-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-10 10:28 | カテゴリ:舞台衣裳
こんな事、言っていいのかなぁと思いながら、久々にブログ巡りしたら言わずにはいられなくなったというか、なんというか…。

あくまでも盛大なひとり言。




舞台演出って最終的には、作り手の超個人的な趣味でその善し悪しが決まるのかなって思ってるところがある。
自分自身の経験上(主に舞台衣裳を通した舞台演出・大ホールクラス)、もちろんその作品の題材やら時代背景、心情なんかを総合的に鑑みたうえで舞台演出がなされるものなんだけど。
ステージセットだったり、衣装、照明、映像…それらが全て合わさってるからこそ、舞台ものって「総合芸術」って言われるんじゃないかなって、思うわけですよ。
もし、それらの全てが別々の方向を向いて、バラバラだったら素晴らしい舞台にはならないわけだから、もちろん観客に感動を与えられることなんてないと思う。
でも、もし、すべてが別々の方向を向いてるんじゃなくて、その中のひとつにズレがあったらどうなんだろうと…。
作り手の意図なんて、残念ながら観客が正確に判断できる材料はないんじゃないかなって思うこともあるけど、その作品のテーマから、ある程度の方向性は絞り込めると思う。けど、もし、観客がその作り手に間違いがないと信じ込んでしまっていたら?
到底、そのズレには気づくこともないだろうし、逆に“新しい”と勘違いしてしまうかもしれない。
もし、一見、その作品のテーマに沿ったような演出であったとしても、その作品を潰すような演出だとしたらそれは演出として逸脱したものだと思うし、ズレなんだと思う。だけど、観客はその演出を初めて見ることで“新しい”と感じてしまう。…作り手を信じている上に、その作品の本質を理解していなければ…。
もし、その作品の本質を見ていれば、理解していれば、手法や技術は別としてそれが適切なものであるか否かという判断はできるのでは…と思う。判断…というか、違和感…かな?
少なくとも違和感は感じると思う。
やっぱり、舞台芸術に関わる人もそうだと思うけど、それに魅せられる人も美的なというか、芸術センスに優れてる人が多いなっていう印象がある。だからこそ、そういう演出に敏感だし、違和感を感じてるんだなっていう発言を目にする。(個人的な感想だけど、違和感を感じてる人たちは圧倒的に芸術系の人。)
一方でその違和感を前向きに捉えている人もいるわけで…。
別に人の感性なんてその人それぞれだから、どう感じてもいいとは思うけど、その違和感を正当化して話されるとちょっとイラッとするってのが本音。
作り手のことを“いいものを作ってるハズ”っていう信念だけで、その作品に対する評価が歪められてる気がしてならない。
確かに、いい作品を作ろうとはしているだろうけど、それがとんでもない方向に行くことだってある。
それって、その作品の趣旨に合ってないよね?とかだってある。長いこと同じ作品を扱うことで、ちょっと寄り道したくなることだってある。だけど、作品に対しての演出として、それはおかしいでしょっていう違和感は絶対、どこかにあるハズだと思うんだよね。
その違和感を感じないこと自体がおかしいと思うんだけど…。
ホントにその作品の本質を見てきたのかと言いたい。
それと同時に、作り手として暴走することも多々ある。イライラすることもあるし、どこかに突っかかりたくなることだってある。
だけど、それをね、観客に向けてはダメだと思うわけ。
ちゃんといい歳のオトナなんだからさ、観客に向けて暴走したらさすがにもう、どうかと思うの。
難しいかも知れないけど、作り手は常に観てくれてる人たちに対して、最上の作品で応えるべきだと思ってる。(時々、妥協もするけれど…)
またそれを向けられたほうも、向けられたほうで、喜んでたらさすがにおかしいんじゃないかと…。
いや、そういう人だったけど、そういうこともあったけど、さすがに今ではない気がする。

前衛的に捉えたいのは分かる。
だけど、なんでもかんでもいい方向へ都合のいいように解釈して捉えるのは違うと思ってる。
その作品には、捻じ曲げることのできない本質があって、それに伴うすべての演出がその本質に沿ったものでなければならないと思うから。もし、作品自体を潰しかねない演出だったら、演出自体がいらない。
ステージの上で体一つで表現したほうがマシだと思うもの。

結局、作り手も観客もその演出の善し悪しなんて最終的には“自分の好みか否か”の問題だけのような気もするけど、その作品には本質があるってことを知って欲しいと思う。
ただ、作り手側が完全に“好み”だけでそういう手法が用いられたのではなくて、作品の本質に沿った結果であって、完全に“好み”だけで判断する観客と違うところなのかなと思う。
例え、その舞台の評価が好みだけでされようとかまわないけど、本質からみたらどうなのかっていうところをぜひ入れて観て欲しい。
でも、残念ながら、違和感を感じない人たちにはこれが伝わらない…。




