-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-23 17:51 | カテゴリ:hyde*HYDE
ごめん、BBAツイッターだけじゃ迷子になるし、覚えらんないから記録する。






スポンサーサイト
2015-07-12 20:54 | カテゴリ:hyde*HYDE


今日乗った車、HDDに入ってるのしかなかったから、たまには色んな曲を聴いてみようと思って聴いてみた。
だけど、なんだろう。
ホントに色々なジャンルの色々な曲が入ってたのに、どれも基準が疑問。彼ら(彼女ら)は何を目指してるんだろう?
ここ数年、「世界基準」て言う言葉と共にそれらを目の当たりにして来たせいか、その基準には到底及ばない。しかも、どれも中身が薄っぺらい。
演奏力、歌唱力はもちろんのこと、曲に巡らせた音色、歌詞に使われる言葉。私達は曲が出る度に、ホントに気持ち悪いくらい歌詞を読み尽くし、音色を追いかけてる。特に歌詞は近代の日本文学だけでなく、万葉集を持ち出して議論する。時には日本の四季やその色彩さえ持ち出して議論している。
こんなレベルなら、日本にしかできないような大規模なアイドルグループやV系と言われる人達のほうがマシだ。アレは日本文化だからw消えても湧いてくるwww
マーケティングがどうのとか、プロモーションがどうのいう以前の問題だろう。だから、浮き沈みが激しい。海外では普通に50代、60代でも現役で活躍している。多分、そういう風土だから。だけど、日本では、なかなかそうはいかない。薄っぺらいから気づかないうちに、なくなっていくんだろう。



世界で戦うのは見ていてツライと思う事もあるけど、やっぱりそこまで追い込んでいかないと本物の芸術にはならないんだろうな。
なんでも手に入れたように見えるけど、何一つ手になんかしていないって事を、そんな色々な曲を聴いて気づいた。
あの日、ライブ中に叫んだのは、そんな世界で本気で戦ってるからだろう。見た目に左右されがちな事が本当に残念でならないけど、誰よりも人一倍努力してる事をふとした瞬間に思い出す。
帰国は明日か、明後日か。
また、進化した姿に会えるのかと思うと楽しみでしかない。「曲は生もの」常に進化し続けている事を忘れちゃいけない。

…と、思った帰り道。
2015-03-19 19:30 | カテゴリ:hyde*HYDE
こんばんは。

もう、すでにみなさんご存知かと思いますが、はいどちゃんが愛した金子國義先生が天に召されました。

最初、耳にしたときには俄かに信じられないような気持でした。
入院されているお話は、ちらっと聞いたけど、そのあとは回復されてお元気でいらっしゃるものだとばかり思っていました。

正直なところ、私ははいどちゃんほど金子先生のファンでもないし、だけど、はいどちゃんのようにその題材に合わせて七変化する自由自在な不思議な絵を描く人だなと、随分前に思ったものです。特に不思議の国のアリスを題材にした作品は本当に、不思議な世界で引き込まれるようでした。自分が、アリス大好きなので、随分身近に感じたものです。

愛する人の大切な人がこの世から去ってしまう姿を見るほど悲しいことはありません。
はいどちゃんがはいったーやツイートに乗せたあの写真。はいどちゃんの笑顔を直視できなかった。
愛する人の訃報を知って、どんな思いでいるんだろう。世界へ旅立とうとしている直前の出来事。胸をぐっと握りつぶされるような痛みを感じました。
でも、悲しむばかりじゃない。はいどちゃんの野望をきっと、先生は天から見守って下さるはず。
だからこそ、はいどちゃんの言葉は優しかった。
数十年先に、きっと天国で再開できることを信じてる。
人は誰しも、いつかその時がくれば天に召されるもの。

私は、人は生まれた時に神様から何かしらの役目を与えられ、その役目を終えた時に神様のもとに召されるのだと信じています。

だから、きっと金子先生も何かしらのお役目を終えられて、神様のもとに召されたのだと思います。


ツイッタ―より情報を添付します。
















最後にタイトルに付けた『球根の中には』は、賛美歌575番のタイトルです。
葬儀の際に歌われることの多い曲です。

意味としては、「命の終わりは 命の始まり」のように、対義語が主となりそれらが全体として豊かな希望へとつながる歌詞になっています。


讃美歌575番 『球根の中には』

球根の中には 花が秘められ
さなぎの中から いのちはばたく
寒い冬の中 春は目覚める
その日、その時をただ神が知る

沈黙はやがて 歌にかえられ
深い闇の中 夜明けに近づく
過ぎ去った時が 未来を拓く
その日、その時をただ神が知る

いのちの終わりは いのちの始め
おそれは信仰に 死は復活に
ついに変えられる 永遠の朝
その日、その時をただ神が知る






最後に、昨日、花ちゃんのパイプオルガンのコンサートで教会に行く機会がありましたので、金子先生の昇天にお祈りを捧げてきました。どうか、天国で安らかな時をお過ごしくださいませ。

2015-01-29 14:21 | カテゴリ:hyde*HYDE
HYDEさん、お誕生日おめでとうございます。



今回のツアーでは、名古屋、東京とそれぞれ何日間か参戦させて頂きました。
最初、手にしたアルバムは想像以上にいい意味で私の期待を裏切ってくれて、びっくりしたのと嬉しいのと、これからやって来るツアーはどうなるんだろうと思いながら、早くに自分の耳で生の音を聞きたくて、名古屋行きを強行したのでした。

でも、名古屋ではこのアルバムの曲たちと演出との融合性がなかなか自分の中にしっくりと来なくて、でも、待ち望んだアルバムの曲が生で聴けたことが何より嬉しかったです。
それと、恵まれたことに、このツアーでは様々な角度から参戦することができたこと、また、そのあとで東京公演も最後の最後で2階席から拝見して、名古屋では得られなかった一つのライブ像というものが少しずつ形になって、HYDEさんが目指した今回のライブ像、ツアー像を少しでも受け取れたのかなという思いに至れたことは、何より嬉しいことでした。

また、富良野ではお会いした際には、笑いもせず、大した言葉も発しない不審者な私を摘み出さないでいてくれてありがとうございましたw

私は、入り待ちも出待ちも、プレボにプレゼントや手紙を託すこともまず、ありません。
ただただ、HYDEさんの作品を、自分が思う存分に愛することだけです。
奇跡的にHYDEさんが創り出す音楽も絵画も…その他の色々な作品も、何故だか自分の中のパズルのピースに不思議と当てはまってしまうのです。

「こうして出会うことが奇跡」だと話してくれた長岡の夜。
広い広い宇宙の中で、地球に生まれることが奇跡で、そのなかから出会う確立も奇跡。何かがほんの少しズレただけで出会うことはなかった…という話を、HYDEさんを見るたびに思い出します。

本当に、同じ時代に生まれ来てくれてありがとうございます。



それと、神様が下さった奇跡に感謝するのと同時に、毎年、しつこいくらいに言っているHYDEさんのお父様とお母様への感謝。

大事な大事な一人息子の背中を押して、旅立たせるのはどんなにご不安でお辛かったか、お察しするに余りありません。
子どものやりたいことの後押しをして、見守る…だけど、音楽の世界は本当に未知の世界だと、私もわが子を通して最近、身近なものとして実感しました。
神様から授かった才能に甘んじることなく、世界規模に踏み出してもなお、その努力を惜しまないHYDEさんにはいつも、圧倒されてばかりです。お父様、お母様が本当に大事に、大事に、お育てになったからこそ、驕ることのない今のHYDEさんがあるのだと、未熟者ながら感じております。
私の子ども達もそう、育ってほしいと願ってやみません。

お父様、お母様、HYDEさんを生んでくださって、大事に育てて下さって本当にありがとうございます。
お父様、お母様、どうぞお体にはお気を付けあそばして、これからもお元気でいて下さい。



これからも、陰ながらお父様、お母様のご健康をお祈りしながら、HYDEさんを応援させて頂きます。


2015-01-01 08:39 | カテゴリ:hyde*HYDE
明けました。
おめでとうございます。

昨年はこんなヘボ*ブログに足を運んでくださった皆様、ツイッタ―で絡んでくださった皆様、色々な場所でお会いして下さった皆様、お衣裳関係の皆様、大変お世話になりましてありがとうございました。
本年も相変わらずお付き合いくださいますよう、お願い致します。

と、いうわけで、ゆんでございます。

♪るーるーるるるーるるー
行ってきました。北の国から…じゃなくて、北の国へ。
富良野なんて一生、縁がないと思ってた北の大地へ。この曲しか思い浮かべられなかったけど…。

