〜ciel
ちゃんと起きて見ようと思ったのに……起きたら5時だった……。

なので、今頃見てます。




感想、ざっくり言うと
①リーダーの努力と自信
②テレ朝のらるく愛
③はいたんのお歌
④タバコは特効
⑤ドラムのカメラアングル

……ってところでしょうか。
個人的なゆんの感想とかいらないと思うけど、とりあえず、この感想書いてみる。



①リーダーの努力と自信
普段、スゴイ雑に扱ってますけど、ホントにリーダーには感謝してます。
はいたん本を読んでからは今まで以上に感謝してます。
リーダーのね、はいたん愛をすごく感じてる。

番組のインタで“気配り”と“根回し”って言ってたのが印象的。
その言葉のとおり、根回しなんだろうな……って思う。
バンド内で根回しってちょっと笑うけど、笑いごとにならないためのリーダーの努力なんだなぁって。

リーダー、ホントにらるくさんが大好きなんだなぁって感じた。
なんだろ、今までも知らなかったわけじゃないんだけど、テレビを通して言われちゃうと取り消しの利かない事実になるから(事実なんだけど)っていうのと、らるくさんを知らない人にもその事実が周知されるからなのか、分からないけどそれを感じたな……。

はいたんが“ソロやりたい”って言ったら“いいよ”って言っちゃうリーダーの器の大きさに感動。
ありがとね、てっちゃん。

個人面談……。
ご苦労様です。
年、何回くらい個人面談があるんでしょうか???
てっちゃん、禿げない程度にお願いしますね。

今まで以上にてっちゃんを大事にしようと思いました。
バナナ投げてても、わっしょい言ってても、大事にしよう……。うん。




②テレ朝のらるく愛
最初はどこの馬の骨ともわからないバンドだったと思うんですよ。
出てすぐに消えてしまうのも多かったし、まだまだ一般受けするには程遠いし…。
まず、当時 テレ朝がらるくさんをブッキングしてくれたことに感謝します。
最初から、らるくさんは他のどのバンドよりも“魅せる”ってことに長けてたし、プロデュース力も高かったけどゴールデンの番組に出るにはどうかなとも思えるバンドには違いなかったと思うんだよね。それをブッキングしてくれたってことが嬉しい。
テレビで観られる嬉しさもあったもんね。

時を追っていくとやっぱり感じるのはテレ朝のらるく愛。
セットやらカメラアングルやら考えてくれてるんだなっていうのが分かる。それが結果的にどうこうっていうのも賛否両論だし、いろいろ文句も言ってきたけど、ほかのどの番組より努力してくれてるのが分かるから愛を感じるだろうな。
浸食とかあんまり覚えてなかったけど(え?)あんな感じだったんだなとか、叙情詩とか、最近で言えばXXXとか。テレビの枠で言ったらスゴイ努力なんじゃないかなって思った。



③はいたんのお歌
時を追って見て思うことは“苦しそうに歌うな”っていうのと、“お上手じゃないな”っていうこと。
いやいやいや、多分ね、当時から十分お歌はうまかったんですよ。他のバンドなんかに比べたら格段にうまかったと思いますけど、対hyde比としてね、やっぱり上手ではなかったよね。
それでも当時はね、そんなことこれっぽっちも思ってないから、テレビに出てくれるのが嬉しくて、毎回楽しみにしてたし、毎回録画して何度も見てたし、hydeが笑わないのも別に不思議じゃなかったしね。
ただ、毎回テレビの時はヒヤヒヤしながら見てたんだけど(お歌がうまくいくかなって)、20年の歴史の中でドキドキしなくなったのはごく最近じゃないですか?違う?少なくともゆんがドキドキしなくなったのはここ最近です。
こうして見るとBLEESあたりから安定してきたのかなって。
ソロをやるってなったときは、色々思ったし、悶々としたし、でもやっぱりhydeの曲とか歌が好きだから、なんだかついてきてしまったけど、結果的にVAMPSやっての安定だったなって思いました。
多分、VAMPSにたどり着くまで長かったんだろうな……。
それまでは、歌うのもなんだか苦しそう。絞り出してる感じで。
でも、当時はそんなことに全く気付いてなかったけど。
今頃になって“歌うのが楽しい”っていうようにGLMWあたりからは伸びやかに歌ってる気がする。
それでもやっぱり、テレビでは伝わり切らないのが凄く残念に思う。



④タバコは特効
けんちゃんです。





⑤ドラムのカメラアングル
ゆっきーのことで言えば、ドラムを上から撮ってもらえて嬉しかったみたいなことを話してたんですけど、あの言葉がらるくのyukihiroを象徴してるなと思ったんです。
それまではあれだけのドラムセンスがありながら、なかなか認めてもらえないというか不遇の時代を過ごしてた感がすごくあって、なかなか光が当たらないな……とらるく以前は思ってて。
いつか、ゆっきーに光が当たればいいな、認めてもらえる環境が来るといいなって思ってたので、ゆっきーが嬉しかったというこのアングルが、らるくになってようやくyukihiroという人物が認められたんだなっていうのと重なってすごく感慨深かったです。




あとは、はいど本と重なるところもあるので、ここでは書かないことにします。



が、やっぱり99年の後半からの記憶がないな。
そのあとも曖昧な部分がいっぱい……。
らるくさんの活動の波と同調してんのかな???