ちょっとわけわかんなくなったけど、盛大なひとりごと。
スポンサーサイト
2013-04-09 14:48 | カテゴリ:舞台衣裳
先日、約20年間連れ添ったアイロンが天に召されました……。
20年て聞くと、長いよなぁって思うけど、別に古いとは感じてなくて、むしろ現役バリバリだっただけに余計ショック!
このアイロンと共に洋裁の技術を1から学んだと言っても過言ではありません。
それこそ、ベビー服から幼稚園の入園用品、お遊戯会の衣装、バレエの衣装、ウェディングドレス、舞台衣装、最近ではハイコスの衣装と数え切れないくらい頑張ってくれたからね。
アイロンの電源が入らなくてホントにショックだったけど、このままでは先に進めない……。

ということで、新しいアイロン様をお迎えすることにしました。
我が家にやって来ることになるアイロン様は、きっと過酷な労働環境になると思うの。
それはもう、健康第一じゃないと困るわけ。
どんなアイロンがいいのか、リサーチすること約1時間。
決めた!
T-falのアイロンにする!
けど、問題はそのサイズ…。
ちょうど欲しいランクのものは、サイズが大きめで重いらしい……。
その下のランクのものも希望のサイズと重さがマッチしなくて、結局、2ランク下げたこの子にしました。

ただアイロンかけるだけなら大丈夫なサイズも、ドレスやらハイコスやら繊細なデザインを扱うだけに機能重視だけにできないことがツラいけど、きっと頑張ってくれるハズ。
まぁ、その前に家庭用のもので衣装作ろうっていうんだから、そこに問題があるんだよね。
それはね、ミシン屋さんにも言われた……。
「無謀です」と……。
というワケで、次はロックミシンの買い替えを検討しているんだけど、お値段が半端ないから即決できないままいます。
ミシン屋さんには「いい加減、業務用にして下さい」と言われてるけど、業務用……ねぇ……。


T-falのアイロン、たった今届いたところ。
2011-03-22 22:45 | カテゴリ:舞台衣裳

ぎゃあぁぁぁぁぁぁ―――――――


Σ(=°ω°=;ノ)ノやばいよ――――!!!


色んなこと わすってた(/TДT)/




ハイ子は型紙製作中のまんま


エプロンシアター用のエプロンは完全放置


カフェカーテンはこの間頼まれて 昨日 生地が無事 ご到着


お祭りに穿くらしいなんかは この間 産休中のMちゃんに頼まれて


アホの子 ゆんは『いいよー❤おっけー(‐^▽^‐)』


なんて気安くお返事しちゃった(´・ω・`)




なにから 手ぇつける???


とりあえず カフェカーテンとエプロンは同時進行にスル


職場でできそうだから




で?


やっぱり ハイ子優先だよね。


がんばる。


じゃ ((((((ノ゚⊿゚)ノサヨナラ―

2011-03-06 17:04 | カテゴリ:舞台衣裳

そんで、続きですけどね。


† ciel et soleil †


1幕から3幕まで出てくる「星の精」のボディです。

ホントは、もうちょっと違ったボディだったのに、当時のお教室の先生の意向で、いつの間にかボディのデザインが変わってたんですよヾ(。`Д´。)ノ

デザインて、知的財産でしょ?違うかなぁ??変更したいなら、変更したいと直接言って頂きたかったのに、気づいた時にはもうこんなでした…。(´д`lll) ホント、悲しい…。一生懸命、デザインしたのにね。

で、星の精はシンデレラを王子様のいるお城まで導いてくれることになってるお役なんですねぇ…☆彡


† ciel et soleil †

チュチュ部分です。星のきらめきをイメージしてまつ。キラキラ☆彡なのが、イメージなのであえてのシルバーとゴールドが同居。


† ciel et soleil †


なんといっても欠かせないのは、シンデレラに魔法をかけるおばあさん。

でも、バレエではおばあさんではなくて、きれいなお姉さんになってますのボディ。

つーか、魔法をかけた後の2,3幕で着用でした。

これもモチーフとブレードを多用。


† ciel et soleil †


チュチュ部分。モチーフはとにかく、この人、はいど張りの魔法を使うので不思議な感じに…なった?