しかも、(*∂∀6)よくきたね、きたの果てまでってはいどちゃんに言われても、帰ってくるまでダジャレだったなんて、これっぽっちも気付きもせず、行って帰ってきました。

今季最大の爆弾低気圧
不要不急のお出かけはしないでください
そんな危険極まりない言葉がお天気ニュースを駆け巡る中、札幌も富良野も静かなもんでした。
あのニュースは、どこのことを指していたのか…。
っていうか、みなさんご存知です?
そんなお天気ニュースの北海道の地図をよ――――く見てみると、なぜかこのへんに位置するであろうと思われる新千歳空港(札幌)と富良野周辺だけなぜか、警報が出てないんですよ。通常運行。そう、飛行機の降り立つ新千歳と富良野のお天気は通常運行なのです。

やっぱりな。
台風すら蹴散らすはいどちゃんが、爆弾低気圧ごときに屈するわけがない…。

と、いうわけで、まずは本編の部分を覚書しておきたいと思います。(いつも通りまるっとさくっとざっくりざくざくですよ!特にはいどちゃんのMCはニュアンスでお受け取りください。)



はいどちゃんの登場時間が近づくと、お給仕のおじ様たちが『早く食え』っていうオーラを出してて、追い立てられつつデザートを慌ててかきこむように食べるゆんさん。
いつもはアルコールを飲むと呼吸困難を起こして大惨事になるゆんさんが、この日はなぜか白ワインが美味しくて飲むわ、飲むわ。っていうか、前日組の話を聞いてたもんだから、飲まずにいられるか!っていうほうが強くてね。素面ではいどちゃんをこの距離から直視できるかと!そんな思いもありつつ結構、頂いてました。
そして、再び白ワインを手にして現れるお給仕のおじ様。
鳥籠のついたHYDEISTのグラスに注いでくれるんですけど、ある方が『え?そのグラスに注いじゃうの?』っていうと、おじ様が『はいど様のご希望で、乾杯用のワインをこちらのグラスに注がせて頂いております。』って。
もう、1回言うわよ。

はいど様のご希望で、乾杯用のワインをこちらのグラスに注がせて頂いております。』


もう、酔ってたんでしょうね。
ゆんさん、笑いが止まらなくなって…。
だって、おじ様がはいど様って言ってるのよ。分かってるの。職業柄『様』呼びになるのは分かるんだけど、なんかおかしくて酔ってるゆんさんゲラゲラ笑ってました。

†HYDERoom Presents 黑ミサ2014†
2014.12.19 fri


一応、確認おきましょう。

【今日のはいどちゃん】
*秀樹ヘアを彷彿させるゆるふわ
*中のシャツがダークグレー(ジャケットの黒よりも薄めな感じ)
 ボタンは上2個くらい止めてません。
*ジャケットは衿がショールカラー(へちま衿)
 衿の部分だけ別珍のような素材
*ポケットチーフは白
*パンツは黒でサイドには黒のライン(これも別珍かな?)
*靴はかかと8cmくらいのヒール、トゥ部分は3cmくらいのお靴

【今日のステージ構成】
*こんな感じです↓

開演前


開演後
*上手テーブルの上にはお水、ブラックコーヒー(缶)、白ワイン
*下手テーブルの上にはiPad(古い本のようになってる)
*お歌の時、マイクはいつもの彫刻が入ったものではないものを使用
*やまちゃんとのトーク時はいつもの彫刻の入ったマイク使用

【OPENING】
開演のお時間。
お給仕のおじ様が、テーブルのグラスに浮かべられた黒いキャンドルに灯をともしてくださいます。

20時に会場の灯りが消えると、ステージのキャンドル(型照明)が灯ります。
UNEXPECTEDが流れる中、ドラムの斉藤 たかしさん、ベースのアリ、キーボードの斉藤 仁さんが登場して定位置に付くと、さっきお給仕のおじ様にはいど様と呼ばれてたはいどちゃんが、下手から登場して、例のあの白いお椅子に腰を下ろします。

【SET LIST】
M1*EVERGREEN
白いお椅子に腰を下ろすとすっと右足を上にして足を組み、両手も膝の上で組んで、背筋がぴっと伸びると深く息を吸い込んだはいどちゃんが歌い出します。
とても、澄んだ声だったと思う。
遠くを見つめているようで、意外と近くを見ていたのかも知れないな…。

MC*1
歌い終わると下手のテーブルの上の本型iPadを手に取り、開きます。
(*∂∀6)…はぁ、…ようこそ、黑ミサへ
(*∂∀6)よくきたね、北の果てまで。
(*∂∀6)しかも、こんな平日に、大したもんですよ。
(*∂∀6)かなりコアな人が来てるんだと思います。
(*∂∀6)ここに来た人はめっちゃ無理してきたか、狙ってたかw
(*∂∀6)いつもより倍率が低いんでしょ?
(*∂∀6)当たって喜んでる人もいると思うけど、怒ってる人もいるんでしょうね。
(*∂∀6)でも、みんな当たったんですよね、ラッキーでですね。
(*∂∀6)落ちた人もいるんですよね。
(*∂∀6)でも、まぁ、せっかくなんで気にせずにね
(*∂∀6)一緒に楽しみましょう
(*∂∀6)黑ミサっていっても別に悪魔を召喚するわけじゃないんで
(*∂∀6)気軽に最後まで楽しんでいって下さい。

(*∂∀6)じゃ、乾杯しようか。
(*∂∀6)みんなグラスある?大丈夫?
(*∂∀6)入ってない人いる?
(*∂∀6)いたら大声で叫んでくださいね。

(*∂∀6)富良野の夜と人生に乾杯!
(*∂∀6)隣の人とチン!てしてね。

(*∂∀6)あの、昨日飲み過ぎて吐きそうになった人いるみたいだから
(*∂∀6)気をつけてほどほどにしてくださいね。
(*∂∀6)なんか、距離が近くて興奮しちゃうのもあるみたい

(*∂∀6)今日はね、自分の好きな曲を歌いたいと思ってます。
(*∂∀6)ROENTGENの曲はあんまりやらないんですけどね。
(*∂∀6)歌いたい曲をね、僕が歌いたい曲をやろうと思います。
(*∂∀6)でも、次の曲はROENTGENからなんですけど…
(*∂∀6)次はソロを始めた頃に最初に作った曲です。
(*∂∀6)僕は雪が大好きなんですけど、
(*∂∀6)雪が大好きっていう思いを込めて作りました。
(*∂∀6)ROENTGENは10曲なんですけど、
(*∂∀6)当時はひとりで10曲作るなんて初めてで、
(*∂∀6)それまで、ラルクだと3曲くらい作ればよかったから
(*∂∀6)初めての経験でしたね。
(*∂∀6)ひとりで10曲つくるなんて、なんて大変なんやろうと…
(*∂∀6)その結果、ひと月に1曲しかできないんですよ。
(*∂∀6)僕の曲の作り方は特殊なんで…
(*∂∀6)そのペースは今でも変わらないんですけど。
(*∂∀6)ひと月に1曲以上は作れませんね。
(*∂∀6)この作り方をしてると終わらないんですよね…

(*∂∀6)この曲の主人公は僕みたいに雪が大好きなんですね。
(*∂∀6)雪が降り積もるとその景色が真っ白になって
(*∂∀6)原型が分からなくなるんですよ。
(*∂∀6)それが、全てリセットされるみたいだなぁと思っていて。
(*∂∀6)1年、辛いことがあったり、辛かったことがあっても
(*∂∀6)その雪が降るとリセットされて
(*∂∀6)また1年頑張って行ける…という気持ちを歌にしました。


M2*WHITE SONG
高音が綺麗に伸びて、すごく透明感を感じた曲だった。
横に揺れてみたり、視線というか目の動きまで近さで分かるんだけど、上を見たりまたすっと戻ってみたり。

この曲の終わりに、続けて斉藤さんがドラムを鳴らすと(*∂д6)???こんな表情で、手元の本型iPadを確認するはいどちゃん。
(*∂∀6)あれ?
(*∂∀6)ちょっと、先走ったかな?
(*∂∀6)ソレ、次ですよ。次。
(*∂∀6)あははは――――

斉藤さん、ヤバい!って感じで慌てて両手を合わせてごめんなさいって全方向に謝ってました。
(*∂∀6)大丈夫ですよ。大丈夫。
(*∂∀6)今ので緊張も解けたんじゃないですかね?