ま、いいや。
どうでもいいゆんの個人的なテレ朝らるく特番の感想でした。



追記より拍手お礼です。
2012-02-04 07:12 | カテゴリ:hyde*HYDE
寒すぎて家中のものが凍りつくという恐ろしい現象が起こる温泉の国からおはよございます。
家の中が氷点下です……。


ROENTGEN NIGHTもついにSelf Portraitまでやってきました。
はいたんの作品を短い時間の中でじっくりと見るのはホントに大変で、いつか個展をやってくれたらと思わずにはいられません。
やっぱり実物を見るのと紙面で見るのでは違うから。
作品集もいつか欲しいなと思うけど、紙面だけではやっぱり質感やら表現方法やらが伝わり切らなかったりするのは残念ですよね。
それを思うと記憶にしか残らないけど、作品集より個展かな…と思うSelf Portraitでした。


はいたん本に載ってるのにはタイトルが書いてなかったんだけど、展示されていた作品にはタイトルがついてました。
もともとNews Makerでやってた頃もタイトルがあったんだろうけど、忘れてたし…。
今その雑誌を探そうにも多分、物置の奥の奥。ヘタするともうないかも…。
そう思うとやっぱりファイリングして保存しておくべきなのかな?
でも、Cielの会報みたいに捨てちゃったら意味ないし…。
悩みどころですな。



