-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(●ゝω・)ノ コンニチハ!

前回からの続き、2012WORLDTOUR国立day2のレプリカ製作もジャケット編へ入って参りました!
佳境です。いきなり。
ちなみにジャケット以外のもの、タンクとジレの製作過程の写真がなぜかありませんので(!)いきなり完成しておりますwww


*裁断*
ジャケットのパーツは身頃だけでも10枚。
その他にも袖、カフスなどで約12枚くらいあるかも…。それをひとつひとつ裁断して独立したパーツができあがります。


*印つけ*
色々な衣装の中でも、ジャケットとしてはそんなにパーツの多いほうじゃないからそんなに大変じゃなさそうな印しつけも、実はジャケットの丈が長いのでたまにズレちゃったりして、あらら…ってことも。


*ミシンかけ*
ロックミシンをかけた身頃を合わせて一気にミシンをかけていきます。
やっぱり丈が長いのでこれでもか!って感じ。
この、ジャケットに使った生地、よく逃げる(滑る)生地でロックミシンをかけるのに本当に苦労しました。とにかく扱いにくい…。なにしろ、ロックミシンが古いので、何度もダマになりかけてた。


*アイロン*
熱伝導率のいいティファールのアイロンで、縫い代を割っていきます。
縫い代を割ったら袖万重で押さえつけるとある程度、形状記憶してくれます。


*カフスのボタンホール*
カフスのボタンホールは全部で10個です。
均等にキレイにこの中に収められないと大変なことに…。他のところと違ってやり直しができない箇所なので、より慎重に…。
何とか、うまく収まったかなぁ。
ホントにドキドキです。


*肩山のギャザー*
これもうまく見えなくて残念だけど、あのブランド独特の肩山のギャザー。
なんとなく、こんな感じかな?


*ジャケット 正面*
全体像としてはこんな感じです。
この衿、本当に悩んで悩んで、何度も製図を繰り返してようやくここまできました。が!作り方は妥協しました。自分の今の技術レベルでは、このブランドと同じ再現ができないので、見た目がおなじようになるようには作っているけど、製図は全くの別物。悔しいよねー、ホント。


*ジャケット 後ろ*
ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
ナナメってる!ナナメってる!
トルソーがデブなので、デブに見えますが、サイズは女性のMサイズです。


*カフス×ボタン*
ボタンを10個カフスの中に収めると、それだけで結構な重さになると思います。
今回使用したのは水牛のボタンなので、やはり樹脂ボタンに比べると若干、重いかな?


*バストアップ*
これが製図に苦労した衿です。
これだけ見てるとホントになんのこっちゃって感じだけど、妥協して見た目は同じだけど、ちゃんとした作りにできなかったことが、この写真を見るたびに悔しいなって思います。


*タンクトップ 前*
試作品で作ってみたんですけど、試作品は試作品でした。
やっぱり手持ちのロックミシンでは役不足だし、ミシンだけでも生地が逃げてしまってどうにもならなかった…。


*タンクトップ 後ろ*
素材はものすごく薄いニット地のような感じですが、ほつれは少ない印象です。
ちなみに切りっぱなし。
同じような柄のニット地が見つからなかったので、代用地を使ってます。


*ジレ 前*
これもあのはいどちゃんおなじみのブランドのもの。
最初、ブラウスに見えてたんだけど違ったみたいで、急遽製図変更したのがこのジレ。
この生地は確か、夏用のブラックフォーマル地だったと思うんだけど、問屋さんで余ってたのを格安で譲ってもらったのでもともとはいい生地なんだと思う。


*ジレ 後ろ*
中に来てるものの後ろは見えないので推測で…。
ちょっと柄が透けてますね。


*ガルボハット*
女優帽のことガルボハットって言うんですね!20thラニバのハイコスを作ってるときにお世話になった帽子屋さんに、女優帽、女優帽言ってたんですが、伝票見てガルボハットっていうんだって知りました。
ちなみに、ガルボハットをまともに買おうとするとやはりどうしてもお値段が張ってしまうので、そこそこな感じでお願いしたんですが、少々生地が薄かったかなぁ。
取扱い要注意な感じでした。


*できあがり1*
女優帽被るとやっぱり雰囲気変わりますねー。
着てるのトルソーだけど、なんとなく喪の雰囲気が漂ってきて未亡人様みたいになってるww


*できあがり 2*
バストアップで。
やっぱりちょっとジャケットの前を開けただけでもいいですね。(自画自賛)


*できあがり 3*
トルソーがデブなので(何回も言うなや!)、後ろ姿がイマイチ締まりませんねー。
もっと、こうキテもいい感じなんですけど、トルソーがデブなんで…。




このお衣装、2014の国立で着てくださってるハズなんですが、お目にした方はいらっしゃるでしょうか…。
残念ながら、ゆんさんはお会いできなかったんですけど…(ノω・、)
どなたかが見てくださってるといいなぁ。



いつも、ハイコスを作るとき、誰かの夢を少しでも叶えるお手伝いができるといいなと思って作ってます。
なかなか技術は進歩しないし、やり取りも遅くなってしまいがちだけど、これからも何かお手伝いできることがあれば、していきたいなと思ってます。