MC*2
斉藤たかしさんのほうに向けてた椅子をくるっと正面に戻すと
(*∂∀6)あー、びっくりしたwwふふって口元に手をやる仕草の女子力な。
(*∂∀6)どうでしたか?WHITE SONG。
(*∂∀6)こういうところで演奏すると
(*∂∀6)雪が大好きっていう気持ちが大きくなるんですよね。
(*∂∀6)こういう真っ白な雪を見ると、雪の上を歩く
(*∂∀6)シャッシャッシャ…て音が聞こえてきそうですよね。
(*∂∀6)ほとんどの人は富良野まで遠いんでしょ?
(*∂∀6)もっと近くでやればいいのにって思うよね。
(*∂∀6)僕は田舎が好きなんですね。
(*∂∀6)仕事してて海外行っても都会ばかりでね
(*∂∀6)海外でも。
(*∂∀6)NYもLAもロンドンもパリも…
(*∂∀6)ロンドンとパリはちょっと可愛いけど
(*∂∀6)なんとも思わないんですよね。
(*∂∀6)でも、田舎に行くとあー、ステキって思いますね。
(*∂∀6)しかも、富良野は雪も降るし、ステキでしょ?
(*∂∀6)機会がないとなかなか来られないから
(*∂∀6)こうやって富良野へ来る理由を作ってるんです。
(*∂∀6)それと、僕の好きな景色を共有したいんですよね。

(*∂∀6)僕は、もともと北の国からが大好きで
(*∂∀6)以前、ツアーで来たときにロケ地巡りをしたんです。
(*∂∀6)その時はもう、ここには来ないと思ってたんですけど
(*∂∀6)それから何回来たか分からないですね。
(*∂∀6)きっと今後も来るんだと思います。
(*∂∀6)富良野には縁を感じますね。
(*∂∀6)富良野に来ると、胸がときめくんですよ。
(*∂∀6)ワクワクするんですね。
(*∂∀6)すごく落ち着くし、安心感もあって
(*∂∀6)素敵な気持ちになります。
(*∂∀6)ドラマもよく見てて、北の国からも好きなんだけど
(*∂∀6)優しい時間と風のガーデンも好きですね。
(*∂∀6)北の国からは色々シリーズがあるんですけど
(*∂∀6)この2つは完結してて、泣けますね。
(*∂∀6)ちょっと話が見えるっていうか、強引な展開が
(*∂∀6)あるんだけど、この2つはワンクールかな?
(*∂∀6)短いので、よかったら見て下さい。
(*∂∀6)優しい時間なんかを見て、森の時計に行くと
(*∂∀6)すごくジーンとするんですよね…。

(*∂∀6)ここで、メンバー紹介しておきましょうか。
(*∂∀6)ドラムの斉藤たかしさん。
(*∂∀6)今回初めてなんですけど、ジャジーなドラムが
(*∂∀6)叩けるって言うことで…
(*∂∀6)ロックとジャズのドラムは全然違うんですよね。
(*∂∀6)ジャズは基本ができてないとできない…ロックもできるんですか?

(斉∀藤)はい。
(*∂∀6)あの、そのブラシとか使うとスネアはキレイになるんですか?
(斉∀藤)スネア…まぁ、小太鼓なんですけど
(斉∀藤)ロックのはつるつるなんですけど、ブラシを使うときには
(斉∀藤)引っかかりがないといい音がでないので
(斉∀藤)わざとザラザラのものを使ってます。
(斉∀藤)使ってるうちにツルツルになっていきますね。

なぜか笑いのおこる客席にキョどる斉藤さん。
(*∂∀6)あ、気にしなくても大丈夫ですよ。
(*∂∀6)僕もよく分からない場所で笑われたりするんで
(*∂∀6)あの、彼はすごいんですよ。
(*∂∀6)スノボしてるはずなのに、ゲレンデで全然会わない。
(*∂∀6)私服で滑ってるってるん?

(斉∀藤)私服…あーのー…私服ではないです。
(*∂∀6)え?じゃ、上はダウンのままで、下はジーンズで滑ってるらしいんですけど
(*∂∀6)見たことないです。

(斉∀藤)いや、いちおう撥水の…
(*∂∀6)そういえば、リハ終わった後も滑ってたん?
(斉∀藤)…はい。さっきまで滑ってました。
(*∂∀6)リハ終わって休憩してまた行ったってこと?
(*∂∀6)へぇ…スゴイな。
(*∂∀6)そんな斉藤たかしくんです。


(*∂∀6)はい、ベースはアリさんです。
(*∂∀6)蟻さんじゃなくて、アリね。
(*∂∀6)普段、うるさい人が隣にいるんであんまり深い話をしたことがなくて
(*∂∀6)でも、今回一緒にやれて嬉しいです。
(*∂∀6)あの、堂珍さんとかの曲を書くんですよね?
(*∂∀6)ケミストリーのね。
(*∂∀6)アリの曲はコード進行が独特で
(*∂∀6)あれをアニスが歌うとMONAURALになるんやなと思って。
(*∂∀6)今度、僕も書いてもらおうかな。

(ア∀リ)ぜひ、お願いします。

(*∂∀6)あと、キーボードのじんさんです。
(*∂∀6)じんさんは、それこそROENTGENの頃から
(*∂∀6)僕の曲作りには欠かせない存在になってて
(*∂∀6)じんさんがいないとできないですね。
(*∂∀6)最初に会ったのはラルクの現場だと思うんですけど、
(*∂∀6)なんで、じんさんはラルクに携わるようになったんですか?

(じ∀ん)あのー、ゆっきーがお休みの時に呼ばれて
(じ∀ん)叩きました。

(*∂д6)ドラムを?
(じ∀ん)コンピューターで
(*∂∀6)打ち込んだんや。
(*∂∀6)いつごろ?

(じ∀ん)ゆっきーが加入前、虹のドラムを打ち込んで。
(*∂∀6)そうか、ゆっきーがまだ正式加入前の
(*∂∀6)山中湖とかの合宿のときか!
(*∂∀6)その頃まだぎこちなくて、ゆっきーって呼んでなくて
(*∂∀6)ゆきひろくんとか言ってたな。
(*∂∀6)僕の車にゆっきーを乗せていくんですけど、
(*∂∀6)ゆきひろくん、ゆきひろくんは何が好きなん?
(*∂∀6)とか聞いたりしてましたね。
(*∂∀6)今ではじんさんがいないと、曲が作れないですね。
(*∂∀6)しっくりこないというか
(*∂∀6)いつもありがとうございます。

(*∂∀6)今日はそんなスリーピースバンドでお送りしてます。
(*∂∀6)次はクリスマスの曲を2曲続けてやりたいと思います。


M3*ANGEL'S TALE
そうとうアレンジされてた曲だけど、はいどちゃんの低音はキレイ。
『なぜこの腕は羽根じゃない』のところ、掌をそっと小さく広げるような仕草をしてた。

M4*LAST CHISTMAS
この曲は本当に楽しそうに歌ってたなぁ。足で微妙にリズムとったりして。
メイク薄いから目じりが下がってんのがよく分かって可愛い。
原曲をあまり知らないので、曲のアレンジがどうだったかとかはよく分からないけど、やっぱり人様の曲を歌うと本当にお歌がうまいのを実感する。ラルクとかVAMPSの曲ってやっぱり歌うにはどこか難しいから、ご本人様でもたまにやっちマンハッタンな時があるけど、そういうのが全くなくて、もうホントに上手。

MC*3
(*∂∀6)みんな、見すぎ…。
(*∂∀6)歌ってるときはしょうがないけど、なんか…
(*∂∀6)歌ってない時まで見られるのは…
(照)

(*∂∀6)ANGEL'S TALEは『こんなクリスマスソングを聞きたい』と
(*∂∀6)思って作りました。
(*∂∀6)クリスマスに聞くというイメージで、歌詞を書くとき
(*∂∀6)そういえば、シザーハンズのようなイメージで書きましたね。
(*∂∀6)ちょっと切ない物語チックな感じで。

(*∂∀6)さっきの曲はWham!のLAST CHISTMASっていう
(*∂∀6)有名な曲なんですけど、知ってるよね?
(*∂∀6)EXILEが日本語で歌ってるの見て、
(*∂∀6)その手があったかぁ!って思ったんですけど、
(*∂∀6)僕が聴いて育ったのは英語なので
(*∂∀6)そのまま歌いました。
(*∂∀6)Wham!のジョージマイケルが僕の中で
(*∂∀6)一番好きなボーカリストなんですけど
(*∂∀6)Wham!は解散してしまって、彼はそのあと
(*∂∀6)ソロになるんだけど、ソロになったあとのほうが
(*∂∀6)僕は好きですね。
(*∂∀6)神憑り的なんですよね。

(*∂∀6)このLAST CHISTMASって、
(*∂∀6)最後のクリスマスっていう意味だと思ってた人いるでしょ!
(*∂∀6)絶対、思ってる人おるやろ。
(*∂∀6)これは去年のクリスマスという意味なんですけど
(*∂∀6)ジョージマイケルはゲイなんで
(*∂∀6)ゲイの話だと思って聞くと、なるほどなぁって思いますね。
(*∂∀6)遠くから彼女を見つめていたって歌ってますけど、
(*∂∀6)ホントは『彼』だったと思います。
(*∂∀6)そう思うとまた夢が広がるでしょ?