それでは、どうぞ。


DSC00446a_convert_20120204070701.jpg
【光あれ】


DSC00447a_convert_20120204070843.jpg
【紙一重】


DSC00448a_convert_20120204071019.jpg
【たくさんみてきたよ】



DSC00449a_convert_20120204071206.jpg
【コピーした物をシンナーで溶かしました。】


DSC00450a_convert_20120204133824.jpg
【鳥と私】


DSC00452a_convert_20120204134007.jpg
【磔】


DSC00453a_convert_20120204134138.jpg
【なめる愛】


DSC00454a_convert_20120204134305.jpg
【閉所恐怖症。】


DSC00455a_convert_20120204134436.jpg
【like flower】


DSC00456a_convert_20120204134723.jpg
【a wasteful thought 無駄な思案】


DSC00457a_convert_20120204134846.jpg
【天使の輪】


DSC00458a_convert_20120204135038.jpg
【なめんなよ】


DSC00459a_convert_20120204135200.jpg
【やめる気ないな】


DSC00460・\convert_20120204135329
【バイク】


DSC00461a_convert_20120204135458.jpg
【静寂を取り戻しました。】


DSC00462a_convert_20120204135637.jpg
【僕の部屋はパセリどころか、サボテンも干からびてた。】


DSC00464a_convert_20120204135800.jpg
【もう一人の自分を踏み台に】


DSC00465a_convert_20120204135932.jpg
【13日の金曜日午前零時に合わせ鏡をすると悪魔が通り過ぎるって知ってる?】


DSC00466a_convert_20120204140115.jpg
【ヴァンパイアって事。】


DSC00467a_convert_20120204140242.jpg
【もう一人の自分を射殺せよ】


DSC00468a_convert_20120204140410.jpg
【Good-bye earth】


DSC00469a_convert_20120204140710.jpg
【ニューヨークの地下】


DSC00470a_convert_20120204140836.jpg
【自分の作品にはよく砂漠が出てくる。そのイメージの一つ。】


DSC00471a_convert_20120204141009.jpg
【青春の岩場】


DSC00472a_convert_20120204141152.jpg
【溶解中】


DSC00473a_convert_20120204141310.jpg
【丸い地球】


DSC00474a_convert_20120204141445.jpg
【60's】


DSC00475a_convert_20120204141628.jpg
【未来世界。】


DSC00477a_convert_20120204141756.jpg
【最終的に50人くらいくっつけようとしてました。】


DSC00478a_convert_20120204142028.jpg
【お面ほしい?】


DSC00479a_convert_20120204142150.jpg
【青春の海岸。】


DSC00481a_convert_20120204142631.jpg
【悪魔の羽根】


DSC00482a_convert_20120204142742.jpg
【シャイニング】


DSC00483a_convert_20120204142908.jpg
【指を噛んじゃダメ】


DSC00484a_convert_20120204143043.jpg
【死の接吻。悩み多き年頃。】


DSC00485a_convert_20120204143158.jpg
【柘榴は人の味】


DSC00486a_convert_20120204143318.jpg
【あ、空に出ちゃった。】


DSC00488a_convert_20120204143450.jpg
【チェーンソー飛行】


DSC00489a_convert_20120204143608.jpg
【好きな子は食べちゃいたいほど可愛いってこと】


DSC00490a_convert_20120204143738.jpg
【この地図は爆心地】



これで、self portrait全部だと思います。(鬼のマスクはHYDE ROOMのほうにあります。)
順番が通りではないです。
しかも青い光が入っちゃってホント、見づらいんですけど少しでも作品のリアルさが伝わればいいかなと思います。


こうして見てみると、やっぱりどれも見たことあるなぁって思って…。
というより、毎月楽しみにしてた頃もあったんですよね。(忘れてたけど)

それと同時に自分の好きなものってブレないなとも思いました。
自分を構成しているものというか、根本はなにも変わってないのかな?
はいたんも“基本的にアートの感覚は変わってない”って言ってたけど、そういうことなんだろうな。
その言葉に妙に納得した。
HYDE ROOMで作品を見ていてやっぱりこれが好きだと思い返したのは【死の接吻。悩み多き年頃。】とか【僕の部屋はパセリどころか、サボテンも干からびてた。】とかね。すごくツボだなと思った。当時も凄く好きな作品だったなとか思い出して懐かしくもなったし、何年経っても同じ作品をいいと思うことって、やっぱりその作品の本質がいいからだと思うんだよね。
やっぱりはいたんの創りだすものが好き。
作品の表現方法を見てるとはいたんの言うように、ホントにアナログ。
でも、デジタルには表現できないものだし、その人がでるよね。
ゆんも作るものはほとんどアナログ。
アナログでしか表現できないものもあるし、デジタルを越える瞬間てのもあるし、やっぱりデジタルでは出せないものだと思った。
英字新聞に絵の具重ねたり、筆の線だったり、紙の重なりだったりはアナログじゃないとできないもんね。

こうやって見ると芸術の世界の人なんだなって凄く思った。
音楽の世界の人ではないのかな。
それでも、芸術と音楽の共存してるのがやっぱりhydeだと思う。

“鬱な美大生”これが生身のhydeを最初に見た印象。

強ち間違ってなかったと確信した。
その比率が大きいか小さいかだけで、やっぱりどこか病んでたんだと思う。
でも、悲しいことに芸術家って病んで作品を残すんだよね。
今は心に闇はほとんどないって言ってるけど、それは悟りの境地から生まれる作品なのか、それともほんの少しの闇から生まれる作品なのか。
少なくともゆんは、光の中から作品は生まれないと思ってるところがどこかにあるんだろうと思う。
自分も病んでる一人だと思うから。

hydeの作品を見るといつも思うことがある。
もし、彼に色が正確に判断できたなら、生まれる作品に違いはあったのだろうか?
答えはおそらくYesだろうと思う。
少なくともそれまで自信を持っていたそれらを失うことがなかっただろうから。
音楽の世界にいなくても、きっと絵やデザインの世界で彼は成功していたに違いないと思ってる。これまで歩んできた道同様に、きっといばらの道であっただろうけど…。

神様は当時の彼にとって一番大事なものを生まれながらに与えなかったけど、それ以上に輝く術を彼は知っていたんだなと思わずにはいられない。

なんだか、思わず涙があふれる作品でした。
羽ばたこうとして羽根がなくて、必死にもがいてるようで……。















最後はゆんの独り言です。
感想はその人それぞれにあるでしょうから、お聞き流しくださいね。

作品タイトルが間違えてるなどありましたら、お教え頂けるとありがたいです。




2012-02-03 14:54 | カテゴリ:hyde*HYDE
| 壁 |д・)……ぱんだちゃんのお部屋からこんにちは。
ゆんでございます。

え?仕事中じゃないのかって?
はぁ、まぁ……でもお昼休み中なので、大丈夫です!