ここまでお付き合い下さったみなさん、ありがとうございました。


スポンサーサイト
……壁|・ω・`)コッショリ

コンニチハ!!(゜Д゜*)(。_。*)ペコリ
みなさんのお住まいの地域の桜はいかがでしょうか?
もう、散っちゃったのかしら?それとも満開?もしかしたらまだかしら?
ゆんさんのお住まいの地域は、今日あたりが満開のようですが、お庭の桜はあともう少しって感じかなぁ。
ホントに日本の四季は美しいものだなぁと、季節ごとに感じたり、なによりはいどちゃんのお歌を聴いて感じたりできて幸せだなぁと思う日曜日だったりします(笑)



それでですね、今日は久しぶりにハイコスの製作過程を置きに来ました。
確か1月末か2月の上旬くらいに飛翼那さんからご依頼をお受けして製作していた2012年WORLDTOURの凱旋公演となった国立競技場、2日目の衣装コスの製作過程です。
作り始めた当初は、ツイッターに#2012worldtour国立day2っていうタグをつけてあげてたんですが、だんだんと余裕がなくなってしまって尻切れトンボでしたo(TヘTo) くぅ
実は写真のほうも、パンツ、ジャケットは撮ってあるのに、タンクとジレの製作過程の写真がないっていう…。残念だけど、仕方ない…。
しばらくの間、2012年WORLDTOUR国立day2のコス衣装製作過程にお付き合い頂けたらと思います人´∀`).☆



*ハイコス衣装の生地*
20thラニバにも使ったこの生地。
今回はパンツのみに使いたいと思います。
割と皺になりにくくて、扱いやすいので気に入ってる生地の一つです。以前、1反買いしたもの。


*脇縫い*
裁断、印付けが終わったら、通常はパンツの脇と中側を縫って一気に筒状にしてしまうんですが、今回は脇にスパンコールを叩かなければいけないので、脇だけ先に縫っていきます。


*スパンコール*
脇を縫った上にスパンコールをのせていきます。
確か、スパンコールの幅は2.5cmくらいだったかと。


*スパンコールたたきつけ*
ただミシンで縫っていくだけなんですけど、うっかりするとスパンコールがひっくり返ってしまったり、変なところに引っかかったりするので、気は使うよね。ひっくり返ったりするのは、スパンコールの向き(流れ)に沿って縫えばある程度回避できるけど、引っかかったり挟まったりするのは、もう運かな…と。
ちなみに、普通の家庭用ミシンを使ってるので、そういうところにも問題があるのかな。


*ロックミシンかけ*
いい加減、ロックミシンを新調しようと思いつつ、なかなか決断できずにまだ使ってるww
年代モノのロックミシンで、一気にかけていきます。ロックミシンする意味は、ほつれ止めです。ボロボロほつれてもらっては困るので…。


*左前に見返し*
パンツの左前に見返しをつけたところ。


*ファスナー付け*
パンツのファスナーって結構、めんどくさいんですよね。
見返しは前パンツと後ろパンツを縫い合わせる前につけておきます。
それから、持ち出しにファスナーを縫いつけ、パンツにつけていきます。見返しとファスナーの土台布を縫いとめて、持ち出しをよけて、表ミシンをかけていくとパンツのファスナーはついたことになるんですが…。
なかなかめんどうで、いつもワタワタしてしまう箇所です。


*持ち出しに縫い付けたファスナー*
ちょうど、持ち出しにファスナーを縫い付けたところかな。


*ファスナーついた*
パンツのファスナーつきました!
イチバンの難関を突破してしまえば、あとはこっちのもの!


*ウエストベルト付け*
ファスナーがついてしまえば、完成までもう一息。
ウエストベルトをつけてしまいます。幅は3㎝くらい。
ウエストのベルトにはある程度の強度を持たせるために、裏側に接着芯なるものが張ってあります。


*裾上げ*
だいたい仕上がり3㎝くらいで考えてます。
裏側に折りたたんで、裏地があれば裏地と合体させますが、今回は裏地なしなのでこのまま纏っていきます。
でも、今はすごく便利に裾上げできるものがあるので、特に指定がない限りはそちらでの対応をすることが多いです。


*パンツ 正面*
できあがり♥
相変わらずバックが残念で申し訳ないですが、こんな感じにできあがりました。
基本的にはこのパンツも20thラニバday1とほぼ同じ。ちなみにこの国立の時に穿いていたパンツ、20thラニバのday2と同じだったんじゃないっけ?(ざっくり)


*パンツ 横*
このトルソー、ホントにデブなんでパンツ入らないっていう…。
なので、なんとなく横はこんな感じです。



やっぱり、リアルタイムじゃないと記録ってなかなか難しいですね~。
記録になってないもんなー。作ってるときより明らかにテンション低いし、忘れてるしなー。
というわけで、次回ジャケット編にお付き合い頂けると嬉しいです(`・ω・´)ゞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。