(*∂∀6)昨日はクリスマスの思い出の話を
(*∂∀6)してもらったんですけど、
(*∂∀6)今日はスキーの思い出の話をしてもらおうと思います。

(*∂∀6)僕は雪の降らない街で育ったんですね。
(*∂∀6)年に一度これくらい
(人差し指と親指で表す。その間は1~2cm)しか
(*∂∀6)降らないんですけど、
(*∂∀6)少しでも雪が積もるとわぁっと集めてね。
(*∂∀6)道路の雪は解けてしまうから
(*∂∀6)冷たい車の上に積もった雪を集めるんですね。
(*∂∀6)車の窓に積もった雪を必死に集めて
(*∂∀6)小さい、ドロドロの雪だるまを作るのが
(*∂∀6)精一杯でした。
(*∂∀6)だから、すごく雪に憧れてたんです。

(*∂∀6)初めてスキーに連れて行ってもらったのが、
(*∂∀6)小1…の時やったかな…違うかも知れんけど
(*∂∀6)多分、小1くらいで初めてスキーに行ったんですね。
(*∂∀6)もう、嬉しくて嬉しくて
(*∂∀6)キャッキャキャッキャはしゃいで走り回って
(*∂∀6)親は疲れて休憩してるんだけど、
(*∂∀6)ずっとキャッキャキャッキャ言って雪に飛び込んでね、
(*∂∀6)雪かきしてるおじさんがいたんですけど、
(*∂∀6)僕は何をしてるかわからないまま
(*∂∀6)手伝ってましたね。
(*∂∀6)遊びだと思ってマネしてたんでしょうね。
(*∂∀6)親はこの子は気が狂ったと思ったみたいで
(*∂∀6)スキーなんて初めてだから全然できないんですよね。
(*∂∀6)その時はヘルメットみたいのをかぶせられて
(*∂∀6)カニ歩きでこう登って行って
(指でカニ歩きしてる様子再現)
(*∂∀6)10mくらいスーッと滑るだけなんですよ。
(*∂∀6)リフトも親が危ないと思ったのか、
(*∂∀6)その時は乗せてもらえなかったですね。
(*∂∀6)という、素敵な記憶で初めてのスキーは終わりました。
(*∂∀6)次にスキーに行ったのは20歳くらいの時かな?
(*∂∀6)僕、当時、ビリヤード場でバイトしてたんですけど、
(*∂∀6)そこの先輩がスキー行こうって誘ってくれて行きました。
(*∂∀6)あと、女の子も2人と行ったんですけど
(*∂∀6)綺麗な人でしたね。
(*∂∀6)でも、僕は奥手なんで何もできないw
(*∂∀6)喋れなかったですね。
(*∂∀6)しかも、ウェアを持ってなくて、
(*∂∀6)そしたら先輩の知り合いのラーメン屋さんで
(*∂∀6)バイトしてる人が貸してくれるっていうんで
(*∂∀6)貸したる貸したるっていうんで借りて行きましたね。
(*∂∀6)先輩は慣れてるから、車の陰で
(*∂∀6)ちゃちゃっと着替えちゃうんですけど、
(*∂∀6)僕は恥ずかしくて、ダメでしたね。
(*∂∀6)それがダメで僕はトイレに
(*∂∀6)着替えに行ったんですけど
(*∂∀6)着替えてみたら、それがピッチピチで…
(*∂∀6)しかも、赤くてウルトラマンみたいなんですよ。
(*∂∀6)こんな格好で出れないと思いましたね。
(*∂∀6)80年代のスキーウェアっておかしいでしょ?
(*∂∀6)逆三角形でで、ピチピチで…変ですよね?
(*∂∀6)でも、キレイな女の子も待ってるし、
(*∂∀6)出て行かないわけにもいかなくて
(*∂∀6)顔を真っ赤にしながらトイレから出ましたね。
(*∂∀6)恥ずかしいぃぃい―――――
(*∂∀6)見られたくないぃぃぃい――――――
(*∂∀6)いやぁぁぁぁ
(両手で顔を覆う。めっちゃ可愛い。)
(*∂∀6)もう、嫌々そのまま滑りに行ってね
(*∂∀6)先輩はリフトで登ったら、あとは降りるだけ
(*∂∀6)ってよく言うでしょ。
(*∂∀6)でも、スキー場ってだいたいコース外れると
(*∂∀6)崖なんですよ、崖!
(*∂∀6)こんな恥ずかしい思いまでして
(*∂∀6)こんな過酷なスポーツないと思ってね、
(*∂∀6)もう、二度とやるかっ!と思いました。

(*∂∀6)じゃあ、じんさん


(じ∀ん)僕が唯一できるスポーツがスキーなんですけど、
(じ∀ん)あのー、僕は女の子とスキーに行ったことがなくてですね。
(じ∀ん)ずっと硬派なスキーをしてたんですけど、
(じ∀ん)ある時に旅行会社に勤めてる友達が
(じ∀ん)定員割れしてるから、格安にするから行ってくれって
(じ∀ん)言われて、その時のツアーで初めて女の子と
(じ∀ん)一緒にすべりまして、こんなに楽しいものだったのかと

(*∂∀6)わぁ~お❤(完璧なエッチなお姉さんの声)
(じ∀ん)私をスキーに連れてってっていう映画が
(じ∀ん)流行るわけだと納得しました。
(じ∀ん)それが、僕の人生で女の子と一緒だったスキーは
(じ∀ん)最初で最後ですね。
(じ∀ん)それ以降、女性とスキーに行った記憶はなくてですね
(じ∀ん)VAMPSのメンバーでまた、やるようになりましたね。
(じ∀ん)なぜかスキーを教えたりして
(じ∀ん)苗場と富良野しか知らないですね

(*∂д6)私をスキーに連れてってはみたことないですね
(じ∀ん)あの、思ってるような展開の映画なんで
(*∂∀6)あー。思いどうりになるような?
(じ∀ん)なので、ストレスなくスッキリ見られます。

(*∂∀6)アリさんは?
(*∂∀6)でも、その外見だと絶対、海外から来た
(*∂∀6)めっちゃうまい人に見えますよね?

(ア∀リ)実は5年ぶりくらいにスノボをしまして
(ア∀リ)ハイドさんはホントに上手なので
(ア∀リ)付いていくのに必死で
(ア∀リ)実は今、立ってるのも辛いくらいですw

(*∂∀6)あはは
(ア∀リ)修学旅行だと、今は海外とかなんでしょ?
(*∂∀6)うん、そうだね。
(ア∀リ)でもですね、僕の行ってた学校は
(ア∀リ)男子校だったんですけど、
(ア∀リ)なぜか山小屋みたいのを持ってて
(ア∀リ)一週間くらいず―っとその山小屋に籠ってましたね。
(ア∀リ)監獄のようなスキーをしてました。
(ア∀リ)そんな思い出です。


(*∂∀6)じゃあ、斉藤たかしくん
(*∂∀6)たかしは仙台だからね。
(*∂∀6)山とか近いでしょ?

(斉∀藤)はい。あのー、おもしろい話をしようと思って
(斉∀藤)考えて用意をしてたんですけど、
(斉∀藤)ハイドさんとかぶってしまって…

(*∂∀6)また同じ話する?
っていったあとの話をよく覚えてません。
メモは“同じようなこと”って書いてました…。ので、思い出したのを流れと関係なく…
(斉∀藤)親戚のおじさんにスキーに連れて行って
(斉∀藤)もらったら、すっごい山の上に連れて行かれて
(斉∀藤)登ったら降りるだけだからって
(斉∀藤)その親戚のおじさんはすいすい行っちゃって
(斉∀藤)こんな米粒くらいのところで手を振ってるんですど
(斉∀藤)どうやって降りていいか分からなくて
(斉∀藤)最終的にあの、こう
(赤色灯の付いてる)
(斉∀藤)スノーモービルに乗せられて降りてきました。
(*∂∀6)たかしくんだっせー
(*∂∀6)この人、ヘタですよーって言われてるようなもんだよね。

(斉∀藤)スキーはそれから今日までやってないので
(斉∀藤)10数年ぶりですかね?

(*∂∀6)だから滑ってる姿見せないんだ!