ということで、お待たせしておりますROENTGEN NIGHT*HYDE ROOM in 苗場 その2
サクサク行っちゃいましょうね。

前回は、はいたんの愛でたい楽器たちまでだったので、その続きを…。

はいたんのお顔とお顔の間に、もう一つお顔があるんですよ。
DSC00495a_convert_20120203144004.jpg
はいたん鬼(*∂∀6)
ツノ生えてても可愛いってどんだけ無敵なんですかね?
今も若いと思うけど、お顔に初々しさが感じられてこれはこれで愛でたいわ( ´艸`)


あと、ゆんが異常に興味があるコレ。
DSC00440a_convert_20120203144823.jpg

遠すぎて分かりにくいですが、はいたん所有のアクセサリーの数々です。
DSC00530a_convert_20120203145008.jpg

ゆん、シルバーアクセが好きなんですよ。
しかも女子っぽいのじゃなくて、どっちかというと男子が着けてそうなちょっとごてっとしたのが好きなんです。
なので、このドーム越しにじっくり見てきました。
やっぱり、お好みな感じなのがあっていいなぁ、欲しいなぁって思いながら眺めてた。
そのうちの一つは小さいパーツの組み合わせで作ってあるのだったから作れないかなぁとも思いつつ。
DSC00534a_convert_20120203164047.jpg
DSC00537a_convert_20120203164240.jpg

アクセサリーの写真は結構いっぱい撮ったんですけど、なにがいいか分からないので、メジャーなところで林檎ちゃんとエンジェルハートが中心のを載せておきますね。
エンジェルハート、どうせなら黄色のが見たかったな…。
林檎ちゃんは初お目見えですね!
こだわった細工の感じがなるほどなぁって思いました。
この中に入っちゃうと他のアクセサリーともすごく馴染んでて、うっかりしそうでした。



蝙蝠さん。
DSC00496a_convert_20120203165138.jpg

ちょうど後ろにある青いライトがどうしても映り込んじゃって見づらいですね…。
3種類あります。




蝙蝠さんのとなりにははいたんのお顔があるんですけど、それは最後にして、ちょうどevergreenのはいたんの壁面の反対側にははいど本のはいたんのお写真が壁一面になってるんです。
DSC00445a_convert_20120203165521.jpg

麗しいはいど様です…。
きれいなおめめですよね。
何度も言うようですが、これが苦手でもあり、大好きでもありする複雑なゆんさんのファン心理です…。
どこを見てるんだかよく分からないこの瞳に振り回されまくりかと思うと多少、腹立たしくもあり、何を想ってこの表情を生み出すのかと思うと切ない気分にもなり…あぁ、複雑。



今回、呆れるくらいはいど部屋のシャンデリアを取りまくりました。
多分なによりも一番とりまくったのはシャンデリアです……。
DSC00434a_convert_20120203181734.jpg
まずは、フツーな感じで。

DSC00493a_convert_20120203181555.jpg
アップ。

DSC00556a_convert_20120203182037.jpg
シャンデリアからみるアクセサリー。

………なにしてんの?

やっぱり……、そう思います?
だってぇ―――、撮りたかったんだもの…。
キレイだったんだもの、はいど部屋のシャンデリア…。






さて、お待たせしました。
鬼のマスクを作ったとき石膏で型を取った時のはいたんでできたはいたんです。
お顔 触り放題。
お髪が長いはいたんと短めのはいたん。
もちろん、お好みはお髪長めのはいたんです!

まずは横顔から。
DSC00498a_convert_20120203181128.jpg
はいたん右顔。

DSC00497a_convert_20120203181004.jpg
はいたん左顔。

横顔ってこんなだっけ?とかはいヲタにあるまじき発言を堂々としつつ写真を撮ってました…。
ちなみにこのお髪ははいたんがくっつけたそうです。この間。

好きなだけ触ってもいいよって言われても……
どうしたらいいんだか……。
でも、やっぱりここは我が子のように愛でる。
DSC00515a_convert_20120203181255.jpg

可愛い(///∇//)
何だこの子(*∂∀6)めっちゃ可愛い。
石膏だけど可愛い。
でも、よく正面から顔見るとおかしいんですよ!
目を瞑ってるとかそういう問題じゃなくて、おかしいんです!
でも、可愛いんだなぁ――――。

そんで、2回戦。
DSC00516a_convert_20120203181412.jpg

お髪が短めのはいたんで(*∂з6)ぷぅぅぅ――――――
いやぁ――――――ん!!!!!可愛い。
ぷぅ可愛い。
ツケマ取れてたけど、可愛い。
愛でたいなぁ―――――。
深夜になにやってんだろと思いつつも、ゆんさんちょっとお酒入っちゃったのでテンション高めです…。

実は、このあともはいたんのお顔にあんなことやこんなことして楽しんでたんですけど、みなさんはいたんのお顔を愛おしそうにドキドキな感じで触れてらっしゃるというのに…。
ゆん達、かなり遊びました…。
でも、思いとどまったこともあるんですよ…。
さすがにそれをはいたんのお顔でしちゃダメでしょう…と。
けど、one more chanceあったら確実にやってたと思いますけどね…。
ゆん達の後ろに並んでた方達、きっとドン引きだったでしょうね。
まさかのはいど様にその仕打ち……。
ここにうpしたい気持ちもありつつ、怒られそうだしなぁ――――。今のところはやめておきます。