ボンをひっくり返すと実はチュールの色がグラデーションになってるっていうおまけつきなんだけど、この人結構暗い照明の中で踊ることが多いので、本番でもあんまり見えなかった(_ _。)

† ciel et soleil †


お城に招待されたご令嬢さんたちが着ていたロマンチックチュチュ。

これを着たご令嬢さん達、約30人くらいいたのかな?たくさんいると、とてもきれいでしたよ。

画像がないけど、スカート部分の裾にスカラップのサテンレースをつけてます。


† ciel et soleil †


ご令嬢さんたちのヘッドドレス…ぎゃ!((゚m゚;)

画像、横のまんまだった…。すまぬ(ノ_-。)シクシク

チュチュと同じチュールに真中はスパンコールモチーフと羽根で。羽根は長いのとふわっふわなのを2枚づけしてまつ。もちょっと、ボリューミーな感じがよかったんだけど、このお役の子たちは小学生だったので、ちょっとイメージより小さめに作りまつた。


他にも、四季の精、シンデレラの1幕の衣裳やら、色々あるハズなので 暇なときにでものせてみたいと思ってます。


ちなみにこのとき、ゆんのおこちゃま・花ちゃんは「四季の精・秋」でしたねぇ。

幕ものにポアント・デビューして2回目の発表会(ノ´▽`)ノ

ナツカシス…。


最後まで、お疲れ様でした。

2011-03-06 15:57 | カテゴリ:舞台衣裳

あぁぁぁぁぁ、づがれだぁぁ(ノ◇≦。)

こんにちは、ゆんです。


あぁ、3月も1週目がサヨナラしましたね・°・(ノД`)・°・カナシス…


そうです。年度末でっせ。

かわゆいうさぎちゃん達とも、もうすぐお別れ…(´・ω・`)ショボーン…ってことで、

昨日、今日と思い出のアルバム作ってました(:_;)シクシク

意外とたくさんありすぎてまとめらんねぇ~\(*`∧´)/ムキー

でも、あと一息頑張るよ…。

ぱちょこんとにらめっこぉ~(;´▽`A``


そして、いつのだか発見!(ノ゚ο゚)ノ

バレエの衣裳。

『シンデレラ』という誰もが知ってる作品なのに、

バレエの世界ではなぜか地味な作品なんだよね、ざんね~ん。

映像化もほとんどされてなくて、曲も華やかさに欠けるし、舞台装置や衣装にはお金かかるし、デメリットなイメージしかないんだけど、きっとトップのバレエ団が上演したらゴージャスに演じてくれるんだと思う。


衣装デザイン・製作ともにゆんですが、デザインしてるのに、そのことがなぜか公にならないまま…(^^ゞっていうね、悲しい時代の作品です。どっかでみたことある方もいらっしゃるかも知れませんねぇ~。(;°皿°)

そんな『シンデレラ』の衣裳たちでつ。


主役「シンデレラ」のボディ。これは金ラメのケミカルレースですねぇ。

で、


† ciel et soleil †


チュチュ部分。夏なので、向日葵の葉っぱをイメージ…でも、うまく表現できず…(ノ◇≦。)エーン

† ciel et soleil †


チュチュ部分。

一応、蔦と百合をイメージした模様。お得意の紙細工(切り紙)からフリーハンドで模様つくってまつ(-^□^-)


† ciel et soleil †


2,3幕の「四季の精・春」のボディ。これは、金ブレードとラメモチーフ多用。


† ciel et soleil †


チュチュ部分。

春の精なので、チューリップをイメージして、紙細工からフリーハンドです。

で、


† ciel et soleil †


2,3幕の「四季の精・夏」のボディ。

基本的には春と一緒で、色だけシルバーにしまつた(^-^)/

† ciel et soleil †


で、






† ciel et soleil †


はい。予想通りですヾ(@^(∞)^@)ノ

2,3幕の「四季の精・秋」。基本的に春の精と一緒でつ。しゅみましぇん…(゚_゚i)


† ciel et soleil †

チュチュ部分でつ。秋なので、鉄板・コスモスで!!

画像、イマイチなんすけど、上から見るとコスモですょ(・・;)←言い切った…

本当は、ボルドーっていうか濃いめの赤、紅みたいな感じにしたかったんだけど、当時の教室の先生の(←の が多い…)意向でオレンジになりまつた…。無念…o(TωT )


† ciel et soleil †

はい、どーもー。2,3幕の「四季の精・冬」で~す。(←漫才風でお願いしま。)

「夏でんな~。」

「なんでやねん!Σ\( ̄ー ̄;)夏と一緒でんがな!!ガハハ…」(しゅみまてん…、ゆるちてくだ はい(>_<)ど。キャー)

                       † ciel et soleil †

チュチュ部分。秋まで植物シリーズで来たんだけど、冬の花って何?

はい!

『snow drop』

しかないと、個人的につよーく思いましたよ。でもさぁ~、いざ、図案化するとなると…

百合とかチューリップとかとの区別が難しかったり、配置が難だったりで、脱・植物でつ。

雪の結晶…。まぁ、雪の華とも言いますけど、ね。(←こじつけ)あはは…。



つづく… (*^o^*)/~








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。