(*∂∀6)たかしくんはどこの人だっけ?
(*∂∀6)仙台?
(岩手だったかな?)
(*∂∀6)方言喋れるの?
(斉∀藤;)あのー、父親が東京の人だったので
(斉∀藤;)あんまり方言は喋れないんですけど…
(斉∀藤;)“だっちゃね”とかですかね?

(*∂д6)だっちゃね?
(*∂д6)…つまんないね。


(*∂∀6)みんなは滑れるの?
(*∂∀6)滑れる人~!

(*・∀・)は―――い!!!!
(*∂∀6)今日滑った人~。
(*∂д6)ふ~ん。

どっちも半分半分くらいだったのかな?

(*∂∀6)じゃあ、次もクリスマスの曲を聞いてもらおうと思います。

M5*Hurry X'mas
ハリクリの最後で口笛を吹こうとするもできず…。
(*∂д6)???←こんな顔しながら、もう1回やってみようとするんだけど、やっぱり音が出なくて
(*∂д6;)口笛できなかった…かわっ(,,>﹏<,,)くぅ

【TALK TIME】
(山∀田)ここからは、HYDEさんを交えてのトークタイムとさせていただきます。
みたいなことをちょろっと喋って始まった感じです。
ステージ下手には山田氏、上手にはいどちゃんがお椅子に座ってお話します。
申し訳ないんだけど、やまちゃんが色々言ってたことの印象があまりなくて、はいどちゃんばかりが喋ってるように見えるかも知れませんが、会話になって進んでました。あしからず…。

(*∂∀6)ヤマちゃんとはもう、15年くらいになるのかな?
(*∂∀6)FLA(フライング ラルク アタック)が最初だったかな?
(*∂∀6)それからいくつか一緒にやったりして

(山∀田)そうですね。普段は喋らないのにね。
(*∂∀6)やっぱり、相性ってあるじゃないですか。
(*∂∀6)山ちゃんとは会うんだと思いますね。

(山∀田)本当に喋らなかったですからね。
(山∀田)普段は静かですけど、今日はよく喋ってますね?

(*∂∀6)ね。今日はよく喋ってるでしょ?

(山∀田)じゃあ、今日ここに来てるみなさんに
(山∀田)ハイドさんに聞きたいことを書いてもらっているので
(山∀田)いくつか答えていただこうと思います。
(山∀田)今度、リムジンパーティーをするのですが、
(山∀田)東京でお勧めの夜景はありますか?

(*∂∀6)お勧めの夜景ねぇ…
(*∂∀6)僕の家じゃないかな?
(*∂∀6)うーん…、夜景に全く興味ないんですよね。
(*∂∀6)田舎にいる時の方がよく見に行ったかなぁ。
(*∂∀6)最近は、夜中に車のバッテリーがあがっちゃうんで
(*∂∀6)仕方なくドライブしてるんですけど
(*∂∀6)ぐるぐるぐるぐるね…。
(*∂∀6)すぐあがっちゃうんで、同じところをぐるぐるしてます。


※解説 車屋の(ダωナ)いわく、車は乗らなさすぎるとバッテリーがあがってしまうそうです。普通に乗ってる分にはこういう現象は起きないそうです。

(山∀田)この間も忙しのにねぇ、台湾から帰って来て
(*∂∀6)そう。忙しいのに、台湾から帰って来て
(*∂∀6)乗りたくもないのに車乗ってね

(山∀田)ひとりなんですよね?
(*∂∀6)ひとりでね、さみしく…
(*∂∀6)あっ!ぐるぐる回ってる中であそこはいいですね
(*∂∀6)レインボーブリッジはステキ❤と思いますね。

(山∀田)ひとりですよね?
(*∂∀6)ひとりですw
(*∂∀6)最近はVAMPSのアルバムができたんで
(*∂∀6)
CDチェンジャーに入れましたね。
(*∂∀6)すごく、カッコいいですね。
(*∂∀6)ん?言い方おかしかった?


※解説 車屋の(ダωナ)いわく、はいどちゃんの乗ってる車にHDD機能は付いてないそうです。ついてるとしたら後付けでしょうと。

(*∂∀6)CDプレイヤー?
(*∂∀6)今まで車のエンジンの音しか
(*∂∀6)聞こえなかったですからね。
(*∂∀6)だから、今は楽しいね。
(*∂∀6)CD聞きながら楽しい♪
(*∂∀6)ぐるぐる~って❤

(山∀田)バイクのほうもね…
(*∂∀6)そうなんです。
(*∂∀6)バイクもバッテリーあがっちゃうんで
(*∂∀6)ぐるぐる回ってます。
(*∂∀6)車30分乗って、バイク30分乗って。
(*∂∀6)で、山ちゃん家が近いのでその前で
(*∂∀6)ぶぉんぶぉんしてます。

(山∀田)やめてくださいよ、そういうのね。
(*∂∀6)あはは。
(山∀田)今なら、ハイドさんの助手席があいてます。
(*∂∀6)はい。

(山∀田)じゃあ、次の質問に行きます。
(山∀田)最近、怒られたことはありますか?
(山∀田)ハイドさんくらいになると、そうそう怒られることも
(山∀田)もう、ないですよね。

(*∂∀6)…いや、確かにね、怒られない。
(*∂∀6)だから怒られると嬉しいですよね。

(山∀田)え―――――む?(M?)
(*∂∀6)この前ね、キャンペーンで大阪に行ったんですよ。
(*∂∀6)その時に、待ち時間が1時間ありますと、
(*∂∀6)選択肢として、一度ホテルに戻るか、
(*∂∀6)メイド喫茶に行くかだったんですけど、
(*∂∀6)メイド喫茶に行ってみたんですね。
(*∂∀6)そこで、うちのマネージャーがオムライスを
(*∂∀6)あの、落書きしてくれるやつあるでしょ
(*∂∀6)あれを頼んで、グリンピースだけ苦手で
(*∂∀6)それだけをはじいて残したんですよ。
(*∂∀6)そしたら、お皿を下げに来たメイドさんに
(*∂∀6)『グリンピースお嫌いなんですか?
(*∂∀6)ダメですよ!残しちゃ!!』って言われて
(*∂∀6)そこにいたいい大人がみんなして
ぇぇぇっですよwwwww
(*∂∀6)僕の話じゃないけど、そういうの嬉しいですよね。
(*∂∀6)だから、怒ってくれる人がいない分、
(*∂∀6)日々気をつけなきゃなと思いますね。
(*∂∀6)たまにメイクさんに怒られますね。
(*∂∀6)いい子にしてないとダメですね。

(*∂∀6)あとは、やすくんがいると注意してくれますね。
(*∂∀6)『ハイドさん、もう食べ過ぎちゃいますか?』って。

(山∀田)はいどさんも酔うと色々食べてますね。
(山∀田)もう、やすくんマネージャー化してますからね。
(山∀田)それで彼はあんまり酔えないですよねww
(山∀田)最早、保護者ですもんねwww


(山∀田)次の質問です。
(山∀田)ハイドさんはよく鳥籠をモチーフに使われますが何か理由があるのですか?

(*∂∀6)んー…自分ではそんなにきっかけがないというか
(*∂∀6)意識したことないんですけど…。
(*∂∀6)最初にたまたまモチーフとして使って以来
(*∂∀6)よく使ってますね。
(*∂∀6)…あ、確かラルクの曲の歌詞に出てきたんですよね。
(*∂∀6)ラルクの最初のほうの曲…
(*∂∀6)…思い出せないけど…。
(*∂∀6)みんなのほうが知ってるんちゃう?
(*∂∀6)White Feathersとかかなぁ…。それがよくて。
(*∂∀6)鳥籠ってゴシックな雰囲気もあるし
(*∂∀6)印象付けやすいから使いやすいんですよね。
(*∂∀6)ROENTGENのPVの中でも使ってますよね。
(*∂∀6)あれ鳥籠の中に人が入ってるんですけど
(*∂∀6)なんか意味深なかんじがしませんか?
(*∂∀6)あの鳥籠の中の人は扉が開いてるのに中にいるんですよ
(*∂∀6)出て行こうとと思えばいつでも自由に出て行けるのに。
(*∂∀6)いつでも自由になれるのに、そこに留まってる。
(*∂∀6)なんか、人の人生を表してるようですよね。
(*∂∀6)狭い世界にいると小さいことしか
(*∂∀6)見えなくなってしまうっていうかね。


(山∀田)お鍋の美味しい季節になりましたが、
(山∀田)ハイドさんの好きなお鍋はなんですか?

(*∂∀6)お鍋は大好きですね。
(*∂∀6)何でも好きなんですけど、一番よく食べるのは水炊きですかね?
(*∂∀6)東京のお店で食べたのと家で食べてたのと違ったんですよ
(*∂∀6)衝撃でしたね。
(*∂∀6)騙されたっ!