この次、こんな機会があるなら今度は石膏ではなくて、シリコン製がいいなぁ。
ぷにぷにしたいもん、ほっぺ(*∂з6*)

しかし、顔ちっさ(((゜д゜;)))
わかっちゃいたけど、ちっさ。
男の人の顔のサイズじゃないよね。
でも、嬉しいことにナイスはいどサイズな天使くんのお顔もこんなもん。
お家帰って天使くんのお顔で試してみました( ´艸`)
もう、こねくりまわしたいっ!(*∂∀6)ほど可愛かったです。

はいたん、お絵かきも上手だけど、造形も上手なのね…。
羨ましい…。
才能、分けてくれ―――――――――。











ということで、ROENTGEN NIGHT*HYDE ROOM in 苗場 その2はいかがだったでしょうか?
この後また、セルフポートレイト編として続きをお送りしたいと思ってます。



追記より拍手お礼!!

2012-02-03 14:07 | カテゴリ:hyde*HYDE
| 壁 |д・)……どうも こんにちは


ゆんでございます。

レポ、読んでいただけました?
あんな感じで大丈夫だったかしら?

ところで、HYDE ROOMなんですけど写真載せて大丈夫ですよね?(確認)

じゃあ、えぇいっっ!!!
どうぞ!!!
DSC00426a_convert_20120203065155.jpg

はいど部屋の入り口、両サイドはこんな感じです。
みんなここで写真撮ったりして、はいど部屋待機をしてました。


はいど部屋に入るためのチケット。
DSC00430a_convert_20120203065647.jpg


時間帯を選べる選択制で、早い者勝ちなチケット。
1~10までの番号があって、最初は7(24:00~)の回を取りに行ったんだけど、もう1回入れるということで時間待ちの関係で4(22:00~)の回を頂きました。


はいど部屋でまず迎えてくれるのがこの写真。
DSC00491a_convert_20120203070033.jpg
DSC00492a_convert_20120203070213.jpg
麗しいかんじのはいど様です( ´艸`)
あまりにもさっきのライヴで 出てきた子(*∂∀6)と違いすぎてなんだか違和感…。
え――っと、どちらのはいどさんでしたっけ?
はいたんを直視できないゆんにとってはこういうのコワイんですよね…。(写真撮るのは平気。目が合わないから…)


で、この壁の向こう側には
DSC00501a_convert_20120203070919.jpg
はいたん頭部レントゲン写真。異常なし!
DSC00502a_convert_20120203071101.jpg
はいたん胸部レントゲン写真。肺も大丈夫そう、異常なし!
DSC00504a_convert_20120203071231.jpg
はいたん腕部レントゲン写真。ん?骨、細っ!!

てな感じでレントゲン写真3連発。
どうせだったら、最近のレントゲン写真も見たかったな。
ついでに言うなら、CT画像とかMRIのとか…。
内視鏡でもいいんだけど……。



そして、可愛いROENTGENのあの子(*∂∀6)が!
DSC00432a_convert_20120203071634.jpg
わきゃぁ――――――――!!!!!
この子、おっきいんですよ!
壁一面この子(*∂∀6)なの。
可愛い子が壁一面て幸せな状況なんだけど、やっぱりゆんは怖くて近づけない……
この子(*∂∀6)の横で記念撮影してる人とかいたけど、絶対ムリだわ。やってみたいけど。


で、はいたんのお顔があるんだけど、それはまたあとでにして。
コチラ、近くで見ると凄いんです。
DSC00433a_convert_20120203132105.jpg

VAMPSで使っていたらしいマイクなんですけど、細工がスゴイ。
光が入り込んで少し見づらいけど、正面からぐるっと一周撮ってみました。
DSC00518a_convert_20120203132241.jpg
DSC00521a_convert_20120203132728.jpg
DSC00520a_convert_20120203132526.jpg
DSC00519a_convert_20120203132405.jpg
見えたかな?
ね。スゴイでしょ。一面が彫刻されてんの。
このこだわりもスゴイと思う。
はいたんらしいっていえば、らしいのかも知れないけど。
仕事が細かいです。




それから、はいたんご愛用の楽器(ほとんどギターですけど…)
DSC00507a_convert_20120203071835.jpg

これもぐるっと正面と裏と撮ってみました。
ゆん、楽器に関してあんまり詳しくないので、特にコメントは入れないことにします。
間違ってたりするとイヤなので…。
DSC00435a_convert_20120203134014.jpg
DSC00546a_convert_20120203134144.jpg