(山∀田)騙されてないでしょ?
(*∂∀6)家のは昆布だしだったんですけど、
(*∂∀6)東京のは鳥だしだったんですよ。
(*∂∀6)こんなにおいしいんだって感動しました。
(*∂∀6)ずっとね、騙されてたんです。

(山∀田)味付けは地方で違いがありますからね;
(*∂∀6)一回、山ちゃんに紹介してもらったお店がおいしくて
(*∂∀6)そこにはヤマちゃんスペシャルっていうのがあるんですけど
(*∂∀6)それがおいしい。

(山∀田)一時期、僕より通われてましたよね。
(山∀田)残念ながら今はもうそのお店はないんですけど、
(山∀田)偶然にもお店の名前が“北海道”っていうね。

(*∂∀6)そうそう。

(山∀田)いつもハイドさんの色々なところを見てホクロをさがしてるんですが、
(*∂∀6)わ。見られてるwwwww
(山∀田)体のドコを見てもホクロが見当たりません。
(山∀田)どこかにホクロはあるんですか?

(*∂∀6)あるある。
(*∂∀6)どこかわからないけど、あったと思う。

腕をまくったりしてホクロを探すはいどちゃん
(山∀田)ちょーっと失礼しますよ。
といいつつ、はいどちゃんの首回りを覗いたりする山ちゃん。
((╬☉д⊙) 山ちゃん、屋上!)
(*∂∀6)あ―――――っ!!!!!!
(*∂∀6)あったぁ❤
(*∂∀6)ここここ。

右腕を指すはいどちゃんだが、客席には見えず
(*∂∀6)ホラ❤
ホクロを見つけて嬉しそうなはいどちゃん、一生懸命右腕を客席に見せようとするも見えるかっ!
その一生懸命さが可愛くて愛しいんだけどね❤
(山∀田)ハイドさん、それ、完全に客席からは見えませんね。
(山∀田)ハイドさんのホクロ、こちら右腕になりますww
(山∀田)次はこのホクロからPV撮りましょうよ。

(*∂∀6)うん。ホクロを鳥籠に入れよう!
はい?なんだ、その発想…。

(山∀田)私たちはこの前のFC限定のハワイで隣の席になったのが
(山∀田)きっかけで結婚することになりました。
(山∀田)今度、披露宴をするのですが、
(山∀田)晴れの日にピッタリな曲はなにがいいと思いますか?
(山∀田)ほぅ、そんなこともあるんですね。
(山∀田)おめでとうございます。

(*∂∀6)すごい。おめでと~。
(*∂∀6)僕、こういうのすごく嬉しいんですよ。
(*∂∀6)でも、こればっかりは僕は決められないなぁ。
(*∂∀6)この前も知人の結婚式で歌ったんですけど、
(*∂∀6)なんでも、好きな曲選んでって言ったんです。
(*∂∀6)そしたら、彼はPiecesを選んだんですけど、
(*∂∀6)Piecesは前向きな曲ではないけど、
(*∂∀6)彼らにとっては、思い入れのある曲だったんじゃないかなぁ。
(*∂∀6)あ、でも、BLESSなんかは前向きで羽ばたいていく
(*∂∀6)曲だからいいんじゃないかな?

(山∀田)BLESSですって。
(*∂∀6)あ、でも叙情詩もいいんちゃう?僕は好きな曲ですね。
(山∀田)おっ、それもいいですね、じゃ…
(*∂∀6)あなたもいいよね!
(山∀田)決められないって言っときながらっ!
(山∀田)次から次からでてくるじゃないですかっ!
(山∀田)はい。では質問コーナーはこれまでとしまして
(山∀田)お近くのモニターやスクリーンにご注目下さい。


【2014 MEMORYS TIME】
①オーロラとはいどちゃん
*緑系の揺れが見えるオーロラ。
*それをバックに厚着しまくって目しか見えないはいどちゃんがピースしてる写真の2枚。
(山∀田)ハイドさんの1年はここから始まりましたね。
(*∂∀6)ずーっと、オーロラを見たいと思っていて
(*∂∀6)3年越しで見に行きました。
(*∂∀6)一生に一度は絶対に見たいと思ってて、
(*∂∀6)このチャンスに行ってしまおうと思って
(*∂∀6)年越しもここでしました。
(*∂∀6)実はオーロラって常に出てるんですよね。
(*∂∀6)オーロラベルトっていうのがあって、
(*∂∀6)地球の北半球と南半球それぞれに出てるんです。
(*∂∀6)でも、それが天候の関係で曇ってると
(*∂∀6)見えなくなっちゃうんです。
(*∂∀6)だから晴天率の高いところに行けば
(*∂∀6)かなりの確率で見られるんですね。

(山∀田)さすが、ハイドさん。晴れ男ですね。
(山∀田)今回の天気も心配でしたよね?

(*∂∀6)みんな何を心配してるんやろ
(*∂∀6)そんな天気悪いん?って感じでしたけどね。


③国立
(山∀田)これは圧巻な演出でしたね。
(*∂∀6)これはね、賭けでした。
(*∂∀6)あのLEDライトね。
(*∂∀6)他にもやってるアーティストはいたんだけど
(*∂∀6)照明を真っ暗にしてやっと光ってる感じだったんですよ。
(*∂∀6)あまりパーッと明るくはならなかったんですね。
(*∂∀6)どうしても、ぼやけてしまう。
(*∂∀6)しかも、今回は野外でどこまでできるかっていうのが
(*∂∀6)誰もやったことないから分からなくて
(*∂∀6)でも、LEDも最新のものを使うから大丈夫なんじゃないかって
(*∂∀6)やった人いないけど、とにかくやってみようって
(*∂∀6)感じでしたね。ダメだったときのことも考えて
(*∂∀6)なるべく照明の暗い曲の時にやろうってして
(*∂∀6)でも、完璧でしたね。


④ロンドンLIVE
(*∂∀6)こういうゴシックなところがVAMPSの
(*∂∀6)雰囲気と合っててすごくよかったですね。

(山∀田)この2階とかのはバルコニー席っていうんですかね。
(*∂∀6)たぶん

⑤VAMPIRE'S LOVE MV
*眉毛をそり落としたはいどちゃん(若干怖い…)
(山∀田)眉毛を剃ったのっていつぶりですか?
(*∂∀6)眉毛剃ったのは…花葬ぶりですね。
(*∂∀6)毎朝びっくりするんですよね。
(*∂∀6)寝ると眉毛ないの忘れちゃうじゃないですか、
(*∂∀6)だから、起きて鏡見るとうわぁって。


*VAMPIRE'S LOVE MV(Ju-kenが咬みつかれるシーン)
*VAMPIRE'S LOVE MV(はいどちゃんが車に轢かれるシーン)
(山∀田)車に轢かれたシーンもお嫌いじゃないと仰ってましたが…
(*∂∀6)PV見てても、あのシーンはグッとくるでしょ。
(*∂∀6)見てるときは自分だと思ってないみたいで、
(*∂∀6)自分がやったことを忘れて客観的に見れますね。

(山∀田)これ、お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、
(山∀田)この車のナンバー、ハイドさんのほうから見ると

(*∂∀6)666なんですよね。
(山∀田)こういう細かいところにもこだわってたんですね。
(*∂∀6)これね、すごく短い時間で撮ったんですよ。
(*∂∀6)でも、あとからこのシーンがなかったとか
(*∂∀6)妥協するのが嫌で、撮れるものは全部撮りましょうって
(*∂∀6)詰め込んで撮ってきました。


⑥じょりろじゃPV撮影
(山∀田)これはダイブされて、どんな状況なんですか?
(山∀田)触られてる?