DSC00438a_convert_20120203134809.jpg
DSC00544a_convert_20120203135050.jpg

DSC00437a_convert_20120203134453.jpg
DSC00545a_convert_20120203134630.jpg

DSC00439a_convert_20120203135221.jpg
DSC00547a_convert_20120203135344.jpg

DSC00436a_convert_20120203134312.jpg
やっぱり同じところにキズってつくんですねー。
結構使い込んでる感が大きくて、じーっと見てきました。
ホント、普段は暗くて重い子(ゆん)なので、そんなのを見ながらいつも何を想って弾いてるんだろうとか色々考えてしまいました…。
あのever greenで使ってたギター。
はいたんが持ってるとなんだかすごく大きく見えてたんですけど、実物そんなに大きくないじゃんとか…、思ったとか思わなかったとかはナイショです。


これをわざわざこんなところまで運んでくれたんだなぁと思うだけで嬉しいですね。
しかも使用頻度の高いのばかりで、感慨深いです。






ということで、ここで1回休憩します。
また、その2も見に来て下さいね。
2012-02-01 14:55 | カテゴリ:hyde*HYDE
さて、前回はお水の飲み過ぎでおしっこに行きたくなっちゃったはいたんがホントにおトイレに立ってしまうという、前代未聞の微笑ましい(?)ハプニングまでのお話でしたね。
急に(*∂∀6)『なんかしゃべっといて!』とムチャブリされて思わず、キョドるjuにぃさん。
さぁ、はいたんのためにjuにぃは場を持たせることができるのでしょうか?????


ROENTGEN NIGHT in 苗場*感想 その2をどうぞ。



ju あの―――。
  えっと、すいません。
  なんか、うちの大将がもよおしたみたいで…
  あの……こういうのホント、苦手で……<はいたんのお椅子に前後逆さに座る>
  え――――――。<キョロキョロ>

ヽ(^O^)/ 歌って―――。

ju え ∑(゚Д゚)
  
  歌って???
  ムリムリムリムリ!!!!!!!!!!!!
  みんなそういうこと言って、あとで怒られるの俺なんだからね!

  え――――、じゃぁ――――。
  メンバーの今後の活動とか色々言ってもらって……

ということで、ゆきちゃんから自分のバンドのライヴ告知なんかを含めてお喋り。(ほとんど宣伝ですが…)
ゆきちゃんのあとは淳士くん。ドラムのところにはマイクがあったらしいんだけど、音声が入ってなくて、でも聞こえるという狭い空間ならではの感じもありつつ、あーだこーだ喋ってる間に暗幕隙間から影が……。

淳士くんの告知の間におトイレが終わったらしく、帰ってきたはいたん。
でも、淳士くんの告知が終わるまで陰に隠れつつ待ってあげるはいたん。
告知が終わるとそろそろと出てきてjuにぃに『終わった?』みたいなことを言いつつ着席。

(*∂∀6)ちょっと打ち合わせしてきました
     ……僕、そういうのしないんで
     僕のはね、飾りなんで…飾りがついてるだけだから
     打ち合わせだったんですけど

     ……なんの話したんだっけ?


     あ! <また思い出した>
     僕、お友達のところにガクトくんのこと書くの忘れちゃったんですよ
     そんなにいつも会うわけじゃないんですけど、
     約束をしてて…
     あの――、
お互い死んだら曲を書こうねって言う約束をしてるんですよ
     僕が死んだらガクトくんが曲を書いてくれて、ガクトくんが死んだら
     僕が曲を書いて、その印税をお互いの家族にあげるっていう約束
     
     まぁ、死なないですけどね
     
     あ、でもこの本そういう内容のところもありましたよね
     今は全然 大丈夫ですけど

     多分70歳くらいで老衰で死ぬんじゃないですかね
     縁側とかでお茶を飲みながら、こう湯呑がぽとっと落ちてね
     その横でタマが『にゃぁ~』みたいな

     笑

     そろそろ次の曲にいきますか
     SECRET RETTERS


M7*SECRET RETTERS
ゆん、この曲大好きなんですけど、なんか……
おトイレのあとの曲だと思うと……なんともなぁ――――。

MC*7
(*∂∀6)……え―――――っと<右振り返り、左振り返り。まるで何か探し物>

     なんか、みんなおしゃれしてきてるね
     ROENTGEN NIGHTだから着飾ってるん?
    
     あ。スノボとかみんなするん?する人―――――


ヽ(^O^)/は――――――い(ちらちら手が上がる)

(*∂∀6)へぇ、結構いるんやね
    もう、滑った?まだ?


ヽ(^O^)/はいどさんはぁ――――?

(*∂∀6)……ん?

ヽ(^O^)/昨日滑った?

(*∂∀6)……滑ってない

ヽ(^O^)/明日滑るの―――???