(*∂∀6)ついばまれてますね…。
(*∂∀6)みんな触りたいんだと、触っちゃいけないと思って
(*∂∀6)ついばむような感じになってるんだと思います。
(*∂∀6)これね、結構怒ってましたね。
(*∂∀6)引っ張んなつってんだろうがぁぁぁ!!!!!!!ってww

えぇ、覚えてます。相当、お怒りの上に一蹴り入れてましたもんね…。

⑦ダウンロードフェス
(山∀田)初めて海外のフェスに参加されてどうだったんですか?
(*∂∀6)野外だし、すごく開放的でしたね。
(*∂∀6)楽屋がいっぱい並んでるんですけど、
(*∂∀6)テントになってるんですよ
(*∂∀6)マリファナ吸ってる人もいれば
(*∂∀6)キレイなお姉ちゃん連れてる人もいるし、
(*∂∀6)イギリスにはこういう人が多いんですよね。
(*∂∀6)僕たちの前のバンドがすごく盛り上がってたから
(*∂∀6)この次は無理ぃ…と思いました。
(*∂∀6)だけど、ずっと日本の中にいると
(*∂∀6)井の中の蛙になってしまいがちですからね
(*∂∀6)日本だとチヤホヤしてもらえるから
(*∂∀6)それで満足してしまう部分もあるけど、
(*∂∀6)まだ、何も完成してないと思ってるんで、
(*∂∀6)もっと外に行って戦ってみたいですね。
(*∂∀6)カッコいいところをたくさん見せつけたいです。


⑧命綱なしのGet Away撮影
*演技指導するはいどちゃん
*タクシーの上でギターを弾くかずくん
*足を支えられてるはいどちゃん
(山∀田)ハイドさん、これ、命綱なしなんですよね。
(*∂∀6)そう。これね、31階建のビルの屋上で
(*∂∀6)スタッフが足を抑えてるだけなんですよ。
(*∂∀6)こいつら全然信用ならんと思ってましたね。
(*∂∀6)仕事でミスすることって誰にでもありますけど
(*∂∀6)これは間違えたじゃすまないですからね!
(*∂∀6)日本ではこんな撮影、許可が下りないんで
(*∂∀6)香港でやったんですけど、内緒で。
(*∂∀6)黙ってね。
(*∂∀6)多分、香港でも許可おりないんじゃないかな?


⑨ビスパ
*おけんけんらんど開園の図
(山∀田)あの…これは、どういう気持ちで股からでてるんですか?
(*∂∀6)これはね、うまれたっって感じ。
(*∂∀6)野外って気持ちいいじゃないですか。
(*∂∀6)VAMPSの夏の醍醐味ですね。
(*∂∀6)これをやると夏を越せる感じがするよね。

(山∀田)やっぱり、露出度高めがいいですか?
(*∂∀6)…うん❤

⑩レコーディング(LA)
*メニューを眺めるはいどちゃん
(*∂д6)これくらいしか楽しみがないんですよ。
(*∂д6)早くご飯になんないかなーって思ってました。


*スーパーにお買いもののはいどちゃん
すっごく大きなカートを押すはいどちゃん
(山∀田)ハイドさんが近所のスーパーにお買い物に!
(*∂∀6)海外のスーパーは自分の食べたことのない
(*∂∀6)美味しいものを探すのが好きなんですけど
(*∂∀6)美味しいものって言っても…
(*∂∀6)だいたいは部屋で飲むワインとアテですね。
(*∂∀6)今回見つけたのは、稗(ひえ)ですね。
(*∂∀6)日本では売ってないんですよね。

(山∀田)粟(あわ)稗(ひえ)の稗ですか?
(*∂∀6)そうそう。粟・稗の稗です。
(*∂∀6)あとはみんなのお弁当買いに行ったりしてました。


*アホ面したはいどちゃんとジョッシュとかずくん
(*∂∀6)やっとおわったーと思って。

⑪ハロパ
*写真遠目なのばっかりでむーん…

⑫Zepp 福岡
*セクブラのジャンプ写真3枚(ジャンプがやけに低いJu-ken)
(山∀田)よく見ていただくと分かるんですが、
(山∀田)左のJu-kenさん、やけにジャンプが低いんですよね
(山∀田)ということで、翌日のお写真がコチラ


*セクブラのジャンプ写真(2日目は全員がキレイに高く飛んでるものの…)
(山∀田)これはスゴイ跳躍力なんですけど
(山∀田)かずさんが真ん中に来ちゃってるので
(山∀田)ちゃんとJu-kenさん、ハイドさん、かずさんになってたらっていうね
(山∀田)ということで満を持しての3日目です


*はいどちゃんジャンプしながらニヤけ顔
(山∀田)これ、ハイドさん笑ってますよね
(*∂д6)予定調和です。
*出待ち写真と花火

⑬Zepp名古屋
*入り待ちジャンプ
(山∀田)名古屋はいつも色々アイテムを変えて入ってますよね
(*∂∀6)うん。今回はスケボーじゃないや…
(*∂∀6)キックボードで入ったんですけど
(*∂∀6)それだけだとなんか…
(*∂∀6)で、ジャンプしてみました。
(*∂∀6)そしたら、それが日課みたいになっちゃって。


*楽屋で爆笑するVAMPSメンバー
(山∀田)これは、みなさんどういう状況で笑ってるんですか?
(*∂∀6)これはね、飲みの席でじんさんとアーリーが
(*∂∀6)絶対、記憶をなくしたことがないって言うんですよ。
(*∂∀6)覚えてるって。
(*∂∀6)だからそれを動画で撮ったやつを
(*∂∀6)みんなで見てるところですねww


*アーリー誕生日
(*∂∀6)僕は誕生日にあんまりライブがかぶらないので
(*∂∀6)“へぇ”と思いながらお祝いしてるところですね。


⑭JSJ
*はいどちゃん単体
*VAMPSメンバーでバタービール(かずくんいなかった)
(*∂∀6)大阪に行ったら絶対、行こうと決めてました。
(*∂∀6)これはライブ…のリハ前に行きましたね。
(*∂∀6)僕はあまり自撮りってしないんですけど、
(*∂∀6)いつも撮らなきゃって思いながら撮るんですね。
(*∂∀6)でもハリーポッターだけはね、女子高生みたいに
(*∂∀6)わっ、わっ、撮らなっ、撮らなっってはしゃいでました。
(*∂∀6)コレね、サングラスとマスクしてるから分からないと
(*∂∀6)思いますけど、ほんとはわっわってしてます。
(*∂∀6)わぁ、ホグワーツ特急だぁ❤ってなってます。
(*∂∀6)僕は、ハリーポッターの小説が大好きですね。


⑮香港PR
*上海蟹のジェットストリームアタック(5匹)
*上海蟹のジェットストリームアタック(6匹)
(山∀田)ハイドさんに香港の写真、何かありますかって
(山∀田)言ったら、コレがでてきました。
(山∀田)ホントにお好きなんですね。
(山∀田)日本でも食べてましたよね?

(*∂∀6)ちょうど時期に食べられたんで
(*∂∀6)たくさん食べました❤


(山∀田)さて、ハイドさん。2015年はどんな1年にしたいと思ってますか?
(*∂∀6)こうやって表だけ見てると色々なことしてるなぁって
(*∂∀6)思うんですけど、作曲とレコーディングが
(*∂∀6)合間合間に入ってほぼ埋まってたし、
(*∂∀6)精神的にも結構キツくて、なげーなぁーとか思ってて
(*∂∀6)でも、いいアルバムが出来ると救われますね。
(*∂∀6)頑張って作った甲斐があります。
(*∂∀6)みんなの笑顔見てるとね。
(*∂∀6)来年は、アルバムひっさげて色んな国に行きたいですね。
(*∂∀6)カッコいいところを見せ付けてきたと思います。
(*∂∀6)まだ、いくつか日本の発表になってないライブもあるので
(*∂∀6)楽しみにしていてください。
(*∂∀6)来年はレコーディングしないぞ―――――!!!!!

(山∀田)最後のミュージシャンらしからぬ抱負は
(山∀田)なんなんでしょうかね。
(山∀田)それでは、ハイドさんとのトークタイムは
(山∀田)これにて終了とさせていただきます。
(山∀田)やまだひさしでした。ありがとうございました。


ヤマちゃんが退場すると、じんさん、あり、斉藤さんがステージに戻ってきます。

(*∂∀6)はい。えーと、あと3曲です。
(*∂∀6)次は、VAMPIRE'S LOVEを聴いてもらおうかなと。
(*∂∀6)さっきPVの撮影の話もありましたけど、
(*∂∀6)この曲は自分が主人公になった気持ちになります。
(*∂∀6)自分が体験してるような感覚…。
(*∂∀6)物語だけの話なんだけど、経験したような気持ちになるんですね。
(*∂∀6)不思議な曲になったなぁと思ってます。
(*∂∀6)ロンドンでのPV撮影はやりたいことがたくさんあって
(*∂∀6)監督に巻でお願いして撮影しました。


M6*VAMPIRE'S LOVE
ギターが入らないので、ほぼピアノの伴奏がメインになるのですごくシンプルな印象。
照明も青い色と蝋燭の灯りだけなのが、あの時代を思い起こさせるような感じも。
ゆんさん的には♪あいしているよ~のところの“いるよ”『い』の部分が大好きなんだけど、この日はそんなに引っかけて歌ってなかったかな。でも、本人自ら言っていたように、経験してきたことのように歌うのよね。
曲終わりには小さな声で(*∂∀6)ありがとう