(*∂∀6)……あしたぁ……ん――???
    エヘヘ…
<完全ごまかしモード>

♪リアルお誕生日会♪
 Happy Birthday to you
Happy Birthday to you
Happy Birthday Dear HYDE
Happy Birthday to you

じんさんからHappy Birthdayのお歌が流れてくるとみんなで大合唱
一緒に祝える日が来るなんて夢にも思わなかったから
みんなに祝われてる目の前のはいたんが眩しくもあり、なんだか非現実的な光景だった

プリンスのスタッフがケーキを3つ運んでくると、それに続いて黄色い包み(だったかな?)の花束を持ったきゃずくんが登場。
実は、ゆんの位置からずっときゃずくんが見えてました。
赤と黒のボーダーニットに、カーゴパンツだったかな?
ホントにスノボしにきましたって感じで現れてくれて、きゃずくんの声援も凄かった。

K.A.Z HYDEおめでと――――。

人の誕生日ですらいい顔してるはいたん。
自分のお誕生日はもっと嬉しそうにするだろうなと思ってたら、やっぱりすごいニコニコできゃずくんから花束を受け取りました。

その後ろではケーキの準備をしつつ、客席からもケーキが見えないっていう声が上がったりしてきゃずくんが説明してくれました。

K.A.Z ケーキが3つあって。
    これは“HYDE”って書いてあって。(多分、上手側)
    ……これは、なに?HYDEの顔に髭が生えてるの?(真ん中)

ヽ(゜□゜)/えぇぇ――――――!!!!

(*∂∀6)違うよ、これ

K.A.Z あぁ、それか

(*∂∀6) <客席に向かって肩をすくめて“何言ってんの、かずくん”みたいなポーズ>

K.A.Z で、これは…なんだろう……素敵な…

(*∂∀6)これ(HYDE本の裏表紙きゃずくんに見せるはいたん)

きゃずくんがケーキの柄について悩んでる間にローソクの準備完了。
ここからはVAMPSでおなじみのお誕生日会in THE HYDEバージョンです!

(*∂∀6)いっちゃっていいかな?K.A.Z いってらっしゃい!<多分、juにぃも言ってるけどマイクなしなので…>


(*∂∀6)ゞいってきます!!! <メンバーや客席に向かって敬礼しつつ>
    <1個目のケーキ>ふぅぅぅぅ―――――

ていう感じで1個1個やってた気がする。
とっても嬉しそうでしたよ。
なんだかんだ、自分のお誕生日もみんながいるところでお祝いしたかったんだろうなって思った。
いつもとはまた違う、柔らかな笑顔を見せてくれて、ここにいられることをホントに幸せだと思いました。
HYDEである以上、一緒にお祝いはできないと思ってたから嬉しかったです。

全部のケーキのローソクを消し終わると、また嵐のようなおめでとうコールが!

はいたんだけじゃなくて、みんな嬉しいんだなっていうのが会場中に溢れてました。

そして、真ん中のケーキの端っこをぱくっと!
右側の口角にクリームがついてて可愛いのなんのって。愛でたい!

はいたんがぱくっとしそうなのを察して『フォーク持ってきましょうか?』みたいなジェスチャーしてたんだけど、そんなの待ってられないですよね。だって、はいたんだもの。
で、フォークを持ってきてくれたんだけど、その時にはもうお口についてたクリームもぺろんと舐めちゃって、お椅子に座ってたから時すでに遅し…でした。
しかも、次々片付けられてしまうケーキの存在に気付くと

(*∂∀6)え!みんなもってっちゃうの?
    せっかくだから1つ置いといてよ


というはいたんの切実な言葉に、はいたんのお顔のケーキ(多分)を置いて行ってくれました。


きゃずくんのお椅子やら譜面台なんかもセットされて、花束を抱えたままはいたんがお椅子に座ってます。

(*∂∀6)あとでみんなも食べられるからねぇ―――
    多分、ちょっとずつだと思うけど 


    あれ?
    かずくん、何しにきたの?
(わざとらしく)

K.A.Z チューニング???

(*∂∀6)チューニングしにきたの?苗場まで?
    
    板、全部持ってきたの?3つ


K.A.Z うん。もってきた。

(*∂∀6)どれがイチバン調子いいんですか?

K.A.Z 全部?

(*∂∀6)全部?
    まさか滑ってないですよね?


K.A.Z うん、今日はね。

(*∂∀6)オブリのミックス終わったんですよね?

K.A.Z うん。

(*∂∀6)最初、らるくと一緒くらいの時期にだそうねぇーって言って
    たんだよね
    もう、出るで。らるく。

    なんか久しぶりですよね?
    かずくん、曲いけんの?大丈夫?


K.A.Z <頷く>

(*∂∀6)じゃあ、THE CAPE OF STORMS聴いてください

M8*THE CAPE OF STORMS
ゆきちゃんがメインギターを担当して、かずくんはサイドに入ります。
なんだか花束を持ってピンスポに照らし出されるはいたんが幻想的できれいでした。
ちなみにカンニング用の歌詞は全曲映し出されてます
画期的な歌詞カンニング…

(*∂∀6) ……あ、今日1月29日だ

ヽ(^O^)/おめでと―――――

(*∂∀6)だって書いてあったから
    言わせようとして!みたいな
    
    えーっと、次の曲はSHALLOW SLEEPっていう曲なんですけど
    夢の中で好きな人に会う…っていう
    僕、なんかその“夢の中で好きな人に会う”っていう設定が好きで
    なんかせつないなぁって…
    聴いてください
    SHALLOW SREEP


M9*SHALLOW SREEP

MC*8

(*∂∀6)次で最後の曲になりました

ヽ(゜□゜)/え――――!!ヤダ――――――!!!

(*∂∀6)ねぇ、写真撮れる?
    全体が入るように撮れるかな?
    客電全部付けてもらって大丈夫ですよ

    <照明さんとかとやり取りしつつ、カメラマンさんにも全体が入れば
    取り方は“任せる”って言ってたかな>

    <準備ができるのを待ちながら>
    セルフポートレイトの展示でね、目玉商品があるんですよ
    売らないけど
    
    鬼のマスクってあったでしょ
    あれを作るときに石膏で型を取ってて
    それにこの間 髪の毛を付けて今回展示してあるんです

    僕の顔が触れるんですよ
    2つあってロングとショートとあるんで
    それを触れるんですけど
    壊れやすい素材なんで優しく触ってね

    最初、ちゅーしてもいいかなって思ったんだけど
    誰かがした後はイヤでしょ
    だからちゅーはなしで
 
    でも、そのまんまなんで……
    よかったら触ってください

    時間制限あると思いますけど

    今日はホントに、すごい雪の中を来てくれてね
    こんな僕のためにこんなところまできてくれて
    ホントに可愛くって仕方ないですよ

    これからはもっと歌を歌いたいなぁと思ってて
    らるくでもVAMPSでもね、いっぱい歌いたいと思います
    
    最後にみんなで歌ってほしいなって思ってて
    みんなで歌うと一つになれる気がして
    
    これは出逢いの歌なので僕たちの出逢いにも感謝して 
    みんなが歌ってくれると僕は嬉しいので
    誕生日の歌に歌って下さい
    
    今日は本当にどうもありがとう


M10*UNEXPECTEDなんだか神聖な気持ちになりました。
こうして初めて一緒に祝える誕生日が過ぎていくことに寂しさも感じながら、はいたんの温かさが伝わってきた。

(*∂∀6)またHYDE ROOMで!
    あ!僕、行かないですけど…
    楽しんでってください

    今日は本当にありがとう


メンバーがはけた後も、上手のほうへ進んでタイの人のように両手を合わせて『ありがとね』って感じでしたり、お手振りしたりしてしばらく客席を見渡したり…。下手へ行っても同じようにしたりしてました。
最後にまたセンターに戻ってきて、『ありがとう』って言って帰っていきました。

なんでしょ。
とても穏やかな空間でした。
たぶんそれは、はいたんが発するオーラがとても温かなものだったから会場全体がそういう雰囲気だったんだと思います。
終始うるさかった後ろの席の2人組がいてすら、そう思えたんだからはいたんの創りだす世界は大きいなぁと思いました。
あのね、はいたんがますます大好きになりました。
ホントに今世紀最大級です。
らるくのhydeでも、VAMPSのHYDEでもないはいどさんでした。
すごく優しい感じで、温かかったです。
優しい夜(?)をありがとう。
お誕生日を一緒に過ごせたことがなによりうれしかったです。


MCで書いてない部分、実はまだあるんですよ。
どこで喋ってたのか、分からなくなっちゃって…。
小さい頃、親戚のおじさんと歩いてた時の話とか咳していいよとかお水飲めば?とか『かわうぃーねー』って言ったのとか…。
あるんですけど、記憶が分解しちゃってパズルが合わなくなっちゃたんです。
あ。
ゆん、レポ書くときほぼ記憶のみなんですけど、全部パズルなんですよ。
記憶はほとんど分解されてるので、1個1個はめ込んで完成させていくんですけど、今回はみ出ちゃった…。
はみ出たMCもあとでこそっとどこかに書いておきますね。

ということで、ROENTGEN NIGHTのライヴのお話はおしまいです。
次回はHYDE ROOMのことやら色々 お喋りしたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。