MC*4
(*∂∀6)歌い終わってから、見られてると思うと
(*∂∀6)うわーって思うよねww
(*∂∀6)ふふ……

(*∂∀6)次の曲も雪がすごく大好きな気持ちが表れてる曲です。
(*∂∀6)これは僕が作った曲じゃないんですけど
(*∂∀6)すごくいい詞が書けたなと思ってます。
(*∂∀6)いい曲ですよね。
(*∂∀6)比喩してるんですね。
(*∂∀6)雪景色と人をにうまく重ねて比喩できた曲だと思います。
(*∂∀6)雪の降ってる場所の独特の静寂というか、
(*∂∀6)好きな人と閉ざされた空間で過ごすと
(*∂∀6)妙に安心感があったりしますよね。
(*∂∀6)落ち着くし…独特の切なさを感じたり…
(*∂∀6)だから、僕は雪が好きなんだと思います。


M7*雪の足跡
コーラスはアリがやっていたと思います。
確かこの時、天井に雪の結晶のような照明が出来ていてキレイだなと思って聞いてました。
もちろんね、はいどちゃんの声が全体的にキレイなの。澄んでて。
高音なんてホントに透明感があって、その音の一つ一つが結晶になるんじゃないかって思うくらいだった。

MC*5
(*∂∀6)高い音は大きい声を出さないと出ないんだよね。
(*∂∀6)だからリアリティーがあって面白いんじゃないかなと思ってます。
(*∂∀6)近いから生声も聞こえるでしょ?

(*∂∀6)ラルクって明るい曲もたくさんあるんですけど、
(*∂∀6)こういう曲もいいですよね。
(*∂∀6)あ、明るい曲もいいんですけど。

(*∂∀6)えっと…ついついね、
(*∂д6)ツイッタ―を見てしまうんですよね。
(*∂д6)そうすると、『またVAMPS』っていうのを見つけると
(*∂д6)心が痛いんですよね。
(*∂д6)ラルクやらんとVAMPSやってると思われてる。
(*∂д6)あと、ニコニコ動画のコメントでも
(*∂д6)VAMPSとして出演してるときに
(*∂д6)「ラルクの話して」とかコメントが流れてくると
(*∂д6)かずくんいるのに…「かずくん、ごめん…」て思うんです。
(*∂д6)失礼ですよね、そういう空気読めない人いるんですよね。
(*∂д6)インターネットって顔が見えない分、
(*∂д6)何でも思ったことを言いやすいんだと思うんです。
(*∂д6)インターネットはもうちょっと人と人が向かい合えば
(*∂∀6)もっといい場になると思います。
(*∂∀6)みんなも分かるよね?
(*∂д6)きっと、経験あると思う。

(*∂д6)ここにいる人は僕のことが好きでいてくれるから
(*∂д6)きっとみんなも辛いんじゃないかな?
(*∂д6)VAMPSやってるから、ラルクの活動がないっていうのは
(*∂д6)誤解です。
(*∂д6)よく言われるんだけど、逆はありますよ。
(*∂д6)例えば今回、国立の話が来たときも、
(*∂д6)やるべきなんだろうなとは思ったんです。
(*∂д6)国立でやるにしても、どこでやるにしても
(*∂д6)どういうコンサートにするかアイデアを出すのは僕なんです。
(*∂д6)僕がほとんどステージのことを考えるんですね。
(*∂д6)そのステージとかアイデアは早い段階で決めないといけなくて
(*∂д6)前もって準備を進めないといけないことがたくさんあって
(*∂д6)さっき話した360度にするのも悩んでたけど、
(*∂д6)あのライト自体を年内に発注しないと間に合わない
(*∂д6)だから、早く決断しなきゃいけない事情があるんです。
(*∂д6)基本的に僕が考えてるから
(*∂д6)両方すると休む間もなく進めないといけなくて
(*∂д6)ラルクのメンバーの中で
(*∂д6)ラルクに時間を一番とってるのは僕だと思います。
(*∂д6)だから、そんな言い方されると残念だなぁって思います。
(*∂д6)辛いですよね。
(*∂д6)いつもそういうの見るたびに言いたいんですよ。
(*∂д6)でも、違うよ!ってひとりひとりに
(*∂д6)言いに行くわけにはいかないから…。
(*∂∀6)ここにいるコアな人たちには分かってもらいたいな
(*∂∀6)と思って話しました。
(*∂д6)VAMPSがなかったらその間、何もないんですよ。
(*∂д6)空白ができるだけなんですね。
(*∂д6)今後、もしかしてVAMPSにとって
(*∂д6)大事な時期がきたらラルクにお願いすることが
(*∂д6)あるかも知れないけど、
(*∂д6)今までは一度もないです。
(*∂д6)ラルクのために、僕は出来る限りのことを
(*∂д6)してあげようと思ってるんですね。
(*∂д6)ラルクが愛されてるのを知ってるから。
(*∂д6)できる限りのことはやりたいと思ってるんです。
(*∂д6)知ってるかも知れないけど、
(*∂д6)解散しようと思ったことも、僕が脱退しようと思ったことも
(*∂д6)あるし、でも、その時期を乗り越えて今があるから。
(*∂д6)ラルクは大きな船だから、
(*∂д6)なかなかうまく進まないこともあるんですよね。
(*∂д6)「じゃあ、辞めればいいじゃん」って思うかも知れないけど、
(*∂д6)もう、その言葉は誰も言わないんです。
(*∂д6)多分、みんなラルクでやりたいことがあるんですよね。
(*∂д6)今は転がらないけど、いつか
(*∂д6)またみんなが動くときが来ると思います。
(*∂д6)今は其々だけど、ぎゅってなる瞬間が来ると思うので
(*∂д6)その時が来るまで、待っててください。

(*∂д6)…僕は、VAMPSも大好きで、
(*∂∀6)VAMPSは僕のやりたいことだけをやって
(*∂∀6)初期衝動っていうか、アグレッシブに動けるんですね。
(*∂∀6)またラルクとは全然違う。
(*∂∀6)ラルクが好きな人もいるし、
(*∂∀6)VAMPSが好きな人もいると思います。
(*∂∀6)それぞれに楽しんでもらえたら嬉しいです。

(*∂∀6)長い間、僕と一緒に時を過ごしてきた人も
(*∂∀6)たくさんいると思います。
(*∂∀6)色々なアーティストを見てきましたけど、
(*∂∀6)やっぱり、ちゃんと頑張ってる人しか
(*∂∀6)支持されてないから残ってるんですね。
(*∂д6)適当にやってる人はいなくなりますよね。
(*∂д6)僕は、よくカッコいいって言われるんですけど
(*∂д6)カッコいいだけで20年も付き合ってくれてるとは
(*∂д6)思えないんですよね。
(*∂д6)僕が創り出すものを愛してくれてるからなんだと思ってます。
(*∂д6)僕はすぐに辛いとか言ってしまうけど、
(*∂д6)アーティストとしていいものを作りたいし、
(*∂д6)いいものを作ることで信頼関係を築けると思っているので。
(*∂д6)だから、手は抜かないし、みんなは期待して大丈夫って言う
(*∂д6)状態で常にありたいと思っています。

(*∂∀6)今日は遠いところまで来てくれて、ありがとうございました。
(*∂∀6)なんで富良野なんって思ってる人もいると思いますけど
(*∂∀6)僕の行動に付き合ってくれて申し訳ないなぁと思ってます。
(*∂∀6)本当にありがとう。
(*∂∀6)今夜はみんなと夢で会えるようにこの曲を。


M8*SHALLOW SLEEP
号泣してる人がほとんどだったと思う。
はいどちゃんの気持ち、本人から聞かなくても分かっていたからこそ、それを察してあげられていたからこそ余計に本人からの言葉が胸に刺さったんだと思うよ。辛い思いをさせるのも私達だし、それを分かっていながらどうにもしてあげられないのも私達。
はいどちゃんがずっと苦しんで言葉で、本当に胸が苦しい。
でも、はいどちゃんが歌ってくれたこの歌は本当に心地よかった。
夢で逢えたら、そんな思いを込めてくれたこと、私達の一部にはいどちゃんが傷ついても、それでも優しい柔らかな声で歌ってくれていることが嬉しかった。

歌い終えると(*∂∀6)ありがとうって言って投げちゅーを2回ほどして帰って行きました。

このあとヤマちゃんがでてきて、何やら今後の流れを説明するものの聞こえちゃいません…。
おそらく…誰の耳にも…。




とりあえず、黒ミサ本編の覚書を置いていきます。
すごく長くなってしまったのに、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

どうか、本年も温かく見守って頂けますようお願いいたします。
みなさまのもとに七色の幸福が訪れますようにお祈り致しております†


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。